地球温暖化と異常気象の原因

シーラカンスさんのBLOGで書かれているように、この100年で日本の平均気温が1℃上昇した。

地球温暖化の原因は二酸化炭素の増加が原因と言われており、それが常識のように考えられている。
しかし、今回は二酸化炭素の増加が主因ではないという学者の説をBLOGしようと思う。

19世紀にスウェーデンの学者が「産業革命以来の二酸化炭素の増加が地球温暖化させる」と言う見解を裏づけるように1940年まで地球の平均気温は上昇を続けた。しかし、1940年代から1970年代まで地球の平均気温は実は下降をしているのである。現実に1970年代には「氷河期の到来ではないか?」と騒がれたらしい。考えてみれば1940年代から1970年代は、大幅に科学技術が躍進した時代であり、二酸化炭素の量も爆発的に増加していたにも係わらず、気温が低下したのである。

この事実はまさに「地球温暖化の主な原因は二酸化炭素の増加ではない」という見解を裏づけるには充分ではないか?
では 二酸化炭素の増加が原因ではないとすれば何が原因なのであろう?

最近話題の「プラズマ物理学」によれば、「太陽活動」に原因があるという。
18世紀以来の地球の平均気温の推移は、常に太陽の地場の変動と連動しているらしい。
この事実は二酸化炭素説の学者も認めているが、太陽磁場の長期的な変動だけでは、最近の急激な気温上昇は説明できないと反論している。
これに対し、プラズマ説の学者が、「最近の太陽活動の異常」を挙げ、太陽表面の爆発が周期を無視したように極大期を継続し断続的に発生していると発表した。そのため、温暖化しているのは地球だけでなく、火星や木星などの他の惑星地表の温度も上昇しているらしく、海王星に至っては地軸のシフトが微妙に発生しているという。しかし奇妙な事に水星は冷却化してるらしい。
2003年の太陽フレアーの最大時には、地中海でオーロラが出現している。

では、この太陽の異常活動はいつまで続くのか?
それは判らないらしい

この話を聞くと、アメリカ最大のハリケーン「カトリーナ」や世界規模で発生している巨大地震もなにやら太陽活動に関係してそうな気がしてくる。

私は暑さに弱い
はやく太陽が正常になって欲しいと願う日々であります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2005年11月04日 16:36
そんな事になっていたのですか?ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー
二酸化炭素だけじゃないことは初めて知りました。
ハリケーンの発生原因は確か海水温の上昇でしたよね?下がるはずの海水温が高いままで。
それと直接関係あるかは疑問なのですが、同じような条件で釣りをしても5年前と今では、今の方が確実に魚が釣れません。(下手になったのか?そうじゃなくて!)
夜になって減るはずの草フグがいつまでも大量にいたりします。(お陰で鈎取られっぱなし、ハリス切られっぱなし)
何だか海の中の様子が変わっている気がします。(泳いで確かめて来いとは…言わないで♪)
東京湾の海水温がどうなっているのかは分かりませんが、海水だったので触れてみました。
暑いのも寒いのもイヤなので「適温」でお願いします。<(_ _)>
2005年11月04日 20:30
結局「人間の活動のせいだ」説と、「いや宇宙のバイオリズムのせいだ」説と、まっぷたつに分かれているようですね。一体全体どっちなんでしょう。
アメリカ人がフロンのオゾン層破壊の話をゼンゼン知らないっていうるりさんのコメントも衝撃的でしたけど。アメリカ人、もうちょっと環境問題勉強してよね~と申しましょうか…
2005年11月04日 21:12
そうそう、私も先日モータショーかなんかのニュースでアメリカの会社のCEOだかが、ハイブリットカーには全く興味が無い!みたいなコメントをしていて、アメリカって環境問題とかあまり関心ないんだーって思いました。ちょっとビックリしました。
最近本当に世界中で異常気象で洪水とか巨大ハリケーンとか、なんたって日本でも台風が出来るようになっちゃったし、ちょっとこれは本当に深刻な問題だっと心配(不安)になります。
2005年11月04日 23:41
えーとですね
日本では二酸化炭素説が常識なんですが、アメリカは意識が低いです その理由は、二酸化炭素説はヨーロッパ経済が沈滞しているのでアメリカやアジアを牽制するために、欧州のでっち上げであるという話も囁かれているようですね
2005年11月05日 06:04
地球温暖化って二酸化炭素ではない説もあったんですね。
イタリアは町によって排ガス規制が厳しいところがあって、二酸化炭素排出量の多い車がその地域に入るだけで罰金を取られることがあるんです。この間、知らないでその町に入ったら、住人と思われる人達の車には役所許可済の青いシールが張られていて驚いてしまいました。私達が乗っていた車は、たまたま義父から借りた今年買ったばかりのCO2排出量が少ない車だったので問題なかったですが、いつも乗っている古い車だったら完全に罰金でした。
ところで地中海でオーロラが見れたことあるんですね。地球温暖化は深刻な問題だけど、オーロラ見てみたい気もします。
2005年11月05日 12:32
↑私も温暖化が二酸化炭素のせいだとばっかり思ってましたがそうでもないかもしれないんですね。ちなみに、ハリケーンが多くなっているのは、数十年ごとに少ない、多い周期があって、今年から多い周期に入ったというのを天気予報チャンネルでみたような気がします。でもあと何十年もハリケーンが立て続けに来たら、フロリダやその他の湾岸地域の州の経済は打撃大きいですね。湾岸地域に石油精製施設なんかもあるから米国経済への影響は大きいでしょうね、それについに住宅バブルがはじけつつあるとも言われているし、これで住宅担保のhome equity loanが借りられなくなって、消費が冷え込むとか、いろいろ影響があるようなないような。。。。
2005年11月05日 12:46
へー、もし太陽のせいだったら何も打つ手がないじゃありませんの。どうすんの、地球!太陽の活動が異常になった理由とかって解明できないんでしょうか?

