罰があたる罪と罰があたらない罪

韓非子が「過失ありて罰せられず、功績なく賞を受くれば、国が滅びる」と言っているのですが、私は非常に納得がいくのです。

何故かというと、

「過失が無い者が左遷されたり」「功績があっても賞を与えられない」ような会社は理不尽ですが通常は傾きません。

しかしながら、
「過失があっても罰せられず」「功績がないのに賞を与えられる」ような会社は必ず傾くからである。

これは何故でしょう?

罪とは、罰せられる時に罪になるのです。
同じ罪を犯しても罰せられない場合もあります。

例えば、「人殺し」です。
もちろん、人殺しは良くないのは常識でありますが、
同じ人殺しでも、評価が違います。

戦国時代の武将などその例であります。
徳川家康なんかは、人殺しなのに罰が無く、戦国を終焉させた英雄と尊敬されています。
足利尊氏も上杉謙信もそうである。
外国で言えば、チンギスハンもアレキサンダー大王もそうです。
しかしながら、ヒトラーやポルポトなどは悪魔扱いです。

なぜこのような違いがあるのかというと
私の考えでは、「誰を殺したか?」によって罪が変わると思います。

しかしながら、決して「悪い奴をやっつけたから英雄」では無いのです。

では、どこに違いがあるのか?

ひとつの例を挙げると、織田信長と明智光秀です。
信長は理不尽な殺人鬼でしたが歴史的評価は英雄です。
光秀は同情すべきところもありますが、「主殺し」であり、最低評価である。

つまり、

1、親殺し・上司殺し・恩人殺しは報いのある罪。

2、無抵抗の者、弱い者殺人は報いのある罪。

3、軍人や武士などの戦闘者を殺しても罰があたらない。

という構図があると思われる。

ナポレオンは軍人を殺したから英雄であるが
ポルポトは一般人や弱い者を殺したから悪魔なのです。
決して、悪い奴を殺したから英雄では無いのです。

いくら悪い奴でも、その子供が親である悪人を殺したら、子供は英雄にはなれません。
罪の報いがあるでしょう。

この不可思議な現象の解答を仏教の中に見つけることが出来ます。

モーセの十戒とか仏教の十戒ですと、
不倫はダメとか盗みはダメとか酒飲んだらダメとかありますが、
松下幸之助は愛人いましたが問題ないようであり、
酒飲んで罰当たるとも考え難く、宗教の罪は関係ないと思いがちです。

しかしながら、

「これをやったら誰でも100%絶対に罰が当たります」という罪があるのです。
それは、仏教の阿弥陀如来の四十八願中にある摂取不可能な「五逆の罪」というものです。

「五逆の罪」と「正法誹謗」
これを犯すと阿弥陀様でも救えない無間地獄に落ちるとされています。
その「五逆の罪」とは、
1、父殺し
2、母殺し
3、恩人殺し
4、人間の和合を破ること
5、聖人から血を流すこと
です。

実はこれが、不思議にも罰があたる罪と罰があたらない罪の
明確な説明になっていると思われます。


twitterはこちら。
エイジの部屋

mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

"罰があたる罪と罰があたらない罪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント