テーマ:処世術

ムカついて馬鹿にされない方法

人から悪口を言われたり、足を引っ張られたり、嘲笑されたり色々ムカつくことがあると思いますが、大事なのは、弱者ゆえに受ける仕打ちなのか強者ゆえにに受ける仕打ちなのかでありまして、強者故に受ける仕打ちであるならオトナとして笑って甘んじて受けるべきであるが、弱者として受ける仕打ちならば戦う必要があります。 例えば、馬鹿にされた場合です。…

続きを読むread more

どうすれば人生で成功できるのか判らない人に贈る話

これから人生を生きていく人やどうすれば人生で成功できるのか?わからない人たちに贈る話を書こうと思う。 まず、人生を生きるにおいて、なにより大事なことは「正しい志を立てること」である。 古今東西多くの有名な成功者が自分の人生や経験を振り返り、 「成功するか否かの大きな違いは、才能の差や努力の差ではなく、志があるかないかの差で…

続きを読むread more

ホ・オポノポノの実践手引き

忘れがちですが、「目の前に起こったことはすべて君と関係がある。」 つまり、嫌味を言われるのも、馬鹿にされるのも 嫌な相手が存在して、君に嫌味を言うのでは無くて、 君の中に嫌味を言われる「核」があるから、嫌味を引き寄せているに過ぎない。 それは嫌味だけで無くて、仕事を急いでいるのに赤信号に変わるのも、 人が虐められている…

続きを読むread more

未来の現象はイメージと感情によって固定化する

未来はいつ決定されるのかというと、 私の経験では、何かしらの未来をイメージした時、湧き出る感情によって未来が決定されることになります。 重要なことは、感情が固定化すると、未来が決定されるということで、 逆に感情が変わる間は、未来も変わる「混沌状態」にあるということです。 しかしながら、いったん感情が固定化された未来は決して変…

続きを読むread more

廃れた家と廃れていない家

知り合いが市会議員に立候補したので、チラシを配るのをしぶしぶ協力したのですが、 昔から知っている様々な家を久しぶりに訪問して気づいたことを書こうと思う。 ① お金の無い家は廃れる。 私が一番驚いたのは、昔、町長やら議員、会の会長をやっていた人の家が廃れていたことである。世の為人為に働けば裕福かな?と思うのですが、どうやらそ…

続きを読むread more

セブンイレブン常勝の戦略

日本で最初のコンビニエンスストアはセブンイレブンですが、 セブンイレブンを作った人は鈴木敏文という商売の天才である。 セブンイレブンの常勝を見る限り、間違いなく、彼は商売の天才です。 その鈴木氏の生きるモットーというのは、 「変化対応」だそうです。 鈴木氏曰く、 人間が進路を決めるには三種類の方法がある。 …

続きを読むread more

罰があたる罪と罰があたらない罪

韓非子が「過失ありて罰せられず、功績なく賞を受くれば、国が滅びる」と言っているのですが、私は非常に納得がいくのです。 何故かというと、 「過失が無い者が左遷されたり」「功績があっても賞を与えられない」ような会社は理不尽ですが通常は傾きません。 しかしながら、 「過失があっても罰せられず」「功績がないのに賞を与えられる…

続きを読むread more

自分の強みを知る重要性について

ピータードラッカーが、「非営利組織の経営」の中で、 「人間が強みを生かして生きることが天が望む美である。」と語り、 「強みを生かす人生を選択すれば、人生の弱みは無くなる。」とも語っている。 「欠点矯正よりも強みを生かして生きる重要性」はドラッカーの中心的な哲学であるが これは処世術として非常に重要な話と思うので解説しようと思…

続きを読むread more

欲しいモノは必ず手に入る法則

私が経験で判ったことは、 正しくターゲットにフォーカスすれば、 引き寄せは必然に発動されます。 それで、正しくターゲットにフォーカスするというのは、 欲しいものでは無くて、自分にとって「幸せとは何か」を明確にすることである。 いわゆる欲しいモノでは無くて、「ワクワク」するものは何かを明確にすること。 欲しいモノばかりに目…

続きを読むread more

出席率を確実に増やす裏ワザ

今回はライクハック的いわゆる裏技な記事でも書こうと思う。 私はスポーツ推進員の会長をしていますが、毎月実行委員会を開催します。 各地区で選出された20地区の代表委員が参加するのですが、 いわゆる「ボランティア活動の地区別振り当て職」なので、非常に出席率が悪かったのです。ところが「ある方法」を実施してから、出席率が常時8~10割…

続きを読むread more

二度あることは三度ある法則

チェスや囲碁はすでに人間はコンピューターに勝てない。 将棋はまだ結果が出ていないようであるが、将棋もコンピューターに勝てなくなる。 コンピューターがなぜ強いかというと、言うまでもなく「運があるから」でも「勢いがあるから」でも無い。 過去の「勝負のデータ」がすべて記憶され、必ず勝てる「形」になると間違えないからである。 なぜ間…

続きを読むread more

就職運と恋愛運を上げる方法

私の経験から確実に言えることは、 就職が決まる絶対的な基準というのは 学歴やキャリアでは決して無いようである。 それでは何が決まる基準かというと、いわゆる「縁」である。 最近、非常に狭き門と思われた企業に中途採用された友人がいるのですが、 学歴も実績も無い彼が採用されたのはタイミングが良かったからである。 であるから…

続きを読むread more

とにかく「強気」で生きる。

人間にとって一番大切なことは、「強気」である。 まず、強気にならないと運もツキも寄って来ないし、 強気でないと尊敬されないし、他人から好かれない。 性根が弱いと愛人も出来ないし、恋人も出来ない。 強きでない人間は、義も仁も果たせない。 普段は優しくても強くない者は、いざという時には逃げる。 優柔不断で性根が強気でない者は…

続きを読むread more

部分を集めても全体にはならない

化粧のお話を聞いたのですが、 面白かったので記事にしようと思う。 例えば眉毛を書く場合、 顔を考慮しないと失敗する。 眉毛の書き方は、顔によって決まるということらしい。 丸顔で顔の大きい女性は、深田恭子や長澤まさみを型にしてから 眉を書くのが良いそうで、間違っても、戸田恵梨香を型にしてはいけないそうです。 オカメ顔…

続きを読むread more

稲盛和夫はなぜ常勝なのか?

80才を過ぎて名を成している者は、成功者と呼んでも良いだろう。 50代や60代で成功している者はまだ判らない。 人生の終わりにどんでん返しがある場合もある。 そう考えると、稲盛和夫は成功者であると結論しても良い。 そして特筆すべきは、生涯負け無しの常勝であること。 27才で京セラを創業して成功し、 70代でKDDIを…

続きを読むread more

人生に逃げはない

私は、最近ですが「なんとなくやる気が出ない」とか「漠然として憂鬱」でした。 波動の影響か?と考え、浄化したり、未来の目標をイメージをしても解決しないのです。 それで環境にも問題が発生し、なかなか解決しないので 「これは変だ」と考え、真剣に考えました。 それで忽然と解ったのですが、私は逃げていたのです。 何から逃げていた…

続きを読むread more

悩んで眠れぬ夜の処方

悩んだり、腹が立って眠れない夜が誰でもあると思います。 そんな時に、「過ぎたことは忘れよう」とか「眠ろう」とか 「頑張れ自分!」と思えば思う程 後悔の念や怒りが込み上げて逆効果になるでしょう。 或いは、お酒を飲んで眠ろうとしても、2時間後には目が覚めてしまうでしょう。 そんな時は、後悔や自責の念、怒りや自己納得を一切止…

続きを読むread more

常に善人よりも独裁者が支持される

北極や、シベリア・カナダ・アラスカなどの寒冷な高緯度地域においては、 輸送に於いて、馬や車輪が使用できない為、犬ぞりが用いられる。 ドキュメンタリーなど観ると、犬が何匹も足並みを合わせて 必死にソリを牽いている。 犬の軍隊姿を観ると、 気ままな犬達を仕込むのは大変だろうと思いがちであるが、 じつはそうでは無くて、リー…

続きを読むread more

負けの原因の99%は自滅である。

私は、運とはどういうものかというと、 麻雀の配牌と同じようなモノであると思っている。 運が良い時は、欲しい牌が自然に集まってくる状態であり、 運が悪い時は、欲しい牌が全然来ない状態である。 つまり、運とは、本来、奪い取れるモノでは無くて、 自然に集まってくるモノである。 従って、運が良くなりたいのならば、 運を奪う…

続きを読むread more

厳しい上司の対処法

日本IBMの役員の人から聞いた話で面白かったので紹介しましょう。 彼が若い営業マンだったころ、 非常に指導が多く、厳しい上司がいたそうである。 自身の実力もありますが、机を叩き相手を罵倒するので 多くの社員は滅入ってしまったそうです。 とにかく厳しい指導で、なんでもかんでもダメ出し、決して褒めない。 彼は結果的にこの…

続きを読むread more

一番大切な事は一番早く起きること。

実際に早起きして会社に一番に出社するようになってからですが、 ほんとうに凄い効果があるのです。 そもそも「早起きは凄い効果がある」と昔から数多くの人が言っているので 知っていましたが、はっきり言って半信半疑でした。 なぜなら、「なぜ早起きすると効果があるのか?」という類の記事を読むと、 「朝は脳が活性化する」とか「時間…

続きを読むread more

ヤクザ映画から幸福を考察する。

最近はネットで無料の映画が観られるのですが、 私は気分転換に「ヤクザ映画」を観ることもあります。 ヤクザ映画というのは、任侠モノのVシネマである。 「ヤクザ映画」は基本的に 観ている途中で「うんざり」してきます。 なぜなら、「主人公に明るい未来が無いから」である。 毎日、暴力・裏切り・殺しでうんざりである。 …

続きを読むread more

100%結果が出る行動力基本動作

私の研究が正しければ、古今東西の成功者達が語った行動に関するエッセンスは 6項目にまとめられると思われる。 実際に行動決起する場合には、 以下の事を守れば、必ず望む水準の成果が出るでしょう。 1、行動に当っては、短期間に最高の成果を上げる事を肝に命ずこと。   (時間をかけてやろう と思う事は既に挫折している。) …

続きを読むread more

願望は叶わないが思いは必ず通じる

住友の中興の祖と言われる伊庭貞剛という人の話。 伊庭は四十八歳の時、住友が経営する別子銅山の争議を収める為に新居浜に行った。 鉱山の労働者との話し合いは困難を極め、伊庭は「死」を覚悟した。 彼は争議のかたわら、夜は「臨済録」を読んだそうである。 ところが臨済録は難しくまったく理解出来ない。 それでも不退転の覚悟で読み進…

続きを読むread more

イメージ活性化トレーニングによって現実を変える

未来について、良いイメージが出来るときは、 そのままにして置くのが鉄則で、 さらにイメージトレーニングをして強化するのは逆効果である。 しかしながら、未来について悪い予感がするときは、 そのまますると、そのとおりの結果になるので、 イメージトレーニングして予感を変えることが鉄則である。 そもそも、 イメージの結果は…

続きを読むread more

困難な仕事を与えられた時の対処方法

仕事をしていますと、上司から理不尽な事や困難な仕事を与えられることがあります。 「イジメだ」とか「パワハラだ」と思う場合もあるでしょう。 しかしながら、この世の中に無駄なことは一切無いのです。 たとえ、本当に「イジメ」であっても「パワハラ」であっても良いのです。 大事な事は、上司からの命令だとしても、 或いはお客からの要望…

続きを読むread more

道徳と現世利益

孔子は、社会を良くするのは、法律やお金では無く、 まして政治や労働環境でも無く、 個々の人間の道徳性・行動であると説きました。 孔子は、人が善き事を行うと、私たちの住む世界の神ベクトルと合致する故に、 期せずして、社会の平和、人民の愛和、個人の繁栄を達成できると考えたのです。 それで、善き事とは何かというと、 徳であ…

続きを読むread more

選択を間違えない基準

例えば、アナタはどちらかを選択する場面に遭遇したとしましょう。 でも、選択に迷っている。 としましょう。 そこで、 ① 好き・嫌い ② 損・得 ③ 得意・不得意 この中で、どの基準で選択するのが良いと思いますか? 私は、 ③ 得意・不得意 で選択するのが正しいと思います。…

続きを読むread more

鬱や不安な人の処方箋

電通の優秀な女性社員の自殺事件に対し、 私はなぜこんなことになったのかをずっと考えていました。 とある東大卒のキャリア女性のコラムに、 「エリートラインから脱落するともとに戻れない恐怖感から頑張ってしまう」 と書かれていて、過労→自殺になるという記事に納得したのですが、 ますます憂鬱な痛い気持ちになったのです。 …

続きを読むread more

モテの戦略

渕上賢太郎氏によれば、 市場の中でモテるモノには、次の4つの原則があるらしい。 市場でモテる為の4原則                           .   1) 価値がある 2) 貴重である 3) 露出している 4) 自己主張がない 例えば、車の展…

続きを読むread more