ビジョンよりもミッションに生きるということ

「1/4の奇跡~本当のことだから~」
というドキュメンタリー映画が世界的に話題になってるそうだ。

この映画の驚くべきことは、
監督をした入江富美子さんは、映画を初めて撮った素人なんです。
ズブの素人の彼女に、
「なぜ自主映画を撮影しようと思ったのですか?」との質問に対して答えた内容が、
非常に興味深いので紹介しましょう。



彼女が6歳の時、
目が覚めたら隣でお父さんが心臓麻痺で死んでたそうです。


救急隊員が「あと5分早ければ助かっていた」の言葉に幼い彼女は傷つき、
「自分はダメな人間だ」と思い込むようになった。

それから何を求めて得ても、心の平安を得られない人生を歩むようになったそうだ。

そんな悶々としたある日、ひとりの牧師と知り合い、
「ビジョンでは無く、ミッションに生きる方法」を教えられる。

つまり、
彼女は、自分の欠乏感を埋めるために、
手に入れたい未来、欲しいものを求めて生きてきた。
いわば「未来にビジョン」を描いて生きてきた。
そして、数々の欲望を実際に実現させてきた。
実業、結婚、出産と・・。

しかし、いくら欲しいものを手に入れても、
彼女の心の渇きが癒える事はなく、
本当に彼女が欲しい「心の平安」を得ることができなかったそうである。

そうしたら、牧師はこう言ったそうです。

「毎日、

『天が期待してることを、私に実現させて下さい。』

と祈りなさい。」

そして、こう付け加えたそうであります。


「ビジョン(希望)は自分で描くから力は自分持ちであるが、

ミッション(指令)は向こうからやってくるから力は向こう持ちである。」



そうして、毎日毎日祈っていると、
今度は、最愛の祖母が亡くなった。

祖母との思い出を回想しながら、
彼女は自分自身を否定していて、苦しみ、その現状から抜け出したい気持ちで一杯ではあるが、
幼い頃から今まで、いつも頭の中は自分のことばかりで、
自分を愛してくれた祖母にさえ感謝の気持ちが無いことに気づいて愕然としたそうです。

本当の大きな問題は、苦しみの原因は父の死ではなく、
自分には感謝の心が無かったこと、
感謝の気持ちを持ち難い性質だと、忽然と気づいたそうである。

父の死は、自分を責めるために経験させられたのではなく、
感謝の気持ちを持つことを教えるためのミッションであり、
自分の成長にとって大事な出来事だったと気づいたそうである。
その瞬間、彼女の凍った心は溶解し、いままで感じたことのない解放感を味わったそうです。

そして、そんな経験を経て、彼女は
「宇宙を感謝の心で満たす仕事がしたい。」と思い始め、
「感謝の気持ちで宇宙を満たす仕事」が次の自分のミッションであると思ったそうであります。


その日が、
この「1/4の奇跡~本当のことだから~」という奇跡の自主映画製作の始まりである。

そして、このミッションは、経験なし、人脈なし、資金なし、すべてゼロからのスタートであるにもかかわらず、
様々な人との出会いと応援によって、映画は完成し、2007年2月11日初上映会が開かれたのです。
そして今や、世界中で感動の渦を作っています。

私が以前書いた 仕事に選ばれるということ という記事で考察したように、
すべて大成した人っていうのは、
「人事を尽くして天命を待つ」人じゃなくて
「天命に従い人事を尽くす」人ではないだろうか。

つまり、
「ビジョンよりもミッションに生きるということ」は
「天命に従い人事を尽くす」と同じなのです。

大事な事は、
ビジョンは自分の願う方向を示してくれるが、
ミッションは、自分の希望とは逆の方向を示すかもしれない。
しかし、それが最良の道だと信じることであります。

『天が期待してることを、私に実現させて下さい。』

これは自己実現の言霊として、
非常に効果的な祝詞であろう。



Twitterやってま~す。

エイジの部屋


"ビジョンよりもミッションに生きるということ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント