可愛さは最強の武器である

今まで持ち上げられていたのに、急に奈落の底に落とされることがあります。
最近では、東出昌大であるが、不倫については色んな方が解説していますがどうも違和感あります。
というのは、不倫どころか隠し子がいても叩かれない者もいます。同じ行為でも叩かれる者と叩かれざる者が存在する。

また、私の知り合いの人は「ずぼら」で、若い時は「個性」として許されたが、年を取ると「だらしない」と嫌悪されるようになりました。
同じ人物の同じ行為でも叩かれる時と叩かれざる時が存在する。それはなぜでしょう?

理由を考えるに、結論を先に言うと、
誰がという個人では無く、何をしたという行為でもなくて、「事件の印象」が「可愛い」ならなんでも許されるが「可愛くない」となんでも許されない。
という法則故である。

最近の事例では、ZOZO前社長の前澤友作氏が剛力彩芽と復縁した?というニュースがあったが私は「微笑ましく」と思った。
私だけでなく案外多くの人が思ったみたいである。
実は、別れる前は、成金金持ちと女優みたいな感じで「うざい」感じで、つまりそれは「可愛くない」感じであるのだが、早く別れろと思い、実際に別れたら「すっきり」したのです

しかしながら、今回は「前澤さん よかったね」と私の印象が変わったのは、前澤氏がお見合いを通して、宇宙旅行への旅に一緒に行く人生のパートナーを見つけたいという企画があって、例によって話題作りかなと思ったのですが、直前に前澤氏が「その気もないのに相手に失礼になるから」と企画が中止になって、今から思うと、「ちょっと待った!」と剛力彩芽からストップが入ったと思われ、それが「可愛いじゃん」と微笑ましいと感じたからである。

昔 私は「ジャニーズが何故あれほど人気があるか?」という記事を書いた。
私はなぜジャリタレントのジャニーズが人気があるのか判らなかった。しかしある事件で理解したのです。
それは、テレビでイケメンでは無いがイケメン風のダンサーが、「恋のマイアヒ」の曲にあわせてダンスした時です。
普段は決して意見の一致を見ない女子全員が「素敵~!」と言ったので、「どこがかっこいいの?」と聞いたところ、「イケメンじゃないのにイケメン風で一生懸命さが、すごくカッコイイ」と聴いて衝撃を受けたのであります。

つまり、それは「可愛い」ということではないのか?
目一杯のカッコつけ一生懸命は可愛い。だからカッコいいのではないのか?

他の事例を検証しても男子が一生懸命カッコつけて頑張ってるのは女性に受けるのは公理だ。
ホストを応援する女性の心理がそれであるが、ホストだけでなく一般的にも「頑張ってる男児に女は尽くす」という構図は、ヤクザがモテたり、迫害されし革命家や理想実現の為に孤独な闘いをする宗教家が異常にモテるのも「一生懸命は可愛い。だからカッコいい。」ということに違いない。

それは「母性本能の発露」であるかもしれないが、キーワードは「可愛さ」であると私は結論します。
そもそも女性というのは、他人の罪には厳しく、自分の為に犯された罪には寛容である。他人なら不倫だが、自分の為なら恋愛である。

そこで「可愛さ」とは何かと考えると、非常に難しい。女性なら判ると思うが男は判らない。
「可愛さ」とは、幼児的であるとかお花があるとかプーさんであるということでは無いのである。

「可愛さの象徴」は赤ん坊である。
全ての生物の赤ちゃんは、誰でも「我がままを聞いてくれる」ように武器として総じて可愛いのである。だから狼でも人間の赤子を育ててくれるのです。
しかしながら、その可愛さは決して「キューピー体形」のような形で発露されるものでは無いのです。

古今東西の「哲学」でも「可愛さ」は誰も哲学していないことに私は気づいたのですが、やむを得ないですね。
なぜなら可愛さは言語化できないのです。しかしながら、「可愛さ」は生物界最強の好印象であることに間違いはない。


可愛さを表現するとすれば、可愛さは洗濯で干され風で絡まり揺れるキャバ嬢の網タイツのように切なく、イケメンでないのに一生懸命好かれようと健気で、悔しくて悲しい時でも涙を見せずに上を向いているストイックさが必要である。今の私にはそこまでしか言語化できません。

今回の結論として言いたいことは、私達は処世術として「誠実さ」「明るさ」などいろいろ自分に対する印象操作を考える訳であるが、実のところ、処世でもっとも大事なのは「可愛さ」だという事であり、これは老いも若きも男も女も考慮しなくては失敗するということである。

そして「可愛らしさ」を完全にmasterした者は、赤ちゃんのようにあらゆる暴虐な行為さえも超越し誰からも庇護される者になれるでありましょう。



twitterはこちら。
エイジの部屋
mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

"可愛さは最強の武器である" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント