テーマ:人生

嫌なことをすると運が悪くなる。

「嫌だな~」「やりたくない」と思うことはしない方が良い。なぜなら嫌々すると確実に運が悪くなる。 なぜかと言うと受け身になるからである。受け身になるとネガティブになるから運が悪くなる。 しかしながら、嫌な事をせずに人生は暮らしていけない。 仕事で私の受け身具合のバロメーターは電話である。電話がかかってきて「うわっ今度はなんだ?」…

続きを読むread more

どうすれば人生で成功できるのか判らない人に贈る話

これから人生を生きていく人やどうすれば人生で成功できるのか?わからない人たちに贈る話を書こうと思う。 まず、人生を生きるにおいて、なにより大事なことは「正しい志を立てること」である。 古今東西多くの有名な成功者が自分の人生や経験を振り返り、 「成功するか否かの大きな違いは、才能の差や努力の差ではなく、志があるかないかの差で…

続きを読むread more

毎日嫌いな人と接しなければならない時どうするべきか

ドイツ人は自動車や時計などの工業が得意で、イタリア人はマフィアのように誇り高く、フランス人は不倫や恋愛が好きであるとか言われます。いわゆる民族性は何によって決定されるのしょう。 因みに、私の周りの日本人は、米国に長く滞在している者は決まって誰でも、日本人の決断の遅さにイラつく傾向があります。 その理由を長らく疑問だったのですが、…

続きを読むread more

他者セルフイメージ願望達成法

ピータードラッカーが確実に人生を変える方法について、 それは、「自分はどうのように人から記憶されたいか?」を明確にすることだと書いている。 ドラッカーが自分の主治医である歯医者に 「貴方はどのように記憶されたいですか?」と質問した。 歯医者は、「医者が貴方の死体を解剖した時、さすがドラッカーは超一流の歯医者にかかっていた。」…

続きを読むread more

鬱や不安な人の処方箋

電通の優秀な女性社員の自殺事件に対し、 私はなぜこんなことになったのかをずっと考えていました。 とある東大卒のキャリア女性のコラムに、 「エリートラインから脱落するともとに戻れない恐怖感から頑張ってしまう」 と書かれていて、過労→自殺になるという記事に納得したのですが、 ますます憂鬱な痛い気持ちになったのです。 …

続きを読むread more

なぜオリンピックで日本人が勝てるようになったのか

先のリオ五輪では日本人アスリートのメダルラッシュでした。 かっての日本人はここぞというときに負けるアスリートが多かったのですが、 北京オリンピックから徐々に勝負強くなって来たのです。 この理由は、日本のスポーツ界が「スポーツ科学」を採用した成果であります。 いわば、メダル経験者の指導では無く、学者の研究を実践した成果なの…

続きを読むread more

修羅場の量は運の量

俳優とか歌手でめちゃめちゃ売れている時、 見てる人が憧れて熱狂している時、当人達は「修羅場」と感じていて ぜんぜん楽しくなく、悩み多い時代だと感じていることが多いみたいです。 つまり青春時代のように、 振り返ると「あの時は、輝いていたな」と思うけれど、 青春時代の真ん中は道に迷っているばかりなのだ。 誰かの歌詞みたいだけ…

続きを読むread more

好意共感の法則

我々は、「一人の人間にしか感情移入できない性質がある」らしい。 スコット・スロヴィック&ポール・スロヴィックは、 「一人の死は悲劇だが、百万人の死は単なる統計上の数字でしかない」 と書いている。 事実、私たちの感性において、他人の苦しみや悲しみに対する同情というのは、 犠牲者の数が増えたとたんに減少するそうである。 …

続きを読むread more

とりあえず早起きすると誰でも運が良くなる

私は最近、決めた時間に起きるようにしている。 しかも「パッと起きる」ことだ。 具体的に言うと朝6時なんですが、 目覚ましが鳴ると「あと5分眠らせて・・」とグズグズしていたのです。 理由は、6時に起きなくても仕事に間に合うから起きれない訳です。 しかしながら、休日でも、たとえ起きる目的が無くても、 私は敢えて6時にパッと起…

続きを読むread more

モチベーションを維持する方法

今日はソフトボールの試合があったのですが、 雨で中止になりました。 実は連日の残業で体調が悪かったので憂鬱だったのです。 しかしながら、今朝、中止の連絡をもらった時から、 心がスーと軽くなった訳ですが、体調不良も治ったみたいで、 つまり、僕は今日のソフトは行きたくなかったのだと自覚しました。 唐突に解ったことは、 …

続きを読むread more

「龍系」「天狗系」「稲荷系」

儲かっていないときは謙虚で頑張る町工場の社長がいました。 社長は頭も良いし体力もあるので儲かるようになりました。 しかし、会社が儲かりだすと「わがまま」で「怠慢」になってきました。 高級車を買ったり、公私混同を始めました。 すると、会社が儲からなくなってきました。 それでまた謙虚になって頑張る社長に戻ったのです。 すると…

続きを読むread more

やりたくない原因ではなく目的を考えること。

今日は地域の用事があって、集会所に行かないと行けないのですが、 風が強くて外に出たくないので、 自分のことをつくづく怠慢な人間だと思って、 自己嫌悪で集会所まで歩いていたのです。 ちょっと待てよ? 怠慢な人っていうのは本当に存在するのであろうか? と考えたのです。 「もし、目的地が退屈な集会所では無くて お金が儲…

続きを読むread more

罪の償い

「罪」とは切ない言葉である。 もし、あなたが、「私は何も罪など犯していない」と信ずるなら、 この記事は読む必要がありません。 しかしながら、「私は罪を犯しました」と少しでも感ずるのならば この記事をあなたに捧げます。 実のところ、貴方が明白に罪犯したと感ずる罪ならばよいのです。 殺人とか窃盗やら強姦みたいなですね…

続きを読むread more

闘戦経の教え

次の中で誰がもっとも出世すると思いますか? ① 人の道を守ることを知り、道徳によって世を渡る人 ② 慈悲深く、優しい人 ③ 志があって強気な人 答えは、③である。 例外なしに③です。 しかし、実は、 強気の生き方を実践しながら、人の道を守ることを知り、道徳によって世を渡る人や 強気の生…

続きを読むread more

どうすれば勢いを得ることができるのか

経済学者の藻谷 浩介が、 「経済や政治の問題は、人口が増えているときは、深刻な問題にならないが、 人口が減少傾向になると、些細な事も大きな問題となる。」 と言っていました。 これはつまり、様々な問題の原因を探すと、 原因は数多く考えられるけれども、 もっとも確実に言えるのは、 勢いの有るときは問題が起きないが、…

続きを読むread more

一流は孤独を愛する

一流のリーダーと二流のリーダーの明確な違いは何かというと、 一流のリーダーは「孤独を愛する」が二流のリーダーは「孤独を知らない」という点である。 と井上裕之が「リーダーの哲学」で紹介している。 私が思うに、これは一流の男と二流の男の差である。 そんな訳で、一流に為りたければ、一流を目指すのならば、 「孤独を愛する男」とは何…

続きを読むread more

評価を良くする方法

年末は賞与の季節です。 一般的に、賞与は、上司の査定によって算出されます。 誰しも査定(上司の評価)を良くするためには、 上司に「頑張ってる姿」や「デキる男をアピール」するのが大事だと思ってるでしょう。 「他人より頑張れば認めれる。」とか「他人より礼儀正しければ認められる。」 と昔は私もそう思ってましたが、 でも、実…

続きを読むread more

逆ハインリッヒの法則

アメリカの保険会社の統計で、 「ハインリッヒの法則」というものがあり、 それは、 ある工場で発生した1件の重大な災害が起こる背後には、 29のヒヤッとした軽い事故があり、 29の失敗の背後には、 300件の小さなミスがある という有名な事故の統計である。 さて、 例えば、 この法則を次のように考え…

続きを読むread more

部下をお客様と思えば9割うまくいく

横浜市長の林文子は凄い女性だと思う。 彼女の経歴は、高卒で、しかも既婚で31歳の時ホンダオート横浜に入社し、 自動車販売は未経験でありながら、 入社1ヶ月目でトップセールスを記録し、 その後、BMW東京に転職し、 4年8ヶ月で400台のBMWを売り記録を作る。 その後、フォルクスワーゲンジャパン販売(株)の社長にスカ…

続きを読むread more

戦略とは、何をやらないかを決めることである。

「戦略とは、何をするかではなくて、何をやらないかを決めることである。」 というジョブスやドラッカーの言葉を読んで、非常に興味深いのは、 通常は、「戦略とは、何をプラスするか?」が本道のように思うのですが、 ドラッカーは、「何をやらないかを決めることである」と言っている点である。 私は、ある樹木の名医の言葉を思い出した。 そ…

続きを読むread more

マリリンモンローとラッキールチアーノ

生活の中で、怒り・妬み・愚痴という三毒を無くすと、 非常に運が良くなると前の記事で書きましたが、 参照:運を戦略的につかむ勝間式4つの技術 三毒を無くす方法について、 実際に「どうすれば出来るの?」とか「無理せずに出来ない」という疑問があると思います。 「どうすれば出来るのか?」について、 私が思うに、「習慣化」す…

続きを読むread more

運を戦略的につかむ勝間式4つの技術

私は、 男に「Hできるかも」という期待を持たせる女がモテる と言い切った勝間和代は凄いと思うのですが、 そんな勝間和代は女性から、特に知的な女性達から嫌われると思う。 なぜなら、彼女の理論は、「戦略的過ぎて心がない」からであり、 「イソップ物語」のような分析が多いからでありましょう。 しかしながら、私は、勝間和代…

続きを読むread more

IBMを成功させた理由

IBMの創業者であるトム・ワトソンは、 IBMを成功させた理由について聞かれたとき、 次のように答えたと言われています。 「私が思うに、3つの特別な理由があります。 最初の理由は、事業を立ち上げて間もないころから、 はっきりと会社の将来像を描いていたこと です。 言い換えれば、私の夢やビジョンが実現し…

続きを読むread more

生きる力はどこにあるのか?

心理学者のアドラーによれば、 「人間のすべての悩みは対人関係の悩みである。」 ということらしい。 「死にたい」とか「辞めたい」とか「行きたくない」 の原因を突き詰めると、 「人間関係」に根本的な原因があるらしい。 また、人間関係以外の色んな理由で落ち込んでいても、 人間関係で楽しいことがあれば「元気」になれると…

続きを読むread more

なぜ上手く行かないのか?

ゴルフは止まっている球を打つだけの競技ですが、 ドライバーでまっすぐ飛ばそうと思ってもなかなか思い通りにいきません。 私は昔BLOGでも書きましたが、非常にゴルフに熱中していた時期があり、 夏でも冬でも毎日ひたすら練習していました。 本を読んで、判った!これだ!と考えて練習しても、やはり上手く行きませんでした。 ところ…

続きを読むread more

ライバル同士に大きな差が出る理由

「ハンカチ王子」こと日本ハムの斎藤佑樹と「マー君」こと楽天の田中将大は、 高校時代はライバルと言われ、夏の甲子園の決勝戦のライバル対決は斎藤に軍配が上がりました。 その後、斎藤は大学に進学し、田中はプロ野球に入った訳ですが、 早稲田大を経て北海道日本ハムに入団した斎藤は故障もあって二軍でイマイチであるが ご存じのとおり、マー…

続きを読むread more

ナンバーワンを目指さないと不幸になる

「ナンバーワンは無理だからナンバーツーでいいや」とか 「大成功をすると不幸になるから、そこそこの成功が良い」という人や 「大金持ちよりも中金持ちを目指す人」のような「ナンバーワンを目指さない人」と、 「プロ野球選手になるぞ」とか「金メダルを取るぞ」とか 「社長になりたい」など、「ナンバーワンを目指す人」では、 どちらの生き…

続きを読むread more

絶対成功する人のたった一つの同じ特徴

林真理子の新著「野心のすすめ」を読みました。 この本は、人々の野心がすっかり希薄になったいま、 「もっと上を目指して挑戦してみようよ!」と提唱している内容であり、 現実に、次々と野心を達成してきた林真理子の話なのですけど、 私が「おお!」と思ったのは、 どん底時代をどういう心持ちで耐え抜いたかというと、 「いまに…

続きを読むread more

悪運が尽きる男と悪運が尽きない男

昔、ある友人が言いました。 「世渡りが上手いけどずるい奴と、 世渡りが下手だけど人格者とどっちが成功するかな?」 どっちだと思いますか? 正解は、どちらでも無く、 「負けん気の強い奴や欲望が強い奴が運が良い」のです。 つまり、 世渡りが上手くても、気が弱いと運が悪くなるし、 人格者でも、気が小さいと成功しませ…

続きを読むread more

困難はなぜあるのか?

私達が困難に遭遇したり、悲しい出来事に遭遇した時に、 大事なことは、決して消極思考にならず、悲観しないということであります。 悲観しないとは、どういうことかと言うと、 「負けないぞ。かならず良くするぞ。」と力を沸き起こすことであり、 勝つことを確信することではありません。 なにより、大事なことは、 「困難に遭遇した意…

続きを読むread more