アレルギーについて。

■生活習慣病の原因
昔から、アトピーやアレルギーは、原因不明の病といわれ、昨今は「原因不明の病」を総じて「生活習慣病」と誤魔化す傾向がある。
しかし、2003年に人間のDNAの解明が終了してから、いわゆる生活習慣病の主たる原因、特にアレルギーの原因がにわかに判ってきたのである。
その原因は何か?というと「糖鎖」と呼ばれる糖の鎖の異常である。
文部科学省は、糖鎖が人間の免疫機能に大きな影響を与えている事実に鑑み、2006年から10年計画で糖鎖の新薬開発を目指すと発表しました。
また化学者の間で、生活習慣病を治す方法は糖鎖の研究によって達成されると言われている。


■糖鎖とはなにか?
糖は、身体のエネルギーに使われるだけでなく、実は細胞と細胞の情報伝達に極めて重要な要素であることが判ってきた。
人間の身体の60兆個の細胞のひとつひとつに産毛のようなアンテナが立っていて、そのアンテナが「異物の区別」をするのである。
細胞に生えた産毛、それが「糖鎖」である。
いわば、細胞のアンテナ機能は糖鎖の性能に左右されるのである。

■糖鎖の働き
糖鎖は主に免疫に関係し、細胞に有害か?無害か?を判別する。
その働きは4個ある。
① 外部のストレスから身体を守る
② 自己と非自己を見分ける
③ 傷口を修復する
④ 免疫、神経。内分泌のバランスを調整する

特に、糖鎖の異常は、アトピーやアレルギーの主原因であるといわれている。

■糖鎖異常から生じる主たる病
おもに、生活習慣病のすべてに関係している。
「癌、アレルギー、アルツハイマー、花粉症、糖尿病、代謝異常体質、リウマチ、パーキンソン氏病、甲状腺機能障害」など。

アメリカの国立衛生研究所(NIH)では、喘息の患者に糖鎖の栄養素を摂取させ、完全に治癒したと発表した。
(完全とは100%らしい)

■糖鎖栄養素
さて、その重要な糖鎖の原料であるが、糖というのは200種類以上あるが、その中の8つの糖で構成される。この発見は偉大な発見である。
なぜなら、この8種類の糖を摂取すればアトピーやアレルギーは軽減される筈である。

①グルコース・・・・穀物に含まれる
②マンノース・・・・・サボテン(アロエベラ)、ツバメの巣に含まれる
③フコース・・・・・・・・藻類、キノコに含まれる
④キシロース・・・・・・・穀物の皮に含まれる
⑤N-アセチルグルコサミン・・・・・カニなどの甲殻
⑥N-アセチルガラクトサミン・・・・牛乳やツバメの巣に含まれる
⑦N-アセチルノイラミン酸・・・・・・牛乳やツバメの巣に含まれる
⑧ガラクトース・・・・・・・・・・・・・・・・・・牛乳に含まれる

この栄養素を摂取していれば糖鎖は正常に働くのである。
しかし、実際は、グルコースとガラクトース以外の糖は食べ物から摂取するのが困難であり、肝臓で合成される物質である。

現在の所、糖鎖の合成には、食品よりも肝臓が重要なのである。


■やっぱり肝臓強化?
現代の生活習慣病の原因は、糖鎖の異常であり、その根本原因は、食物の劣化である。しかし、肝臓機能の低下がもっとも重要な要素である。
幼児のアトピーが青年になると治る場合があるが、これは青年になると内臓の機能が充実する故である。
また成年が、突然アトピーを発症する場合があるが、これはほとんどが代謝に起因する糖鎖の異常が原因である。


■とりあえずどうすればいいの?
現在、世界各国の研究機関が糖鎖の医薬品の開発を競っていますので、近い将来にはアトピーやアレルギーの特効薬が開発されるでしょう。
その特効薬が出来るまでアトピーに悩む方は何をするのがいいのか?といいますと、
まず、
① 糖鎖栄養素の摂取(グライコニュートリション)
② 肝臓マッサージ(出たっ!)

がもっとも有効でありましょう。

毎日、ツバメの巣を食べるのも難しい(汗)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

2006年11月27日 07:29
ツバメの巣を毎回食べてたら、いったいいくらかかるんでしょうね…(汗)でもツバメの巣がアトピーに効くなんて知らなかったですねー
2006年11月27日 10:32
花粉症です(~Д~)
しかもスギではなく稲です・・・。出産したら薬を飲まなくてもいいくらいになりました!肝臓・・・大事にしよう・・。
2006年11月27日 14:24
薬品アレルギーも一緒ですか?
うちの息子は、アスピリン系がダメみたいです。入院したときにバッチテストではOKだったんですが、点滴を一日中受けて2日目には全身ブツブツになってしまいました。こんなことってありますか~?
抗生物質も1,2日飲むのはいいのですがだいたい3日目ぐらいから全身に細かいブツブツが出る時が・・・。これってどういうことですか?
piro
2006年11月27日 22:46
今回のお話も、とても興味深く読ませていただきました。
今日は、顔に赤く地図が浮いていてすごく痒いです…(T-T)最近、乾燥する所為もあってアトピー本当に酷いです。全身がカユカユです~。
肝臓マッサージは、毎日寝る前に続けていますので、今夜もぐいぐい押したいと思います(痛い感じはないのですが、押し方が悪いのかしら?)。
明日の朝は、アロエヨーグルトを食べながら、牛乳を飲みたいと思います…乳製品取りすぎかな(汗)
2006年11月27日 23:44
楊貴妃が美容の為に食べていたと言われるツバメの巣ですが、もともとツバメの巣は美肌にてきめんの効果があると言われてました。人ゲノムの解析で証明されたということでしょうね。>シーラさん<台湾では金持ちのマダムが買い漁るそうですよ。

そういえば能登半島に買い物に行かれたそうですね。
生カキばかり食べていないで
是非越前カニの甲羅を食べて欲しいです。>万千ママさん
2006年11月27日 23:53
抗生物質やアスピリンの副作用は毎月多くの症例が発表されますが、主に「アレルギー」と「胃腸障害」が多いですね。
息子さんの症状は、明らかに胃腸障害とビタミン欠乏が原因ですよ。
抗生物質と胃腸薬とビタミン剤(Bコンプレックス)を服用すれば湿疹は軽減されると思います>レセママさん

そっそ
肝臓マッサージでっせ
あと、ツバメの巣とアロエの丸かじり、キノコと海藻三昧の日々を送って欲しいです。
理論的には治る筈なんだけどね>piroさん
2006年11月28日 08:00
子供の頃「アトピー」って言っても誰も知らなかったのにこの30数年で超ポピュラーになってびっくりですわ(*^_^*)
喘息持ちでアトピーで自家中毒…神経質なお子様の三点セットを持っていた私は肝臓が弱かったのでしょうか?
マッサージいたしますわ・・・
KISHIKO
2006年11月28日 11:11
私はアレルギー体質では無いと思うのですが、口内炎に悩まされています。
風邪気味や、睡眠不足のとき、決まって口内炎ができます。
先日は大変でした。風邪の引き初めで、喉の痛みがでてきたので、コンタックを飲んで寝たら、朝起きたら、喉の痛みは治まったのですが、口の中や舌に、合わせて10個位口内炎が出来て、もう、暫くホント大変でした。
口内炎は原因不明とされていますが、やはり、これも肝臓でしょうか?
2006年11月29日 00:30
夫が少々花粉症かも?というくらいで、我が家はほとんどアレルギー知らずです。
キノコは毎日食べると癌にならないと聞いたことがあるので、味噌汁にはシイタケやエノキを入れるようにしてます。
ツバメの巣、食べてみたいなぁ。あとは肝臓に頑張ってもらえばいいんですね。
2006年11月29日 02:17
以前の記事から
『肝臓マッサージ』毎日やってますえぇ~o(´▽`〃)o
あってる??? なぁ~んて思いながらなんやけど
いいんかなぁ~(〃_〃)ゞ
2006年11月29日 02:19
お久しぶりです。
私も日本に住んでいた頃は花粉症でしたが、イタリアに住み始めてからはすっかり治って、春が快適になりました。スギがないってこともあるけど、食生活が変わったことが大きく影響しているように思います。
それから、私も働いていた頃は、KISHIKO様のように口内炎に悩まされました。遅くまでの残業が何日も続いたりしてストレスがたまると、10個くらいできることがよくありました。やはり肝臓のせい?
poo
2006年11月29日 13:17
御無沙汰です。軽い喘息持ってますから吉報です。サボテン以外はかなり摂取してますから、あとは肝臓マッサージですね。ツバメの巣・・ちょっと無理ですね。
2006年11月29日 17:59
喘息持ちでアトピーで自家中毒といいますと、間違いなく糖鎖の異常ですね。糖鎖の研究者ならぜひとも人体実験したい献体だと思われます。
やっぱし肝臓マッサージでっせ>サンタママさん

これは胃腸障害が第一に考えられます
風邪などで胃に熱があると口内炎ができます
ですから肝臓よりも胃のマッサージとチョコラBBでかなり軽減されるでしょう。
胃腸薬ならキャベジンが良いと思います。
それでもだめならガスターですね>KISHIKOさん

キノコは良いです。
僕はカレーハウスcoco一番屋へいくと
必ずキノコのカレーにキノコをトッピングするくらいキノコが好きなんだ>あゆさん
2006年11月29日 18:14
とある記事で、
肝臓マッサージを含む内臓マッサージでご長寿な記事を発見しました。
そのご老人は、乾布摩擦と内臓マッサージで病気知らずだそうだ>ばぁさん

なるほどね
参考になる経験談ありがとうございます。
YUKAKOさんの場合はやはりおっしゃるように食生活、特にビタミンミネラル豊富な生活が良いという実証ですね。おもしろいですね>yukakoさん

おお pooさん お元気ですか?
アロエべラというのはアロエの葉っぱです。
パニックにもいいですから、肝臓マッサージしてください。>pooさん
2006年11月30日 21:31
ということは・・・もしかしてアレルギーじゃない?だから小児科の先生は懲りずに抗生物質をだすのかなあ? 野菜、果物嫌いの息子ですからビタミンは絶対に欠乏してますわ! 
2006年12月02日 11:56
ちなみに私も昔は抗生物質を飲むとひどい口内炎に悩まされましたが
ビタミンミネラルを摂取するようになってから口内炎はまったく出来ませんよ>レセママさん
2006年12月02日 14:31
肝臓マッサージを試みたら、その後しばらく気持ち悪くて参りました。
やばいんでしょうか?
2006年12月03日 23:07
肝臓は目と皮膚に関係しておりますので
そりゃヤバイです。
もみもみでっせ>ruriさん

この記事へのトラックバック