アメリカ人は環境問題はホントにてんで興味ないみたいですよ。NYのゴミの量とかはんぱないですし。っていうか捨てる場所なくて他の州に運んでるそうです。
2005年11月06日 14:00
ヨーロッパは昔から環境意識が高いのです
だからコストアップして産業が低迷してるのですが
それで良しなんですね
アメリカは大量消費しなければ国が滅ぶので知らない顔してるのですね
日本は中途半端なんですね

しかし、異常な災害勃発の原因は太陽が原因であるのは
かなり正しいと思います
2005年11月07日 10:33
私も二酸化炭素のせいという説しか知りませんでした。
オーストラリアはオゾンホールの影響で紫外線が強いらしいです。
日本の3~5倍、海沿いは照り返しがあるから10倍近いと言われ、現地で「必ず日焼け止めは塗って下さい!間違ってもオイルは塗らないで下さい。本当にフライになります」と言われました(^_^;)
実際日本より強かったです。
これから紫外線の影響で皮膚ガンが増えるとか、なんか別の心配事も増えそうな気がしたんですが太陽のせいだったらどう対処すればいいのでしょう?
どうすんの、地球!ですね。ホント。

あとアメリカってそんなに環境意識が低いんですね。それにも驚きました。
2005年11月07日 21:23
確かに 不安ですね
脅かすわけではありませんが、2012年頃になにか大きな変化が訪れると思います
というのは、マヤ暦など大昔の暦が2012年までしかないからです
でも心配はしないでください
きっと大丈夫です
2006年08月23日 11:01
ソラ
2006年10月20日 13:46
ぼくはちょっと不安です。もし大きな雷や台風が来たら少し怖いです。
だから、すこしでも、さく減したいと思いました。
でも、まだぼくは、大丈夫だと思います。

















2006年10月20日 18:26
残念ながら大丈夫です。
人間はまだまだ1000年は滅びません。>ソラさん
レス
2007年09月19日 14:58
と言っているエイジさんは1000年ももたずに死んでしまいますので、
無責任な発言ということになってしまいますなwww
1000年後も人類が滅びずにいるかどうかなんて誰もわかりませんよ!
たそがれ
2007年10月09日 21:59
こんだけ暑い日が続くと、我々けっこう厳しいです。         
こんな毎日がいつまで続くのでしょうか?
2007年10月10日 18:42
誰もわからないからこそ、希望が必要なんです。>レスさん

太陽は非常に不思議な星であります。
最近の調査によると水星の氷が厚くなったとあります。
また太陽の表面は考えるほど熱くないという説もあります。

私が思うには、太陽の性質が解明されれば、温暖化の対策もできると思うのですが。>たそがれさん
あい
2008年05月30日 14:16
みんなで少しずつ環境のことを考えていけば少しずつふつうの暑さに
もどるんでは、ないのでは・・・
2008年05月30日 18:12
あいさん。こんにちわ。
じつは温暖化はね。環境問題ではないのですよ。

最近、ロシアの学者が2006年をピークに今度は地球が冷却化に向かうという学説を出しました。真偽は歴史が証明するでしょう。>あいさん

この記事へのトラックバック