生存に必要なものは手に入るようになっている

虫とか鳥とかいわゆる動物達は何を考えているのかというと、奴らは「食べる事」しか考えていない訳です。
彼らの一途さは、感動的です。それで奴らは農業もサラリーマンもしないその日暮らしですが、なんとか食べる事が出来るのです。
そして、奴らは食欲が満たされれば大満足するのです。もっと食おうとしないのです。

ところが人間は、生存にかかわることならなんでも手に入るようになっているのですが、なかなか満足しないように作られています。
食欲が満たされれば、別に酒が欲しくなるし、奥さんがいても若い愛人が欲しくなる。
しかしながら人間でも「贅沢」「わがまま」なことは手に入らないようになってる。
ここが面白いところなのです。
そこでどうすれば良いかというと、贅沢にならないように「生存に必要な事」を大きくするべきだと神が示唆しているのです。

例えば、車ですが軽自動車から高級外車までありますが、個人の生存にかかわる状態から相応しい車が決定されるのです。
車なら走ればいいではないか、誰でも軽自動車でいいではないか!ということにはならないのです。
これが面白いことなのです。

贅沢品であるか無いかということは、手に入るか入らないか?ということに直結し、イメージ的には、似合ってるか似合ってないかということになるのです。ベンツが似合ってる人は、ベンツ以外の車に乗っているとイライラしますが、似合わない人はソワソワする。

或るいは、年収が一億円あるとしましょう。
その時に「もっとあるべきなのに」と感じるか?「こんなにあるとほっこりするね」と感じるか?によって一億円が「生存に必要」なのか「贅沢品」なのかの判断になる。
「もっとあるべきなのに」という人は従業員がいる経営者かも知れないし、同業者で収入が10億円のライバルがいるのかも知れません。
「こんなにあるとほっこりするね」という人は、さしあたり出費する不安がない人かも知れません。だから手に入らないのです。
その人の役割とか器によって、「生存に必要」か「贅沢品」かが決まると言えましょう。

ここだけは声を大にして言いたいのですが、欲望がやたら強い者は、恵まれた者ということです。
欲望の強い者は、地上の王となる資格がある者です。
欲望が強いということで、達成率80%成功なのです。
逆に欲望が無い者は何も得ることが出来ません。

恵まれたと言えども、欲望が強い者は、その欲望の対象が「贅沢品」では無く「必需品」であるようにしないといけません。
そうでないと、欲望が強いだけで子孫が残せないノマドライオンに成ってしまうのです。
欲望の対象が「贅沢品」では無く「必需品」になった時、達成率100%となり初めて手に入るでしょう。

twitterはこちら。
エイジの部屋
mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

"生存に必要なものは手に入るようになっている" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント