テーマ:アスリート

戦略とバランス理論

新規事業を立ち上げ、どうやって成功させるか戦略を建てるとしましょう。 或いは、彼女をゲットしようと戦略を建てるとしましょう。 すべからく、成功にとって、もっとも大事なのは、戦略である。 では、どうやって、戦略を建てるか? 実は、戦略を考える上で、非常に有効な方法があります。 それは、 戦略は、3者の関係を…

続きを読むread more

成功者の一つの共通点

私は多くの成功に関する考察を書いている訳ですが、 結局、成功者には、一つの共通点があり、 それを知らないと、成功の方法論は、絵に描いた餅になります。 それは、頭が良いとか性格が良いとか腕が良いという「優れた点」では無いのです。 もちろん、プラス思考とかセルフイメージが高いということではありますが、 プラス思考やセルフイメー…

続きを読むread more

王道は引き算である

私の住む岐阜では、最近、コンビニやドラッグストアーの出店が目立って多いです。 昔、ドラッグストアーのライバルはコンビニでしたが、今やスーパーマーケットがライバルですね。 ちなみに、コンビニに関しては、 岐阜は、「ミニストップ」や「サークルK」「ローソン」で「セブンイレブン」が無かったのです。 しかしながら、5年ほど前にいきな…

続きを読むread more

天才と凡人の定義

天才と凡人の違いとは、知能や才能の差によって決定されます。 しかしながら、知能が天才レベルでも凡人がいるし、 才能が凡人レベルでも天才と呼ばれる人もいます。 つまり天才とは、天才的偉業を成し遂げた人物をいうのであって けっして知能によって天才とは呼ばれません。 逆に、例えどんなに知能が高くても、何も出来なければ凡人であ…

続きを読むread more

サラリーマンが必ず出世できる法則

流行っていた店が衰退するのはなぜか? それは、価格に相応しい「商品とサービス」を提供しているからである。 価格の倍相当の「商品とサービス」を提供する店は、 ある時期から飛躍的に成長し、10倍の収益をあげられるようになる。 これを「商売繁盛の法則」と名付けましょう。 サラリーマンでも、「給料」分しか働かない社員は絶対に、…

続きを読むread more

一点豪華主義のススメ

日本は実に自殺が多いです。 それはなぜかというと、「危機」のために「夢も希望もなくなる」からでありましょう。 それで危機とはなにかというと、 病気をしたり、会社を首になったり、大学受験に失敗したり、破産をするといったようなことでしょう。 「理不尽」な仕打ちを「危機」というのであります。 つまり、私達が「危機」と感じる根幹と…

続きを読むread more

勝負運の強い人の特徴

先日、初競りで1億5千万円のマグロを釣った大間の漁師の番組を見ていて思ったのは、 勝負運が強い男は、絶対に「負けず嫌いで粘り強い男」であり 「優しい男」や「礼儀正しい男」や「義理人情に篤い男」は勝負運には関係ない。 絶対に勝負運には「負けず嫌いで粘り強い男」が強いのだ。 いわゆる「引きの強い男」だ。 引きには、経験と体力と…

続きを読むread more

土光敏夫という生き方

土光敏夫といえば、もっとも成功した実業家の一人である。 そして、成功しながら生涯無事であった人間の生き方として、 模範的なモデルだと思うのである。 なぜ土光が模範的な成功モデルかと言うと、 お金持ちは数多いけれども、金持ちだけど、子供が不幸だとか、家族が不幸だとか、 成功したけれども、健康を害したとか、晩年は悲惨だとか、 …

続きを読むread more

ジュリーという生き方

今日、ニュースで、「ザ・タイガース」が44年ぶりにオリジナルメンバー5人で再結成 という記事を読んで、 唐突にジュリーについて書こうと思ったので書きましょう。 昔のアイドルを見ると、 ちょっと違和感を感じる場合が多い。 「ちょっと眉太すぎないか?」とか「髪型古くさい」とか「サングラス笑える」みたいな感じである。 …

続きを読むread more

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

衆議院選挙は歴史的な自民党の勝利になったけれども、 事実は、民主党の歴史的な負けということである。 私が今回学習したことは、 勝ち負けとは相対的なことであって、 決して自分が強くなくても相手が弱ければ勝てるという事である。 実際の所、多くの勝ちは、 相手を打ち負かすよりも、相手が勝手に転けることによって得られることの方が…

続きを読むread more

プロフィット・ピラミッド

高収益企業には共通した秘密があるらしい。 想像して欲しい。 今、貴方は広大な砂漠のど真ん中を水も食料も持たずに 彷徨っているとしましょう。 のどは乾き、意識は朦朧としてる。 そこに、ラクダに乗った商人が現れ 「一杯の水を1万円で売る」と言ったとしましょう。 恐らく、ほとんどの人が水を買うでしょう。 なぜな…

続きを読むread more

実力以上の力を出す方法

勝負強いというのはどんなことかというと、 例えば、絶対外せないパットを外さないとか、 ここは絶対打たねばならぬ時にヒットを打つとかいうように、 「ここぞ」という場面に結果を出せることでありましょう。 心理学の話ですけど、 何かに取りかかる前に、自分の目標を理解して応援してくれている人の名前を思い浮かべると、 集中力や粘り…

続きを読むread more

人気者よりモテる者

夜の世界では有名な人らしいですけど、ホストクラブの経営者で零士という人がいるそうで、 その零士が夜の街で長く観察した結果、 ホストの世界だけでなく、ヤクザでも自営業者でもキャバクラ嬢でも銀座のママでも トップになるのは、必ず「人気者ではなくてモテる者」だそうである。 それで、人気者とモテる者の違いとはなんぞやというと、 零…

続きを読むread more

ホットポテト理論

もしかしたら、貴方は集団で参加するゲームになると運が悪くなる人ではありませんか? 集団のゲームとは、ババ抜きとか王様ゲームとかゲームです。 そういう人は、個人だと運が悪くないのに、集団になると運が悪くなるのです。 この現象を、心理学の交流分析理論のファニタ・イングリッシュ博士は、 「ホットポテト理論」として説明しています…

続きを読むread more

往生の極意

今年一年を振り返ると、身近に「死」というものを考える機会が多かったです。 私自身憧れる生き方というのは、よく考えるのですが、 憧れる死に方については、あまり考えたことが無かったのです。 強いて言えば、西行のように、 「願はくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月の頃」 という有名な歌を詠み、そしてその通りに死ねればカ…

続きを読むread more

志が低い国は国難に遭う

日蓮は「志が低い国は国難に遭う」というようなことを言い放ち、 元寇が来るのを予言したと言われていますが、 日本は今まさに国難の最中であります。 仮に日蓮の基準に合わせて考えてみれば、 日本は志が低くなった故に災難に遭遇したということになりましょう。 これは個人でも同じで、 志の低い人は災難に遭いやすいということに他ならな…

続きを読むread more

スティーブ・ジョブズの感動スピーチ

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズの有名な言葉、 「貪欲であれ、愚直であれ。(STAY HUNGRY.STAY FOOLISH.)」 の出典が、2005年にスタンフォード大学の卒業式で彼が学生達に話した 「人生で得た3つのストーリー」であったことを後で知った訳ですが、 このスピーチの最後の話。「死について」の中で、 …

続きを読むread more

なぜチンパンジーは自殺しないのか?

2006年の9月26日の朝、霊長類研究所の当時25歳のチンパンジーのレオが、 倒れているのが発見された。 脊髄炎を起こし、それ以降、全身が麻痺して寝たきりの状態になってしまった。 人が同様の状態になったら、その苦悩は計り知れないであろう。 しかし、同じ霊長類であるチンパンジーの場合は、人の場合とは異なるらしい。 興味深…

続きを読むread more

力を抜くということ

今回は、 力を抜くとは如何なることか? どうすれば、力が抜けるか? について考えてみよう。 なぜ「力を抜く」か?というと、 どんなスポーツでも、呼吸法でも、イメージトレーニングでも、 必ず「まず。力を抜け。」と言われる。 力んだらダメと言われる位、力を抜くのが重要視されているにも係わらず、 正しく力を抜くという意…

続きを読むread more

運動会競技の裏技

皆さんの地域もしくは学校で、もうすぐ運動会じゃないでしょうか? 秋だし。 ちなみに、私は地域の運動会の係りをやっております。 いわゆる体育委員ってやつなんですけど。 言っておきますが、好きでやってないですよ。 先輩に脅迫されてやってるんですけどね。 好きじゃないと、この係は結構大変なんですよね。 なにが大変かというと、 …

続きを読むread more

人間は150kmの球は打てない。

夏の甲子園が盛況である。 皆さん、野球は好きでしょうか? 現在では、野球解説者の説明を聞いてると、 剛速球投手というと、時速150kmの球が投げられる投手をいうようである。 脳の働きから考えると、 時速150kmの剛速球を打ち返すことは、 限りなく不可能に近い運動だそうです。 つまり、 脳が打て!の指令を出し…

続きを読むread more

人生に守りはない。

皆様。 2008年は有り難うございました。 2009年も引き続き宜しくお願い致します。 最近、この山を知りましてね。 カイラス山というヒマラヤにある標高6660mの人類未到の聖なる山で、仏教(特にチベット仏教)、ボン教、ヒンドゥー教、ジャイナ教で、 聖地とされる山です。 この山って本当に凄いな~と思う。 …

続きを読むread more

三浦雄一郎の話。

三浦雄一郎ってご存じですか? 今年(2008年)に75歳(世界歴代2位)でエベレスト再登頂を果たした人なんですけどね。 他にも、富士山をスキーで滑ったり、 スピードスキーで世界新記録を出したり、 世界七大陸最高峰からの滑降を成し遂げてギネスブックにも載ってる冒険家です。 更に、父親の三浦 敬三もスゴイ人で 還暦を過ぎ…

続きを読むread more

お金持ちはボランティアがお好き。

「日本の富裕層」(宝島文庫 著:臼井宥文)という本に書いてあって 「ほぉー」と思ったのは、「欧米のお金持ちはボランティアとゴルフが好き。」という話なんです。 なぜに「ほぉー」かというと、 富裕層はゴルフや高級腕時計や高級な椅子が好きというのは理解できるのですけどね。 つまり、「ボランティアが金持ちの象徴」というのは、どうも日…

続きを読むread more

なぜ人はスポーツ競技に感動するのか?

ちょっと前なんですけど、北京オリンピック関係の番組でね、 「オリンピックに価値があるのか?」という番組をやっておりました。 番組の主旨は、オリンピックが政治的な理由で利用されているという話しだったんだけどね。 そんな話は僕にとってはどうでもいいような話なんですよ。 僕が以前から大きな疑問というか興味があるのは 「なんで君は…

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

旧年中はお世話になりました。 本年もよろしくお願いします。 皆さん、お正月はいかがお過ごしでしょうか? 私は初日の出を拝み、初詣も済まし、テレビを見ておりましたら、 久しぶりに「X-japan」のYOSHIKIが出てましたので、少しYOSHIKIについてBLOGをしようと思います。 「X-japan」のファンの方ならY…

続きを読むread more

肥えた豚は食われる

明石家さんまって好き嫌いはあると思うのであるが、息の長い芸人であることは間違いない。 さんまがある女優の家に招待されて食事をご馳走になった時のエピソードを面白く思ったのでBLOGしようと思う。 ある日、さんまは、女優の家でご馳走(手料理だったかも?)を食べ始めると、すこしづつ料理を残して「ごちそうさまでした」と言ったそうだ。 …

続きを読むread more

鋼鉄のビーナス谷亮子

私は昔、田村亮子のことを「ヤワラちゃん」ではなくて「タワラちゃん」と勘違いしていたが またやってくれましたね 谷亮子妊娠だそうです 今度こそ妊娠体型で「タワラちゃん」に改名ですね やったね 亮子 谷亮子は、日本の女子の夜明けの象徴だと注目している 昔の女子のドリームは松田聖子 今は谷亮子である。 谷が勝てば、日…

続きを読むread more

アスリートとは時価の海老である

すし屋のネタで、定額と時価がある。 マグロは定額で一貫200円 伊勢海老は時価で値段が判らない 人生にも定額と時価がある たとえばサラリーマンは、過去の実績の積み重ねで出世するから定額である 自営業は、今日は儲かっても明日は判らないから時価である ニートなんかもある意味では時価的人生である 昔、大橋巨泉が言っていたが…

続きを読むread more

カリスマの法則

新庄が「僕は記録に残る選手よりも記憶に残る選手になりたい」と言ってましたが スーパースターといえば、大体が無冠の帝王である 昭和の芸能界のスーパースターといえば、美空ひばりと石原裕次郎と山口百恵だと思うが 三者とも煌びやかな受賞とは無縁であったと思う また、長嶋茂雄もそうである。 いま話題の義経もそうかもしれない 昔、ラ…

続きを読むread more