BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 一流は孤独を愛する

<<   作成日時 : 2015/05/10 00:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 16

一流のリーダーと二流のリーダーの明確な違いは何かというと、
一流のリーダーは「孤独を愛する」が二流のリーダーは「孤独を知らない」という点である。
と井上裕之が「リーダーの哲学」で紹介している。

私が思うに、これは一流の男と二流の男の差である。
そんな訳で、一流に為りたければ、一流を目指すのならば、
「孤独を愛する男」とは何ぞやと知る必要がある訳だか、
今回はそれを考察してみましょう。

そこで「孤独を愛する」とは何ぞ?と言いますと、
「経営者は孤独だ」とか「リーダーは孤独だ」或いは、「男は辛い」と感じることでは無いのです。

それは、実のところ単にセンチメンタルな感情で「孤独という雰囲気に甘えてる」のであって、
これでは決して「真の経営者」や「真のリーダー」或いは「真の男」という訳ではありません。

「孤独を愛する」とは、例えば、体調が悪いとき、
仕事中でも「このままでは倒れそう」とか「シンドイ時」は、
心淋しくなり、誰かの援助を求めたくなります。

孤独を知らないリーダーは、「今日は申し訳ないが体調が悪いので病院に行く」と言います。
皆は、「そんなに頑張らなくてもいいから」とか「たまには休んで下さい」と慰めてくれるでしょう。
皆が慰めてくれると、「上司として努力を認めてくれてる」と安心するのです。

しかし、真の一流のリーダーは、体調が悪くとも自分の行動を止めない。
なぜなら、行動を止めれば、自分の目標へ進めなくなるからです。
故に一流のリーダーであれば、「体調が悪い」と周りにアピールせず、
黙って予定をこなし、予定の合間に病院へ行きます。
これが、一流と二流の明確な差です。

古今東西の超一流のリーダーには共通点があり、
それは、ミッションをすべての判断基準にする故に、
その為に必要な孤独や試練を甘んじて受け入れる者であります。


いわば、孤独を愛するということは、
自分の憧れるセルフイメージをやせ我慢でも維持することなのです。
心淋しいからセルフイメージと違う行動をするようでは一流には為れないのです。
森信三が、「年をとるほど楽をしてはならない」と言ったように、
自分に処する課題、それは誰に対してしてでは無く自分の生き方の美学の問題である。

そして、大事なことは、
やせ我慢でもセルフイメージの維持の為に、
或いはミッションの達成に為に「孤独を愛する男」に徹するならば、
仕事も人間関係も一流の男に相応しい環境に変わっていくのです。
自然にブレが無く、生き方に相応しい環境が、自然に整ってくること
それこそ忘れてはならない自然界の公理なのです。



twitterはこちら。
エイジの部屋


mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
一流の男は、
苦労も試練もごく当たり前に受けとめ
感情に流されたり 周りに同情を求めたりせず、
すぐに対処法を模索するタフガイなんですね。

私の理想の男性像です^ ^
もし出会ったらすぐに惹かれます。


ららあ
2015/05/10 01:06
更新ありがとうございます。

一流の男は、世にいう一流の会社に沢山いるわけではなさそうですね。

社会的立場に関係なく覚悟がある男が一流だとしたら、コンビニのバイトさん達の中にも一流はいるのでしょう。
主婦業をしっかり行える女性は、まさに一流ですよね。
ごまあざらし
2015/05/10 10:30

エイジさんこんにちは〜

ごまあざらしさんがおっしゃった、主婦業をこなす一流のお話し、耳が心が全てが痛い(>_<) いいおかんにならないとと思ってはいても、自分の時間がないし、めんどくさがりやの私きは主婦業って過酷で仕方ない。
咲子
2015/05/10 11:40

エイジさんこんにちは〜

ごまあざらしさんがおっしゃった、主婦業をこなす一流のお話し、耳が心が全てが痛い(>_<) いいおかんにならないとと思ってはいても、自分の時間がないからめんどくさがりやの私きは主婦業って過酷で仕方ない。
咲子
2015/05/10 11:44
エイジさん、こんにちは❤

確かに…自分がやってることを認めてもらうのは、他人じゃなくて自分自身に、
なんですよね。
ゆみこ
2015/05/10 15:10
エイジさん、こんにちは〜。

淡々と行う、ということかと思います。
やるべきこととして、当たり前のこととして。

アピールしたがる人って、周囲の人の関心、
そして応援とか慰めとかを必要としていますよね。
ついでに「良くなること」よりも「良く見えること」を
目的としているがゆえに、「真の」ものには成り得ない。

