至誠は神と等しい力を発揮する

最近、雑誌で「怒りを消す方法」の記事があって、
高名な脳学者の説が書かれていました。
それは、特定の相手に腹が立った場合、その人の未来を憂い怒りを収める
という上から目線の方法なのですが、いいかも知れません。
けれども浅いのです。

かく言う私も、どうすれば「怒り」「恐怖」「愚痴」というブラックな感情から解放されるかを
考えて脳科学者と同じようなレベルの記事を書いてるのですが、
山岡鉄舟の逸話を読んで判ったことがあるのです。

なぜ腹が立つのか?
なぜ怖いのか?ということを考えると
それは「自分があるから」という当たり前の事に気付いたのです。


例えば、私が「バカ野郎」と言われれば、腹が立つけれども
他人が「バカ野郎」と言われていても腹は立たない。
それが電車の中の隣で発生しても他人なら腹が立ちません。
自分じゃないと腹も立たないし、恐怖も無いのです。

実はここに秘密があるのですが、
結局、怒りや恐怖を感じない為には、自分を無くせば良いのです。
問題は、どのように自分を無くすのかということです。
自我を無くすにはどうすれば良いかということです。

一般的に「バカ野郎」と言われたら、
① 馬鹿野郎と言った相手の気持ちを察して納得するのか?
② 馬鹿野郎と言った相手の10年先を考えて、相手を憐れむのか?
③ 馬鹿野郎と言った相手と喧嘩するのか?
④ 馬鹿野郎と言われた自分自身の罪と思い相手を祝福し幸を神に祈るのか?
⑤ 馬鹿野郎と言われただけで殺されなかったから嬉しいと思うのか?

という対処が心理学的な解決方法です。

これらは結局、「自分の思い込みで解決するレベル」なのです。

つまり、これらの解決法は「常に自分」というのが存在しているのです。

しかしながら、山岡鉄舟は、
「自分自身を無くす方法」が「心理的な方法」では無くて、
「自分を捨てて、天のみを相手にする生き方」という方法を説いているのです。

つまり、自分の欲求=自分が得をしない=誰かの為であるのなら、
欲求があっても、それは無我の欲求である。
だから、責任は天にあるのだから、失敗するわけが無い。

「これは私の利益にならない仕事である。
よって、天の仕事を助けている。
従って、私が叱られることは天が叱られることだ」

という境地でいれば、叱られることも無視されることも気にならない。
というか、叱られたら叱った奴が悪いのです。

鉄舟の説く「天を相手に生きること」とは、孔子の説く「誠」と等しい。

「至誠の者は鬼神よりも強し」と中国の古典で書かれていますが、
「至誠」とは如何なるものか?

吉田松陰や孟子説によれば、
至誠とは、己の損得や感情を離れ、全体の調和と善を徹底して優先させる生き方である。

私が苦情や文句を言われたとしても
「これは私の果たすべき仕事であって私利私欲は全く無いのです」
ならば至誠である故に、
確信があれば、相手の事情は関係なしに、怒りや恐怖は感じないであろうし、
苦情や文句の方が挫折するでしょう。

しかしながら、少しでも自分に野心や下心があればダメです。
至誠とは、私利私欲の無い確信である。

安岡正篤が、「宗名臣言行録」解説で  
宋の政治家であった劉安世を暗殺する為に
政敵から何度も刺客が雇われたのですが
劉安世は私利私欲を離れ至誠に徹していた政治家であった為、
暗殺者が血を吐いて死ぬというような奇跡が続き
決して暗殺されなかったと紹介しています。

至誠に徹する者は、鬼神よりも強いのです。
暗殺者をも殺す力があるのです。
山岡鉄舟も経験から至誠の力を実感し、
「至誠の者は神と等しい」と言っています。

仕事や人間関係で悩んだら、
「自分は至誠であるか?」を問うことです。
そして自分が至誠であるのならば
私に負けは無いのです。




twitterはこちら。
エイジの部屋


mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 47

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ららあ
2017年03月01日 00:42
相変わらず、
エイジさんの説法は切れ味鋭いですね。
私の心にズシンと響きました。

とても爽やかな
晴れやかな気分になりましたよ。
ありがとうございます。
志恩
2017年03月01日 07:58
あれがしたい、これが欲しい、なんて欲求持つ事はダメってことですか?
欲求は満たされない事が善である。って、そんなん不満ばかり募りますよ。ツマンナイじゃないですか。
いつだったか、神と自分の欲求?願望を一致させる事、欲求や願望こそが善、人間の本質みたいな内容の記事もありましたが、今回の様な内容とはどう違うのでしょうか?
なお
2017年03月02日 15:22
私は仕事に向かう時に、天照大神様やそのほかの神様の名を言い
一心同体となって仕事をすると宣言してます。
接客の仕事なので、いやな態度をされ不快に思うこともあるのですけど
あぁ、あの態度は私ではなく神様に向けた態度なのだと思うと、5分から10分ぐらい
モヤモヤした気持ちになるのですけど、そのうち消えます。
怒りの感情を神様に譲るだけですけど。
ごまあざらし
2017年03月03日 20:13
更新ありがとうございます。

私利私欲のない確信、むずかしいですね(笑) 凡人の僕には。
世のため人のため、これを徹底するのが近道なのでしょうか。


あいうかほかほ
2017年03月03日 21:48
初めまして、いつも更新
楽しみにしております。
至誠をもう少し噛み砕いて頂けると助かります、
「神の代理人としてクレーム受けます、でも代理人だから個人的な感情は無いです、神に変わって聞くだけです」的な感じで良いのですか?
ハイキュー
2017年03月04日 06:10
すごく共感できたというより何となくすっきりした感じです。同じように何故、こんなことを言われるのだと思うことがあり、こう考えればいいのかというアドバイスを受けた感じです。ありがとうございます。相手に対する怒りをどう受け止めるのか?いつもこのやろう、としか思わなかった私に一つの光明が見えました。私はまだまだの人間です。
カコ
2017年03月06日 20:13
エイジさん、こんばんは~。

難病に苦しみ、輝かしいキャリアを中断された女性、
柳沢桂子さんがたぶんおっしゃっているのはそういうことだと思う。
「自分を無にする」って。
彼女は、科学と宗教の接点を見出したのです。(と、思います。)
2017年03月11日 23:26
ららあさんに褒められると特にうれしいです。>ららあさん

個人の欲求が誰も皆叶ったら
ぐちゃぐちゃになりますので叶う欲求と叶わない欲求があるのです>志恩さん

護摩で大事なことは神と一体になることです。
故に正しいですよ>なおさん

世の為人の為と思えればそれで良いと思います>ごまあざらしさん

至誠というのは、
自分の欲求では無く、全体の善を考えそれを優先することですから
神に変わって聞きますとは違うと思われます>あいうかほかほさん

怒りの感情というのは非常に苦しいものです。
釈迦は怒りを忍辱することがもっとも難しいと言っていますので
誰でも難しいのです>ハイキューさん

柳沢桂子さんですか?
調べてみます。>カコさん



この記事へのトラックバック

  • 余剰在庫から貧乏の波動が出る

    Excerpt: 私は製造業に従事していますが、在庫というのは非常に悩ましい問題であります。 「どうせ売れるのだから1年分いっぺんに作った方がコストダウンではないのか?」 と製造業者は思いがちである。 なんで適正.. Weblog: BlueBloomBlog racked: 2017-12-12 21:54
  • 稲盛和夫はなぜ常勝なのか?

    Excerpt: 80才を過ぎて名を成している者は、成功者と呼んでも良いだろう。 50代や60代で成功している者はまだ判らない。 人生の終わりにどんでん返しがある場合もある。 Weblog: BlueBloomBlog racked: 2018-04-09 21:17