夏が猛暑だった年の秋は、心臓疾患による死亡者が急増する

今年の猛暑は異常である。

夏が猛暑だった年の秋は、循環器(心臓・血管・血液)疾患による死亡者が急増することが判っています。

循環器障害が急増する原因は、「熱中症」にあります。

体温が上がると汗をかいて体温を下げようとしますが、
汗自体も猛暑によってうまく発汗できなくなると、身体がオーバーヒートを起こすのです。
体に熱が蓄積すると、血圧が下がって心臓の循環が悪くなる。
心臓の血液の循環が悪くなると、
脱水も上乗せされて、血がドロドロになり、血栓ができやすくなり、心臓が弱ってきます。
よって、猛暑のあとは心臓が弱っている為に、秋になって倒れてしまうのである。

ちなみに、自覚症状が無くても要注意である。
オランダ・エスラムス医療センターの調査によれば、
55 歳以上の男女4000 人以上を分析した結果、
心臓発作を起こした患者の40%以上が無症候性の心臓発作だった。
すなわち、何の前触れもなく突然倒れてしまう。血管が詰まってしまうのである。

そこで猛暑で弱った心臓を元気にすることが重要になるので、
東京医科歯科大学講師の池谷敏郎先生の話を中心に紹介しましょう。

そのポイントは、
1、弱った心臓の筋肉を強化する
2、傷ついた血管を修復する
3、粘った血液を改善する



1、弱った心臓の筋肉を強化する

■ マグネシウム+酢+ニンニクを食べる。

マグネシウムの摂取量の少ない人は、多い人に比べ狭心症や心筋梗塞による
死亡率が1.5 倍高い。(2006 年 フランス・パスツール研究所)
マグネシウムは、大豆類、ナッツ類、海藻類に多く含まれている。
マグネシウムは、心臓代謝に欠かせない酵素をサポートする大事なミネラルである。
特に、猛暑ではマグネシウムが汗によって失われるので摂取が必要であるが、
問題はマグネシウムの吸収率が悪いということである。
従って、吸収を良くする為に、酢やニンニクとマグネシウムと一緒に摂取することが重要だそうだ。

■ コエンザイムQ10を摂取する。

心筋が衰える原因はコエンザイムQ10不足も大いに関係しています。
コエンザイムQ10は、特に活発に動いている心臓に多く存在しますが、
20歳をピークに年々減少し、それと供に心臓に存在するコエンザイムQ10も減少していきます。

■ 歩くこと
ふくらはぎは「第二の心臓」と言われる。即ち、足の筋肉を強化することによって、
心臓の負担を減らすことができる。


2 傷ついた血管を修復

■ 傷ついた血管を修復させる効果を高める運動を行う。
圧迫NO 分泌動作
1、胸に胸を絞り込むように力を入れる (15 秒間×3 回)
2、正座を15 秒間し、その後足を伸ばす (15 秒×3 回)

■ 柑橘類を食べる
グレープ・フルーツ、レモン、オレンジ、みかん等に含まれているビタミンP は、傷つ
いた血管を修復してくれる働きがある。ビタミンC も入っており、これは活性酸素に対
して抗酸化作用があるのでダブルで効くらしい。

3 粘った血液を改善

■ 水分を1 日500ml 摂取する

■ 炭水化物をとことん減らす

■ キウイを食べる

水分補給が最も有効である。この時期、水分は、冷水を1 日500ml 摂取する必要。
血液のネバネバは極度の脱水の証拠であるが、多くは炭水化物の摂りすぎが原因。
特に、夜の食事は炭水化物は止めた方が良い。
キウイ2 個を食べ続けて、3 週間後15%の中性脂肪の減少が見られた結果があるらしい。



その他、心臓に関する情報を上げます。

■  2 万3681 人を6 年以上調査した結果
週3 回30 分以上定期的に昼寝をする人はしない人に比べ、
37%心疾患のリスクが低いことが判明した。 (米・ハーバード大学)


■ うつぶせ寝を実践することで、心肺機能が高め、血液を若々しく、健康に保
つことができる。 (2003 年岩手医科大学)
うつぶせ寝により、肺活量が増え、効率よく酸素を血液にのせてきれいな血
液を運ぶことができるそうである。

■ ストレッチで、体を柔らかくすることで、血管も若返る
体が固いのは筋肉のまわにり糖がついているからで、糖化という状態である。
糖化だと、筋肉だけではなく、骨や血管までも老化を早めてしまう原因になる。

参照:ためしてガッテン


これで猛暑に因る心臓発作は予防できそうかな?



twitterはこちら。
エイジの部屋


mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ららあ
2013年08月13日 01:05
今年の夏はいつもとは違うもの凄い暑さですね。
これがあの、火の洗濯なのかと思っちゃいます。

都心では雷やゲリラ豪雨で龍神さまが洗っていらっしゃいます。
五黄の年と五黄の月らしく災害も頻発してますしね。

エイジさんの言われる備えは出来るだけして。

でもあんまり心配し過ぎずに
起きてる事を有難く受けとめていこうと思います。

皆さん、夏を乗り切りましょう。




たぷ
2013年08月13日 04:00
本当に暑いですよね。外出れません。
あと、夕立?というよりスコールが凄いです。

炭水化物(糖質も)を減らした方が絶対に良いのはわかってるんですけど、すぐに食べたくなっちゃうんですよね...笑
パンがおいしい...
どうにか減らしたいんですけど、コツはありますか?
カコ
2013年08月13日 14:13
エイジさん、こんにちは~。

猛暑ですね。先月末に同級生が心筋梗塞(らしい)で急死。
真夏の運動ってどうなんでしょう。それが引き金ですからね。
高校野球も球児たちが心配です。

対策をいろいろとありがとうございました。
同級生たちに教えなくちゃ。
ぴのこ
2013年08月13日 22:03
本当に!全国どこに行っても猛暑ですね。長野市も、34度まで上がりました(昔は、どの家にもエアコンはありませんでした)
確かに、この猛暑で血管や心臓に負担がありますね。
お年寄りが亡くなるのは、この夏を乗り切ったと思った後の事なのですね。
寿命でもありますね。70歳80歳90歳とその節目の様なものを越すと、
亡くなると云う様な事。
私は、スイミングを一週間に3日(1km泳ぐ)行っています。その後1リットル~2リットルの冷水をとるようにしています。とても快調ですが、何か気になる事がありましたらご指導下さい。
2013年08月14日 19:21
なるほど。
この暑さは、なにかしら地球の変換を意味してるのかもしれませんね。>ららあさん。

炭水化物を減らすポイントは
カロリーを摂って、糖質を減らすことでしょう。>たぷさん。

今回の記事は心臓疾患の予防にもなりますので
是非参考にして下さい。
でも大事なことは、ダイエットです。>カコさん。

素晴らしいですね。
ぴのこさんは心臓疾患は大丈夫でしょうね。>ぴのこさん。
だいこく
2013年08月26日 21:34
お久しぶりです。エイジさんのブログを見て自分で気を付けて、本当に助かる人がいると思います。
ハートが弱いだけじゃなく、その上この夏にやられている私もそうです。最近調子がよくなかったんですよ。その博学に感謝!体を大事にします。
2013年09月14日 22:31
親父様の料理に加えてみます。
絶対、進めてもやりませんので^^
2013年09月14日 22:32
おのんpとなっていますが、おののです↑
2013年09月15日 11:40
ぷぷぷぷ
おのんp
判りやすい間違いですね。>おのんpさん。

この記事へのトラックバック