ホ・オポノポノの実践手引き

忘れがちですが、「目の前に起こったことはすべて君と関係がある。」

つまり、嫌味を言われるのも、馬鹿にされるのも
嫌な相手が存在して、君に嫌味を言うのでは無くて、
君の中に嫌味を言われる「核」があるから、嫌味を引き寄せているに過ぎない。

それは嫌味だけで無くて、仕事を急いでいるのに赤信号に変わるのも、
人が虐められているのをたまたま観るのも、いきなり腱鞘炎になるのも
名鉄の電車の隣に座った子供がウザイのも、
誰かが原因では無くて、すべて君の責任なんだよ。
嫌な奴は実態が無い単なる影ゆえに、個人を怨むのは見当違いである。

この話を嘘とか妄想だと思いますか?

たとえ君が嘘とか妄想と思っても、
現象はすべて繋がっているのは事実であり、
皮膚が繋がっているように、現象も繋がっているのです。
だから右肩が痛いと左手が腱鞘炎になるし、
内臓が悪いと腰が悪くなるのです。
逆に、
君の時計がある日故障したから、君の車の事故が防げたのです。
同僚が風邪になったから、君の風邪が治ったのです。

このような世界で生きるには、どのように生きるのが良いのか?というと、

自分を「浄化」することである。
他人や環境は関係ないのです。

相手や環境を変えようと思うのならば、
まず自分を「浄化」することだ。
そうすると、相手や環境が自分の都合の良い状態に変わるのだ。
なぜなら、皮膚が繋がっているように、現象も繋がっているからです。

それでどうやって浄化するかというと、

「愛してます」
「許して下さい」
「ごめんなさい」
「ありがとう」

の4個の言霊の中でもっとも「フィット」する言霊を繰り返し唱えるだけで良い。
仮にどれがフィットするか分からない場合は、全部唱えるが良い。
そうすると、摩訶不思議にも環境が変わってしまうのです。

以上は、ハワイの医者であり、魔術師であるイハレアカラ・ヒューレン博士が説く
「ホ・オポノポノ」という「現実を変えるメソッド」である。

twitterはこちら。
エイジの部屋


mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

"ホ・オポノポノの実践手引き" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント