香水

画像
殺人鬼ハンニバル・レクター博士が、「野生の動物は自分より強い獣に、襲いかかるような愚行はしない」とクラリス・スターリングに言った台詞があったが、実際に映画の中で人食い豚やドーベルマンは、目の前に立つレクターを避けて、違う人間を襲っていたように思う。
番犬なんかはレクターの気配だけで恐れおののいて犬小屋に逃げ込んだ場面もあった。

獣がレクターを襲わない理由を、映画の中で説明は無かったけれども、私は、レクターがマッコウクジラの腸内結石から作られた香水を好んで使用していたことと関係があると思う。

マッコウクジラの腸内結石は、人間の女の匂いがするらしく、「アンバー」という人間にとっては、媚薬であるが、犬や豚に取っては、嗅いだことの無いクジラのフェロモンに得体の知れない未知の生物と遭遇した想像を絶する恐怖を抱いたと考えられなくもない。

中世の貴婦人が「失神」したとき、「気付け薬」として使用されたのは飲み薬ではなく「香水」であった。中世の貴婦人が、たびたび失神で倒れた理由は、ヒステリーではなくて、「コルセット」がキツすぎたというのが真相だそうだが、女の扱いに手慣れた男は、いつも麝香鹿の性腺分泌物の「香水」を持ち歩いて失神した貴婦人に「ジャコウ」の香水を嗅がせたという。
このような風習が根底にあった為に、欧州では、色々な香水が発達したらしい。

香水は、人間のみならず、すべての動物達にも、直接感情に作用する麻薬である。
また香りには、過去を呼び起こす幻覚作用もあり、香水の匂いを嗅ぐと、たちまち過去にトリップさせてくれる経験をした人も多いと思う。
ある日の香水の匂いの記憶は、過去に聞いた曲や食べた料理の味、空の色、そして切ない思いを、香水の匂いと一緒に包み込み、私達を幻覚の世界へと誘う。

ところで、レクター博士が「アンバー」を使用していることを知った私は、是非、そのドーベルマンも恐れる匂いを嗅ぎたくて、思い当たる所を探しているが、未だに「本物のマッコウクジラの腸内結石の香水」を見つけることが出来ないでいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
かわいい

この記事へのコメント

2005年08月20日 09:57
「アンバー」を主成分にしている、って書いてある香水はあまたあるようですが、「アンバー」そのもの、っていう香水は私も見たことがないです。そう言えばクラリスが「レール・デュ・タン」を使っている、ってことを、会ってすぐに言い当てていましたね。
エイジ
2005年08月20日 16:13
ニナリッチのレール・デュ・タンですが、僕は匂いを嗅いだことが無いので言い当てられませんね。
時代の風って意味らしいのでクールな香りっぽいかな?
マッコウクジラはワシントン条約で捕獲制限ですからね
キリスト圏の人が塗るのはいけないのではないか?と思うのである
2005年08月20日 22:19
「アンバー」単品だけの香りってきっと嫌な香りだと思います。
香水は、いろいろな香りがブレンドされて素敵な香りになります。
アンバーをブレンドされた香りはきっと野性的な香りの香水なんでしょうね。
「レール・デュ・タン」は、クールというよりは優しい上品な甘さのある香りだと思います。
あの映画の中でのクラリスには、エルメスの「アマゾン」(今は無いかもしれません)の方が合う様な気がします。

ちなみに私は、「I LOVE DIOR」です。
涼子
2005年08月21日 00:20
私の場合は、思い出したくない思い出のオード・トワレが多いですから・・・残念っ!
ちなみに私はディオリッシモが一番好き
2005年08月21日 11:07
私が一番好きな香水は、クリスチャンラクロワのセラヴィです。アンバー入ってます。でも最近あんま手に入らない。。。
エイジ
2005年08月21日 13:21
ディオールは大人の女性でありながらキュートであるという匂いが多いですよね。女~~!って匂いで好きです
クリスチャンラクロワのセラヴィは、石けんみたいな匂いですか?確か?
洗いたてのシャンプーの匂いとでもいいましょうか
いい匂いですよね
ちなみに、僕は香水つけたお姉ちゃん結構好きです
2005年08月22日 07:41
ええ~!るりさんもCe'st la vieなんですか?
実は私も妊娠前まで使ってました!!
そうなんです、数年前から日本でも販売中止です。アメリカでも入手困難なんですね。本国フランスではどうなのでしょう…。
余計にるりさんに親近感湧いてしまいました!(同じB型だし)
ちなみに、本名の名前もちょっと似てます。
るりさん、これからもよろしく!

ハッ、失礼しました!エイジさんのブログでした…。
エイジさん、これからもよろしくお願いします!
エイジ
2005年08月22日 18:27
これはスゴイ偶然です
もしかしたら いのしし年じゃないですか?

名前もるりに煮てるんですか!!
ずばり るり子ですか?
2005年08月23日 07:00
残念ながら、名前はちょっと違います。
あと一息ってとこですか?

しかも、酉年です。
るりさんより少しおねーさんです。(…おばさん?)
2005年08月23日 10:02
いい女はいい女を呼ぶのです(笑)>potepoteさん
セラヴィはもう作ってないんだと思います。香水専門のネットショッピングとかでレア物として出回ってました。でも最近はそれも在庫切れで、おそらくこの世にもうないのかも?!あまりに残念なので、「復活してください!」ってラクロワにメールを書こうかと思っているほどです。

ちなみに2番目に好きな香水は、ディオールのタンドールプワゾン(緑のやつ)です。これをつけると女っぷりがあがりすぎるので、人妻には危険です(笑)。
2005年08月23日 20:44
あ、タンドゥル・プワゾン、ワタシもスキです!!
あれ、夏場のやたら暑い盛りにつけるとなぜか違う空気感が出て、いい感じなんですよねー
2005年08月24日 12:19
うーむ
やはり 女性のきつけ薬は香水で間違いないと確信しました
2005年08月24日 13:23
そうなんですよ!あれはつける時の天気とかでもかなり印象が変わりますよね。普通につけてても最初はさわやかな感じなのに、時間が経つと豊満なかんじ(?)になるので、夜とかつけて出かけるとだんだん女っぷりがあがってしまって大変なんです。>シーラカンスさん。

失神した時に備えて香水を持ち歩いた方がいいですか?>エイジさん
2005年08月24日 17:56
ほー
タンドゥル・プワゾンって危険な香りですね
人妻が失神したら嗅がせるように僕が持ち歩きます
NORI
2005年08月25日 14:38
香水屋さんに、個性のきつい人はプワゾンがお勧めと言われたことがありました。もしかして、私は個性きついのかな?ショック。
でも違うのを買いましたけど。。。
今はシャネルのアリュールを使っています。
香水は大好きでいろいろ持ってますが、ボトルを飾って眺めるのが好き夏は柑橘系の香りの香水をつけていると蚊に食われにくいそうです。
2005年08月26日 12:29
NORIさんはシャネルのアリュールですか!
女と香水は、猫と鰹節みたいなものだと
すごく納得しました
Voyage
2010年09月21日 22:54
エイジさん、こんにちは。
二度目のお邪魔になります。
数年前の記事にコメントをするのもどうかと思いましたが、私にはとても面白く目新しい内容でした。
こちらの記事を一部自分のブログに引用させていただきましたのでご報告いたします。
http://blogs.yahoo.co.jp/rose_reiner_widerspruch/folder/288432.html

香水に関してはひよっ子のような知識しかないのですが、奥深さに一生ものの趣味だなと感じています。


2010年09月22日 21:36
本来香水って胸を膨らませて足を運んで厳かに試し、時間をかけて考えて買うのが一番正しいような気がする。まったくです。
美しいBLOGで香水のようです。
ROSEさんも美しいです。
いつも見れるようにリンク致します。

この記事へのトラックバック

  • 妊娠中の女に香水は鬼門

    Excerpt: 「香水」について 妊娠中の女に、香水は鬼門なんですよ。 なんでかっていうと、嗅覚が超超超・鋭敏になるから、なんですねー。 Weblog: シーラカンス日記 racked: 2005-08-31 19:58
  • フェロモン:ニオイにまつわる話。

    Excerpt: 1匹のゴキブリを見たら、近くに100匹居るといいますが、 これは本当だ。 Weblog: BlueBloomBlog racked: 2010-03-09 18:28