人間の血液と植物の血液

千利休以来の四百年以上の伝統を背負っている茶道の家元 千玄室は「私の血は緑の血である」と本に書いていたが、今回は「緑の血」について語りたいと思う。

「緑の血」とは植物の葉緑素である。
この葉緑素と人間の「赤い血」とは、人類誕生以来の深い関係があるのだよ。

葉緑素とは何か?というと、植物の緑色の色素であり、おもに光合成を行う物質であるが、それだけに止まらず、葉緑素は「植物の血液」と言われ、植物の細胞修復などの「免疫機能」を担っているのである。

ところが、この葉緑素は、驚くべきことに「人体」に対しても植物と同じく「細胞の修復」「造血作用」「解毒作用」などの作用を発揮するのである。

さて、なぜ植物の葉緑素が、ほ乳類の人間の免疫機能を強化するか?

その理由を考える上で、葉緑素と赤血球の構造式を比較して欲しい。


①クロロフィル(葉緑素)
画像



②ヘモグロビン(赤血球)
画像

(引用元:ピロール農法ホームページ内用語解説
http://www.pyrrol.com/polufirin.html#Anchor15395547



植物の葉緑素とヘモグロビンは、非常に良く似た構造をしているのが判ると思う。
葉緑素は四つのピロール核のまん中にマグネシウムの一分子を持つ化学構造式です。それに対して血色素は四つのピロール核の中心に鉄が一分子入っています。
葉緑素とヘモグロビンの違いは、中心の元素がMg(マグネシウム)か、Fe(鉄)かだけの違いなのです。

その結果、「葉緑素が人間の血液と同じ働きをする」という仮説が生まれた。

「構造式が似ているので、野菜などの食べ物として摂取した葉緑体は、体内に入って何らかの構造変化(MgがFeと入れ替わり)をして赤血球になる。」

つまり、「構造式が極似する故に、葉緑素は赤血球とおなじ働きをするか?赤血球の原料になる可能性が強い。」のである。

葉緑素が赤血球とおなじ働きをするゆえに、葉緑素を体内に摂取することによって、赤血球の増加を促し、血中の酸素が豊富な為に浄血を行うことになり、血によって作られる肝臓等の内臓が丈夫になり、肝臓の免疫力が最高になる。
肝臓が丈夫になれば、生体の総合的な免疫力を高めることになる。


この話は突飛なようであるが進化論から考えれば当たり前の話だと思われる。
なぜなら、もともと単細胞でも植物でも動物でも、進化発展の過程の中で生命を維持する呼吸酵素は全く一緒なのである。
要するに、藻のような生命体が陸上に上がって生きてゆくにはエサを捕獲しなければならない。故に、動き回る必要があったので葉緑素のマグネシウムの部分を鉄に変化させることによって、身体の隅々にまで酸素を供給を可能にして地上での活動を可能にしたのである。
ちなみに蛸や貝類の血が青いのは、鉄ではなく銅とか亜鉛を使っているからである。
環境によって、緑の血や赤い血や青い血に変化したのであって、元々葉緑素も赤血球も同じ「ルーツ」なのである。

以上のように、緑黄色野菜を食べることは、ビタミンやミネラルだけではなく、細胞レベルの変化という面で大変重要な事なのである。
なぜなら、私達の細胞は血で出来ているからである。
そしてその赤い血は、葉緑素を材料にして造られるのである。

血がキレイならば、きっと内臓も健康であろう。
特に貧血、肝臓の悪い人は葉緑素を摂取しなくては、完治しません。
胃炎や胃潰瘍には抜群に良いです。
また癌予防にも大変重要なことであります。
パニック症候群にも良いでしょう。

ところで、「私の身体はワインで出来ているの。」と言ったのは川島なおみであるが、長年、慢性胃炎が治らなかったKさんは、青汁(クマ笹エキス)を飲み始めて完治したらしく、彼女は青汁を見ると「私の緑の血が騒ぐの。」と言っている。

野菜は素敵だ。


この記事へのコメント

2007年02月09日 05:47
おはようございます。
最後の
”野菜は素敵だ。”
に感動しました。
進化論における”適者生存”ということと、
仏教思想の中の
”他の生き物の命を貰って生きる。”
ということは繫がっていることなんだろうなと思います。
それは、この構造式にその真理が見えているのではないでしょうか。
進化の過程で分子構造の中心元素を自らに適したものに変化させる。
一方では、他の生き物の命を貰って生きる。
やはり無の思想である仏教と有である科学とはリンクしている。
そう考えさせられました。
解ったつもりで書いてみました。
2007年02月09日 07:39
”環境によって色が変る”う~んなるほど~
こうしてみると生物の起源は皆同じだと妙に納得しますね~。
そして人間と言うのは己以外の生物の「命」を摂取してそれを「血にかえて」生きている生き物なんですね~。
植物のように空気と水と太陽から栄養素を生み出せる生産性はないんですね~。強欲ですわ~(ーー;)
海流ママ
2007年02月09日 09:02
すごーい。
本当に似ているのね!
自分では作り出せない人間が、自力で賄う植物達を見て癒されるのは、そこんとこにも関係あったりするのかもかも。
2007年02月09日 18:38
こんばんわ。
しまじろうさんって素敵な哲学者でもありますね。

確かに、仏教の「他力に支えられて生きている」の構造式ですね。
食べる前に「頂きます」という妥当性も、この構造式から自ずと感じます。>しまじろうさん

そうなんです!
そこです。
植物は自分で生産できるんですよ。
でも、植物と人間のルーツが同じならば、人間も光合成のように自分で栄養を作り出せる可能性も実際にあるのです。NASAが実際に調べているのですよ。
この話は、いつかBLOGしようと思ってますけどね。>サンタママさん

海流ママも哲学者ですね。
自分に無いもの、必要なものに惹かれるという生物的な万有引力があるのでしょうか?そうかも知れませんね。
蜜に寄ってくるミツバチもそうですよね>海流ママさん


2007年02月09日 23:40
おっ熊笹エキスですね、最近ワタシの周囲で話題です。体臭口臭が消えるとか体重が多少減るとかいろいろ言われておりますが…それら全部の効果を期待して現在飲んどります。でも効果はまだですよん。
2007年02月10日 01:32
すこしずれた話かもしれないけれど、素朴な疑問。
最近、野菜ジュースや、栄養ドリンクなど多いですが、あれはエイジさんの書いている構造式と比べてどのように違うのでしょうか?
体に良いのだろうという、想像で飲んでいるけれど、生の野菜を摂取するときとは少し構造式が違うのではないか?なんて思ったりするのですけれども。。。
充実野菜というジュースを毎日飲んでいるので、気になったのです。
rie
2007年02月10日 12:51
随分前に一度書き込みをさせて頂きました。お久し振りです。

私は一ヶ月程前から、低速回転式ジューサーというもので麦の若葉を絞って飲み始た所です。最初の数回は好転反応なのか酷い頭痛と吐き気に襲われましたが、今は飲むと体が温まりエネルギーが溢れるのを感じて、変な話しですが、健全に性欲(ここ数年あまりなかったんです)を感じ、すごくアクティブで気分がいいんですよ。

これは確かに細胞レベルでの変化かもしれません。感動に値する変化を実感している所だったので、ご報告しました。
hirokun
2007年02月10日 15:46
お世話になっております、お久しぶりです。
いつも拝見させて頂いております。
葉緑素、クマザサは胃にいいようです、ただAHSSのようなちゃんとした物でないとかえって調子悪くなります(私は)青汁も私は反対に胃が炎症を起こします、一番いい葉緑素摂取は何がいいのでしょう。
ちなみにやはり漢方は「香蘇散」と「紅参末」で落ち着いています、他の処方は全くあいません。ではこれからも素晴らしいブログを期待しております。有難う御座います。
KISHIKO
2007年02月12日 13:40
本日もよく解るお話有難うございます。
緑のものを食べると血が増えるといわれているのは、葉緑素を取り入れるということですものね。
私の知り合いは「クロロフィル美顔」といって、緑色のドロドロしたものを顔に塗る美顔法で、かなり強烈なニキビを撃退しました。
葉緑素のパワーを感じます。

ところで、ほうれん草などでも、お鍋で普通に茹でたり、炒めたりするには良いのでしょうが、電子レンジで「お浸し」等、料理を作ると、分子構造が変わってしまう(らしい)から、電子レンジを料理に使うのは、絶対やめたほうがいい・・・と、料理研究家の「辰巳芳子先生」の講演会で聞いたことがあります。
辰巳さん曰く、「まだ歴史の浅い道具なので、食べ続けたその後の結果がまだデータがでていない。電子レンジ自体、分子に熱を加えるものなので、栄養構造が変わってくるので、実は非常に危険ではないか?」とのことでした。
私はもともと古い人間なので、ほとんどレンジは使いませんが。
2007年02月12日 16:41
野菜嫌いの息子(本人曰く野菜制限中らしい)に『素敵な野菜』を食べさせるために、野菜と日夜格闘しています。この格闘、相当疲れますので、野菜を食べてがんばろうっと!
2007年02月13日 18:08
クマ笹は、非常によい結果が出てますよ。
古くから笹は、笹団子、笹飴、ちまき、笹寿司などに用いられ、食品の保存の為やや風味の向上に利用されてきました。クマ笹の笹多糖体、アラビノキシランとよばれる成分にも注目が集まっています。

飲むなら自分で煎じるのがお勧めです>シーラさん

野菜ジュースは、3割くらいしか摂取できないので
野菜もどきと思ったほうが良いようですよ。
実際の野菜ジュースは、あんなにおいしくないですからね。
でも、足らない分を補充するなら良いと思います>noriさん




2007年02月13日 18:18
ニューヨークに在住のrieさんですよね。
おひさしぶりです。
すごくアクティブで気分がいい・・・の部分に激しく反応しました。
やはり、アミノ酸とかいう成分じゃなくて「生きてるものをまんま食べる」のがいいのでしょうね。
僕もやってみます。>rieさん<遠き高校生時代の激しいパッションが蘇るかも♪

hirokunおひさしぶりです。
青汁で胃が荒れるのでしたら、葉緑素摂取には、クロレラとかスピルリナなんかがいいのではないでしょうか?私の知り合いでは、明日葉がすごく体にあった人がいましたよ。
パニックにも緑の成分はよいでしょうが、やはり体全体の健康を考えても葉緑素は摂取されたほうが良いと思います>hirokun

2007年02月13日 18:25
私も電子レンジは怖いです。
なんといっても、原子を振動させて熱を発生させるという方法が
被爆を想像してしまうんです。
オール電化の生活はけっして出来ない私です。>kishikoさん

どーして若いころは野菜嫌いなんでしょうね。
私もそうでした。
というか今も野菜は意識して食べないと食べない(汗)

でもね
お酒のムカつきには、葉緑素はよく効きます。>レセママさん


hirokun
2007年02月18日 02:48
こんばんは、ご返信有難う御座います。クロレラとかスピルリナもかつて摂取していましたがなかなか合いません、今は青汁に再度挑戦ですが、なかなか・・・ですね。気長に自分に合った物を見つけていきたいと思っております、有難う御座います。
2007年02月18日 15:32
最近、ヨガの本を読んだんですけど
hirokunは丹田(へその下)をホカロンなんかで暖めるといいかもですよ。
かっちー
2010年02月09日 19:03
私わ、人間の血を飲み、生きられる存在、がゆえに、一般の人として、生きねば、ならない、が、ときおり、強烈なる、殺人、衝動に、かられる、これわ、たぶん、人間の、血、を、ほしがって、いるのだろう、正体わ、ばれないよう、普通、の人、として、暮しているが、人間でわない、ここで、重要に、なって、くるのが、隠れ手、達の存在だ、この、生き物達、は、この、地球全てが、そうだ、そこで、私は、考えた、人生には、それ以外のこともある、必ず、だから、私、も隠れ手ぐらいは、あるが、それとは、べつに、武道を、叩き込まれている、空手、合気道、気功法、が、やはり、ふつうの、人間達、より、強いみたいだ、勉強しても、余裕がある、たぶん人間でわない、ものと、一体化して、それを、つかい、こなしてるからだろう、だからこそ、楽しい、普通、自分が、人間、でわ、ない、と、わかれば、なにも、しないのだろう、が、私わ、違う、普通、の人、として、生きる、が、こまるのが、隠れ手、ようするに、一般人達が、手、をだしてきたとき、楽しければ、いいが、どうしょうも、なく、イライラ、する時、がある、このとき、あいたいする、者を、殺そうと、するのだが、とまる、しかし、そうなるまえに、そんな、状態に、させないで、もらいたい、ほんとうに、殺してしまってからでわ、おそい、し、実際に人を、殺めたことが、なんどかある、そして、その、人の、葬式にも、いった、このとき、私わ、普通わ、刑務所だが、国家が、うごくので、きれいに、クリーニングして、なにごとも、なくおわる、私わ、鬼か、違う、人間の心がある、これを、いい方向に、もってゆき、いい人、達に、利用されれば、なによりだ、あとわ、あなたがたしだい、お考えを、私、の、正体わ、その名を、神の言葉、といいます、以上

この記事へのトラックバック

  • 免疫と食事

    Excerpt: 最近、よく名前を聴くようになった日野原重明医師は、96歳にして現役の医師であり、理事長職、診療、執筆、講演と極めて精力的な活動をなさっていますがその日野原医師が、日経のコラムに、「仕事は1日18時間、.. Weblog: BlueBloomBlog racked: 2007-02-26 17:57
  • がん治療(癌治療)について調べるドットコム

    Excerpt: 初めまして、いつも拝見しています。この度「がん治療(癌治療)について調べるドットコム」 というサイトを作りましたのでトラック・バックさせていただきました。貴ブログ訪問者の方々には、 非常に有益な情報だ.. Weblog: がん治療(癌治療)について調べるドットコム がん治療最新情報研究会 racked: 2007-03-01 16:27
  • 相似の理論

    Excerpt: 「相似の理論」とは東洋医学の哲学で、 Weblog: BlueBloomBlog racked: 2011-06-06 00:06