洞窟の比喩

プラトンは、洞窟の比喩という例話で、

人間は生まれながらに洞窟の中に居て壁の方向だけを見ている。
洞窟の壁に映し出された影を真実と思っている。
しかし本当の世界は洞窟の外にあり、人間世界の現象は、
外の世界から洞窟に入ってくる光の影に過ぎない。


と書いている。

絵にするとこんな感じです。

画像

NHK特集「プラトン」より




嫌な奴とか悪意のある人とかですね。
貴方に嫌な攻撃をしてくる人がいるとしましょう。

また、転んだとか怪我したとか不運に見舞われたとしましょう。

実はそれはすべてバーチャルな影に過ぎないと解釈してみましょう。

つまり、個人の相手や特別な事件や環境が存在するから、
それが貴方に悪さしてるのでは無く、
貴方の心の影が悪さしてるとしたらどう思いますか?


最近あったほんとうの話です。

私の友人に、
同級生同志結婚した後輩のA子から夜に泣きながら電話があって、
「もう私達ダメかも。離婚の準備をしてる。」と言ったそうです。

なんで?と聞き返すと、
相手(夫)の悪口がいっぱい出てきたそうです。
4年前から家庭内別居状態らしい。

そこで、彼女にこう言ったそうです。

「相手が貴方にしてくれた感謝できることを思い出してノートに書いて
私に見せて欲しい。」

ちなみに、
これは、「鏡の法則」という本に書かれている解決方法です。

そこまで聞いた私は、
「絶対に書かないと思うよ」と笑った。
「女っていうのは、話したいだけなんだから絶対に書かない。」

そうすると友人は、
「思ってるだけではダメ。
書かないと絶対に解決できない。」と言って、A子に電話した。

「もう書いた?」

「まだ書いてないけど」

「書いて私に見せてって言ったでしょ?ちゃんとやってよ。」

「分かった。むつかしいけど書いてみます。」


そこから奇跡が起こったのですが
実は、効果に私も驚いたのです。

彼女が相手から受けた感謝できることを書くうちに、
自分の心から徐々に怒りが和らぎ、暖かい光を感じたのです。

そうすると、急に相手(夫)の態度も急変し、
買い物に誘われたそうである。
A子にとっては、「これはあり得ない奇跡」だそうです。

ということで、とりあえず元のさやに納まったらしい。


私達は嫌な環境に遭遇すると、
相手を怨んだり、将来を悲観したりします。
それは「相手が自分に害を及ぼすから未来は自分では変えられない」と思うからです。
しかし、実際には嫌な相手は存在せず、
私の心にある「人形」によって、相手が嫌な奴の役目を演じさせられているのです。
だから未来は絶対に変えられるのです。

そして、心の力が弱いから嫌なことがいっぱい起きるのです。
心の力を強くするには、感謝の心が重要なのです。
感謝の心がわき出ると、人形の動きが変わり、影絵が変わるから奇跡が起こったように感じるのです。
でも本当は、実際には、光しか無いのです。
心の作り出した人形が運命を作ってるのです。
いつしか影絵が無くなった時、初めて人間は影絵に固執していた自分に気づくのです。
そして勇気を持って後ろを振り返り、ほんとうの世界は洞窟の外にあると知るのです。



twitterはこちら。
エイジの部屋


mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

"洞窟の比喩" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント