chapter1 必ず未来が変わる方法の要約

私達がなぜ現状にいるのか?というと「現状」が「心地よい」からである。
「常に我々の運命は自分が心地よい場所(コンフォートゾーン)に定住する」ということである。
現状=コンフォートゾーンのある場所。これは非常に重要な真理である。
しかもコンフォートゾーンは一か所しか存在できない
図に示すと以下のとおり。
コンフォートゾーン1.png

現状が満足じゃないけど仕方ないとか苦しくもないという状況であると、ワクワクする未来の願望があってもワクワクする未来願望は決して成就しないということである。宝くじが念力で当たらないのも宝くじが当たったゴールにコンフォートゾーンを移動していないからである。
コンフォートゾーンは一か所しか存在できない。つまりいくらワクワクしてもワクワクの未来にコンフォートゾーンが移動していないのならば現状のままで変わらないということである。
極めて重要な事は、
未来を現実にするには、未来にコンフォートゾーンを移動することであるが
問題は如何にしてコンフォートゾーンを未来に移動させるかということなのだ。

つまり、確信を以て言えることは、
現状が嫌だ一秒も居たくない。嫌いな奴と一秒も同じ空気を吸いたくない。ゆえに、香しい未来に何が何でも移動したい。
と思わなければ決してコンフォートゾーンを移動出来ないので運命は変わらないのだ。
ちょっと胡散臭い言葉になるが、これは哲学や訓示では無く「宇宙の法則」である。
図に示すとこうなる。

コンフォートゾーン2.png

なぜそうなるのかというと、「自然は飛躍しない」からである。

カバラ哲学では、もしも全知全能の神が存在するのならば、「なぜ人類を滅亡させる可能性がある核兵器の存在を神は許しているのか?」という設問に対し、「核兵器による悲惨な事件に人類が辟易し、もう戦争は嫌だと分からせるために核兵器は存在が許されている」と考えるそうである。
ジョージ・W・ブッシュ大統領が国防長官へ起用したドナルド・ヘンリー・ラムズフェルドには、「ラムズフェルドのルール」という40年間にわたる下院議員生活を通じて得た心得があるが、その心得の中で彼はこう言っている。

「ある問題の解決策が見当たらなく行き詰まったときは、その問題を拡大させなさい。 」

これはカバラ哲学と同じ結論であり、非常に素晴らしい発見であると言わざるを得ない。

易経にも「窮すれば変じ、変じれば通ず」とある。
これは「窮すると変じる」という意味では無くて、「窮するまで決して変じない」ということである。

つまり、シヴァ神の教えである「創造の前に破壊が必要」なのだ。宇宙の法則は「自然は飛躍しない」ゆえに「窮するまで決して変じない」それは「破壊されないと創造できない」ということである。

稲盛和夫が「私は定期的に困難に遭遇したから成長できた」と言っている。「定期的に困難に遭遇しなかったら現在の成功は無かった」とも言っている。それは「困難が汝を鍛えた」ゆえに「成長できた」からでは無く、困難が現状を停止させ強制的にゴールを変えたからである。

嫌なことをやせ我慢せずに「こんなの嫌だ!」と思うのが正しいのだ。
嫌なことを我慢すれば、嫌なことが飽和する。なぜ飽和するかというと「こんなの嫌だ!」と思わせる為である。
宇宙の法則は「限界まで成長し限界に達して初めて変化する」からである。

現在において繁栄している企業や人物の繁栄の理由を考察するに、繁栄に至った理由は様々である。しかしながら共通点があり、それは繁栄している企業や人物は「困難を乗り超えて成長した」ということである。
そして「困難を乗り超えて成長した」とは、「新しいゴール側にコンフォートゾーンを移動させた」ということであり、それは「窮すれば変じ、変じれば通ず」ということなのだ。

我々は理不尽な仕打ち理不尽な運命に遭遇するのは実は試練では無くて「ゴールを変えてコンフォートゾーンを移動させろ」という運命開花の恩寵的なチャンスであるので、理不尽さに勇気を無くし恐怖し弱者の如く運命に従う事は断じて排さねばならない。渾身の勇気を出して「運命を必ず変える」と積極感情を渙発し戦うことが神の意思に従うことになるのだ。

参照①:福山雅治は「1秒たりとも長崎に居たくない」と東京に飛び出した
参照②:ゴール側にコンフォートゾーンを移動させて臨場感を高めると現実が変わる
参照③:セルフイメージと現実が違うと無意識が全力で合致させようと動き出す公理について

twitterはこちら。
エイジの部屋
mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

"chapter1 必ず未来が変わる方法の要約" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント