変わる世の中・変わらぬ原則

画像
仕事の合間に時間が出来たので、友人と10年振りに、ある繁華街を歩いた。

繁華街の景色も10年たてば大きく変わる。当時隆盛を極めた店の多くは店を閉め、違う店舗が並んでいる。それは、まるでシャボン玉のようである。
私は、淋しくなって、「結局 時代の流れか!諸行無常だな」と考えるが、ふと見ると、10年前と変わらぬ店が残っているのに気がついた。
懐かしくなって店内に入ると、10年前と変わらぬこの店独自の個性的な珈琲の味。
私は、ほかの店がどうなったか気になり、店を出て、昔、人気のあった食堂に向かった。
あった! 前と同じである。
残っている店を見ながら ある共通点に気がついた。

それは、喫茶店なら「珈琲の美味い店」であり、食堂なら「この店一番の美味い品がある店」である。
どれも煌びやかな建物やトレンディな店内パフォーマンスの無い店であるが、店主の心意気が店内に溢れ、味は誰もが認めていた職人風の店しか残っていない。

その事実を知り、「世の中が変わっても変わらぬ原則がある」と思った。
それは「飲食店は味が第一であり、味が個性的で美味いことが繁栄の道であり、品質維持が継続の道である」という至極当たり前な原則である。

かくの如く、私が「喫茶シラノ」で珈琲を飲みながら、熱く語っていると、聞いていた友人は言った

「ようするに時代が変わってもブランド品は流行に左右されないようなものだな」

「概ね正解だが、100点のコメントではないな」 と私

ブランドという言葉で、NORIさんのBLOGを思い出した。

たとえば、そもそもルイヴィトンがブランドになり得た理由は、船が水没した荷物の中で唯一海水が入っていなかったのがヴィトンのスーツケースであり、ヴィトンのスーツケースを持って船に乗ればたとえ遭難してもスーツケースが浮き袋の代わりになるくらい、密閉性の高い頑強なスーツケースであるという事実がヴィトン神話の発端である。また、ロレックスは深海でも正確に動くという時計としての頑強さがロレックス神話の発端である。
現実に地上で活動する人が、深海で正確に動く時計が必要か?とか船舶で旅行しない人が浮輪になる密閉性の高いスーツケースを持ち歩く必要があるか?と言えば、必要は無いだろう。
車でも、贅を極めた高級車のセルシオやレクサスよりも、初代のプルウスのように、職人のこだわりと意地が満載のメカニックな車こそ、真のトヨタブランドだと思うのである。
しかし、このような職人技を極めた名品は、大きく宣伝しなくても時代を越えて残るに違いないのだ。

つまり、残したい名品は、何があっても自然に残るに違いない。
台風でも落ちる林檎と落ちない林檎があるように・・

「僕はそう言いたい訳」

「だからブランドは時代を越えて残るってコトじゃん?」

まぁ そんなんはどっちでもいいのだ。
ただ言えるのは
僕が「変わる世の中にも変わらぬ事がある」という事実になにげに勇気を得たということである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2005年09月14日 20:22
えー、エイジさんはそれでルイヴィトンの何をもっているんですか?
バック?財布?
時計はもちろんロレックスですね。

白状しなさい~~~!!!
涼子
2005年09月14日 20:52
最近は、ブランドメーカーもLVMHグループ買収されて昔ながらのブランドメーカーじゃ無くなってきてる。
経営母体は同じなのに名前が違うというのにちょっと厭な感じがするけどね
2005年09月14日 20:59
あと、無事NORIさんのところにトラバできたみたいですね。
良かった良かった。
2005年09月14日 22:22
なんかね 文中にリンク入れないとダメみたいですよ
NORIさんのトラックバック

私はブランド品マニアですから 時計はSEIKOです
財布は無印の牛革
ヴィトンはショルダーバック持ってますがすべて自己満足の目的です>スーさん
2005年09月14日 23:08
グッチ以外のブランドメーカーはほとんど、LVMHグループ傘下ですね
しかし、グッチのお家騒動は映画よりも凄かったですし
ベルサーチの殺され具合もなかなか芸術ですね
ブランド品には血の匂いが似合う>涼子さん
2005年09月14日 23:38
日本は本当に変化が激しい国ですよね。久々に東京の実家に戻るとまるで竜宮から戻ってきたみたいにいろいろ変わってしまっていて驚きます。昨年は六本木ヒルズができてたし、実家の近くの駅から都心へ乗り換えなしでいける地下鉄ができてたし。でも、そんな中に昔からある店などを見つけると私もつい入りたくなってしまいます。やはり根強いお客さんがいるから続いているんでしょう。もっともっとお店を続けてねと思いますね。

私はヴィトンもロレックスも持ってないですが、イタリア人は青空市場で買ってきたヴィトンのバッグやロレックスの時計を持っている人がいっぱいいます(^_^;
2005年09月14日 23:44
おいしいお店の話ですが、学生の頃よく行ったカウンター7席ぐらいの定食屋があります。お勧めはサバ味噌定食500円。そのほかひじきとかおひたしとか、体によさそうなものばかり。でもそこは安くてうまいだけでなく、サービスがすごいんです。おかみさん一人できりもりしてるんですが、おかみさんは品があるけど、気さくで親しみやすいけど、かと言って安っぽいわけじゃないんです。久しぶりに行っても名前を覚えていたり、客の去り際の見送り方とか、ちょっとスナックのママみたい(「ママ」は実物は知らないので映画・ドラマなどからの類推というか想像ですが)なんですけど、日本に帰ると足が向いてしまいます。
2005年09月15日 00:34
ルイヴィトンのLVのロゴマークですが
あれは偽物が多いので「ヴィトンだ!ヴィトンだ!ビトンだってよ!」と書いたのが発祥だそうで日本でいえば風呂敷の家紋と同じですよね
でも 「LV」の文字が風呂敷の家紋と同じ扱いにならないのはブランド品故でしょうね>yukakoさん<で 東京の出身なんですね

ヒロシさんは、一人できりもりする女性がタイプなんですねぇ、、、
おかみさんは品があるけど、気さくで親しみやすいけど、かと言って安っぽいわけじゃないんです。ってすっごくよく判ります。こういうのを波長の合う店というのですね>ヒロシさん
2005年09月15日 14:18
>エイジさん
きりもり、そうですね。料理が上手なのもそうです。判っていただいて嬉しいです。。。。
2005年09月15日 15:22
この記事、実家が寿司屋していたから関心あるんだよな~。
そのうちこっそりトラバしよ~と。
はっ!来てしまった!!ε=ε=ε=ε=ε=(o- -)oブーン
2005年09月15日 18:20
ヒロシさんの心の優しさが染みます>ヒロシさん

ぷぷぷ
悪魔の囁きに負けたか!
さすが海流ママです
もう引越しはアート引越しセンターに任せましょう★>海流ママ
2005年09月15日 18:44
ま、負けたわけではないわぁ…。
いとしのエイジワールドが気になってね、ちょっとのぞいてみようかな~なんてね、そしたら書き込んでみようかな~っと。
(負けてるじゃん!!)
さ、がんばろっと。
2005年09月15日 23:35
いやぁ
僕が手伝いに行けたらいいのですがねー
まぁどうせ間に合いませんから行っても無駄ですよね

2005年09月16日 07:27
今から引越し手伝いに行くのは間に合わないかもしれないですが
今から愛知万博に関西から赴くのは間に合いますかね
7歳児4歳児車に突っ込んで母が連れてってもダイジョブですかね
ウィークデーにしたほうが無難ですかね?気づいたらあと日程わずかだし
2005年09月16日 10:17
ヒロシさんは
>(「ママ」は実物は知らないので映画・ドラマなどからの類推というか想像ですが)
ってちゃんと説明するところがさすがなんですが(ホント?)、
一度くらい実物「ママ」体験してみてもいいのでは?

私OLのころ連れて行ってもらいました。ママもキャバレーも。いい社会勉強でした。

海流ママは愛ですね。どんなに忙しくても来ちゃうなんて。
エイジさん、いいですねー。
2005年09月16日 10:58
うーん、恋するスーさんに、愛する海流ママですね。

いい物を大事に長く使うのって、とってもいい事だと思います。いい物を!と思って探していたのが、ブランド品だったりすると「やっぱ売れる理由があるんだ!」と思いますよね。

でも何となく気恥ずかしいのはモノグラム物は苦手です。

NYではお姉ちゃんがいるような飲み屋(?)をピアノバーって言うんですけど、それぐらいはヒロシさんも行ったことあるでしょう、と思います。ふふふ。
2005年09月16日 18:15
母子家庭で愛地球博ですか?
かなり無謀な計画だと思われますが
20万人位入場してますからね
平日がええのではないかと・・>シーラさん

たぶんヒロシさんはママ体験があってもですね
ナィーブなのでここでは語れないと思うわけです>スーさん
それより、写真ちいさすぎます

モノグラムが苦手というのはるりさんらしいですね
僕もなんか持ってるのが恥ずかしいです

ヒロシさんは、奥ゆかしいのでここではママ体験を語れないでしょう>るりさん
2005年09月16日 18:57
謝々ですエイジさん!!3日間のウィークデーのど真ん中あたりを狙おうかなー。

モノグラムにせよそれ以外のシリーズにせよ、ヴィトンは一個も持っとりません…。でもそれは恥ずかしいから、かいう理由とではなくて、かつて苦学生だったから縁なかった、っていうのと、もっとコストパフォーマンスがいいもののほうがスキだから、っていうのの2点ですね
2005年09月16日 18:58
謝々ですエイジさん!!3日間のウィークデーのど真ん中あたりを狙おうかなー。

モノグラムにせよそれ以外のシリーズにせよ、ヴィトンは一個も持っとりません…。でもそれは恥ずかしいから、かいう理由とではなくて、かつて苦学生だったから縁なかった、っていうのと、もっとコストパフォーマンスがいいもののほうがスキだから、っていうのの2点ですね
靴とか時計とかはブランド大好きですね。あー前に書きましたが香水もですねー^^;)
2005年09月16日 19:02
すいません、なんでか知らんが途中のコメント入ってもうた…。
1個めのコメント消しておいておくんなまし
2005年09月16日 23:10
ヴィトン私も持ってません…。持ってない人の方が少ない気がしますが。
10代の頃ビデオで見た「シャレード」の最初の方で、オードリーが大小様々のヴィトンのスーツケースを運転手に運ばせて家に入るともぬけの殻というシーンが確かあって「このバッグは自分で持つより運ばせる人が持つものなんだ」と思ったので、自分にはまだまだと思って今に至ってます。

あと、エイジさんのお財布、無印のなんですね。
うちの夫のもそうです。
最初ザリガニ臭くなかったですか?うちのだけ?
2005年09月16日 23:17
ざっ、ザリガニくさいってどんなニオイですか!???
2005年09月17日 12:25
>ママ体験告白
そういえば、むかーしサラリーマン時代に、上司について新宿2丁目のそっち系のお店に一度行ったことがありました。帰り際に、ママ(といってももちろん男性ですが)ぎゅっとされました。。。。みんなにしていましたので、恒例のようでした。彼はそれを自分でしたくてしているというよりも、皆に期待されているから、今更やめられなくなったから惰性で、というようりも営業活動の一環として、また自分の演じているキャラのためにしているようでもありました。店を出て、駅に向かいながら、さめていく酔いのむこうに不快感だけでなくむなしさを感じました。変わらぬ原則は「非日常を売り物にするお店では、それを「日常」として生きている人が働いている。みんな大変ね」ということでよろしくお願いします。
2005年09月17日 14:10
あら~。
意外な告白を聞いてしまいました。
ヒロシさんにそんな過去があっただなんて。
ヒロシさんのママ体験は「フォー」ママだったんですねー。
まともなママ体験をお勧めしたいです。>ヒロシさん

ザリガニのにおいはですね
お世話していた長男に聞いたら、「もわ~っと広がるようなにおい」。
私的には「どぶ川」のにおいです。毎日水を替えないとすごく臭います。
>シーラカンスさん

そんなにおいの財布がこの世にあるとは思いませんでした。>poteさん

エイジさんのお財布もそんなにおいでしたか?気になります。
2005年09月17日 22:58
平日の真ん中ですか!
きっと愛地球博よりもBLOGネタのほうが満載の旅になると思われます(汗)>シーラさん

目一杯のママ体験談だと推察しております
お疲れさまでございます(笑)>ヒロシさん

ヴィトンは人に運ばせるケース・・
いいセンスです
φ(..;)頂きっと!
2006年のヴィトンのキャッチフレーズにしたいくらいです
まじで

生々しい牛革は、不思議な匂いがしますよね
昔 ギリシアで買った皮ジャンが「おぇ~」と言うくらい
生生でしてね。買ったけど着れませんでした(汗)
メーカー品のレザーは麗しい匂いなんですよね>poteさんシーラさんスーさん


2005年09月17日 23:28
乗馬用の革製品をスタートにしたエルメスでは皮革製品に香水をしみこませたからこそ香水を売ってる、ってどっかで聞いた覚えがありますです(ただしエルメスも持ってないです…)
2005年09月18日 00:58
革といえば、イタリアで買った革のジャケット、日本でカビが生えて台無しになってしまったことがあります。こちらで革関係のブランド物の服のパターンナーをしている友人に聞いたら、日本の革とヨーロッパの革はコーティングが違うらしいです。やはり日本の革は湿気に強いようにできてるらしいです。
あと、エイジさん、私は東京出身ですが3代続いてないので江戸っ子ではありません。両親は三重県出身です。
2005年09月18日 17:15
ブランド品のレザーでも毛皮でもいい匂いがしますよね
おなじ ギリシアで、民間の売店に猫が10匹くらい「にゃぁにゃぁ」駆け回っていて、日本人客が「きゃぁかわいい!」と猫を追っかけてましてね
しかし、土産売り場に猫のしっぽのキーホルダーが売ってましてね
「なんか生々しい尻尾じゃの!」と思ってみてたとき。。。怖くなってきた記憶があります>シーラさん

三重県なんですか!ご近所ですね
三重にもイタリアに負けない伊勢海老が豊富ですよ>yukakoさん
2005年09月20日 17:17
いろいろ調べてみたんですけどね、さすがに7歳児4歳児連れて母が運転して閉場間近の万博会場に行こうっつーのは相当無謀らしい、ってことがだんだんわかってまいりました。ウィークデーどまんなかの21日なら行けるかと思うたんじゃが…なんか連日大賑わいらしいですね。やっぱムリかなー
2005年09月20日 18:15
かなり無謀だと思われますよ
なんせ、入場規制をやってますからね
せっかく行ったのに入れない!なんてネタとしては面白いですけどね
でもなー
行って欲しいですね>シーラさん
2005年09月20日 18:48
わたしゃ別にマンモス見たいわけでもジブリ館見たいわけでもなんでもなくて、例のイタリア館が見たいだけなんですがね
2005年09月20日 23:12
イタリア館は見る価値大あり
最近なんかにわかに大人気らしいですけどね
待って2時間くらいだそうですよ
イタリア館見て、あと見なかったら余裕ですよ
行きましょう!>シーラさん

この記事へのトラックバック

  • 第一王子 : ビョルン・アンドレセン

    Excerpt: さて、第一回目っつうことで、やっぱり最初は王道も王道、正統派も正統派の美少年を紹介したいと思います。 美少年の代名詞と言ったらやっぱり彼でしょう。 その名もビョルン・� Weblog: 王子様ドットコム racked: 2005-09-16 13:04