魔性の原理(小倉優子論)

「あの女は、わがままなように思われるけれど、実際は人に対し心を開きすぎるだけなんだよな」と言う話を聞くと、「こいつ、あのわがまま女の術中にはまりよった」と思うけれども、実際に、「意外性」というのが魅力になる場合が多いように思う。画像

たとえば、わざとらしくキャラを作っていて、計算高い女だと思っていた小倉優子が、島田紳介に「お前は、本当にコリン星があると思ってるんか!」というツッコミに対し、「私だって本当にコリン星があるなんて思ってないですよー!」と反論した途端、「この子、ほんまは普通の子なんや。」と感じ「好きになってしまうかもしれん.。」と言うBLOGを書いてたお笑い芸人がいたが、これも「意外性の魅力」であろう。
特に小倉優子のスゴイのは、清楚であることだ。
ゆうこりんが足を拡げて座っていることは絶対に無いし、大口を拡げて笑う事もない。キャラはお馬鹿系のアイドルは多いけれども、清楚なイメージを合わせ持つのは小倉優子だけである。
小倉優子も魅力を簡潔に言えば、
「コンサバ系とお馬鹿系の混合した魔物」であることである。

私の職場でも、日頃、クールで知的な女性が、お酒の席で、ビールの一気飲みをした結果、男たちの見る目が変わったということがある。

私は予言しよう。
小倉優子だけは必ず残る。
10年後もゆうこりんは生き残ってる。
いい女としてね。

こんな話をすると、大概の女性は、冷笑と軽蔑の眼差しで「だから男は単純ですぐに女に騙されるんだよねー」と憎憎しげに言われるのだが、イタチの「死のダンス」でウサギが餌食になるように、実際は注意して防御できるものではないと思われる。

イタチは、獲物のウサギに近づく場合、ウサギに敵が来たと悟られぬように、ウサギのようにピョンピョン飛び跳ねてウサギの周りを回る。ウサギが、仲間だと思って安心していると、イタチは豹変して獲物に襲いかかるのである。赤ずきんちゃんの狼みたいな話であるがイタチはこの方法で生計を立てているのである。(そういえば、小倉優子もウサギの真似が得意だ。)

イタチが、ウサギのようにピョンピョン飛び跳ねる事を「死のダンス」と呼ばれている所以は、「親愛動作」から「豹変」という一連の時間が連続しているのがポイントであろう。なぜなら、連続しているゆえに、いきなり喉を噛まれて致命傷に至るからである。

まさに、小倉優子については、「小倉優子を知って初めて萌えの意味がわかった」と押尾学をして言わしめた程であるから、「意外性の魅力」の破壊力は、「死のダンス」と同じ破壊力であると思われる。

ところで、魔性の女と言うと、嘘偽りで男を騙すとか、魅惑的な容姿で男を騙すとか、騙す女という印象があるが、そもそも魔物は、魔物と悟られたら魔物として活躍できない。ゆえに、魔物は、魔物と悟られぬような多面的な顔を持つ場合が多い。
魔性の女が男を騙すという根底には魔物の本質、すなわち魔物が多面的な顔を持つように、「ニ律背反性」こそ必須であると思う。

この「ニ律背反性」を、恋愛心理学では「魔性の原理」と言うらしい。
魔物が二つ以上の正体を持っているように、ふたつ以上の正体を持つ女性に敬意を表し、魔性の魅惑を具備する女、すなわち魔性の女と呼ぶ。

しかし、「ニ律背反性」という「アンビバレンツ」こそ、恋愛心理学で言われる魔性の魅力だけでなく、芸能の上でも「魅惑的な演出」の基本でもある。
観阿弥の能や紫式部の源氏でも「ニ律背反性」の匂いを感じるゆえに、魅惑的なのであり、桜の魅力も「華やかさ」と「無常感」という多面性が桜の魅力であるに違いない。
最近の倖田來未やKAT-TUNの魅力で「エロカワイイ」なる表現も、相対する価値「エロ」と「カワイイ」が同時に存在する「ニ律背反性」故であろう。

ところで、私達は、何故に「ニ律背反性」に魅惑されるのであろう?

私達は「ニ律背反性」とは、魔物が持つ特性だと思っている。
しかし、実は魔物が人間を誘惑するのではなくて、私達人間自体が「ニ律背反性」を持った神と魔物の多面体であるからではないか?

少なくとも「誘惑」「堕落」「背徳」という言葉に、どこか甘美な響きを感じる私の中には、EVEが悪魔に誘惑されて罪の林檎を食べた遺伝子の血が流れていると思うのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2006年03月28日 12:10
古い話ですが、アメリカンパイ(1999)の中でバンドキャンプの話をする女の子は主人公の男の子に警戒されずに近づいて主人公を最後には獲物にしていました。まさに、かわいさに魔性を隠していたって感じですかね。マイナー過ぎてすみません。
NORI
2006年03月28日 12:48
ゆうこりん、かわいいけど、年取ってもあの人気が保てているかどうかは疑問です。
アッシー
2006年03月28日 15:14
さとう珠緒もウサギのマネをしますが、あれも死のダンスでしょうか?
カラス
2006年03月28日 18:41
タダ可愛らしいだけではなく、たまのオリジナルマジトークがおもしろい(意外性)
相手に対して激怒したり、「アンタ、馬鹿じゃないの」という態度をしないだろう安堵感。
小手先の芸をせず(できないともいう)、懸命に取り組もうとする態度がみられる。(でもできないが)
ゆうこりんは、タレントとして嫌いじゃないです。
元職場にも、似たような若い娘がおり、皆から孤立してましたが、彼女との会話は、思いつかない発想と言動があっておもしろかったです。(仕事はごいっしょしたくないですが)
でも、でも、ゆうこりんとの大きな違いは
『かわいい』とは表現できなかったことでございます。
容姿が良くなければ、タダの『変わり者』でございます。
すべて、すべて、これがキーポイントです。
おなかがへったので、つい食いつきました。失礼おば





2006年03月28日 23:59
よく魔性というと、薔薇の刺のような想像しますが、真の魔性はスミレの花の可憐さの中にあるのではないか?というような気もしますね。それは無意識のうちに発揮される故に魔性というのでしょうね>ヒロシさん

ぷぷぷ
若い頃に、魔性の女と言われたのは、加賀まりこですが、年をとったらすれたカンジになってしまって魔性で勝負できなくなりましたよね。その点、八千草薫や森光子は年取っても魔性を感じます。魔性の魅力は、意識的に作り出されるような薄い魅力ではないようですね>NORIさん
2006年03月29日 00:17
実際にさとう珠緒を前にして、ウサギプンプン をされた場合、萌える人はかなり多いと思いますけどね
昔に実物を遠くから見たことありますけど、かなり可愛いかったですよ>アッシーさん

確かに可愛いとか美人という外見が魔性を生み出す大きな力であろうと思いますが、芸能界の中で見れば小倉優子が際だって可愛いという訳ではない。やはり、彼女の個性に合致した術を使っているので彼女が激戦の中でアイドルとして認知されたのだと思います。そう考えれば、その職場の女のこは、単に小倉優子みたいなカンジであったという範囲に過ぎず、魔性発揮すなわち意外性が無かったのではないか?というようにも考えられる訳です。>かなさん

いま、感じたのは、女性は、男の目から見た女の意外性というのは理解しにくいのかもしれません。
男が、ウサギピョンピョンの外見のみで「可愛い」と感じる訳では無いんですけどね
2006年03月29日 09:16
萌え~で思い出したんですが「お帰りなさい。ご主人様」とで迎えるメイド喫茶って流行っているけど、あれも萌え~って感覚でいくのでしょうか??
2006年03月29日 09:18
萌え~で思い出したんですが「お帰りなさい。ご主人様」と出迎えるメイド喫茶って流行っているけど、あれも萌え~って感覚でいくのでしょうか??

「お帰りなさい。奥様」と出迎えてくれる執事喫茶はないのかしら。
2006年03月29日 13:03
わーい、わーい、魔性の女になりましょ~♪
カラス
2006年03月29日 17:52
執事喫茶…‥言いにくいですなぁ。
NORI
2006年03月29日 22:54
そういえば、魔性の女って、みんな2面性はあると思います。
というよりも、賢い人ほど爪を隠すのでは?
この場では笑った方が得だとか、この場では黙っていた方が得策だとか
そんな風に以外と計算されている物だと思います。
そういう場の空気を読める人が、きっと有名になれるんでしょうね。
2006年03月29日 23:54
執事喫茶って・・りぼんの世界かよっ!
「ロミオへようこそジュリエット♪」という店ならありますけどね>スーさん

ダジャレかよっ!
あやうく見逃すところだった
プロフの写真は死のダンスですか?>るりさん

執事喫茶って、新宿に出すと流行るかもしれませんね>かなさん

小倉優子の場合、非常に姿勢が良いし、足でも開いて座ったりしないところが、なんとなくお嬢様っぽくてボケキャラとのギャップがあると思うのですよね。二面性というのは、そういうプラス評価の要素でなくては、意外性が好感度にならないと考えれられる訳です
ボケキャラで、だらしない格好だったら、小倉優子がアキバ人ばかりでなく、サラリーマンのおじさん達の人気を得られないだろうと思うわけです>NORIさん

