BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 神は細部に宿る

<<   作成日時 : 2016/08/11 22:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 75 / トラックバック 0 / コメント 8

実のところ、
最終の結果は、大きな決定では無く、
些細な行為で90%が決定されるといっても大げさではない。

19個の金メダルを獲得した「怪物」マイケル・フェルプスの恩師でもある名将ボブ・ボウマン氏が、
著書『君もチャンピオンになれる』の中で、土壇場で力が発揮できる選手になるためにもっとも重要な事は
「ささいなこと」ほどないがしろにしてはいけないと言っているように、
いくら大きな取引で大金を得ても、
便器に落ちた1円玉を拾わない大金持ちは必ず没落するし、
ゴミをポイ捨てする部長は最後に失脚する。
彼氏以外の男に冷たい女は、決して本命と結婚できない。

ちなみに、ロレックスが世界最高の時計ブランドである理由は、
おそらく誰も行かないと思われる海底10kmでも
防水される時計を作るからである。
人を魅惑する芸術品やブランド品においても、ミース・ファン・デル・ローエの言うように、
細かいところを疎かにすれば人を魅了するものは作れないのだ。

この真理は、分野を問わず、
成功した人物や会社に同一性をがある。
なぜなら神は細部に宿るからである。
些細なこと、見えない箇所にも神が宿っているのだ。

Appleの創業者、スティーブ・ジョブズについて、
AppleのCEO、ティム・クックによれば、
「スティーブは「良い」「非常に良い」では決して満足しなかった。
彼が受け入れるのは「最良」だけだった。」
と回想しているが、これはジョブズに限ったエピソードでは無く、
歴史上の英雄のほとんど全員が彼と同じく、理不尽なまでの非情なる完璧主義者だった。
私の知る限り、完璧主義者でない英雄は皆無である。

又、ディズニーのテーマパークは普通は気づかないような所に
異常なまでのこだわりを発揮しているゆえにディズニーの繁栄があると言われているが、
この姿勢は、創業者ウォルト・ディズニーの
魔法をかけつづけるには、細かいことにこだわる必要がある。
の実践である。

そして、芸術や商売だけでなく、人間の生き方においても、
細部に徹底してこだわるという生き方とは、どのようなことであろうか?

それは、
ジョブスを模倣して、「俺も細かいところにこだわろう」というような単純なことでは無く、
自分自身の生き方として卓越性の追求を目指すことだと思うのです。

ピータードラッカーは、
自らの成長のために最も優先すべきは、卓越性の追求である。
と言っている訳ですが、僕はいつもこの言葉に痺れるのです。

例えば、アスリートとは、常に妥協せず最高を目指す者である。
その生き方は、まさに、飛行機のようなもので、
逆風に向かって走るゆえに空を飛べるのである。
逆風に向かうのは不効率のように感じるかもしれない。
つまり、風に従って飛ぶべきではないか?と考えがちである。

しかしながら、実は、順風に従っている限り、
飛行機は安定して飛ぶことはできないのです。
なぜなら、風に頼っている限り、運は風任せです。

人類が空を制した理由は、
風に向かって、つまり逆風に向かうことを選択したからである。
よって、どんな天候でも、飛行機が飛ぶことができるのだ。
これこそ、まさに「卓越性の追求」の例としてもっとも相応しい。


松下幸之助と同じ時期に電気店を始めた同郷の人物がいて、
結局、彼は倒産してしまったのですが、松下と会ってこう言ったそうです。

「私の商売は良い時もあれば悪い時もあった。幸運な時期も不運な時期もあった。
しかし、君(松下)は大企業の社長になったが、私は倒産した。
君はいつも幸運の連続だった。同じ商売なのになぜ違いが生じたのであろうか?」

この問に対し、松下はこう答えた。

「君は優れた才能と私より勝った健康体を持っているし、私と同じくらい熱心に商売の努力をしたのに、
私が成功して、君が失敗した理由は正直解らない。」

「しかし、君と私の差を敢えて探すとしたら、
私は商売は勝ったり負けたりするものでは無く、
真剣勝負で生きるか死ぬかで勝つしかないと思っている点が違うかも知れない。

私にとって商売で負けることは罪悪である故に、損することは、私にはあり得ない選択である。」

私が思うに、
松下幸之助は、卓越性を追求をする商人のアスリートだったが、
倒産した社長は、アスリートではなかったことが大きな差になったと思うのです。

松下は、常に「卓越性の追求」を指針としていたのです。
その結果、運も味方したのです。
更に付け足すならば、景気が悪いとか優秀な人が辞めたというのも
実はチャンスなのだ。人生は、いつも当たりくじなのです。
実際に儲ける者は不景気でも儲ける。

