テーマ:科学

142857の憂鬱

142857 は実に不思議な数字である。 2倍すると、 142857 × 2 = 285714 3倍すると、 142857 × 3 = 428571 4倍すると、 142857 × 4 = 571428 5倍すると、 142857 × 5 = 714285 6倍すると、 142857 × 6 = 857142 全ての…

続きを読むread more

成長ホルモンと筋肉トレーニング

バットマンでジョーカー役として有名なジャック・ニコルソンであるが、 72歳なのに、恋人3人をはべらせて、海で泳いでいる記事を週刊誌で見た。 異常に元気である。 はっきり言っても良い。 あの元気さは、間違いなく異常だ。 しかし僕は驚かない。 特にハリウッドの俳優は成長ホルモンを注射してる人が多いと知ってるからだ。 実…

続きを読むread more

病気にはニオイがある。

どうやら癌には、特有のニオイがあるらしく、 マリーンは100%癌患者を当てるらしいです。 マリーンとは、がん探知犬第一号の牝のラブラドールレトリバーである。 最近はもっと研究が進んで、 マリーンが100%癌の種類をも嗅ぎ分けるという事実から、 癌の種類によって、ニオイが違うということが判ったそうである。 …

続きを読むread more

インテリジェントデザイン

今回は、「インテリジェントデザイン論」という新しい進化論についてお話しましょう。 ちょっと難しいかもしれませんが、最後には納得されると思うので、 ちょっと僕の話に付き合ってください。 従来のダーウインの進化論とは、生物が偶然に突然変異で環境に適した機能を獲得して、進化したという論理である。 つまり、 鳥が羽を得…

続きを読むread more

魔性の難問

ピュタゴラスは、「万物は数字で表される。」という確信を持っていた。 愛も希望も絶望も この宇宙空間に存在するすべては、 数式で表される。 神も例外ではない。 このような考えは、 多くの善良の人に嫌悪されるであろう。 異端であるという理由によって。 しかしながら、すべての科学者達は、 …

続きを読むread more

災害伝承

あけましておめでとうございます。 あっというまに正月休みも終わってしまいましたが、 本年もよろしくお願い致します。 ちなみに、 「冷夏の冬は暖冬で大雪」と、 うちの会社の人が秋に言ってました。 確かに、 今年は、東海地方は元旦に大雪だった。 私の記憶では、2日や3日に雪が降ったことはあったが、 元旦…

続きを読むread more

脳内麻薬の快楽:ドーパミンの話

この宇宙に生物が存在するか? という疑問に対し、 どうやら生命が誕生するのはそんなに特別なことではないそうだ。 しかし、我々人類と同じように知性を備え、 文明を築くような生命がいるかとなると、 こちらは非常に難しいらしい。 というのは、 地球上で生命が誕生したのは38億年前なんだけど、 この間にいろんな生命が非常…

続きを読むread more

チンパンジーとヒトの遺伝子の差

今年は、進化論で有名なダーウィンの誕生200周年だそうで、 『種の起源』出版150周年記念の催しが世界中で行われています。 先週だったかな? 「種の起源」の初版が1500万円でオークションで落札されたそうです。 ダーウインの進化論というのは、 全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、 自然選択と呼んだプロセスを通し…

続きを読むread more

疲労回復の研究

「魚は、死ぬときは水に溺れて死ぬ。」 こんな不条理で切ない話を 寿司屋で聞いた。 僕はマグロを食いながら、 不条理な海を夢想した。 人魚も水に溺れて死ぬのだろうか? ところで、 マグロってスゴイ魚でして、 釣り上げられると、 体温がどんどん上がって自分の体を焼いてしまうそうです。 26℃くらいの体温が、4…

続きを読むread more

憑依現象

夏の頃の話。 僕はバーベキューの後に、コンクリートの上を高圧水洗浄器で掃除してた。 つまり、水を撒いてた。 すると、そこにカマキリが寄ってきたのです。 「あれ?水でもほしいのかな?」と思いつつ、 暇だったので、僕はカマキリに水を掛けて遊びました。 いわゆる昆虫虐待なんだけど。 すると、 カマキリのお尻から、 スルス…

続きを読むread more

ツキを逃さない方法

「ミミズにオシッコをかけるとおチンチンが腫れるよ」 という話を聞いたことがあると思いなす。 いわゆる迷信の類と考えれているけどね。 実は、私は子供の頃ですけどね。 過去に二回、ミミズにおしっこをかけて 二回ともおチンチンが腫れました。 今はオトナになったのでいつも腫れてますけどね(笑) そして驚いたのは、…

続きを読むread more

続:日本人はどこから来たのか?

徳島大学の中堀豊教授の日本人のルーツについての発表を調べましたら 非常に興味深いことがありましたのですこし長くなりますが紹介します。 日本人はどこから来たのか?の続編です。   ■ 日本人のY染色体からルーツを探る:日本の男はどこから来たか? 卵子と精子が合体して子供が生まれるのですけれども 父親から染色体を2…

続きを読むread more

地震雲

前回、前々回とですね。 「ちんこ雲」やら「白蛇雲」やらで 私としては非常に不思議な雲との遭遇を書いた 言うなれば、「エイジのミステリーBLOG」を意図した訳だが、 そんな中、 「幕裏の妖怪 」のかなさんが、ご本人が最近恐怖の大地震に遭遇されたこともあって 「そりゃ地震雲やで。ナンマイダブナンマイダブ。」と、どうし…

続きを読むread more

自然は飛躍しない。

易学を非常に判りやすく、しかもスリリングに説明してくださる「リーダーの易経」の著者であられる竹村亞希子さんのBLOG「亞の玉手箱」の中の日記で次のような解説がありました。 『新・手に取るようにわかる面白い易経』30.再び、窮まれば変ずる 易経が教える変化の始まりは 目に見えて起こる変化ではなく 水面下で発する動きです…

続きを読むread more

大食いはなぜヤセているのか?

ギャル曽根を上げるまでもなく、真の大食いは全員ヤセているといっても過言ではあるまい。 ちなみに、ギャル曽根の「DNA 遺伝子・肥満遺伝子」を検査した結果、ギャル曽根は基本的には太る体質であるという驚くべき結果が出たそうだ。 しかし、なぜギャル曽根が太らないのかというと、また彼女だけでなく、「いわゆる大食い」を研究した結果、ど…

続きを読むread more

蚊取り線香は安全か?

昭和天皇が朝、侍従にこう言われた。 「私の寝室の中にいる蚊を全部生け捕りにしてくれませんか?」 侍従達が総動員で蚊を生け捕りにすると、昭和天皇は全ての蚊を顕微鏡で観察され、夜中に天皇の玉体から生き血を吸った不埒な蚊はすべてメスの蚊であったことを観察されたそうである。 ところで、蚊はいつも人の血を吸っているわけではなく、…

続きを読むread more

低酸素による心臓発作の予防方法

唐突ですが、私は高所恐怖症であるが飛行機に乗るのが好きである。 観覧車が怖くて乗れないが飛行機は乗れる。 ちなみに、飛行機で長時間座っていた乗客が、機内や降りた直後に死亡する「エコノミークラス症候群」で、成田空港の利用客が10年間に30人近くも死亡しているそうである。 中には成田に到着後、コックピットで倒れて呼吸不全で亡くなっ…

続きを読むread more

老化を防ぐ方法:ある天才ロシア人学者の仮説

ロシアには、非常に天才的でユニークな科学者が多い。 機会があったら順番に紹介できたらいいですね。 たとえばイザベルアジャーニの金糸美容法ですが、これはロシアの学者が発見しましたし、成長期が終わっても骨を伸ばす方法を考案し、実際に低身長の治療法を考えたものロシアの学者ですし、角膜にレーザーで傷を付けて近視を治癒させる方法を…

続きを読むread more

植物の断章

世の中には不思議なことってあるものでね。 というのは、最近亡くなった親戚の80才位のおじいさんなんだけど、昔から体が弱くて、心筋梗塞から始まって、心不全、緑内症で失明して脳梗塞で半身不随チックなんですけどね。しかも真冬に食中毒を起こしたんですよ。 でも、いつも最悪な状態になっても絶対に死ななかったのね。 「あの人は本当に不…

続きを読むread more

石油は永久に無くならない

またとんでもない話をしようと思う。 しかしこれから書く話は決して突飛な話ではない。 ガソリンの値段が高いですね。 石油高騰の理由は、まずなによりも中東の政治不安と資源ナショナリズムの昂揚、さらに中国・インドの急速な石油消費が考えられるらしいです。 しかし、これらはじつは二次的な要因に過ぎないのであります。 もっとも…

続きを読むread more

竹内久美子的 男がハゲる理由

学生時代の友人に会って思ったのですが、昔、女の子をはべらせていた、いわゆるチャラい遊び人の男の半数にハゲの兆候が来ているか、かなりデンジャラスな状態であることに気づいた。 「あれは女遊びのツケが回ってきたのだ」という意見があるが女の生霊でハゲたのか? 私は以前に女性はなぜ禿げないのか?というBLOGを書いたけれども、男の中で…

続きを読むread more

細菌は血液型を認識する

冬になって風邪が流行る時期だと、チンパンジーは風邪をひきやすいがゴリラは風邪を引きにくい。とよくいわれますよね。 え?聞いたことがない? しかも知らない? そんなマニアックな話題は日常会話で出ない? へぇ~そ~なんだ? 確かにゴリラが風邪をひこうがチンパンジーが風邪をひこうが、そんな話はどちらかというと日常会話では…

続きを読むread more

地球の出(Earth-rise)

「かぐや」ハイビジョンカメラによる映像:地球の出(Earth-rise) なんて美しい惑星であろう。 私がもし異星人で月から地球を見たとしたら、きっと地球に限りない興味を抱くと思う。 荒涼とした宇宙空間に浮かぶ楽園のような青い星。 このラピスの様に青い星に住む者はきっと神の様に幸福で愛に満ち…

続きを読むread more

波動論: オーラとは何か?

最近はオーラという言葉が一般的な認知を得ているような気がするが、本当にオーラってあるのか?は見える人しか実際は判らない。 以下は私の独断と偏見のオーラ論である。 私のようにオーラが見えない人でも、おそらく誰でも経験があるのが「気配」であろうと思う。 たとえば、私の場合は、自分が「イライラ」していると、話している人も「イ…

続きを読むread more

波動論 :共鳴による病気治療

「ネコがゴロゴロ」とのどを鳴らす声がありますが、実はこのネコのゴロゴロ声には多くの謎が存在する。 そもそもネコは大きく分けて1.落ち着いている時2.病気の時3.死ぬ直前の3つの状態の時にゴロゴロ声を出すらしい。 この習性はネコばかりでなくて、多くのネコ科に見られる習性らしく、実は獣医学者の間では、ネコが他の動物よりも骨折など…

続きを読むread more

迷信は信じるに値しないか?

   プラモデルを作るのが上手い人 プラモデルを作るのが上手い人は、出来上がりの完成状態を頭にイメージして作る。 けっして説明書の順番に作らない。 この「完成状態」を心理学では「モデリング」と呼ぶ。 心理学用語で「モデリング」とは、実際に人間の成長過程では、誰かを真似るという「モデリング」により学習・成長するとされている…

続きを読むread more

海の断章(アクア説)

ギリシア哲学で人間には三種類あるという。 ひとつは死人。 ふたつには、生きていても死んだような人間。 みっつめは、海に向かって飛ぶ人間。 この場合の海は、理想や夢を示しているのだろうか? それとも、海を示しているのだろうか? 最近、私達の祖先は「森を追われて海に逃げた猿人の末裔」であるという「…

続きを読むread more

匂いに関する断章

■娘が父親の下着と一緒に自分の下着を洗濯しない理由 よく年頃の娘が、父親の下着と自分の下着を一緒に洗濯するのを嫌がるという話がある。 それはなぜか? 「臭いから」という理由は科学的でない。 なぜなら、汗臭い男が好きな女子でも、父親の汗臭さは耐えられないという。 これは、親父が加齢臭を発散させているという理由ではないのである。 …

続きを読むread more

神はサイコロを振らない

2006年1月1日は、1秒長い1日だった。 うるう秒だそうだ。 ようするに、地球の自転を1日24時間ジャスト!と思っていると、正確には、24時間ジャストじゃないと言うことなんだけど、実際にどれだけずれてるか?というと、47年間で33秒地球の自転が遅いらしい。 これを一年で計算すると、0.7秒以下の誤差であり、1日で計算すればほ…

続きを読むread more

地球温暖化と異常気象の原因

シーラカンスさんのBLOGで書かれているように、この100年で日本の平均気温が1℃上昇した。 地球温暖化の原因は二酸化炭素の増加が原因と言われており、それが常識のように考えられている。 しかし、今回は二酸化炭素の増加が主因ではないという学者の説をBLOGしようと思う。 19世紀にスウェーデンの学者が「産業革命以来の二酸化炭…

続きを読むread more