2006年03月30日 15:56
死のダンス?
とってくったりしませんわ♪
ダジャレが伝わってよかったですっ。
2006年03月30日 21:18
間違えましたっ
るりさんの場合は
死のダジャレでした。
2006年03月31日 12:19
執事喫茶が言いにくかったら、セバスチャン喫茶でもOK♪
ねっ、かなさん&るり嬢。
あと、だじゃれって気がついたエイジさんはすごいと思う!
2006年03月31日 20:53
セバスチャン喫茶!行きましょう!
愛犬ジェセフィーヌを連れて参りますっ。>スーさん
2006年04月01日 15:57
「お帰りなさい奥様・・・」といってコートを脱がしてくれるかな。
(* ̄∇ ̄*)ウットリ
ぜひご一緒しましょう!>るりさん
2006年04月02日 15:06
お茶が飲みたい!お菓子が食べたい!と色々注文をだしましょう。
そしてくつろいている間に掃除や洗濯もしてもらいましょう!>スーさん

って家にいる時と一緒じゃん!>るり
2006年04月02日 23:25
ヨーロレリレリホー♪レリホレリホ~♪
なんとかかんとか
アルムの森の木よー♪

って 君達はハイジかっ!
2006年04月05日 11:19
ななな、なんと!すでに池袋に執事喫茶があるそうです!
その名は「Swallowtail」(燕尾服をイメージさせるツバメのシッポという意味)。「お帰りなさいませ、お嬢様」と出迎えてくれるそうです!!肝心の執事にはコスプレイヤー(ってなに)や声優、一般のサラリーマンからも応募があったそうです。
いや~、驚きました・・・
2006年04月07日 19:24
お嬢様(汗)
しかも池袋つーとこがおそがいでんな
巣鴨にも作って欲しいもんだ
池袋にお嬢様っていましたっけ?
tao
2006年05月22日 13:21
「魔性の女」は決してルックスがいいとは限りません。また大きく勘違いしている評論家や実践者(あくまでも魔性の女を意識する女)はお金目当てやそのための計算も定義に含めますが、そうでしょうか。
何度も繰り返されているので略しますが、やっぱり自分は無意識に代わりに人に「それ」を意識させる、その温度差があって成立する人間関係のひとつではないでしょうか。

不特定多数の人相手では芸能人を例えにするのが最もわかりやすいからでしょうが、普通芸能人といえばまずルックスがいい。数的に絞り込まれやすいのでは?
でも中にはあまり美人とは言いがたい方も「魔性の女」の称号を与えられています。
昔の女優さんですが田中裕子。決して美人とはいえませんよね(私見ですが)。
あとは藤谷美和子、斉藤由貴などは天然系、癒し系の魔性タイプでしょうね。

「痴人の愛」のナオミのモデルとなった女性も美人とは言いがたいという意見もあります。美人の定義が時代性に寄る様に魔性の女の定義などもそれぞれの価値観、主観もあると思います。



2006年05月22日 18:16
taoさん はじめまして
おっしゃるとおり、よーく判りますよ
たぶん これは男しか判らないと思います
taoさんが田中裕子が癒し系と感じられるように
あまりテレビに出ないほうが魔性を維持しやすいということがあります。
たとえば、ZARDの坂井泉の不動の人気は彼女が癒し系でありながら謎めいた魔性があるからだと思います。

その点で、私は椎名林檎を語りますが、彼女はテレビですっぴんで出てしまったのが失敗でした。
彼女の不思議な魔性は、七変化の神秘性にあったのに残念です。
魔性は素顔を悟られたとき底が見えてしまうのです。
あっしー
2006年06月01日 19:41
昨日 テレビで「嘘つきチーター」にゆうこりんが出てました
あっしーはゆうこりんの可愛さに圧死しました。
2006年06月03日 01:04
(o_ _)o ドテッ!
ずっと圧死していてください>アッシーさん
ゆうこりん
2016年02月10日 17:28
10年後もゆうこりんは生き残ってる。の予言当たりましたね~~。
2016年生き残ってますね~!凄い!

この記事へのトラックバック

  • 戦略の研究

    Excerpt: 私たちの生活の中では、いろんな問題に突き当たる。 そしてその問題の対処方法を考えた賢人達は数多くいた訳で、それがいわゆる、「マーケティング論」であったり「恋愛論」だったりする。 Weblog: BlueBloomBlog racked: 2007-03-20 00:13
  • 恋愛洗脳

    Excerpt: 優しくしても尽くしても、 お金を貢いでも、なかなか相手が自分を好きになってくれないのは切ない。 Weblog: BlueBloomBlog racked: 2017-02-19 22:02