そして、いつも儲ける者は、「常に卓越性を追求する者」である。

卓越性の追求について、思いだした話がある。

それは、ダイヤモンドシンジケートのデビアスは世界のダイヤの価格を決定するほどの力を持っているが、
その理由は、彼らが世界中のダイヤの8割を所有しているからである。
価格維持の為に、デビアスはダイヤモンド採掘に大いなる執念があり、
彼らと取引した者達によると、
「デビアスはダイヤを得る為に地球の裏側まで掘り進むであろう。
たとえ途中で油田があったとしても彼らは油田には目もくれずダイヤのみを目指すであろう」
と分析している。
卓越性の追求とは、大いなる目的達成に役に立たない他のすべての価値を排除することでもある。

ということで、私は確信するのですが、
理不尽で不公平な仕打ちで貴方を休ませることなく、
君を疲弊させ深夜まで働かせる企業や精神的に追い込む上司がいるとしても、
君は、「ブラックな会社とか嫌な奴」と思ってはならない。

君に「卓越性の追求」させる好環境であり恩人と考えるべきなのだ。

そして、卓越性の追求を継続することによって、
飛躍的に潜在能力が発達し奇跡が発動されるのであるから、
大事なことは、夢を描くことである。
どんなときでも夢を描き卓越性を追求することで
あらゆる環境は初めて変わる力を得るのだ。



twitterはこちら。
エイジの部屋


mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 75
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
本物魔術師のグルジェフの第四の道でも死ぬ程、体の限界まで働く時に空間からエネルギーが取り出せると書いていたのを思い出しました。
グルジェフ
2016/08/12 00:40
エイジさん、おはようございます。

「そのとき売れるもの」を目指すのではなく、「そのとき作れる最高のもの」を目指す、ということなのですね。
周囲の状況や、雑音を基準にせず、ただ、最高を目指す、、、というメンタリティーがあったからこその、逆転の「金」なんだろうと思うのですよ。
ただ、だれかメンタルサポートの師がいるのかな、とも思ったのですが。

ところで、常に最高のものを作り続けるから、何かチャンスが来たときでもそれを掴むことができるのですね。最高のものは最高のものと出会う、、、ということなのか。なるほど〜。そうでなければならない♪
カコ
2016/08/12 07:27
はじめまして。

ときどき参考にさせていただいてます。正月早々の友人とのトラブルも、
こちらの記事からの発想で好結果を得ることができました。

ところで、

>理不尽で不公平な仕打ちで貴方を休ませることなく、
>君を疲弊させ深夜まで働かせる企業や精神的に追い込む上司がいるとし>ても、
>君は、「ブラックな会社とか嫌な奴」と思ってはならない。

ブラック企業にもいろいろあると思いますが、ガタルカナル島での日本兵の死因はほとんど餓死、すなわち兵站も整えず戦争をする軍隊だったというのは、いまではけっこう知られていると思います。こういう戦場に投入された状態を喜ぶのは、何より生物として不自然なことだと思います。

ブラック企業は運を下げることが多いと思います。なにしろ私はそれへの徹底したアンチをやるたびに好転しているので。あ、これも逆の意味でアスリート的ですかね。
MEK
2016/08/13 03:14
確かに超人思想に通じますね>グルジェフさん

やはり「勝つぞ」では無くて、「勝って当たり前」の状態で
如何に無難にして勝つかということだと思います>カコさん

確かにブラックにもいろいろありますね。
しかしながら、その中でも生き残る者は存在し、
それを学習するのは重要だと思います
そうでないとアスリートなんていなくなります。>MEKさん
エイジ
2016/08/13 20:25
読んでスッキリ
こより
2016/08/14 09:23
いつも興味深い記事をありがとうございます。
採点競技やコンクール等、一部の人が様々な事情で優劣を決める場合は
卓越性を追求している側が負けることが珍しくない気がします。
それが歯がゆいところです。
ぺんぎん
2016/08/16 22:55
ようするに、
「ベストを尽くせ!!」
って事ですか??
みんちゃん
2016/08/23 08:33
ありがとうございます>こよりさん

卓越性の追求が本物ならば
必ずいつかは認められると思います。>ぺんぎんさん

というよりも、
結果よりも自己鍛錬を目的とせよってことです。>みんちゃんさん
エイジ
2016/09/05 20:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
神は細部に宿る BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる