BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 嫌な予感がする未来を変える方法 2

<<   作成日時 : 2018/06/12 23:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 6

悪い予感がする時、そのままにすれば悪い予感のとおりになります。
良い予感がする時、そのままにすれば良いことが起こります。

参照:嫌な予感がする未来を変える方法



悪い未来を変える方法があります。

それは、悪い予感がする時、
「こうなったら嫌だな」と場面を想像して、それを回避しようとするのではなく、
嫌な場面に遭遇している時の「感情」を回避しようとすることである。

嫌な場面には色々あるでしょう。
お客さんにクレーム言われるとか彼女にキレられるとか・・

その時に、大事なことは場面に焦点を合わせず、
「嫌な気分」に焦点を合わせるのです。

「腹立つ・・」「むかつく・・」「無理・・」という感情に焦点を合わせ
「僕はこんなのは嫌だ!」と欅坂の気分になること。
そしてここからが重要なのですが、

こんな気分にならない為に、僕は今何をすべきだろう?
と「今」に戻ることです。

きっと誰しも「叱れない為に、前を向くしかない」とか「一生懸命やるしかない」
或いは、「必要だから堪えるのが良策」という結果かも知れませんが、
何かしらの回答が思いつくでしょう。

ここで重要なのは、対策が判ったから未来が変わるのでは無く、
対策が判った刹那に「嫌な感情」が消えるから未来が変わるということである。

ゆえに、現象では無く、「現象によって感じる感情」に焦点を合わせ
嫌な感情を味わない為に「今」何をすべきかを考えることによって、
感情が変わり、未来がリアルに変わるというシステムです。

逆に言えば、感情が浄化されない対策は、
まったく効果が無いということでもあります。


これは、どういう仕組みでそうなるのかと言うと、
未来は感情が変わる限り変更可能だからです。
逆に、
感情が変わらないと未来は感情どおりに
決定させるということです



因縁 → 結果 があるのですが、
すべて「原因があるから結果がある」だけでは無い。

実は、因縁に縁が絡まないと、結果が生じません。
種(因縁)があっても水(縁)が無いと芽(結果)が出ないようなものであります。

実は悪い予感とか良い予感という感情が縁になるのであります。

悪い結果があるから、悪い予感が引き寄せられたということである。
つまり、悪い結果があっても悪い予感が無ければ、悪い結果が生じないということである。

現象に対し、どのような感情を持つかによって、未来は決定されるということ。


実は、これは私の発見では無くて、
釈迦が発見した「因縁説」なのです。

釈迦の因果・因縁説とは、世界は、原因があって結果があって、
偶然の結果は無いという教えです。
しかし、単に 原因 ⇒ 結果 では無く、
実は原因があって縁を生じて結果を引き寄せるということを釈迦は発見しました。

つまり、いくら因があっても縁が無いと結果が出ないということです。
種があっても水が無いと芽が出ないようなものです。
縁は触媒であります。

そして、縁の根源は、感情であると発見しました。

つまり、感情をコントロールすることで縁が変わり、必然的に結果が変わるということです。

これの具体例として、「ホ・オポノポノ」があります。

参照:ホ・オポノポノの秘法

「ホ・オポノポノ秘法」と呼ばれるハワイの伝統的な問題解決方法ですが、

「目の前に起こっていることすべては、自分の過去の記憶が引き寄せている。」
という視点に立って、
「自分自身の潜在意識の中の悪い記憶(不純物)をクリーニング」することによって
目の前に発生してる環境が記憶の消去に相関して改善されていく。
という方法論である。

いわば、
「自分が経験することはすべて、自分の過去の記憶が引き起こす。」ということでもある。

記憶のクリーニングの方法ですが、イハレアカラ・ヒューレン博士によれば
「ありがとう」 「ごめんなさい」 「感謝します」 「許してください」
の四つの言葉を毎日毎日、心の中や口に出して唱えれば良いそうである。


ヒューレン博士の言う記憶とは、悪い感情であって、
つまり、ホオポノポノは、縁(感情)を消す方法論であります。

そして同時に、縁しか消せないところが、ホオポノポノの限界と言えましょう。

なぜ限界かというと、
本当の解決・救済は、因を消すことだからです。

因がある限り、縁は無限に沸き起こって来ます。
そして、因→果となり、問題は、これで完結せず、
更に果→因を生じ、因が消えない限り無限にループします。

因を消す方法論として、
釈迦は、「八正道(自力)」を説き、イエスは「神の救済(他力)」を説き、
孔子は「徳の実践(自力)」を説き、龍樹は「他力」を説いたのですが、
私の結論は「自力極まり、最終的には他力しか因は消せない」と思います。


twitterはこちら。
エイジの部屋


mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりにコメントさせていただきます。いつもありがとうございます。
質問ですが、「今日は何だかウキウキする。いいことがありそう、うまくいきそう」と思うと嫌なことがあり、「あー行きたくないな。苦手だな」と思った時ほど いいことがあったりするのは どうしてだと思われますか?
みわ
2018/06/13 07:58
こんばんは!

こんばんは!

その、他力しか因は消さない、の他力とは何ですか?
Jane
2018/06/17 00:40
それは努力逆転の法則ですね。>みわさん

他力とは上から引き上げる力です。
自力は這い上がる力>Janeさん
エイジ
2018/06/17 15:32
すばらしいの一言です。
だから、本書いて〜。

未都
2018/06/22 11:53
初めまして
本は出さないでほしいです。
ブロガーさんで出してる人多いけど、皆俗物化(?)してますよ。
孤高の人であってほしい・・
しへら
2018/06/23 14:15
本を書いてと文春から依頼が無いので書いてませんが
自分から文春に売りこむべきですか?>未都さん

つーか誰も本書いてと依頼が無いのでw>しへらさん
エイジ
2018/06/29 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
嫌な予感がする未来を変える方法 2 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる