テーマ:哲学

アウグスティヌスが男女にモテる真のイケメンをカリタスと定義した話

アナタの学生時代に足が速い男やスポーツ万能な男は通常モテたと思います。 しかしながら、顔がゴリラ系のごっつい顔だとスポーツ万能でも情けない程女性にモテなかったではないですか? つまり、男から好かれ、女からモテる男は、決まって顔が女性的(目が大きくて可愛い顔)でありながら足が速い男やスポーツ万能な男な筈です。実は、このような男でないと…

続きを読むread more

ホ・オポノポノの実践手引き

忘れがちですが、「目の前に起こったことはすべて君と関係がある。」 つまり、嫌味を言われるのも、馬鹿にされるのも 嫌な相手が存在して、君に嫌味を言うのでは無くて、 君の中に嫌味を言われる「核」があるから、嫌味を引き寄せているに過ぎない。 それは嫌味だけで無くて、仕事を急いでいるのに赤信号に変わるのも、 人が虐められている…

続きを読むread more

良いことをすると本当に良いことが返ってくるのか?

「隠れて良いことをすると後で良いことが返ってくるよ」とか 「人にお金施すと、お金が後で自分に返ってくるよ」と良く言われます。 本当に良いことをすると、良いことが返ってくるのでしょうか? 実際はそうでも無いようで、お金を寄付していても破産する人もいるし、 お金を寄付したら、ますますお金が集まってくる人もいます。 つま…

続きを読むread more

嫌な予感がする未来を変える方法 2

悪い予感がする時、そのままにすれば悪い予感のとおりになります。 良い予感がする時、そのままにすれば良いことが起こります。 参照:嫌な予感がする未来を変える方法 悪い未来を変える方法があります。 それは、悪い予感がする時、 「こうなったら嫌だな」と場面を想像して、それを回避しようとするのではなく、 嫌な場面…

続きを読むread more

問題が発生するのは、私たちは1つであることに気づくため

これは、最近判ったことなのですが、 すべての問題が発生する理由は、皆が和睦協力する為に発生するということです。 或いは、和睦協力を実現させる為に問題が発生しているとも考えられる。 カッコいいから言ってるのでは有りません。 その理由は、そう考える方が実際に上手く行くからです。 例えば、組織で人間関係が揉める時とか、 …

続きを読むread more

人生に逃げはない

私は、最近ですが「なんとなくやる気が出ない」とか「漠然として憂鬱」でした。 波動の影響か?と考え、浄化したり、未来の目標をイメージをしても解決しないのです。 それで環境にも問題が発生し、なかなか解決しないので 「これは変だ」と考え、真剣に考えました。 それで忽然と解ったのですが、私は逃げていたのです。 何から逃げていた…

続きを読むread more

宝石は傷つかない

「あんなこと言われた!」とか「凹むわ!」という経験は誰でもあるのですが そんな時、どう対処するのが正解か考察しようと思う。 この世の中で苦難や災難に対して、どのように捉えるのが正しいかというと 失敗とか前世の罪に報いとか 取り返すことが出来ない悲劇と考えるのでは無く、 まして苦情を言った奴に逆恨みしたり 自尊心や向上心を…

続きを読むread more

善因善果の正しい解釈

長らく、私が疑問に思っていた事がありました。 それは、なんらかの仏教の本で読んだ話ですが 大金持ちが「私は貧しい人に多くの施しをしましたが良いことでしょうか?」 と聞いたら、高僧が「なんの良いこともしてない!」と言い放ち、 「なんらかの報酬を求めて施していてはなんの功徳にもならんわ!」 と喝破したという話であります。 …

続きを読むread more

モチベーションよりもプロ意識が重要である

経営コンサルタントの先生が、 「40歳を過ぎてお金の為に働くという動機では寂しすぎる。」 と言われたのですが、本当にそうであろうか? 昔、NHKの「プロジェクトX」で 黒四ダムトンネル地底の戦士たち という番組がありました。 □参照:プロジェクトX 第179回 私が初めてこのドキュメンタリーを見て驚いたのは…

続きを読むread more

ヤクザ映画から幸福を考察する。

最近はネットで無料の映画が観られるのですが、 私は気分転換に「ヤクザ映画」を観ることもあります。 ヤクザ映画というのは、任侠モノのVシネマである。 「ヤクザ映画」は基本的に 観ている途中で「うんざり」してきます。 なぜなら、「主人公に明るい未来が無いから」である。 毎日、暴力・裏切り・殺しでうんざりである。 …

続きを読むread more

100%結果が出る行動力基本動作

私の研究が正しければ、古今東西の成功者達が語った行動に関するエッセンスは 6項目にまとめられると思われる。 実際に行動決起する場合には、 以下の事を守れば、必ず望む水準の成果が出るでしょう。 1、行動に当っては、短期間に最高の成果を上げる事を肝に命ずこと。   (時間をかけてやろう と思う事は既に挫折している。) …

続きを読むread more

願望は叶わないが思いは必ず通じる

住友の中興の祖と言われる伊庭貞剛という人の話。 伊庭は四十八歳の時、住友が経営する別子銅山の争議を収める為に新居浜に行った。 鉱山の労働者との話し合いは困難を極め、伊庭は「死」を覚悟した。 彼は争議のかたわら、夜は「臨済録」を読んだそうである。 ところが臨済録は難しくまったく理解出来ない。 それでも不退転の覚悟で読み進…

続きを読むread more

困難な仕事を与えられた時の対処方法

仕事をしていますと、上司から理不尽な事や困難な仕事を与えられることがあります。 「イジメだ」とか「パワハラだ」と思う場合もあるでしょう。 しかしながら、この世の中に無駄なことは一切無いのです。 たとえ、本当に「イジメ」であっても「パワハラ」であっても良いのです。 大事な事は、上司からの命令だとしても、 或いはお客からの要望…

続きを読むread more

世界は善悪では無くバランスで成り立っている

WIN・WINをご存知ですか? 双方が勝つ即ち相互の利益になる選択こそ最善であるという哲学です。 「物事を成功させたのならば、お互いにWIN・WINを目指せ」とか 「商売は自分・お客・社会の三方が良くないと成功しない」とか言われます。 確かに、そのとおりでしょう。 でも、どうも世間を観てると違っています。 WIN・W…

続きを読むread more

至誠は神と等しい力を発揮する

最近、雑誌で「怒りを消す方法」の記事があって、 高名な脳学者の説が書かれていました。 それは、特定の相手に腹が立った場合、その人の未来を憂い怒りを収める という上から目線の方法なのですが、いいかも知れません。 けれども浅いのです。 かく言う私も、どうすれば「怒り」「恐怖」「愚痴」というブラックな感情から解放されるかを 考…

続きを読むread more

道徳と現世利益

孔子は、社会を良くするのは、法律やお金では無く、 まして政治や労働環境でも無く、 個々の人間の道徳性・行動であると説きました。 孔子は、人が善き事を行うと、私たちの住む世界の神ベクトルと合致する故に、 期せずして、社会の平和、人民の愛和、個人の繁栄を達成できると考えたのです。 それで、善き事とは何かというと、 徳であ…

続きを読むread more

災難や困難の根本的な問題を解決すること

とあるお金持ちの家族の話ですが、 家族の左側に災難が続く家系がありました。 祖母が左側の脳溢血、父が左目失明、母も左の目の病で失明の可能性・・・ そして息子(相続人)も自転車で左胸の骨折と左足の骨折という 痛ましいほどに左の災難が続きましたので、どうも変だということで家相を観てもらった所、 庭の南側にある大木が生気を吸ってると…

続きを読むread more

必ずお金持ちになれる方法

昔から、「お金は義理人情の波動が好きではないか?」 という仮説を立て、このブログでも仮説を書いてきたのですが、 確実にお金持ちになれる方法が分かったので紹介しようと思う。 参照:□お金は浪花節が好き     □汚い金と綺麗な金と義理人情のお金と大金持ち     □流行と顧客層の関係 私が今回確証を得たのはなぜかと…

続きを読むread more

人生には勢いが最も重要である。

不安を感じるというのは、解決策が判らないからである。 例えば、癌になったらどうしようと不安になるのは、 癌の治療法が判らないからであって、 確実な治療法があれば誰も癌になることを不安には思わない。 将来に対する不安も同じで、 どうすれば思い通りに環境を作れるのか分からないから不安になる。 しかしながら、将来に不安を感じる…

続きを読むread more

選択を間違えない基準

例えば、アナタはどちらかを選択する場面に遭遇したとしましょう。 でも、選択に迷っている。 としましょう。 そこで、 ① 好き・嫌い ② 損・得 ③ 得意・不得意 この中で、どの基準で選択するのが良いと思いますか? 私は、 ③ 得意・不得意 で選択するのが正しいと思います。…

続きを読むread more

ショーペンハウエルの二つの試練テスト

ドイツの哲学者のショーペンハウエルは、 多くの人物を観察した結果、成功する者には、「二つの試練テスト」があり、 それを克服した者だけが成功を手にすると言っています。 まず、第一の試練とは、 嘲笑・馬鹿にされることに耐える試練 釈迦も「理不尽な事にも腹を立てないこと。忍辱はどんな苦行にも勝る。」 と言っています。荒行…

続きを読むread more

プラトンの洞窟の比喩からのいわゆる引き寄せの法則について

プラトンは、洞窟の比喩において、現象はイデアの光を操った影絵であると示唆した。 影絵であるゆえに実在では無いということですが、影絵の人形が心の像であるのならば、 我々の「心の鏡に映った現象が影絵になる」ということであり、 同時にプラトンの示唆は、現象を変える方法を教えていると考えられる。 つまり、心の鏡に映った現象を変えれば…

続きを読むread more

洞窟の比喩

プラトンは、洞窟の比喩という例話で、 人間は生まれながらに洞窟の中に居て壁の方向だけを見ている。 洞窟の壁に映し出された影を真実と思っている。 しかし本当の世界は洞窟の外にあり、人間世界の現象は、 外の世界から洞窟に入ってくる光の影に過ぎない。 と書いている。 絵にするとこんな感じです。 NHK特集「プ…

続きを読むread more

モチベーションを維持する方法

今日はソフトボールの試合があったのですが、 雨で中止になりました。 実は連日の残業で体調が悪かったので憂鬱だったのです。 しかしながら、今朝、中止の連絡をもらった時から、 心がスーと軽くなった訳ですが、体調不良も治ったみたいで、 つまり、僕は今日のソフトは行きたくなかったのだと自覚しました。 唐突に解ったことは、 …

続きを読むread more

やりたくない原因ではなく目的を考えること。

今日は地域の用事があって、集会所に行かないと行けないのですが、 風が強くて外に出たくないので、 自分のことをつくづく怠慢な人間だと思って、 自己嫌悪で集会所まで歩いていたのです。 ちょっと待てよ? 怠慢な人っていうのは本当に存在するのであろうか? と考えたのです。 「もし、目的地が退屈な集会所では無くて お金が儲…

続きを読むread more

悪循環から抜け出せない人の特徴

自分以外の失敗なのに上司に叱られたり、嫌な仕事が回ってきたり、 そんな時に、コンビニで買った焼き鳥で食中毒になったり(これは私ですけど) 頑張っているのに、どうもツキが無くて悪循環という時があります。 「弱り目に祟り目」とか「泣きっ面に蜂」という諺があるように 災害は重なるし、不幸は重なるものであります。 そんな理不尽に災…

続きを読むread more

エクスタシーと死

フランスの社会学者エドガール・モランは以下のように指摘している。 ホモ・サピエンスがオルガスムスのみならず、 あらゆる領域に求まる快楽は、満足の状態を越えて、死に至るまで満足出来ない。 つまり、人間は性行為においても、ギャンブルにおいても 快楽の味を知ったら最期、身体が硬直して震える状態になって、 いわゆる死ぬ寸前、破…

続きを読むread more

貴方ばかりになぜ困難が起こるのか?

今回は、「私ばかりになぜ困難が起こるの?こんなに頑張ってるのに!」 という方々に私の考えを書きたい。 実のところ、人生に於いて、困難や災難が発生する根本的な理由は、次の3点しかない。 それは、 ① 積極思考では無く、消極的な思考になっているぞ!という警告 ② 積極思考を試す試練 ③ 未来の夢が無いこと…

続きを読むread more

縁を引き寄せる

親戚のKちゃんが、希望の就職先に就けず、 一緒に受けた友達が合格していたので、大変、自信喪失しガッカリしていました。 私は、そんなKちゃんに思うことを話したのですが、 私が確信をもって就職については断言しますが、 就職については、絶対にキャリアよりも「縁」です。 これは慰めでは無く本心である。 なぜ縁かと断言するかと…

続きを読むread more

人は何によって動くのか?

新しい工場を建てる時に、近所の女性と揉めたことがあります。 とにかく理不尽な「クレーム」が多いのです。 最初、私達は「彼女は病的なクレーマーである」と思っていました。 そしてそう思っている間は問題が解決しなかったのです。 しかし、建設会社の「苦情処理のプロ」が対処したら一気に解決したのです。 それは何故かというと、 苦情…

続きを読むread more