闘牛士

「闘牛士でもないかぎり、人生を徹底的に生きている人間はいないよ」
と、アーネスト・ヘミングウェイ は言った。

画像

学生のときに、何かの雑誌で三島由紀夫が、「僕は、闘牛士の身体と詩人の顔を持った男になりたい」と書かれた一行にいたく感動した記憶がある。
そんな理由で、いつかスペインで闘牛を見たいと思い、生活に疲れた時、気がつくと青い空の闘牛場の白日夢に浸っている。

ところで、闘牛のマントが赤い理由は、牛が興奮するからと思っていたが、牛はマントの赤い色は認識できないそうだ。
牛はムレタという赤いフランネルの布マントのヒラヒラの動きに興奮するらしく、赤い色じゃなくても同じらしい。

ムレタが赤い理由は、牛を興奮させる理由ではなく、じつは観衆、特に闘牛士(マタドール)を含めた男性を興奮させる為である。

独身の男女を数名集めて、男性が女性の誰と一番交際したいか?という実験をしたところ、赤系の服を着た女性に人気が集まりやすい傾向が顕著だそうである。
同じ女性の写真でも、赤っぽい服を着た写真が一番、魅力的に見えるらしい。
男が赤に興奮する現象は他にも見られる。
オトナの男性の憩いの場所である、ラウンジバーなどでも、赤っぽい照明にしたほうが女性が綺麗に見えるらしく、必ず赤っぽい照明になっている。赤提灯なんかも男が集まるのは、赤い色に反応するという男の心理なのかも知れない。

ちなみに、赤い色に顕著に興奮するのは男性のみで、女性はあまり興奮しないらしい。
しかし、何故、赤い色に男性だけが興奮するのか?

女性の唇が赤いからか?
赤ん坊のとき、飲んだ乳首が赤いからか?
単に血を見ると野生が蘇るのか?
理由は不明であるが、確かに幼い時から大人になるまで、男性にとって、女性を感じる部分が、赤い色であるのは事実である。

そう考えると、男達は闘牛のムレタのように赤いドレスをヒラヒラさせるマタドールの女性に突進する闘牛のようにも思える。

ところで、闘牛を愛したヘミングウェイが1930年代に行きつけだったというビキニ島の「コンプリート・アングラー・バー」という名の酒場が、今年はじめに焼失した。

ヘミングウェイはいつも途中でいなくなってしまうんだよね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2006年04月13日 00:07
今日まで「牛は赤に興奮する」と思っていました。
実はヒラヒラの方だったんですねー!(゜~゜)ふぅぅぅん
やっぱり・・エイジさんも赤い服着た女性に興奮するのですか?
2006年04月13日 00:35
私はお酒を飲むと顔が真っ赤になる体質なので、顔が目立たないように飲み会があったりすると、意識して赤い服を着ることが多かったです。でも男性に興奮された記憶はないぞ~。顔が赤いのはやっぱりダメですね*^_^*
りょう
2006年04月13日 11:31
昨日母と買い物にいってスカートを買いました。私はグリーンのエスニック模様がよかったんですが母が「赤い花がはいっているほうがいいわよ」と赤っぽいスカートを買いました。どっちがいいか迷っていたのですが母の意見のほうが常識的だと思ったのでそちらにしたらうちのおす猫が興奮してスカートに潜り込んでふんふんと喜んでいました。男は赤が好きなんですね。納得です。
2006年04月14日 12:30
そういえば、コンビニでクリスマスで赤いサンタの服を来た店員の女の子がいっぱいいましたが興奮しました>akiさん

顔が赤くなるので赤い服を着るという発想はyukakoさんらしいですね
酒を飲んで赤い顔の女性は、結構もてると思いますけどね
yukakoさんが、顔が赤くても、もてなかった理由は顔が赤すぎたのではないかと思います>yukakoさん<赤も程度が大事なんでしょうね

この話は、猫も赤い色に反応するか?という問題よりも
猫しか寄ってこないというほうが問題だと思います>りょうちん
2006年04月15日 23:57
学生のときにスペインで闘牛を見ました。
動物愛護団体に怒られそうですが闘牛には体の中から沸き起こる何かを確かに感じました。見世物なんだけど、わかっているけどとっても刹那的なんです。「死」がそこにあるからかなあ。それでマタドールがとってもかっこいいんですよね。いい戦いを見せてくれたとき赤いバラを投げるんですが、バラのかわりにパスポート(当時は赤かった)を投げ入れて一生ここにいたいと思いました。
2006年04月16日 01:49
赤のストール、マフラ、持っていてもなかなか身につけないなあ。
でも、ジーンズをはく時には赤系をトップスに取り入れます。
ポイントで使うにはいいけれど、どちらかというと寒色系が多いので、
気をつけます。(もっと女らしくしないとナア。。。反省)
2006年04月16日 09:02
赤は好きな色なので赤のニットなどよく着てましたがモテた覚えは…。
お酒を飲んでも顔が赤くならないので効果が半減していたのでしょうか?

闘牛って怖そうなイメージでしたがエイジさんやスーさんのお話を聞いてるとスペインに言った時には是非見なくては!(いつ行けるか分からないけど)
赤い服の女性に目を奪われるエイジさんと闘牛士に心奪われるスーさんの情熱的なところがスキ♪
2006年04月16日 09:51
スーさんは牛になってもやっていけると思います
馬だけど
でもスーさんが牛ならマタドールを直撃するかもですね>スーさん

寒色系がすきな女性は暖色が苦手なようですね
昔、結婚式の二次会で女子がアオタンを着るということで、一緒に見に行ったのですが、普段からブルー系の色を着てる子は、青がいちばん似合ってると思い込んでましてね
みんなで「赤のほうが絶対似合ってるってっ」と言っても聞きませんでした>NORIさん

POTEさんの場合は、モテすぎてモテているという印象がなかったのだと思いますよ
もしくは、赤がゴージャスすぎて眩しすぎたのかもしれませんね
なんせ ライオンですから>poteさん

この記事へのトラックバック

  • 色彩についてのりょう的チープな考察

    Excerpt: 色については もとはプロフェッショナル。 以前は1万色以上の色を 見分けながら仕事をしていた。 いまはどうだか? Weblog: 備忘録 racked: 2006-04-13 21:16
  • 赤色はオスの優位性を示す。

    Excerpt: ロチェスター大学の心理学の教授のアンドリュー・エリオット(Andrew Elliot)氏らが、 Journal of Experimental Psychology: General誌に興味深い発表.. Weblog: BlueBloomBlog racked: 2010-08-14 00:03