BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪運が尽きる男と悪運が尽きない男

<<   作成日時 : 2013/07/16 20:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 16

昔、ある友人が言いました。

「世渡りが上手いけどずるい奴と、
世渡りが下手だけど人格者とどっちが成功するかな?」

どっちだと思いますか?

正解は、どちらでも無く、
「負けん気の強い奴や欲望が強い奴が運が良い」のです。
つまり、
世渡りが上手くても、気が弱いと運が悪くなるし、
人格者でも、気が小さいと成功しません。

ビルゲイツの言うように
「毎日、勝ちたいと思って生きること。そして決して負けないこと。」
は億万長者とか成功者の絶対的な真理なのです。


ある日、なにかのキッカケを境に突然運の悪くなる人っています。

昔、聞いた話なんですが、土砂崩れで壊れる家というのは、
30年のローンでやっとこさ持ち家を建てた夫婦とか、
借金が多い人の家とか病人が多い家が流されやすく、
勢いのある金持ちの家は流されないそうであります。

ちょっと極端かも知れませんが、確かにそういう傾向はあると思います。
私の知り合いで悪運の強い男がいました。
保険金詐欺まがいのことをしたり、人を陥れたりしましたが、
運良く常務に気に入られ(といっても鉄砲玉として利用された)会社では出世はするし、
お金も入ってくるのです。
部下からは毛嫌いされていましたが、憎まれっ子世に憚るって男でした。

ある日、その男は、事故をしまして、足の骨を折ったのです。
足の骨を折ったら、ちょっと気が弱くなって、若干、他人に優しくなったのです。
皆は「人は病気すると優しくなるんだね」
「たまには病気も必要だねー」なんて評価してましたが、
そうしましたら、現実は悲惨で、彼につぎつぎと悪運が襲ってきまして、
最期はパワハラで女子社員から訴えられ社長の強権で会社をクビになってしまいました。
あっという間に悪運尽きて地獄に堕ちちゃったのです。

彼には気の毒ですが、
悪運を考えることによって、
幸運を維持する方法を知ることが出来ると私は思うのです。

彼の運命が変わったキッカケというのは、
骨折して、優しくなったということである。
もし彼が骨折しても癌になっても、
気が弱くならなかったら、彼は地獄に堕ちなくて済んだかも知れません。
そして実際に地獄に堕ちなかったと思うのです。

つまり私達人間というのは、
人間に生まれたということは、戦うということである。
戦うから没落しないのであって、戦わない者は必ず没落します。
ニーチェの言うとおり、
幸運を与えるのは女神であるから、女神は強引な戦士しか愛さないのです。
人は常に戦士である故に幸運があるのであって、
戦士でない者が没落するのは必定であります。


人間でも、優しいのに迫力の無い男は絶対に運が悪くなります。
優しいとか人が良いのは、「運」には価値が無いようであります。
いわば「運」とは、戦士のみに与えられる「付録」と言えるでしょう。

飛行機が墜落しないのは、前に進むからで、
人間も毎日戦うから、墜落しないのです。
戦いを放棄して、楽しようとか思うと墜落するのです。

運送屋や土木作業人のように、汗を流して仕事をする男がいれば、
冷房の効いた部屋で大した仕事もせずに遊んでる男もいます。
しかし、未来には、冷房の効いた部屋の男も汗を流さねばなりません。
汗を流さないのならば涙を流すことになるでしょう。
人間の境涯は本質的に苦であり、運送屋も冷房男も神から見れば大差はありません。
汗流す苦労も、冷房で楽してることも大差は無いのです。
大統領も富豪も労働者も同じです。
人間は、誰しも苦しんで、汗流して働き、疲れて眠るという生涯から誰一人逃れることは出来ません。
それが人間の境涯であり、人間として産まれた限界なのです。

では、私達の人間の生きる意味は何でありましょう。

先日、東京電力福島第1原発の事故の際、現場で陣頭指揮を執った吉田昌郎元所長が、
食道がんのため死去されました。
吉田所長は、まさに日本を救う仕事をされ、日本を救う為に自らの命を落としたです。
吉田所長は運が悪いと思いますか?
確かに運が悪いかもしれませんが、私達は必ず死ぬのであり、
誰しも死ぬまで楽しく生きることはできません。
なぜなら、人間に絶対楽は無く、富豪も乞食も半苦半楽なのです。
私達が人間に生まれた以上は、楽しても苦がやってくるのです。
ならば、苦しみから逃げたり、ズルして楽して後で違う苦労するより、
人間界を良くする為の苦労して死ぬのが本命なのです。

戦わなければ、落ちる宿命ならば、
病気や貧乏と戦うよりも、人類や隣人の為に戦う道を選択するほうがきっと幸福でしょう。
苦(行)を自ら課すことによって、他の苦を免除できるのならば、
それが人間として生を受けた本当の理由であり、
苦の人間界を、楽に生きる秘訣なのです。

もし、どうも負けそうだとか
不安だとか、つまらないと感じるのならば、
断固として強気に生きることです。



twitterはこちら。
エイジの部屋


mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 55
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
吉田元所長は早世といってもいい位、若くして逝かれました。
でも、誰も彼を悪くはいわないし、彼の仕事の
苦労に思いをはせるでしょう。

菅元総理はさんざん福島原発で現場を乱して
あの大惨事につながる所業をしながら未だに
のうのうと生きて議員をやっています。

奴が反省したりやさしくなったりするはずは
ないので、一生このような不細工な人生を
歩むことになり、たぶん普通に天寿を全うするでしょう。

でも棺桶の蓋が閉まっても、奴の評価は永遠に
あがることはありますまい。東北を地獄にして
領土を中国に売ろうとした売国奴、これが評価。

だれか、奴の悪運を尽きさせてさせて欲しいものです。
どーまる
2013/07/16 20:57
確かに、吉田さんの件はやりきれない気持ちと怒りを感じてました…。
強気で生きる事、わかっていながら…。
なかなか出来ないです。
吉田所長の判断が、これからの日本でどう解釈されるかわかりませんが。
人生は戦う価値がある。エイジさん、そうだと思います。
タカピー
2013/07/16 23:41
エイジさんのサイトの青空と雲が好きです。
今はわかりませんが、私が幼いころTOBUデパートの包装紙が青空と雲で、
私はそれが大好きで、包装紙が手に入るとブックカバーにしていました。

国の為に尽力なさった吉田所長のお話のあと、個人的なことで恐縮です。

この1年半近く、ある人が原因のトラブルがあり、疲弊していました。
真実を述べても届かない、そんな状態が続いていました。
今も、真実が伝わらない状況なのかもしれません。
(漠然としたことしか申し上げられず、ごめんなさい)

そんな時にエイジさんの記事を読みました。
おっしゃる通り、強気で生きます。

いつもありがとうございます。
いつの日か、家族でエイジさんオフを夢見ています。
木綿
2013/07/17 01:22
エイジさん、こんばんは〜。

「勢い」ですね。エイジさんのおっしゃること、わかります。
自転車はこぎ続けてこそ倒れない。動き続けるから、前進できる。
悩むにしても、動き続けなければならないのですね。

ブレずに前進ということなんでしょうね。
カコ
2013/07/18 23:51
エイジさんが以前に書かれた
デルフォイの神託に通じますね。

私達の人間の生きる意味は何でありましょう。
からの言葉は私に投げかけられた気がしました。
楽をしたいと逃げ逃げ思考になっていたので
喝を入れてくださりエイジさんありがとう。
なお
2013/07/20 06:23
強引な戦士は、自分は生きているのでは生かされているのだという自覚はあるのでしょうか。
感謝する心が一番大切です。
ひとこと
2013/07/20 14:41
脱字訂正。
生きているのではなく生かされているのだという自覚
ひとこと
2013/07/20 14:51
確かに菅直人は悪運の強い奴の典型として最良のサンプルですね。
どうなるか楽しみですw>どーまる様

人生はまず戦うという姿勢を決して忘れないことが重要でしょうね。>タカピーさん。

私達は困難に打ちのめされると自信を無くします。
感謝をする心というのは自信の無い心からは決して発生しませんね。
ですから、まず強く生きることです>木綿さん。

前進するしかないのが人間なのですね。>カコさん。

他の人を愛しているのだということを、
行動によって示すことで、初めて彼らを幸せにすることができるのです。
たくさんのものが必要なわけではありません。
しかし、それに必要なのは強さです。>なおさん。

私はそうは思いません。
強さを必要としない感謝するだけの心は
行動をしない慈善事業なようなものです。
行動をすることによって傷つき自己否定をした後に
それでもなお行動するという行為において必要なのは、
感謝ではなくて強さです。>ひとことさん。
エイジ
2013/07/20 17:54
強さが必要だということはは激しく同意しております。強気で生きる姿勢の重要性。 「強さを必要としない」感謝する「だけ」
の心、は真意ではありません。拡大解釈されたことが残念。
ひとこと
2013/07/21 14:14
コメントの返事ありがとうございます。
すでに、吉田所長の悪評スレを見ましたが…
今回のブログはエイジさんの思うところがなにかしらあったのかと…。
「強さ」と「優しさ」
正直、両方とも同じかと
ただし、自分が出来てるとは言えません。
「強さ」を求める時は「優しく」はなれないし、逆もしかりです…。ただそう言った事を、思いだすだけで…プラスになるのではと…。
難しいです。
話しはかわりますが…。一昨日、幽体離脱てきな現象をしましたが…。上手くいかなかったのが残念です。ただ、それ以降時計を見ると数字が同じ時を見るのですが…。何か意味があるのでしょうか?
しかも、最近は凄く睡魔がきます。
エイジさんはどう思われますか?
タカピー
2013/07/21 22:43
今回の私の話に関しては、「地球においては強さだけ必要」って話なので
失礼しましたが、感謝する心が重要であることは、
人間が霊長類であることよりもっとも重要であることに間違いはありません。>ひとことさん。

それは、非常に良い傾向というか
霊肉が分離できはじめている証ですよ>タカピーさん。
エイジ
2013/07/22 12:21
そうですよね、ありがとうございます。
ひとこと
2013/07/22 20:20
はじめまして。
今回の記事凄く参考になりました。というか凄く納得できました。
自分事なのですが、数年前困難に負けてからなんだか運がなくなったと感じてます。自信もなくし弱気になってからなんだかパッとしないんです。

毎日、勝ちたいと思って生きること。そして決して負けないこと。
断固として強気に生きること。
今回の記事でこれを見つけ、探しものが見つかった気がしました。
実践して戦士で在りたいと思います。ブログに感謝します。
sin
2013/07/27 05:56
ではどんなに悪い事をしている奴らも、自分側にエネルギーさえあれば自分に返って来ず、勝ち続けるということですか?
因果応報って無いんですか?
名無し
2013/08/05 02:37
麻生さん等がいるので、自民党が与党になるのを阻止したかったのに・・・。
今回のヒットラー発言にしても、無知を恐れない強気な姿勢です。
彼らの、悪運はやはり強気だから?ですか?無知でも、同じ日本人として許せなくても?名無しさんのおっしゃる通り因果応報の形がある事を信じます。

男性は、確かに強く仕事に生きている方は魅力的です。
しかし、例えば彼女を失っても、仕事が充実していたら幸せなのですか?
ぴのこ
2013/08/11 21:39
風が吹いている限り、
強く生きて下さい。>sinさん。

因果の法則からは誰も逃げられませんが
悪いことも悪因ですけど弱気も悪因です。>名無しさん。

確かに、暴力とか悪因は悪果になりますが、
弱気とか被害妄想も悪い事と同じような悪因になります。
しかしながら、人間は悪因を犯さねば生きていけない境涯ですので
誰しも悪因を犯してると考えることが必要でしょうね。>ぴのこさん
エイジ
2013/08/14 19:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪運が尽きる男と悪運が尽きない男 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる