BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 他者セルフイメージ願望達成法

<<   作成日時 : 2017/11/15 18:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 61 / トラックバック 1 / コメント 8

外科医のマクスウェル・モルツ博士は、自分の患者を見ていく中で、
自分に対するセルフイメージによって外で起きる事件が変わるということを発見し、
それを「サイコ・サイバネティクス理論」と名付けました。

この理論は非常に効果的で、セルフイメージは、多くの願望達成法の基本となる要素であり、
アファメーションもビジュアリゼーションも、
セルフイメージを変えるための方法であるといっても過言では有りません。

つまり、「人生は私のセルフイメージとおりの結果を得る」のです。

私も過去に数多くの「セルフイメージで人生を変える」話を書いてきましたが、
今回、とっておきの方法を書こうと思う。
特に恋愛には自信を持って勧める。


さて、
セルフイメージというと一般的には、例えば仕事で成功したい場合、テキパキと仕事をしている場面をイメージして「俺はデキる男だ!」というように
自分が自分に対するセルフイメージです。

しかしながら、これは単に思い込みの場合にもなり、
「勝手に結果を想定すると」逆の結果になってしまう危険性があります。

期待するな。勝手に結果を想定するな。その2


そこで、私は、確実に効果が出せるセルフイメージ法を発見したのですが、
それは、
他者が自分に対し、どのようにイメージしているかを
自分でイメージしたセルフイメージ

であります。
これを仮に「他者セルフイメージ」と命名しましょう。

実際には、「自分が自分に対するセルフイメージ」はブレが大きいですが、
「他人が自分に対し、どのようにイメージしているかを自分でイメージしたセルフイメージ」
はブレが有りません。
ほとんど、その他者セルフイメージの通りになります。

具体例で説明しましょう。

私がA子さんが好きで、付き合いたいと思っているとしましょう。
しかしながら、なかなかA子さんは、誘いに乗ってくれません。
その場合、A子さんが私に対してどのように思っているのかイメージします。

「今は、誘いに乗らないけれど、私が離れると淋しいと思う」と
自然にイメージできるのならば、必ずそのとおりになります。

「別に私が居なくても淋しいとは感じない」としかイメージできない場合は、
残念ながら、今はまだ付き合えません。
つまり、他者が私に対してどのようにイメージしているかを
自分でイメージした結果のとおりになるのです。

特に恋の場合、欠乏感が絶対条件であり、
「アナタがいないと淋しい」と思われることが基本である。
相手の心に欠乏感を与えることが出来れば恋が成就する。
したがって、他者セルフイメージは完全な効果を発揮します。

大事なことは、勝手に「自分のセルフイメージ」描いてはダメなのです。
他者から見た私のイメージを、自然に自分でイメージすることが重要なのです。


仕事でも同じです。

「俺がいないと困ると皆が思ってる」と自然にイメージできるなら、
仕事でそのとおりになります。
「俺は仕事がデキる男だと皆が思ってる」と自然にイメージできるなら
そのとおりになります。

「俺は仕事がデキない男だと皆が思ってる」と自然にイメージしたのが気に入らないので
無理やり自己のセルフイメージを変えようとしてもダメです。
必ず、他者から見た自分のイメージを自分で想像して
他者セルフイメージを変えることが重要になります。

自己評価は関係ないのです。
リアルに他者が私に対してどのように思っているのかも関係ありません。

他者が私に対し、どのように思っているのかを
自分でイメージしたとおりになるのです。

そこでどうすれば、他者セルフイメージが変えられるのか?
が重要になってくるのです。
今は悪いイメージしか出来なくても、
他者セルフイメージが変われば必ず現実が変わります。

これってかなり的中します。


twitterはこちら。
エイジの部屋


mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 61
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
必ず実現する未来シナリオの書き方
2018年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2018/01/02 14:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
エイジさん
いつも楽しく読ませていただいております。

自然にイメージできるものは、その通りになるし、自然にイメージできない場合はそうならない、ってことですよね?
無理に思い描くのはダメなら、自然にイメージできない場合はもう諦めるしかないんでしょうか−−;
sana
2017/11/15 20:19
恋とは「I LOVE YOU」じゃなくて「I MISS YOU」なんですね。
切ないですぅ。
ケント
2017/11/16 20:49
いや違うんですよ。
他者から見た自分のイメージを変えれば現実がリアルに変わります。>sanaさん

恋という字は淋という字と同じなんですよ。
木が二本になって初めて涙を流すのが恋の本質
あぁ切ないですぅ>ケントさん
エイジ
2017/11/16 20:53
エイジさん、他者セルフイメージのお話とても興味深いです。続きが楽しみです。
私の想像ですが、初めは良いイメージの貯金がないので、頑張って自己研さんするしかない。
そのうち少しずつ貯金が溜まって来るから、ソレを種金にどんどん増やしていって、いつの間にか。みたいな展開かな、と。

それと、恋と淋が同じ漢字という意味、説明していただけるとありがたいです。
すみません、察しが悪くて、、。
まる
2017/11/18 08:53
エイジさんのおっしゃる他者イメージは、とても良いので(自惚れではないと思います)
そうなのかな…と、自信も出来ました。
ただ、私の前にある道の先は、結構遠く永いです。
このまま、実直にやって行くのが良いのは解ってもいるのですが。
孤独でもあるかも知れない。淋しいと似ています。
pinoko
2017/11/20 13:13
エイジさん、こんばんは〜。

現象学的ですねえ。
自分だけでは世界は変わらない。他者がいて成立するし、
それは on-going process っていう感じかな、と。
「勝手に結果を想定するな」もそれに繋がっていますよね??

ところで、幸せとはなんだろうと考えているんですが、
これも瞬間瞬間かな??

カタカナのカコより
カコ
2017/11/20 17:26
淋しさは、実は一人だと感じないのです。
二人になって、つまり恋をして初めて
ひとつに成れない淋しさを感じて涙を流すのです。>まるさん

信じる道を進んで行くことですね>pinokoさん

本当の幸せは魂が成長した時に感じる感覚と思います>カコさん
エイジ
2017/11/26 18:13
なんとクリアなご説明でしょう。ありがとうございます!
まる
2017/11/28 01:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
他者セルフイメージ願望達成法 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる