身長の低い人々は心臓病に注意したほうがよい

ひさびさに健康BLOGを書こう。

身長の低い人々は心臓病に注意したほうがよい。

ということを覚えておいて下さい。



約3百万人のデータから、身長の低い人々は、
背の高い人々と比べて、心臓病のリスクがかなり増加することが明らかになりました。

これは、
フィンランドのテンプル大学の教授のツーラ・パーヤネン(Tuula A. Paajanen)氏らが、
European Heart Journal誌電子版に発表した結果ですが、

理由は明らかではありませんが、
「低い身長と心血管疾患との強い関係は現実のものであるようだ」
とパーヤネン氏らは述べています。

これまでに発表された合計3,01万2,747人のデータを含む52の研究によって
分析の結果、全体では、160.5センチ未満の身長の低い人々は、
173.9センチ以上の身長の高い人々と比べて、心臓病のリスクが1.5倍に、
または約50パーセント増加することが分かりました。

男女別の分析でも同様の傾向がみられました。
身長が低い男性は総死亡リスクが37パーセント増加して、
背の低い女性は総死亡リスクが55パーセント増加しました。

身長が低いとされたのは、男性では165.4センチ未満、
女性では153センチ未満でした。
一方、身長が高いとされたのは、男性では177.5センチ以上、
女性では166.4センチ以上。

なぜか?

この理由の一つとして有力な説は、
「背の低い人々は心臓へ血液を供給する血管が細い傾向があり、これが動脈硬化症を発症しやすくするのではないか」と、この研究者は述べています。

最近の研究で、
心臓へ血液を供給する冠動脈の直径は身長と体重に関連する。

ことが判っています。

パーヤネン氏らは
「大部分の人は、自分の身長が高いのか低いのかを知っています。
自分の身長がかなり低いと思うなら、真剣に心臓病のリスク因子の改善に努めるべきです」
と語っています。

身長は変えることはできませんが、心臓病のリスクに影響する体重や喫煙などの他の生活習慣はコントロールできます。

特に低身長の人は、高身長の人よりも、
メタボリックシンドロームによる血管障害の危険性が高い訳です。
背のちっちゃい人は、おデブにならないように特に注意が必要なようです。


Twitterはこちら

エイジの部屋

"身長の低い人々は心臓病に注意したほうがよい" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント