テーマ:宗教

必ず運が向上する陰徳の積み方

運が良くなる為には、どうするのが良いか?とはよくある疑問である。 「プラス発想」とか「夢を持つ」とか「アファメーション」とか「セルフイメージを高める」etc いろんな解答がありますが、逆効果の人も数多くいます。 しかしながら、凡人でも誰でも、100%確実に良くなる方法があります。 それは、徳を積むことである。 しか…

続きを読むread more

空海と悪魔主義

空海が完成させた真言密教は、釈迦が説いた仏教とは大きく違い、どちらかというと、ゾロアスター教や異端キリスト教と似ている。 それは何故かという考察をしようと思う。 この考察はまだ一度も書いていませんので今回が初公開となります。 因みに、日本にキリスト教布教に来たフランシスコ・デ・ザビエルは、空海の様々な奇跡的な逸話と、真…

続きを読むread more

令和の歴史的意味

令和について思う事を書こうと思います。 重要なことは、日本の元号は、従来、中国の古典から採用されてきましたが、 「令和」は初めて、日本の古典である万葉集から採用されたことある。 その歌は、 「時、初春の令月にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」であり、 「梅花の歌三十二首」の序文で大友旅人が詠んだ歌…

続きを読むread more

悟りをインスタントに体験する方法

お久しぶりです。 天台宗三千院門跡門主の堀澤祖門という90才の高僧が、 「悟りを体験する方法」というお話をされていたので紹介しようと思う。 実はこのメソッドを実践していて効果に驚いています。 高僧によると、人間悟るとどうなるのか?というと、 怒り・焦り・嫉妬・憎悪というような悪い感情が湧き起こらず、 病気にな…

続きを読むread more

罰があたる罪と罰があたらない罪

韓非子が「過失ありて罰せられず、功績なく賞を受くれば、国が滅びる」と言っているのですが、私は非常に納得がいくのです。 何故かというと、 「過失が無い者が左遷されたり」「功績があっても賞を与えられない」ような会社は理不尽ですが通常は傾きません。 しかしながら、 「過失があっても罰せられず」「功績がないのに賞を与えられる…

続きを読むread more

平成天皇最後の誕生日記者会見について

平成天皇最後の誕生日記者会見を観て私は非常に驚いたのであります。 私はビルゲイツやジェフベソスとかスティーブジョブスなど 数多くの社長やCEOの講演を観てを感銘を受けていましたが、 平成天皇の講演は、いままで見たことの無い支配者の講演でした。 そして本当の王族の姿というものを見せつけられたのです。 恐らく、講演のテクニ…

続きを読むread more

人間と天使はどっちが上か?

営業の戦略会議で、私はドラッカーの話をしました。 それは、ピータードラッカーが彼自身、「最も大きな発見」と言っていることで 目標が明らかになれば、次に必ず実行することは、 それを書き出す事である。 そして、1年後に期待と結果を比較することである。 ドラッカーは実験的に、この方法を50年継続し、 すべての目標を達成できた。…

続きを読むread more

覚醒とは何か?

正月には神社や寺院で祈祷をして頂く方も多いと思いますが、 神様には、「厄払い」や「商売繁盛」「良縁獲得」の力があるということであります。 この力が如何にして発揮されるのかと言いますと、 神様が個人別に願いを叶えてあげるというよりも、神様の「発電所」に接続出来れば 発電所からの「力」で自分の力が増して願望成就になると考えたほう…

続きを読むread more

運は飛躍しない:高島嘉右衛門

運は飛躍しないとは、 例えば、アナタが三日後に合格発表があるとしましょう。 もしも合格するなら、花が咲いたり、雲が微笑んだり、龍雲を見たりします。 不合格ならば、誰かと喧嘩したり、事故をします。 しかしながら、何かが壊れる場合は悪くなく、合格の吉祥です。 この判定は経験がある者しか判りません。 現象は皮膚が一枚の皮で…

続きを読むread more

波動を高める二つの方法

今回の記事は、自分自身の覚書として残しておきます。 老化するのも、嫌な人と遭遇するのも、病気になるのも、愛する人と別れるのも 人間に生まれた宿命であり、何人も避けられません。 大金持ちでも絶世の美女でも避けられません。 しかしながら、福禄寿においては、私の波動で作り出すことが出来るのです。 いわゆる現世利益は波動で獲得…

続きを読むread more

良いことをすると本当に良いことが返ってくるのか?

「隠れて良いことをすると後で良いことが返ってくるよ」とか 「人にお金施すと、お金が後で自分に返ってくるよ」と良く言われます。 本当に良いことをすると、良いことが返ってくるのでしょうか? 実際はそうでも無いようで、お金を寄付していても破産する人もいるし、 お金を寄付したら、ますますお金が集まってくる人もいます。 つま…

続きを読むread more

龍神・天狗・稲荷の憑依特徴

セクハラしても大丈夫な人がいるのに、セクハラで破滅する人もいますし、 威張って怒鳴りちらしても大丈夫な人がいるのに パワハラで破滅する人もいます。 これはなぜかというと、人間の系統が違うからであります。 天上レベルの神様には、龍(蛇)・天狗(鳥・牛)・稲荷(狸)系がありますが、 それぞれ個性的で人間的です。 天上界は…

続きを読むread more

最強の祈り

祈りの習慣は重要である。 祈りはリアルに神に繋がる或いは自分の良心に繋がる習慣でしょう。 なぜなら、 祈りは要望とか引き寄せでは出来ません。 引き寄せでは、寝る前に自分が宝くじに当たったイメージをすることは可能ですが、 誰しも、祈る時は、大義のある真摯な願いしか祈れないものです。 子供が幸せになりますようにと…

続きを読むread more

効くおまじないと効かないおまじない

曹洞宗の道元が「仏と感応道交する時、どんな願いでも叶う」と言っており、 私は、「感応道交」とは非常に重要な事だと直感し、それは何かと思っていました。 一般的に、「感応道交」とは「仏と人間の気持ち、 また教える者と教えられる者の気持ちが通じ合うこと。」ですが 一般論すぎて全く解らない。 問題は、どうなれば、感応道交できましたか?…

続きを読むread more

波動の量と色バリエーションで運が決まる。

人間が他の動物よりも良い生活が出来る理由は何だと思いますか? 動物達は、日々エサにありつくことしか頭に無いのに、 人間は、日々のエサの心配から解放され、飛行機に乗ったり、高層ビルを建てたり、 リゾート地で優雅に遊んだりしています。 かと思えば、馬とか牛はあまり境涯に差が無いのに、 人間だけが貧富の差が激しいのは何故でしょう…

続きを読むread more

うるわしきおとこ

「一度でも人を殺せば あと戻りは出来ないんだ その烙印からは 一生 逃げられないんだ あとには戻れない 帰ってママに言うんだぞ もう心配ないって」 これは、1953年に公開された「シェーン」という映画の中で 強欲な牧場主に苦しめられている入植者の家族と出会った流れ者のシェーンが、 慎ましく暮らす一家の幸せを守るため、 自…

続きを読むread more

地球の頂点としての日本の役割とは何か?

※ シュタイナー学園資料 この奇妙な図は、人智学のルドルフ・シュタイナーが、 死の間際の1924年9月9日から18日までの『地球の形と人体』という講義の中で 地球を四面体のピラミッドとして認識した時、その頂点は日本になると説明した図である。 実は、この時初めてシュタイナーは唐突にアジアの小国である日本が 世界の…

続きを読むread more

運が良いことが正しいこと

人間は地球上で「勝者」です。もっとも繁栄しています。 なぜ勝者なのでしょう? 賛否両論があるでしょうが、人間は、象やライオンや犬や虫よりも「進化した者」だからです。 そこで、進化とは何かというと、どうも「運動神経や体力が強い」では無い。 攻撃力では、ライオンの方が強いです。 聴力や視力でも、他の動物の方が優れています。 …

続きを読むread more

脳と宇宙はなぜ5%しか使われていないのか?

宇宙と脳は非常に相似しています。 これは何を意味してるかというと、宇宙と脳は繋がっているということであります。 否、私たちの住む宇宙は誰かの脳かも知れません。 これからその証明をしましょう。 例えば、左側がネズミの脳内の神経細胞写真で、右側は宇宙の進化過程をシュミレーションした写真である。 驚くほどよく似ている…

続きを読むread more

マザーテレサが聖人になった理由

私の知り合いの人ですが、なかなか息子が結婚出来ないので、 とある霊能者に聞いたところ、 「伊勢神宮で縁結びの特別の祈祷があってそれを受けると お札がもらえるので、神棚に上げて毎日お参りすると1ヶ月以内に動きがあります。」 と教えられ実際に全く女性に縁がない息子が、 1ヶ月以内に女性の方から結婚を申し込まれたそうです。 他…

続きを読むread more

罪の償い

「罪」とは切ない言葉である。 もし、あなたが、「私は何も罪など犯していない」と信ずるなら、 この記事は読む必要がありません。 しかしながら、「私は罪を犯しました」と少しでも感ずるのならば この記事をあなたに捧げます。 実のところ、貴方が明白に罪犯したと感ずる罪ならばよいのです。 殺人とか窃盗やら強姦みたいなですね…

続きを読むread more

神道と日本発展

2016年あけましておめでとうございます。 正月なので神道と仏教について書こうと思う。 日本の神社には鳥居があり、 正月には、初詣にいきます。 神社では口をすすぎ、定められた作法より拝礼します。 また、正月には玄関に注連縄を飾り、正月三日は餅を食べる習慣があります。 実は、これらは日本独自の習慣では無く、すべてユダヤ…

続きを読むread more

日本人と中国・朝鮮人の遺伝子がなぜ違うのか?

日本人の30%位の人は、中国・朝鮮人がほとんど持っていない遺伝子を持っています。 これは「ハプログループD」(YAP)遺伝子と呼ばれるのですが、 突然変異の遺伝子であり、縄文人の遺伝子であると判明しました。 D遺伝子の突然変異は、日本・チベット、兄弟関係のE遺伝子のYAPは、ユダヤ人に多く見られ、 他の地域では、ほとんど…

続きを読むread more

イエスはなぜ占いやまじないを禁止したのか

苫米地 英人氏が、「宗教の秘密」の中で、教団を作る方法について書いているのですが、 それは、 ① 休眠中の宗教法人を買い取り、教祖を作る。 ② 教祖の役割は、1)病気を治すこと。              2)占いで信者の過去・未来を言い当てる。 ③ 信者者が増えてきたら、 葬式、墓地は教団が仕切る。   …

続きを読むread more

悪魔論2:悪魔信仰と他力信仰

前回、ルシファーが悪魔になった理由は、 神が天使よりも人間が優れているように創造したことに嫉妬した為 であると説明しましたが、どのように人間が天使よりも優れているのか具体的に説明しましょう。 参照:■悪魔論 根本の理由とは、人間のみに「他力成仏」があることです。 いきなりなぜ天使なのに成仏?と思われるかも知れませんが …

続きを読むread more

悪魔論

キアヌリーブス主演で「コンスタンティン」という映画をテレビで放映していましたが、 映像も綺麗で面白かったですよ。 その中で大天使ガブリエルが人間について語る場面があった。 「人間のような不完全な者に神は私達天使には無い特権をを与えた。 それは、人間は、悔い改めれば簡単に救われるという特権である。 だから私は、人間が神から与…

続きを読むread more

呪力を持つ左目の考察

今回は「マニアックな話」であるのでついてこれない人はスルーしてください。 柳田国男は、日本の神の像に「右目」ではなくて、「左目」のつぶれた像が多いことに興味を抱き、 片目の神伝説の根源を考察し、20年に渡る研究の結果、 「片目を傷つけ神へ供することで、『神の使い』になった」 という説を発表したのですが、それが多くの学者の…

続きを読むread more

密教や西洋魔術の夢を叶える為の最善の原理

昔、西洋の魔術に興味があって調べようと思いましたが、 日本では、翻訳された文献が少なくてなかなか内容が判らなかったのです。 そんな私も、遅い速度ですが、日本人の研究家の書籍を中心にして調べたのですが、 結果、判ったことは密教と西洋魔術は非常に似ていることです。 つまり、密教を学べば、西洋魔術の本を読まなくても魔術が理解できる…

続きを読むread more

陰徳を積むとは何か?

陰徳あれば必ず陽報ありという諺があります。 「人知れず良いことをすれば良い事が起こる。」という意味だと説明される。 それでは、「良い事が起こることを期待して人に恩を売るのは?」というと それは「陰徳」にはならないと言われる。 なんらかの仏教の本で読んだ話ですが 大金持ちが「私は貧しい人に多くの施しをしましたが良いことでしょ…

続きを読むread more

私達は何を学習するために生まれてきたのか

本を読んでいたら次のような問答が書いてあった。 「お金持ちの人が死んだら次もお金持ちに生まれ変わると思うか?」 「お金持ちでも自分の立場に感謝してお金を慈善に使った人なら、 また金持ちに生まれるだろうが、贅沢三昧で利己的で冷酷非情なお金持ちは貧乏に生まれる。」 なるほど。 私は質問したい。 「じゃ、貧乏の…

続きを読むread more