テーマ:美女

銀のオーラ

そもそも私の記事は、結論は直観・感覚的なのですが、 とりあえず、とんでもな理屈でも説明しようと思っているわけです。 しかしながら、今回はまったく感覚的な話をしようと思う。 銀のオーラの話です。 安岡正篤先生が、 人物に運が満ちてくると、 雰囲気に潤いが出て、リズミカルになる。 と書いていて、私はこの一文が非常に…

続きを読むread more

世間が冷たく感じる時に読んで欲しい話

「世間は冷たい」とか「他人は信用出来ない」と思う人がいれば、 「世間は有り難い」とか「世の中に悪人はいない」と思う人もいる。 どちらが正しいと思いますか? おそらく、誰でも、時期によってどちらかの経験をするのではないかと思う。 私も、両方の経験をし、ひとつの結論に達したので今回はこれを書きましょう。 その理由と…

続きを読むread more

ナンパ師が狙う女性の特徴

今年の夏の話ですが、洋服屋さんで何気に服を見てたら、 気にいった「ドレスシャツ」があったのですが、よく見るとボタンが一個無い。 ボタンが取れてるシャツを買うのは癪であるので、違うシャツを探したが、 そのシャツ以上に欲しい物が無かったのです。 仕方無しに、そのドレスシャツを持って会計に行った訳ですが、 レジが年配の男だっ…

続きを読むread more

勝負下着の魔術

名前を出して恐縮ですけど、 なぜ、TOKIOの城島茂は貧乏臭いか? ジャニーズっぽくないか? と、昔ですけど、考えたことがあって、 そしたら、TOKIOの松岡の発言で理由が判ったんですけどね。 松岡が暴露した話しでは、 城島はドンキホーテで3枚1000円の安売りパンツをはいてるそうで、 その話を聞いた時、 「なる…

続きを読むread more

こんな男にはなりたくない。

この記事読んで、思ったんですけど、 これって変でしょう?(by/Let's 面白結婚生活) 最近、 私も同じような経験をしたのを思い出した。 購入したばかりの愛車の調子が悪いんで、 車ディーラーに行ったんですよ。 そしたら、朝早かったんで開いてなかった訳。 そこで、裏の入り口で待ってたのね。 表の入り口はメイ…

続きを読むread more

美しい人は善良である:顔と金の交換の法則

ひさしぶりに王将に行きました。 そうそう。 餃子の王将ね。 最近、メディアで取り扱われるようになり、 店舗の売り上げも続伸を続けた王将ブームが到来しているそうですね。 景気悪化に対して、 売上高が創業以来、最高の伸び率を記録するなどの一種のブームが発生しているのは、 「ユニクロ」「しまむら」「王将」である。 確かに、…

続きを読むread more

マナーはお金を呼ぶ。

岐阜の夜は暑い。 僕は、糖質0のビール飲みながら、 テレビでマナー教室を見てる。 無論、理由などない。 ぼぉーと見てるのだ。 その番組によると、 マナーを全国の企業・病院や役所までも、 出張教室を展開している平林都という人の話なんだけど、 見てるうちにどんどん引き込まれてしまったのね。 平林さんってスーパー…

続きを読むread more

合格者のノートは必ず美しい。

ちょっと覚えておくと良い話です。 「試験ができるかできないかはノートを見れば判ります。」 と霊感商法のような話を語るのは、 長年、ベネッセコーポレーションで通信添削の「進研ゼミ」の編集に関わってきた太田あや氏である。 彼女は多くの受験生のノートを見るにつれ ノートが美しい子は合格し、汚い子は不合格になりやすい という事実…

続きを読むread more

女性の億万長者の顔 

こんばんわ。仕事の合間に女性億万長者研究に余念のないエイジです。 以前、細木数子女史が、「男に福を与える女性の容姿」について語っていましたが、細木さんによれば、 「顔が大きく、肉付きがよく、胸が鳩胸の女が福女です。男はそういう女を見つけたらアタックしないと駄目です。判った?タッキー。」と言ってました。 私は、「えーそう…

続きを読むread more

部下が育たないリーダー論

前回のBLOGで、「強いリーダーの下で強いリーダーが育つ」という話を書きましたが、「強いリーダーでも部下が育たない組織」について書いておこうと思う。 派閥というのがあります。 たとえば、かの有名な田中角栄の田中軍団がありました。 確かに、田中軍団は優秀な政治家が多かったのですが、よく考えると誰も角栄以上の政治家になっていません…

続きを読むread more

美形論(美形平均顔説)

オスマンサンコンがかなり太った女性を見て 「アナタがアフリカに来たら美人でモテますよ」と言った。 確かに国によって美人や美男の基準が違う。 また時代によって美人の基準が違う。 これはナゼであろうか? この疑問を解明する学説がある。 それは「平均美人説」という学説で、1990年にJudith Langloisと…

続きを読むread more

美形論(美形シンメトリー説)

残暑ですが皆さんいかがお過ごしざんしょ? さて、世界陸上2007大阪大会を見ていて思ったこと。 「美人は強い」 ということである。 これを会社で話すと皆が「そうそう」と頷くからどうやら私だけの思いではないようである。 しかしここで疑問が生まれる。「どうして強い人は美形なのか?」という疑問である。 実はこれは偶…

続きを読むread more

芸能人論

お盆休みは時間があればもっぱら映画とテレビを見ていました。 残暑ですがお元気ですか? 映画の話は後日に語ろうと思うのでテレビを見て感じた事を書きたいと思う。 もしも娘が芸能人に為りたいと言ったら、大抵の親はこういうであろう。 「芸能人で売れるのは一握りだけやで」と。 しかし、こうしてボーとテレビを見てると、売れてる…

続きを読むread more

猛暑には中村中

最近、私は中村中の歌が好きである。 猛暑にはぴったりだと思う。 猛暑には暗い歌が合う。 中村中の歌には乾燥した影がある。 だから木陰のように涼しげなのであろうか? そんな中村中が性同一性障害だと告白したことは記憶に新しい。 友人が 「中村中ってレスビアンなんだよな」 と言うので 「違うよ、オカマだよ…

続きを読むread more

造顔マッサージ(動画付)

仕事中に「グッジョブ!」と連呼するタワケがおりますが、最近、私の回りで話題なのは「ビリーズブートキャンプ」とメイクアップアーティスト田中宥久子さんの「造顔マッサージ」である。 この「造顔マッサージ」は従来の顔面マッサージとまったく違っている。 従来は「強く擦ると皺になる」というのが常識でしたが、田中宥久子は「痛いくらい圧をかけろ…

続きを読むread more

焼酎と日本酒

夏と言えばビールが美味い。 私は飲み会でビールを飲み過ぎると頭が痛くなるのです。 それで途中から焼酎に替えるのである。 なぜか焼酎は翌日に残らない。 といってもJINROを飲み過ぎて途中で意識を無くした事が三回程ある。 私は、チャンドンゴンではないけれどもJINROが好きだ。 あの無味乾燥でドライでありながら、いきな…

続きを読むread more

写真写りを良くする方法

このBLOGを読んで下さる方々には、外国在住の方がおられますね。 外国で頑張ってるっ!と私はプロジェクトXのように尊敬してしまう訳であるが、今夜は、ニューヨーク在住のruriさんが衛星放送に出演されましてね。 『発掘かっこいい日本NYスペシャル第二部思い描くアメリカンドリーム』に「ニューヨークで暮らす日本人」の一人として出演されたの…

続きを読むread more

飽きないカレンダー論

今年の初仕事は、会社でカレンダーをめくり、1月にしたことであります。 カレンダーをめくった刹那に目に飛び込んでくる写真や絵がひたぶる好きだ。 年末から正月にかけて沢山のカレンダーを業者さんから頂きましたが、 どんなカレンダーが好きか?人によって様々である。 仕事用に沢山予定が書けるカレンダーが毎年人気ですが、誰でも思うのは飽きな…

続きを読むread more

武者小路実篤の詩

皆様 誕生日にはたくさんの暖かいコメントありがとうございました。 そんな中、海流ママさんから、素敵なコメントとともに誕生プレゼントを頂きました。 素敵な内容でしたのでコメントと共に紹介させて頂きたいと思います。 この花は私が育てているお花達です♪ この中で一番大好きなのが「ペチュニア(サフィニア)」 この花はドンド…

続きを読むread more

ナルシスト論(自己愛と隣人愛の考察)

人に与える魅力は不思議である。 わが社の女子社員は、女に対する批評が厳しい。 たとえば、「井川遥って嫌い」という。「いやらしい色気が嫌」だそうだが、飯島直子のミニスカートから出た足を見た時は「綺麗!憧れる」と評価が変わる。 また、「あびる優が自分のことを「優」と呼ぶとイラつく」が、小倉優子が自分の事を「優子」と呼んでも可愛いと…

続きを読むread more

田上君は可哀想だ

「あいのり」という番組をご存じでしょうか? 独身の男女がラブワゴンという車に乗って世界各国を旅をするのである。目的は、「恋をするため」である。 ただ恋をする為だけに旅をするという設定である。 最初は「暇人の為の暇つぶしの企画」と思って見ていたけれども、最近、ちょくちょく見るようになり、真剣に恋してる若者を見るうちに、「もしかし…

続きを読むread more

女は胃袋で判断する。

ワールドカップを夜中まで見ているのでなかなか更新出来ないエイジです。 こんばんわ。 今回のワールドカップは面白すぎますね。決勝トーナメントの試合はどれも目が離せません。 ところで、私の従兄弟が結婚することになりまして。 その従兄弟の母親はなかなかのツワモノでして、彼女を連れて母親に報告にいきたいけれども、あまり失礼な態度で母…

続きを読むread more

質問バトン

連休中に化石掘りを家族で満喫されたカモちゃんから質問バトンが回って来たました(パチパチ) ルール説明    1・・回してくれた人の質問に答える。    2・・次の人への質問を考える。    3・・バトンを渡してくれた人へのメッセージ。    4・・3人へ回す。 カモちゃんさんからの質問 1・・長期休暇をもら…

続きを読むread more

フェロモン

会社のHさん(♀)によれば、「男好きな女は、美醜に関係なく男が寄ってくる。」という法則を高校の時から実感していたという。 そういうHさんは「だんだん男と付き合うのが面倒になってくる」らしく、さらに「彼氏がいなくても苦にならない」そうである。 よって彼女は美人であるが彼氏がいない。 さてこの話をプロローグとして、今回は春らしく、…

続きを読むread more

無条件バトン

りょうちんから、無条件バトンが回って来ました。 Q1  無条件で トキメク○○を3つ。 1.レイトショーで映画を観た後の帰り道の切なさ 2.格闘技 3.注文した品物が家に届き封を開ける瞬間 なかなか無難な解答であるな Q2  無条件で嫌いな○○を3つ 1.飛んでるゴキブリ 2.地震の最中(終わりは…

続きを読むread more

魔性の原理(小倉優子論)

「あの女は、わがままなように思われるけれど、実際は人に対し心を開きすぎるだけなんだよな」と言う話を聞くと、「こいつ、あのわがまま女の術中にはまりよった」と思うけれども、実際に、「意外性」というのが魅力になる場合が多いように思う。 たとえば、わざとらしくキャラを作っていて、計算高い女だと思っていた小倉優子が、島田紳介に「お前は、本当…

続きを読むread more

例えバトン

海流ママから、オセロと言われた黒白エイジです。 海流ママから「例えバトン」が回ってきました。 「たとえバトン」を書かねば!と思いながら、ついつい「くわえバトン!くわえバトン!」と焦ってましてね。そこでイザ書こうと思ったら、「咥え?ってなんやねん?」状態だったのですが、「例え」だったんですね。 間違えた原因を考えると、最近、変なブロ…

続きを読むread more

シーラカンスママ奮闘記

僕の好きなブロガーであるシーラカンスさんが本を出されたことは皆さんご存じでしょうが、知らない方の為に教えると題名をシーラカンスママ奮闘記と言います。 読んでみたら、素晴らしい内容なので感想を書きたいと思います。 高学歴で一流企業に勤めながら、子育てをする女性の本というと、なにやら特別なスーパー女性の細腕繁盛記のような先入観がある…

続きを読むread more

劇団四季が街にやって来た

クリスマスにはサンタが街にやって来るだけでなく、我が村にはミュージカルがやってきました しかも 劇団四季だぜ 浅利慶太だぜ という訳で、クリスマスの夜に「劇団 四季」を観にいきました 「クレイジーフォーユー」の公演でした。 私は映画はよく観ますが、舞台とかミュージカルはあまり観たことがないし、あまり印象に残る舞台…

続きを読むread more

宝石箱

クリスマス間近に、多くのプレゼントを頂きました どれも心のこもった作品で感激でございます たぶん この先も増えると思いますので(催促しているのか!) ホームページ形式のを作りました。 フリースペースにリンクしてありますので 素敵な作品をご覧下さい なお、 音楽が流れていますので、聴きたくない人はボリュームを下げて…

続きを読むread more