ところで、そういう男性って、
女性に対してはどんな風に振る舞うものなんでしょうか?
そこが気になるなあ。。。
(エイジさんは、どうするの?)
カコ
2015/05/10 15:37
それは、辛いですね。
家族や友人に、本音を話したり癒しを求めたりもしないのでしょうか?
一流の女性もやはり同じ事が言えると感じますが、違いはありますか?
ピノコ
2015/05/10 17:54
一流は孤独ですね。波乱と知りながら波乱に飛び込みます。だから孤独でないと耐えきれず死んでしまいます。
自信が湧いてきました。ありがとうございます。
タクシー
2015/05/10 19:30
私はどちらかと言うとそういうタイプかもしれません。
多くの人は「XXが痛い」「具合が悪い」と周囲に話しまわりますが、私はまず言いませんし、何かあっても人に相談することはまれで結構自分でなんとかしてしまいます
今までそうやってきました。
が、自分を一流とは思ったことはないし思えない…(−−;)
sana
2015/05/10 20:42
タイムリーな話題でいくと、SMAP中居さんが父を亡くしたのを隠して仕事していたのを知ってやっぱりこの人は凄いなと思いました。
優雅に泳ぐ白鳥が水中では必死に足を動かしています。
決してその姿を見せないプライド、それが白鳥が白鳥たる所以ですよね。
最近はタレントが「裏側の努力」を見せる機会が多いですが、
努力は人に見せないほうが美しいですよね
ナナ氏
2015/05/11 11:04
こんばんは〜。

年を取るほど楽をしてはならない

すごくインスパイアされる言葉です。

私は母親として妻として女性として自分なりに楽しんでるしセルフイメージはブレないのですが仕事に関してはまだまだセルフイメージがはっきりしなくて(^_^;)
前職がブレなかったのは自分のカラーに合ってたから。
今の医療系はミッションだと思ってますから前に前に進んでいきます!

ノスタルジア
2015/05/11 20:37
私にとっても理想の男です>ららあさん

確かにそのとおりですね>ごまあざらしさん

そう思いながらもこなされているので立派だと思います。>咲子さん

そうです。基準を他人に置く限りぜったいに幸せに到達できません>ゆみこさん

そういう男でも女性の前ではリラックスするかも知れませんね。>カコさん

他人に弱さを見せないというのが重要では無くて、
自分のミッションの為に誰が観ていなくても行動を徹底するということなのです。
ですから家族や恋人の前でリラックスするのは構いませんよ。>ピノコさん

プロはそういう環境のほうが心地よいのです>タクシーさん

我慢強いのですね。一流だと思いますよ>sanaさん

無理してる訳ではなくて、
プロは努力を見せないのを美学としてるのです>ナナ氏さん
エイジ
2015/05/11 20:38
森信三は、「人間は楽をしたがるからその心を切り捨てなければならない。
年を取るほど、その傾向が強くなるから年を取るほど凄まじくしなければならない」
と言いました。
彼の講演会で京大の先生が森信三を前座で紹介したのですが
座って話したのです。ところが90歳の森信三が出てきて、
「年を取るほど立って話さねばならない」と座らずに話し出したので
先に話した人が己の至らなさを痛感したという話があります。
僕もこの話聞いてスゴイなと思いました。>ノスタルジアさん
エイジ
2015/05/11 20:52
子どもの病気や自身の風邪でグダグダになってました〜σ(^_^;エイジさんこんにちは!

そんな男性、いたら惚れてる〜!!あ!うちの父親だ〜!仕事場ではそうですが、家ではあそこが痛いここが悪い、と愚痴ってますがね。

うちの旦那も同じく、ですが、それで体を酷使してしまい倒れました〜再起不能なくらいのダメージ受けて。

母として、や妻として…一流とかあるのでしょうか??みんなそれぞれ異なった環境や価値観の中で生きてきて〜その中で必死で子育てやら家族の世話をしているでしょう?!一流も上手下手もないような気がするな〜(^◇^;)



Jane
2015/05/12 13:53
JCの話に戻るならば、彼らもまた孤独が似合い、人を受け入れる心があります。
人を尊敬できる素直さが成長の余力として一流に押し上げます。
心のよりどころの家族さえも敵の中で理想を貫ける精神状態は尋常でないはず。
六条
2015/05/13 04:34
なるほど。
そしてこういう人は密かにモテるような気もしますね〜!

体調が悪いのを周りに隠しつつ、働く。
そして偶然体調が悪いところを周りが発見してしまう→仕事がデキる男が倒れる→密かにモテる みたいな。
葉月
2015/05/14 22:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
一流は孤独を愛する BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる