名前はお守りである。

最近、パワースポット巡りなるものが流行してるらしく
週刊誌でも頻繁に紹介されている。
親戚の女子大生のマキちゃんは、石川県の白山比め神社へ参詣しにいったそうだ。

白山比め神社といえば、
霊峰白山を神体山とする修験道の聖地であり
日本有数のパワースポットであることは間違いない。

しかしながら、
パワースポットへ行く理由は何か?と問われ
「自分に幸運や力を与えてくれる場所」という答であるのならば、
最高のパワースポットは、先祖を祀ったお墓参りであると
私は確信をもって答える。

先祖のお墓参りこそ、
貴方個人のオーダーメイドのパワースポットであり、
願いことを唱えながら、墓石を磨けば、必ず願いは叶うと思う。

参照:お墓参りの効果



さて、
それで、マキちゃんは、白山比め神社で、お守りを買ってきたそうで、
「これで良縁があるかな。」と笑っていたわけですが、
そもそも、お守りというのは、世界中にあって
種類もさまざまであるが
なぜお守りを持つのか?というと

「身に付けたり、特定の場所で保管する事で願いを叶えたり、魔を退けるなどの効力を発揮する。」
という理由であろう。

ならば、
最強のお守りは、貴方の本名である。
という話を今回はしようと思う。

おそらく、本名がお守りになるという話はあまり聞かれたことがないでしょう。


森羅万象に命や神霊が宿るとする古神道と、山岳信仰と仏教が習合し、
さらには道教、陰陽道などの要素も加味されて確立した日本独特の宗教である修験道では、
自分の名前を丁寧に紙に清書し、
その紙を自分自身と同一と考え
お祓いしたり、身に付けたりする修法があるそうだ。

名前に力を宿すという考えは、
日本や中国だけの話ではなく、
西洋のカバラでも
本名を知られることは、
自分の魂の所在地を知られることであり、
名前を付けられることは、その名前の持つ意味に操られ、
その名前を知るものに縛られることになると教えている。

昔書いた記事の
名前には不思議な力が宿る
の中でも紹介したのですけど、
名前っていうのは、
それ自体が、名前の主の分身なのである。
いわば、髪の毛や爪であり藁人形なのだ。
そして、非常にパワーがある。

例えば、私の本名の中に、
私の使命、必要なことがすべて具備されているのであります。
だから、それが私の氏名(使命)なのである。
アサガオの種だって、あの小さな種の中にアサガオに必要な情報がすべて入ってるでしょ。
本名も種なのであります。

密教の呪術で、名前に関する面白い術を紹介しましょう。

まず、自作のお守りで、
願望いを念じながら、
自分の名前を清書し、天然塩と共に線香で焼き、
灰を袋に入れていつも身に付けていると
必ず願いが叶うというお守りになるそうです。


また、他人から攻撃されたり、悪い噂を立てられたりしたとき、
また悪霊から身を護るとき、
自分の名前を逆さまに心の中で念じると、
悪い気が自分に降りかからず、相手に還っていくそうである。

例えば、ヤマダタロウなら、
「ウロタダマヤ!ウロタダマヤ!相手に還れ!」と念じる。
すると。悪意にやられないらしい。

また恋愛成就の秘策で、
好きな人とか片思いの人の本名を、
想いを念じて、何度も何度も書くと
想いが通じるという呪術もあるらしいです。

これは、ブードゥー人形と通じるものがあります。

アンジェリーナジョリーがブラッドピットを、
ブードゥーの呪術を使って、
ジェニファー・アニストンから奪ったという噂が、まことしやかに語られていますが、
確かにブードゥー教では、
恋する相手の髪や爪を埋め込んだ人形を作り
特殊な方法で引き寄せるという呪術が実際に行われている。

しかし、恋する人の爪や髪を手に入れなくても、
名前を何度も呼べば同じなのである。
名前は髪や爪と同じなのです。
まして、他人の名前を昼夜問わず何度も何度も唱える人は滅多にいないので、
この真っ直ぐな想いは必ず成就するでしょう。

また、道教でも名前がお守りになる秘術があります。
自分、両親、両親の両親の全部で7人の名前を唱え
加護を念じれば必ず守られるそうです。

このように名前は貴方のオーダメイドで最高のお守りです。
危険な状態や何か願望があるのならば
自分の名前を呪文のように真剣に何度も唱えて欲しい。

又、修験道のように、
名前を清書し、お守りにして欲しい。

切羽詰まった思うところがあれば、紹介した秘術を
効果を疑わずにやって下さい。

必ず、実際に不思議な現象が起こるでしょう。

今夜は、
最高のパワースポットは先祖のお墓であり、
最高のお守りは本名であるという
世間の流行をまったく考慮しない話でした。


Twitterはこちら。
エイジの部屋

"名前はお守りである。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント