腹が立ったり落ち込んだときの対処法

いろいろ試して、最近判ったことがあるので書こうと思う。

まず、


           引き寄せの絶対原理

① 今、一番憧れる具体的な状態を画像でイメージする。

② ①の状態を達成した時の波動を実感する。
 
  以上を実践すると①が必ず実現する。



要するに、 
同じ波動現象の波動を再現すると、同じ波動現象を引き寄せることが出来る。
前にも書いたが、波動であって感情では無い。

ということで、例えば「ワクワク感」で説明すると
ワクワクする状態の感情では無くて、ワクワクする状態の波動を再現えきれば、
ワクワク状態を引き寄せるということである。

例えば、腹が立った時や落ち込んだ時の対処法として、
考え方を変えるとか気分を変えるとか反撃するという対処法の方が大部分でしょう。
つまり、感情思考で対処する方法が一般的ですが、
それでは環境を変えることが出来ないのである。
しかしながら、引き寄せの法則的に対処法を考えると
腹が立った時や落ち込んだ時にそれを上書きして環境を捻じ曲げることが出来ます。

それは、波動を変えることです。
チャンネルを変えることです。
感情や思考を忘れて下さい。

今、彼方の波動を変えることです。
それが出来れば環境を捻じ曲げることが可能になります。

感情や思考では環境を変える力はありません。
環境を変える力があるのは波動だけです。
同じ波動が同じ波動を惹き寄せるのですが、
波動は感情や思考ではありません。

因みに
私が仕事で悩んだり、自信が無くなりそうな時は、
フランシス・フォード・コッポラ監督の『ゴッドファーザーⅡ』を観ます。

特に、若きヴィトーがマフィアのトップの地位を確立するまでの物語
ロバートデニーロが演じるヴィトーが祭りの日にファヌッチを屋根伝いに追跡し
祭りの喧騒とタオルを巻きつけた銃で音を消し、3発でファヌッチを射殺する場面があるのですが、私はヴィトーと自分の波動を同調させます。
すると、元気になるのです。
そして不思議ですが環境が善き方向に転換します。

引き寄せではワクワクが大事だと言いますが、
ワクワクとは感情では無いのです。
ワクワクとは波動なのです。
高揚した状態を感情で考えている限り惹き寄せは出来ません。

ワクワクの感情がワクワクの現象を引き寄せるのでは無くて
ワクワクの波動がワクワクの現象を惹き寄せるのです。


twitterはこちら。
エイジの部屋


mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 38

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

Jane
2018年09月02日 21:52
エイジさんこんばんは!

波動っていうのは意識せずとも醸し出される雰囲気の様なものだと思うのですが、その無意識的な物を変えるのにはどうすればいいかがわかりません。

特に感情が揺さぶられていて余裕のない時は特にそうだと。
Komachi
2018年09月03日 20:05
エイジさん、こんばんは。

「ワクワクとは波動なのです」
「環境を変える力があるのは波動だけです」

まさに!ほんとにそう思います。事実、今がそうだからです。今春のあの停滞が前に動き出しました。条件がなかなか揃わなくて迷って、私は不安から頭の中でグルグルするだけ。完全に波動が止まってましたから。もう背に腹は変えられず、気付けば違う手段にチャレンジしていました。予想外にも大手のコネクションに踏み込めました。周りはこんな偶然、まるでヘタなドラマより奇跡だと(笑) 仕事の進捗はもちろん、実家の事情も、今の環境も、あいまいだった男女間も… 変わりゆくために大人の流す涙もあるけど… 進むなら結果オーライとします。

あと、エイジさんの自信回復する波動は、
「フランシス・フォード・コッポラ監督の『ゴッドファーザーⅡ』を観ます。」
映画なんですね!うれしいですね! 私はPart 1のアル・パチーノ演じるマイケルです。初めて敵を銃で撃ち殺して父親のリベンジを果すときの電車ノイズに緊張が走ります。微力でも初めて行動するときの波動です。Part 1とPart 2はバイブルになってます。

もう1つは、映画「ゼログラビティー」で主人公が女性一人きりで地球に帰還するラストシーンです。あれにはいつも勇気をもらってワクワクします。

個人的ないちばんは、キャスリン・ビグロー監督か初めて女性のアカデミー監督賞を受賞した映像です。強く美しい50代を謳歌する波動をいただいています。ちなみに、「エイリアン2」のモデルは彼女だそうですよ。
エイジさん、またまたありがとう!
ジャイロ
2018年09月04日 07:54
エイジさん。
いつも拝見させて頂いております。

エイジさんの考える「強気で生きる状態」と「天狗状態」の違いは何でしょうか?
強気で生きると決めるとエイジさんのおっしゃる通り心に火が灯るような温かさを感じるのですが、反面あまり強気すぎても天狗になってしまうのでは?という疑問も生じます。
まこ
2018年09月07日 05:59
エイジさん、おはようございます。
いつも楽しい記事ありがとうございます♪

むーーーん…
すごくわかりやすい説明してくださってるのに、ワクワク【感情】とワクワク【波動】の違いが掴めそうでやっぱり掴めないのです…
理想の状況をイメージして、そのとき発しているワクワクとか喜びとかが果たして感情なのか波動なのか自分で判断できない(--;)
同じ波動を出すとか同調するって、つまりその理想としている者に"成りきる"、あたかもそうであるように心をそこへもっていく?って感じですかね??
うーーーん、、、やっぱ難しい(--;)

この記事へのトラックバック