テーマ:宗教

聖天秘法

駒澤大学教授の林屋友次郎博士は、 実業界でも活躍し、引退後は僧侶になった経歴の人物です。 林屋が東京鋼材会社を経営していたときの話で、 経営が行き詰ったときに、聖天に祈り 絶対に無理と思える借金もすべて返済したという話があります。 それは摩訶不思議な話なのですが、 非常に興味深いので紹介しましょう。 林屋は、…

続きを読むread more

鳥居はなぜ倒れないのか

今回の御嶽山の噴火は岐阜県に住む私にとってはかなりの衝撃でした。 驚いたのは、時速300km噴石が雨あられのように降り注いたことである。 ほとんどの被害者の方は、噴石によって死亡したらしいのですが ニュースを見ていて「あれ?」と思ったのですが、 「また鳥居は残ってる」という事実 であります。 これは「日本の神様が…

続きを読むread more

神頼みの極意

かなり出世した人のお母様の葬儀に行ってきたのですが、 さすが権力者だなと思ったのは、通夜に参列する人が多いので、 近所の大きなお寺の駐車場を借りて、そこからバス3台でピストン輸送し、 人が入りきれないので通夜を二部に分けて行なったことであります。 ちなみに葬儀は、権力者の息子の母親の葬儀な訳ですが、 その葬儀で聞いた話しに…

続きを読むread more

なぜ理趣経は一切は清浄であると説くのか?

人間は、どうすれば悪を為さないかを調査した研究があります。 どういう状態だと、人間は悪を為さないかというと 「他人が見ていると悪を為さない」ということです。 逆に他人が見ていないと 「これくらいはOKでしょ?」やら 「頑張ってるからOKでしょ?」と 自分を納得させて悪を為すらしい。 この結果は、人間の脆さを示すもの…

続きを読むread more

金剛菩薩が教える幸運体質になる方法

仏教に密教という教えがあります。 「秘密仏教」と呼ばれる仏教である。 日本には空海によって真言密教として伝わったのですが、 そもそも密教の祖は金剛菩薩(ヴァジュラサットヴァ)と言われる菩薩です。 この金剛菩薩は非常に謎の多い菩薩なのですが なぜ不思議かというと、金剛菩薩は、 元々は夜叉族という魔物であり、 大日如来…

続きを読むread more

未来は決まってるのか?

もしも、私が「新月の魔法」を行ったとして、 夢が現実になったとしましょう。 私は、ふと思うのです。 「じつはこれはあらかじめ決まってたのではないか?」 つまり、これは引き寄せたのではなくて、 単なる予知ではないかということです。 この問題について結論を書きますと、 「予知ではありません。引き寄せたのです」 こ…

続きを読むread more

なぜ求道者は苦行をするのか?

野球選手とか政治家とか実業家が宗教の修行に参加することがあります。 例えば、滝に打たれるとか護摩行に参加するようなことです。 しかしながら、荒行によってその後、成功したとか成績が上がったという話はあまり聞いた事がありません。 一時的に上がっても、それだけです。 ところが、荒行を成功させた行者(僧)は、その後、 ほとんどの者…

続きを読むread more

宗教と年収

米国の新聞社が「米国在住の人の宗教と年収」を調査したら、 無神論者や共産主義者の家庭よりも、 何かしらの宗教を信仰してる家庭のほうが年収が明らかに多いそうである。 共産主義は確かに国家も貧乏である。 私の周りの人の傾向に過ぎませんが、 共産主義者とか日教組の人みたいな、いわゆる無神論者の方々は、 なぜか結果的に不幸に遭遇…

続きを読むread more

理不尽な仕打ちの対処法

理不尽な仕打ちってあります。 どのような対処が正解なのでしょう。 戦うことでしょうか?耐えることでしょうか? 逃げることでしょうか?感謝することでしょうか? じつはこの問題について、私も長く考えてきたことであり、 いろいろと状況によって答えが違うようにも考えていましたが、 実は正しい答えは一つしかないことが判ったので書こ…

続きを読むread more

ヤハウェの正体

今回の話は、暴論ですが、私的には正論の話であります。 神道とユダヤ教は非常に似ています。 特に、ユダヤ教と修験山岳神道に多く類似点が見られ、 例えば、修行者の姿は、黒い小箱を額に結びつけホラ貝で音を出し、代々虎の巻という秘密の書を伝える。 これに対し、ユダヤ教の修行者は、黒い小箱を額に結びつけ、羊の角笛で音を出し、 …

続きを読むread more

なぜ祈りが叶わないのか?

通常において、祈りというのは叶わないものである。 というと、ほとんど方は納得してくれるでしょう。 「いや、祈りって必ず叶うでしょ?」と言う人は以下の話を読む必要がありません。 もしも必ず祈りが叶う方法があるとしたら、 その方法を知りたいと大多数の誰もか思うと思います。 さて、今回もカバラの講義になりますが、 カバ…

続きを読むread more

なぜ、好きな人に好かれないのか?

「なぜ、好きな人に好かれないのか?」 これは普遍的で実は重要な問題を含んでいます。 例えば、性欲ならば相手は誰でも良いワケですが、 恋は相手を選ぶのです。 恋と性欲の違いは、この一点であります。 これってよく考えるとじつに不思議だと思いませんか? いくら恋の状態を脳やホルモンで解析や分析しても、 「なぜ私は君じ…

続きを読むread more

人はなぜ恋するのか?

なぜ人は恋するのでしょう? この疑問について、カバラの解釈が非常に刺激的なので、 紹介しようと思う。 実は、恋には、大きな真理が隠されているのです。 最初の人類であるアダムが60万の破片に粉々分散した故に、 我々は元に戻ろうと欲して恋をするのです。 いわば恋とは魂の集合欲求である。 よって、恋の願望は非常に強い…

続きを読むread more

なぜ津波は神社で止まったのか

3.11の震災で、津波が神社で止まったという話をご存じの方も多いと思う。 報道特集という番組でも紹介されました。 その報道特集の番組を作るきっかけとなったのが、熊谷航というエンジニアの調査が発端である。 とりあえず、報道特集の動画貼っておきます。 20110820 原発建設 警告は無視された? 投稿者 PMG5 …

続きを読むread more

もしも貴方の隣に神様がいたら?

もしも、貴方の隣に神様が居たとしましょう。 どんな人だと思いますか? 近づき難いカリスマでしょうか? 邪霊とか不浄霊のような汚いモノを嫌う聖者のような貴人でしょうか? それとも未来や善悪を見通す予言者のような人でしょうか? レベルを超越して悟りを開いたような方でしょうか? 私はこの答えが最近判るようになりました。 …

続きを読むread more

グルジェフの「超人に進化する方法」

今回は、興味のある人しか読む気が起きない話をしようと思う。 「超人になるには、自然に背かねば為らない」 という非常に危険な話をしたいと思う。 これは、古代からの秘義によって、宇宙と人間の秘密を探り当てたグルジェフの説であります。 グルジェフの「超人思想」 「自然に背く」とは如何なる行為でありましょう。 …

続きを読むread more

親が喜ぶ話

親孝行をしたければ、 年末年始や五月の連休に帰省した折は、 両親に手土産と、土産話として自分の仕事を報告しなさい。 夜も遅くまで取り組んでいるし、 甘くない仕事であると報告しなさい。 仕事の苦労話をしなさい。 真夏の暑さや冬の寒さの厳しさ、 自分も身に沁みるけれど、上司や得意先の方々はさらに大変であることなど、 仕事の厳…

続きを読むread more

ホットポテト理論

もしかしたら、貴方は集団で参加するゲームになると運が悪くなる人ではありませんか? 集団のゲームとは、ババ抜きとか王様ゲームとかゲームです。 そういう人は、個人だと運が悪くないのに、集団になると運が悪くなるのです。 この現象を、心理学の交流分析理論のファニタ・イングリッシュ博士は、 「ホットポテト理論」として説明しています…

続きを読むread more

愛を信じるということ。

愛を信じる。 という意味を、 カルカッタの<孤児の家>の壁に書かれたマザーテレサの言葉を読んで感じたので、 忘れないうちに書いて残しておこうと思う。 私が思うに、 愛を信じるということは、 愛していれば、あの人がいつも私に優しく接してくれるということを信じることではない。 愛を信じていれば、 あの人の気持ちが…

続きを読むread more

安岡正篤は運についてどう考えていたのか

ヘロドトスの歴史書を読むと、 いかに過去の英雄達が、夢のお告げや神託に頼っていたかを知るわけであるが、 現在でも、アメリカのカーター大統領やレーガン大統領が優秀な専門家を周りに置いていただけでなく、 専任の占星術師を相談役に雇っていたし、 ロシアのゴルバチョフやエリツェンも占星術師を国家運営の相談役に使っていたようであるから …

続きを読むread more

ホ・オポノポノの秘法

僕の知人で、列車事故を3回も見た人がいるのです。 いわゆる飛び込み自殺なんですけど、一回も遭遇しない人が多いのに、 3回も見るっていうのは有意に高いでしょ? 1回目はたまたま居た友人の部屋から見て、 2、3回目は自分の乗ってた列車が人身事故したそうである。 で、彼女の話を聴くと、 いわゆる首つり自殺も見たことがあるってい…

続きを読むread more

5時45分という名のコーヒーショップ

神戸の三宮の本通りに「5時45分」という名のコーヒーショップがあって、 一時期、非常に話題になったそうである。 ご存じですか? この喫茶店が開店したのは、1978年だそうだ。 神戸で開店してから、17年後の1995年、1月17日、午前5時46分、 神戸淡路大震災が発生しました。 そうです。 実は、この喫茶店名である…

続きを読むread more

お墓参りの効果

今回はなぜかお墓について書きたい。 前から書きたかったんですけどね。 というのは、昨今、風水はブームではあるが、 インテリアとか色とかの話が多いですし、 あの「私はお墓なんかにはいません」という歌が流行ったり、 オールバックの占い師が「墓石が悪いと地獄で苦しむわよ」って言ったりですね。 非常にお墓が「オーム真理教」みたい…

続きを読むread more

癌の人はアルツハイマー病になりにくいという話は易学である。

癌になったことのある人はアルツハイマー病になりにくく、 逆にアルツハイマー病の人は癌になるリスクが低いらしいです。 医学誌「Neurology」オンライン版に12月23日掲載された今回の研究は、 米ワシントン大学医学部のCatherine M. Roe氏らによるもので、 65歳以上の被験者3,020人を対象に、 認知症…

続きを読むread more

祈りの力

思いついたことを今日もメモっておこう。 以下は私の断片的なメモである。 潜在意識について、 前回書いたインテリジェントデザインの見地から定義してみよう。 潜在意識とは、私の体でいえば、脳である。と想定してみよう。 つまり、私が左手で、君が肝臓で、貴方は心臓で、奴は腎臓 みたいに 世界中の人は地球脳という集団的無意…

続きを読むread more

インテリジェントデザイン

今回は、「インテリジェントデザイン論」という新しい進化論についてお話しましょう。 ちょっと難しいかもしれませんが、最後には納得されると思うので、 ちょっと僕の話に付き合ってください。 従来のダーウインの進化論とは、生物が偶然に突然変異で環境に適した機能を獲得して、進化したという論理である。 つまり、 鳥が羽を得…

続きを読むread more

魔性の難問

ピュタゴラスは、「万物は数字で表される。」という確信を持っていた。 愛も希望も絶望も この宇宙空間に存在するすべては、 数式で表される。 神も例外ではない。 このような考えは、 多くの善良の人に嫌悪されるであろう。 異端であるという理由によって。 しかしながら、すべての科学者達は、 …

続きを読むread more

憑依現象

夏の頃の話。 僕はバーベキューの後に、コンクリートの上を高圧水洗浄器で掃除してた。 つまり、水を撒いてた。 すると、そこにカマキリが寄ってきたのです。 「あれ?水でもほしいのかな?」と思いつつ、 暇だったので、僕はカマキリに水を掛けて遊びました。 いわゆる昆虫虐待なんだけど。 すると、 カマキリのお尻から、 スルス…

続きを読むread more

与えてください。あなたの心が痛むほどに。

オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞しました。 この受賞は米国の中でも賛否両論だそうです。 なにかの冗談ですか?みたいな報道が多いようだ。 例えば、共和党のスティール委員長は、 「確かなことは、大統領は雇用創出、財政責任などで、米国民からいかなる賞も得られないことだ」と皮肉ったり、 シンクタンクの「ヘリテージ財団」は、 「…

続きを読むread more

なぜ取り越し苦労するをするのか?

最近、こういう話を聞いたんですよ。 「心配性の人や取り越し苦労の人は心が優しい。」 確かに、そうなんです。 心が優しいんですけどね。 たぶん、知らない人が多いと思うんで書き残しておきましょう。 じつは、 取り越し苦労とかね。 心配性とかね。 これって、 罪らしいですよ。 窃盗や殺人みたいな罪ってことです。 …

続きを読むread more