未来の現象はイメージと感情によって固定化する

未来はいつ決定されるのかというと、
私の経験では、何かしらの未来をイメージした時、湧き出る感情によって未来が決定されることになります。

重要なことは、感情が固定化すると、未来が決定されるということで、
逆に感情が変わる間は、未来も変わる「混沌状態」にあるということです。
しかしながら、いったん感情が固定化された未来は決して変えることが出来ません。
未来を修正できるのは、感情が固定化するまでです。

よって、悪い未来のイメージしかできないのならば、イメージに伴う重い・憂鬱な感情を固定化しないうちに、感情を変える必要があります。

感情は仏教でいう「縁」であり、いくら「因」があっても「縁」が無いと成就しないように、
いくら悪い未来のイメージがあっても「感情が固定化」されなければ悪いイメージは現実世界で実現しません。

ゆえに、まず感情を知ることが重要です。
イメージ中に湧き出た感情について考察するに、感情でも固定化の強弱があることを知る必要があります。
マイナスの状態に固定化されやすい感情は、「恐怖」「不安」「被害妄想」「執着心」「支配欲」「罪悪感」です。
プラスの状態に固定化されやすい感情は、「勇気」「憧れ」「感謝」「ワクワク」「無私の愛」「慈愛」「安心感」です。
他の感情との組み合わせで、プラスにもマイナスにも固定化させる感情は「怒り」「復讐心」「性的欲情」です。
逆にプラスに固定化されにくいマイナス感情は、「贅沢感」「リッチ感」「癒し」「自己満足」です。

未来のイメージに対し沸き起こる感情を精査すると、未来がプラス・マイナスのどちらに固定されるか予測できます。
それでマイナスの場合なら、即座に悪感情から逃げることです。逃げれば固定化されないので実現しません。

例えば、恋心の場合、相手を見て、「独占したい」「支配したい」という感情が湧き出た場合、
その感情を放置すると、感情が固定化されてしまうので、その恋は上手くいきません。
相手を見た時に「憧れ」「ワクワク」「安心感」を感じる場合は、
その感情を壊さないように固定化すれば、その恋は必ず上手くいきます。

また、未来をイメージした時、昼下がりのような「まったり感」「癒し感」が出る場合、良いように思えますが、
実は、そのような「ほのぼの」感情が出る場合は、ほとんど上手くいきません。
上手くいく感情は「勇気」「憧れ」「感謝」「ワクワク」「大丈夫感」というアクティブな感情が必ず発露するものです。

大まかに分類すると、良い感情とは、「若々しく」「刺激的で」「高揚感」があります。
悪い感情は、「被害妄想的」「恐れ」「不安」です。

悪い予感がする場合の対処法ですが、未来をイメージした時、嫌な気分が沸き起こる場合のコツがあって、
大事な事は、未来のイメージに焦点を合わせず、嫌な感情に焦点を合わせることです。
そして、嫌な感情を感じない為には何をすべきかを考えることである。

考えの結果、「こうすれば安心だ」と感情が変わる方法が見つかると、悪い未来も変わります。
失敗する人は、現象の具象化に感情が重要であることを知らないので、
いつも悪いイメージにフォーカスしてしまって泥沼に落ちるのです。

また、感情というのは、実はほとんど気分で左右されるので、悪感情にフォーカスせずに、
気分が良くなることにスイッチを変えることも重要です。
つまり、泣きたくなったら上を見ろということで
「空があんなに青いな~空に行きたいな~」と気分を変えれば、感情も変わるということです。

未来は、イメージと感情で決定されるので、感情をコントロール出来れば、未来をコントロールできるのです。
実は、イメージをコントロールするのは実は非常に難しく危険なのでが、感情は簡単にコントロールできるのです。
ゆえに感情にフォーカスすることが重要なのです。


参照:嫌な予感がする未来を変える方法2

twitterはこちら。
エイジの部屋
mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

"未来の現象はイメージと感情によって固定化する" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント