テーマ:健康

虫歯にイソジンが効く

久しぶりに健康ブログを書こうと思うのですが、 私自身の体験談であって科学的根拠は無いので私の説として読んでください。 4年前に大腸ポリープが出来まして、 お医者様から 「いったん出来ると又、出来るからね。 たぶん来年も出来るから必ず検査してください。」と残酷な宣言をされたのです。 ちなみに会社の先輩に聞いても、 「大腸…

続きを読むread more

断糖の効果

表示を見る場合、カロリーよりも糖質(炭水化物)の量に注意をすべきということを語りたいのですが、 健康、肥満に実はカロリーはまったく関係ありません。 肥満に影響を及ぼすのはカロリーでは無く糖質(炭水化物)の量であります。 ちなみに、炭水化物とは、糖質+食物繊維なのです。 今回は糖質は低い程、良いという話をしたい。 というか、まっ…

続きを読むread more

腸内細菌が迷信を証明する。

NHKのドキュメンタリーで「腸内フローラ」を放送していましたが、 なかなか面白かったです。 これからは、よい作用をもたらす生きた微生物「プロバイオティクス」の研究が重要です。 なぜなら、免疫とか自然治癒力というのは腸内細菌に左右されるからである。 乳酸菌やビフィズス菌などはまだまだ序の口であります。 人には誰しも相性の良い…

続きを読むread more

夏が猛暑だった年の秋は、心臓疾患による死亡者が急増する

今年の猛暑は異常である。 夏が猛暑だった年の秋は、循環器(心臓・血管・血液)疾患による死亡者が急増することが判っています。 循環器障害が急増する原因は、「熱中症」にあります。 体温が上がると汗をかいて体温を下げようとしますが、 汗自体も猛暑によってうまく発汗できなくなると、身体がオーバーヒートを起こすのです。 体に…

続きを読むread more

100歳以上の老人には糖尿病の人が極端に少ない

100歳以上の超高齢者の医学的特徴として、 (1)動脈硬化が少ない(2)糖尿病が少ない(3)栄養状態が低下(4)炎症反応高進(5)貧血傾向 などが挙げられるそうである。 特に、内閣府が発表した「食育の現状と意識に関する調査」によると、 100歳以上の高齢者を調べてみると、糖尿病の人は極端に少ないそうである。 実は、糖尿病を…

続きを読むread more

唾液は若返りの秘薬である

私の大学の研究室の先輩に久しぶりに会ったのですが、 57才なのにまったく白髪が無いのです。 しかも、染めてる気配はまったく無く、根本まで真っ黒なのだ。 そして、顔も40代前半に見えます。 私は、非常に不思議に思い、 「先生はまったく白髪がありませんが理由があるのですか?」 と聞いたのだ。 そうすると彼は答えた。 「じ…

続きを読むread more

癌に成らない方法

癌は2人に1人がなると保険会社が言ってますが、 これは半分商売文句である。 まず50歳を前に癌にかかるのは、男性で2.2%、女性で4.4%である。 つまり、50前は、95%から98%の人が癌と無縁である。 64歳まで対象を広げた場合でも、11.4%ですから、 ほぼ9割の人が癌になっていない訳で、 その後、69歳ま…

続きを読むread more

100歳まで生きる方法

日本史を少しでも学ぶと、 平安時代まで、怨霊の祟りの話が多いことに気づくと思う。 実際に、高貴な人が恨みを残して死ぬと、その後に 疫病や飢饉、地震、落雷などの災害が多発した。 その怨霊の魂を鎮めることが権力者の仕事でもあった。 しかしながら、この怨霊の祟りは、鎌倉時代以降に激減した。 それは何故か? 実は、罪人に対…

続きを読むread more

神経の流れを改善すれば病気が治る

今回は非常に興味深い治療方法の話をしましょう。 私の知人の話では、癌やリウマチを劇的に治療するカイロプラクティックの先生が存在するらしく、 その人の名前は松久正先生というらしい。 知人には悪いのですけど、 じつのところ、私はカイロプラクティックをあまり信用してないのです。 こう言っちゃなんですけど、整体とかもあまり信用して…

続きを読むread more

糖質制限をすると癌になりにくい

最近、聞いて興味深かったことですけどね。 ニワトリは産卵をはじめて1年ほど経つと、 卵の質が落ちてくるそうです。 そこで10日間程、断食を行うとニワトリの羽が生え変わり また元気な卵を生むことができるそうである。 これは何故かというと、 断食によって、ニワトリが若返るという理由らしい。 かなり有名な…

続きを読むread more

身長の低い人々は心臓病に注意したほうがよい

ひさびさに健康BLOGを書こう。 身長の低い人々は心臓病に注意したほうがよい。 ということを覚えておいて下さい。 約3百万人のデータから、身長の低い人々は、 背の高い人々と比べて、心臓病のリスクがかなり増加することが明らかになりました。 これは、 フィンランドのテンプル大学の教授のツーラ・パーヤネン(…

続きを読むread more

なぜメタボ基準は腹周りなのか?(抗炎症ダイエット)

最近の傾向として、 中高年期以後の人がかかりやすい 多くの重い病気の元凶は炎症である ことをご存じでしょうか。 炎症には2種類あって、 ケガをした時や、ウイルスが侵入したときに痛みや熱を伴う炎症。 つまり免疫反応の炎症です。 この炎症は誰でも知ってると思うのですが、 それともう一つ、痛みが無く、本人に自覚がないままに…

続きを読むread more

座ってる時間が長いほど平均寿命が短くなる。

かの尊敬すべき数学者のブレーズ・パスカルの名言、 「人間は考える葦である。」を 「人間は考える足である。」とずっと間違えて覚えていて、 先生に笑われた記憶がある。 しかし、パスカル先生も正しいけれど、 「人間は考える足である。」がもっと正しいという話をしたい。 先日、非常に興味深い記事が発表された。 医学誌「A…

続きを読むread more

癌の人はアルツハイマー病になりにくいという話は易学である。

癌になったことのある人はアルツハイマー病になりにくく、 逆にアルツハイマー病の人は癌になるリスクが低いらしいです。 医学誌「Neurology」オンライン版に12月23日掲載された今回の研究は、 米ワシントン大学医学部のCatherine M. Roe氏らによるもので、 65歳以上の被験者3,020人を対象に、 認知症…

続きを読むread more

成長ホルモンと筋肉トレーニング

バットマンでジョーカー役として有名なジャック・ニコルソンであるが、 72歳なのに、恋人3人をはべらせて、海で泳いでいる記事を週刊誌で見た。 異常に元気である。 はっきり言っても良い。 あの元気さは、間違いなく異常だ。 しかし僕は驚かない。 特にハリウッドの俳優は成長ホルモンを注射してる人が多いと知ってるからだ。 実…

続きを読むread more

病気にはニオイがある。

どうやら癌には、特有のニオイがあるらしく、 マリーンは100%癌患者を当てるらしいです。 マリーンとは、がん探知犬第一号の牝のラブラドールレトリバーである。 最近はもっと研究が進んで、 マリーンが100%癌の種類をも嗅ぎ分けるという事実から、 癌の種類によって、ニオイが違うということが判ったそうである。 …

続きを読むread more

アジア系女性が白人女性より乳ガンが低い理由

乳がん予防についての興味深い論文が出たので紹介しよう。 白人女性では、アジア系女性と比べ乳ガンになる人が多いのはなぜかという問題について、 その原因について有名なのが乳癌と牛乳摂取量との関係で、 白人はアジア人よりも牛乳を飲むのが原因であるといわれている。 特に牛乳中に含まれる成長ホルモンが癌の細胞成長を促進するということら…

続きを読むread more

疲労回復の研究

「魚は、死ぬときは水に溺れて死ぬ。」 こんな不条理で切ない話を 寿司屋で聞いた。 僕はマグロを食いながら、 不条理な海を夢想した。 人魚も水に溺れて死ぬのだろうか? ところで、 マグロってスゴイ魚でして、 釣り上げられると、 体温がどんどん上がって自分の体を焼いてしまうそうです。 26℃くらいの体温が、4…

続きを読むread more

トイレや風呂で失神する人。:「血管迷走神経反射とは」

寒くなってきましたね。 ところで、年間1万4千人もの人が「入浴中の死亡事故」って知ってますか? お風呂での事故のほとんどが冬に発生することから、 「浴室が寒く湯温が高い→血圧が急上昇 → 心筋梗塞や脳卒中が発生」 というのが原因だと思ってる人が多いと思うのですけど、 じつは、この原因で亡くなる方は、全体の10%もいないこと…

続きを読むread more

老化しないクスリ

悪魔メフィストは、どんな人間でも堕落せしめ破滅へ導くことができると、 大天使ガブリエルに賭けをする。 この賭けのターゲットは、老学者ファウスト。 ファウスト教授はあらゆる学問を極めつくしたが、 結局「われわれは何も知ることができない」とわかり、失望する。 メフィストフェレスが彼に近づき、ファウストとメフィストは賭けをする。…

続きを読むread more

足の血行不良は心臓病を発症させる。

「足がよく攣るようになったんだけど、何でか判る?」 という質問は中高年の人から非常によくされます。 一般的に、普段から足がつる人は、ミネラルが不足してる場合が多いので、 そう答える場合が多いのですが、 しかし、最近、この足部分、特に足首の血液循環が悪い状態が続くと、  脳卒中や心不全などの血管障害になる可能性があるという研究発…

続きを読むread more

運動会競技の裏技

皆さんの地域もしくは学校で、もうすぐ運動会じゃないでしょうか? 秋だし。 ちなみに、私は地域の運動会の係りをやっております。 いわゆる体育委員ってやつなんですけど。 言っておきますが、好きでやってないですよ。 先輩に脅迫されてやってるんですけどね。 好きじゃないと、この係は結構大変なんですよね。 なにが大変かというと、 …

続きを読むread more

インフルエンザの発症率が10分の1になる方法。

インフルエンザが心配ですか? などと人ごとのように言ってるけどね。w ところで、こんな情報があります。 東京都府中市の介護保険施設での話なんですが、 毎週、歯科衛生士が施設の老人に口腔ケアを実施しているらしく、 日頃から、丁寧な歯磨きや舌磨きを行ったところ、 インフルエンザの発症率が10分の1に激減したという話。 …

続きを読むread more

嵐の前はなぜ静かなのか?

最近、 非常に興味深い話を聞いたんですけど、 それは、 電磁波が強いと、空気が澄む って話。 つまり、 夜が明るいとか、 クリアーな朝焼け。 どこまでも青い空。 例えば、雲の上ですけど、 雲の上は電離層といって、 非常に宇宙線とか電磁波が多いのですが、 確かに空気が澄んでます。 それは雲の上だから澄んでる…

続きを読むread more

口内炎を治す方法。

こんな人はいませんか? 「口内炎がよく出来る。」 「しかも、チョコラ系が効かない。」 「塗り薬も効かない。」 誰でも「口内炎」ができたことがあると思うのだけど、 僕の回りで非常に多いんですよね。 治療方法は。 塗り薬、飲み薬。 が主流です。 実際に、 某製薬会社が、塗り薬または飲み薬を使うと答えた患者…

続きを読むread more

低カロリーダイエットで体脂肪が増える理由(確実に痩せる方法)。

前回、ほとんど冗談で書いたダイエット方法の ビールダイエットなんですけど、 案外、僕の回りで、すごい実績なんで、びっくりしてるんですけど、 例えば、 今まで、夕御飯を抜いてジョギングしても なかなか痩せなかった人がいるんですけど、 糖質0ビールのビールダイエットにした途端、 1ヶ月で3kg痩せました。 そして僕も…

続きを読むread more

下がらない中性脂肪の訳

近所の50代の男性から「中性脂肪が下がるいい薬はないか?」と質問されたんですね。 「甘いものも食べないし、体重も変わらないのに中性脂肪の値だけが毎年上がってゆく」という。 医者からは「運動と食事の注意」をされたが、運動もしてるし、食事もたまねぎを常食してし、DHAも飲んでるけれど、とんと下がらない。 どうすればいいのか途方…

続きを読むread more

落雷で死ななかった人

エールフランス機、落雷で墜落の可能性とかね、 田植え機のサドルに雷が落ちて、感電死とかね。 今年に入って、落雷の事故が多いような気がするんですよね。 大気が不安定なんでしょうか? ということで、 今年は、きっと雷の被害が多くなると思われるので、 落雷から身を守る方法について考えてみましょう。 落雷によって死…

続きを読むread more

ビールダイエット

今日は健康診断でして、 以前に紹介した方法で「じっとしてても痩せる体」 、見事に1ヵ月で3kgの減量をしたんですよ。 ウエストも-2cmで、明らかに内臓脂肪が減ったと思うのである。 ちなみに、わが社では、40歳以上になると、 成人病の検査もするわけなんですけど、その項目に腹回りの測定があって、 男だと85cm以上でメタボだ…

続きを読むread more

じっとしてても痩せる体。

テレビみてたら、コメディアンの友近が3ヶ月で8kgも痩せたらしいですね。 プロテインダイエットという方法らしいですけどね。 やっぱ、痩せると女は綺麗になりますよね。 いろんなダイエット方法があり、 成功者や失敗者が大勢存在するのは、 いわゆるダイエットの方法は人によって向き不向きがあるということです。 しかしながら、…

続きを読むread more