大食いはなぜヤセているのか?

ギャル曽根を上げるまでもなく、真の大食いは全員ヤセているといっても過言ではあるまい。

ちなみに、ギャル曽根の「DNA 遺伝子・肥満遺伝子」を検査した結果、ギャル曽根は基本的には太る体質であるという驚くべき結果が出たそうだ。

しかし、なぜギャル曽根が太らないのかというと、また彼女だけでなく、「いわゆる大食い」を研究した結果、どうもすべての大食いに共通してる確実な要素とは「ヤセ型である」という点であるらしい。

「なぜ大食いがヤセであるか?」という理由は、実際の「ギャル曽根」調査によると、彼女の褐色脂肪細胞は、なんと、通常の人よりも数倍以上も活発であったそうだ。
つまりギャル曽根は基礎代謝が一般人よりも異常に高いらしい。

つまり、ギャル曽根のように褐色脂肪細胞が活発な人だと食べても太らない人であるが、それは即ち「大食いはヤセでなくてはならない」という結論にもなる訳である。
なぜなら、胃酸が強くても胃拡張でも太りやすい人は食べ続けられないからだ。
食べた瞬間から代謝するから食べ続けられるという理不尽スパイラルこそ「ヤセの大食い」なのです。

その褐色脂肪細胞というのはなんぞや?といいますと。
首の周り、脇の下、肩甲骨の周り、心臓、腎臓の周りの5カ所にしかない細胞で、急激な温度変化から体を守るため、体温を37度前後に調整し、余分なエネルギーを熱として放出し、肥満を防いでいる細胞である。
つまり、心臓のように温度が低下してはいけない部分を守っている細胞である。

反対に白色脂肪という細胞があり、この白色細胞は全身に存在し、特に下腹部、お尻、太もも、背 中、腕の上部、内臓の回りなどに多く存在し、体重が軽いのに、下腹部やお尻、太ももなどが太い人が多いのは、これらの部分に白色脂肪細胞が多いためである。

しかも白色脂肪細胞には、体内に入った余分なカロリーを中性脂肪の形で蓄積する働きがある。つまり白色細胞は人間を飢餓から守る細胞なのであります。


さて、ここで賢明な読者様ならば、ダイエットを考えるには、褐色細胞を増やし、活性化させ、白色細胞を減らせば良いと気づかれたと思う。

そのとおりですけどね。この白色細胞を減らすということなんすけどね。
一生減らないんですよ。

あーら残念でした。

しかも、増える時期は一生のうちに三回あり、その時期に増やしてしまうと、
一生減らないんですよ。

あーぁもっと早く知ってれば良かったのにねー。
その時期とは、肥満体質が決まる時期、一生のうち3回あり、妊娠9ヶ月頃、生後1年間、思春期に、「白色脂肪細胞」が増加してしまうと、その後一生減ることがない。
この時期に注意しないと一生減らないんですよ。

あーら勿体ない。つまり太ってる人は太ってる細胞のせいなんだ。

確かに白色細胞を減らすのは不可能なのであるが心配はいらない。
それはつまり、「褐色細胞を活性化する方法」が非常に注目されておりまして、これがダイエット効果のみならず、「代謝力のアップ」の決め手なのである。

参考までに、「褐色細胞を活性化する方法」を書いておこうと思う。

褐色細胞は、回りの低い温度から体温を保つ細胞なので、体温より低い水の中で運動すれば、陸上より効果的に褐色脂肪細胞を働かすことができるらしい。
つまり、「低温の水(18度以下)で泳いで、寒さや冷たさなどの寒冷刺激を与える事」がもっとも有効である。

実際には水泳は難しいという人、もっと簡単に活性化するには以下の方法。

1. 水を凍らせたペットボトルを握り、まず褐色脂肪細胞にスイッチを入れる。
   (手と唇に褐色細胞活性化のスイッチがある。)
2. 次に平泳ぎをするように腕を回し、首を上下に動かす。
   (褐色細胞のある箇所を刺激する。)
3. 15秒回したらお湯で手を温める。これを5回繰り返します。

この方法は確実に効果があるそうで、特に「代謝能力が低下した人」は必ず代謝がアップするそうであります。

日本人の3分の1は、褐色脂肪細胞に関係するDNAに変異をもっていると言われ、このような変異を持つ人達は基礎代謝量が平均約200kcalも低く、太りやすい体質ということになるそうだ。

さらにイギリスで世界の注目を集める薬が開発された。
β―3アドレナリン受容体作動薬という薬なのだが、つまり褐色脂肪細胞を活発に活動させ、白色脂肪細胞を小さくさせる効果があるのです。
マウスの実験では100%やせる効果が確認された。
この薬はやせ薬というよりも「代謝力の強化薬」として期待される。
しかしながら人体に有効なヤセ薬としては未だに研究中であります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

あやこまめ
2008年06月29日 13:24
うふふ。一番のり!
私は、子供の頃、ものすごーーーーーくやせてて、思春期もものすごーーーくやせてて、まだ妊娠経験も無い!けどメタボです。(多分。)
でも、それって白色細胞はそんなに増えてないけど、もちあわせのそれが、とてつもなく膨れてるってことですよね?
微妙。。。
寒いところっていーんですね。確かに冬の方が代謝上がりますしね。
2008年06月29日 18:09
(¬(●●)¬)あーら残念だわ。
あーら勿体ないわ。
2008年06月29日 19:25
一生減らないんですか・・・。
衝撃の事実!!
美容整形等で脂肪吸引する人たちは、脂肪細胞を減らしてしまうので、
昔のように太ることはないと聞きましたが、、、
美容整形は・・・イヤですね。なんか。
あやこまめ2
2008年07月01日 00:26
ヒントは。「ピンクゴールドの腕時計」です。
お隣の会場だし、広いし、面倒だと思いますが、もし見かけたらお声をかけて頂ければ幸いです^^
2008年07月01日 16:16
こんにちは~^^
エイジさんの今日の口調、笑わせてもらいました^^;
あーら残念でした。
↑これ、めちゃウケました~!!^^
でも、妊娠9ヶ月頃って、お母さんのお腹の中にいる頃って事でしょ?
それは、もう仕方ないもんね^^;
こねこねこのここのねここねこ。
2008年07月01日 17:15
な、なんだってー!?のこねこdsこんばんtyえいjy'3.っ

生後1年・・・過ぎmst・・・思春期・・・終わりm(ry・・・おwt
残るは・・・妊娠9ケ月?将来妊娠したら気をつけms;w;

夏になるのでペットボトル持って振りながらNE-YOの曲で踊ってms!!
が・・・基礎代謝~?fmfm??これって逆に、基礎代謝量が
あがっちゃうとご飯いっぱい食べなぃとどん2痩せちゃうって事?
そしていつも体温37度台なっちゃうって事?それってしんどいね?
ぃっも微熱がある状態なのかなぁ~う~ん@'3`σ
あ、でも体温ってある程度あるほうが健康って言うし?うーん;w;
冷え性なんかも治っちゃうのかな?なぞ・・・なぞsgr(;'Д`☆)
さて、カロリー燃やす作業に戻るとしよう。ナンチャッテ♪

2008年07月02日 21:05
そうなんですよ。
寒い方が代謝が上がるというのは、褐色細胞のスイッチが入るからなんですよね。
お風呂でのぼせるのは、血液が頭に集まるからじゃなくて頭に血が集まらないからのぼせるみたいなもんでね。
不思議な真実なんですよね>あやこさん<ちなみに、今回はピンクゴールドの腕時計を探せないのが残念です。
2008年07月02日 21:06
でも災害時には皮下脂肪が善なんですよねー。>かなさん
2008年07月02日 21:09
脂肪吸引はそうなんですよ。へらない細胞を吸引しちゃうわけね。白色細胞ってそういう意味なのね。
でもね、不思議でしょ?寒い方が痩せやすいんですよ。
水泳って万能の運動ですよね>ゆかさん
2008年07月02日 21:10
そうそう。
きっとあのときだ。
って何時やねん。>しまじろうさん
2008年07月02日 21:13
ぢつは、
「あーら残念でした」ってね。
YAMADA電気で、ポイントが一年以上経って消えちゃった時に店員がそーこきゃぁーがったんですよ。>キキさん<「あーら勿体ない」もいやがった。
2008年07月02日 21:18
こんばんtyこねこねこのここのねここねこtyaン
って名前なげーよ(爆)
つーか。意味が若干違っておりますがね。
よーするに、体温37度は体の一部で全体じゃないのよ。
こねこねこのここのねここねこ。ちゃんは痩せてるんだねー
って名前なげーよ(爆)>こねこねこのここのねここねこ。
ちゃん

この記事へのトラックバック