猛暑には中村中

最近、私は中村中の歌が好きである。
猛暑にはぴったりだと思う。
猛暑には暗い歌が合う。
中村中の歌には乾燥した影がある。
だから木陰のように涼しげなのであろうか?

そんな中村中が性同一性障害だと告白したことは記憶に新しい。

友人が

「中村中ってレスビアンなんだよな」

と言うので

「違うよ、オカマだよ」


と言うと、「え!まじ?」と信用しない。


私も少し不安になって調べてみたら、やはり真実は体が男で心が女の「いわゆるオカマ」だった。

すると友人は感慨深げに

「ということは俺にもチャンスがある

ってことか~」


と本音でしみじみ語っておりました。


友人の発言も寒いが中村中の独自の世界観も涼しいと思う。

私は中村中の涼しげな絶望感や切なさに、どこか古い洋館の中で感じるカビくさいような、森の木陰のような心地よい郷愁感と冷たさを感じる。

猛暑には中村中がよく似合う。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

KISHIKO
2007年08月06日 11:35
エイジ様には珍しい、音楽談話ですねえ。
以前、金スマで特集されていたときに、初めて知りました。
ステージの印象と、「中村中」という、回文のような名前からも、エイジ様おっしゃる独特な世界を感じましたね。
うーん、なんと表現したらよいのでしょうか
「生と死の表裏一体」ということで、ただ明るく生を謳歌するというのではなく、だれしも、死を刻みつつ、生をつなげていること・・・ということの表現では・・・と思いましたが。
ところで、性同一性障害の方って、そうでない方と比べて、ひときわ感性の豊かな方が多いようにイメージします。
2007年08月06日 22:26
どこかの中学校の名だと思いました。
ですから、プロフィールも知らなかったのですが
歌はいくつか耳にしたことがあります。
世の恋心は歌い尽くされたかのようでありますが
心身の奥底から絞り出すような語りは、行き交う人々をハッとさせ立ち止まらせる強いチカラがあります。
それは、憂いや戸惑いではなく、まさしく絶望感ゆえの響きなんですね。
これから、もう少し気をつけて聴いてみたいと思います。
若い頃は、不安定な悩み多い時代ですが
学生時代付き合っていた男性が『森田童子』の音楽に浸って、自己陶酔しておりました。
確かに、あの透き通ったアコースティック音は素晴らしいですけど、いつまでも暗がりで頭を垂れておってもしゃぁないワケで、周りを不安にしてましたね。単なる甘えなんでしょう。
落ちるときはトコトン落ちてもよいが、それでも立ち上がって歩いて行く強さが欲しいですよね。

どーまる
2007年08月07日 13:38
なるほど、きれいなお方であります。
ご友人様の言葉もわかるような気がします。

歌はYOUTUBEで時間がとれた時に拝聴いたしまする。
2007年08月07日 16:49
暑さのお見舞い申し上げます。
猛暑には中村中が似合う・・・私は中村中の歌をこうしてじっくりを聞くのは初めてですが 「友達の詩」をただ聞くのと
  歌っている本人が性同一障害で・・・と意識しながら聞くのとでは詩の内容も雰囲気もすっかり違って聞こえてきます。
「大切な人は手をつなげるくらいの友達がちょうど良い」
臆病な少女の切ない気持ちそのままを表現していて、聞き入ってしまいます。
意識して聞いたほうがいいのか、意識しないで聴いた方がいいのか・・・意識する余裕も無いくらいの「女性シンガー」です。
ご友人の「俺にもチャンスがある・・・」って、どんなチャンスか???・・・その方が気になって仕方ありません・・・*・・*
と、思いつつ数曲聴いてみると、どうも最初の臆病なイメージが違ってきました・・・猛暑の夜?には似合っているのかもしれません。
2007年08月07日 18:50
暑中お見舞い申し上げます。
男でも女でもないという立場から、中村中はいつも「愛」を求めている訳であります。
いわゆる愛されたい、抱きしめて欲しいという鬼気迫る詩が私の夏で疲れた神経に癒しを与えてくれるのであります>KISHIKOさん

暑中お見舞い申し上げます。
森田童子は「高校教師」で「ぼくたちの失敗」が再ヒットしましたがやはり古さを感じさせないのは、時代が変わっても変わらない人間のセンチメンタルな部分を歌っているからでありましょう。
そして森田も中村も非常にアンニュイでドライな弱さが魅力でありますね。>かなさん
2007年08月07日 18:57
暑中お見舞い申し上げます。
非常にお疲れのようでありますがきっと中村中の詩が癒してくれると思います>どーまる様

暑中お見舞い申し上げます。
数曲聴くと、単に暗い曲ではないでしょ?
重いっす。
しかし、人間の弱さを歌ってますので、なんだかどっぷり曲に甘えられると思いません?
ちょうど失恋の時に聞く昔の中島みゆきの曲のように>みどりさん
2007年08月07日 23:36
暑中お見舞い申し上げます。
名古屋市の中学かと思いました(笑)。
実は身内に性同一性障害(逆)がおりまして、
やはり不安定な面を持っております。
恐らく本人は行き場を探しているのだろうと、
彼女(彼?)の歌を聞いて思った次第であります。
それ故、気長に見守ることとしました。
彼(彼女)の親は大変ですがね(^_^;)。
今回も勉強になりました。

2007年08月08日 17:52
暑中お見舞い申し上げます。
中村中学ですか?
私はつくづく女好きの男でよかったと思います。
論文がんばってください>しまじろうさん
2007年08月08日 22:53
初めて見る方でございます、とてもキレイな人ですねーーー
声もアルトで心地よいです
確かにエイジさんから音楽話は珍しいような気がしますね、KISHIKOさんに同感
2007年08月08日 23:41
暑中お見舞い申し上げます。
あらま。
スキマスイッチが好きなシーラさんでも知りませんでした?
音楽話といえばですね。
ジャニーズファン同士の「剛と長瀬のどっちが歌が上手いか?」で炎上したBLOGがありました(にゃんこさんのBLOGですけど)が、興味のない人は爆笑ですがジャニファンは必死ですからね
このように結局、好きか嫌いかしかないような気がします。>シーラさん

この記事へのトラックバック