BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 困難はなぜあるのか?

<<   作成日時 : 2013/04/20 20:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 5

私達が困難に遭遇したり、悲しい出来事に遭遇した時に、
大事なことは、決して消極思考にならず、悲観しないということであります。

悲観しないとは、どういうことかと言うと、
「負けないぞ。かならず良くするぞ。」と力を沸き起こすことであり、
勝つことを確信することではありません。

なにより、大事なことは、
「困難に遭遇した意味は、消極思考にならない訓練なのだ。」と思うことであります。

しかしながら、「うっかり」この事実を忘れてしまって、
困難に遭遇したり、理不尽な環境に置かれたり、
恩を仇で変えされたり、中傷誹謗されると腐ってしまったり、やる気を無くしたり、
自暴自棄になって環境に屈してしまうのであります。
その結果、嫌な不運のスパイラルに陥るのです。


とある宗教団体のとある教祖の話ですが、
彼は生前は非常に金持ちで、
すごい権力を持ち、貴族みたいな豪邸に住み、
愛人も多く子沢山で、しかも長命で最期は盛大な葬式もされました。
残念ながら子供は不幸な子が多いようであります。

私は彼の信者ではないのですが、
このような絶大の力を持ち、しかも生涯維持したというのは稀有な事実であり、
その理由を考えるに思うことがあるので書こうと思う。

彼の生涯を紹介をした記事を読んで判ったのですが、
彼はずっと幸運であるワケではなく、
生涯に何回か監獄に収監され、しかも定期的に想像を絶する苦難に遭遇しているのです。
そして奇妙なことに、苦難の後に飛躍しているのです。

特に彼が若い時に遭遇した苦難は凄いのですが、
2年間投獄されて生きて出た者が1人という強制労働と拷問の監獄であり、
それが彼だったワケですが、
「未だかって人類の誰もが経験したことのないような苦しみを味わった。」
と彼が述懐していましたが、確かに唯一の1人だからそれに近いと思うのです。

私が思うに、彼の人生における幸運の基盤になっているのは、
彼の想像を絶する不運の時の生き方にあり、
それは「不遇の時も神を呪わず、人類の幸福を祈った。」という生き方にあると考える。
これは、グルジェフの超人思想に通じるものであり、
私達の苦難に対する生き方の手本になると思うのであります。

参照:グルジェフの「超人思想」

困難の存在理由は、
困難に屈しないことを学習する為であり、
そして、なによりも重要なことは、
あらゆる困難においても、誰も恨まず、他の幸せを祈る至誠を貫いた時に、
困難の数十倍の勝利を手にできるということであります。
ゆえに困難は飛躍のチャンス到来だと言えると思います。
なぜなら、対処を間違わなければ、勝利を手にできるからである。



twitterはこちら。

エイジの部屋

mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
エイジさん、こんばんは〜。

どんな状況でも、自分を貶めない精神こそ、素晴らしいのでしょうね。
平常心で全てを乗り切れるような存在にならないと。
何より「他の幸せを願う」というのがいいですね。
皆が幸せなら、世界中が幸せになるはずですね。
カコ
2013/04/21 00:12
こんばんは。
前回の記事での御返信ありがとございました。

難病というのは脳下垂体関連です。
以前、りょうで書き込みをしたことがあり
名前の改名についてお聞きしたことがありました。
ニックネームを忘れていたのでいまはたぷとなっております。
改めて宜しくお願いします。

今回の記事も今の自分にとってとてもためになります。
積極思考でいこうと思います。
たぷ
2013/04/21 00:39
どんな状況でも、良くなる試練だと思うことが大事なのでしょうね。>カコさん。

私も忘れがちになるので
お互いに積極思考を心がけましょう>たぷさん。
エイジ
2013/04/25 17:53
こんにちは。
いつも見ています。考えさせられることがとても多いです。
今回の記事でも、過去に書いてある神様など様々な問題に関するテーマでも、共通する点は、
『誰かの幸せを願うこと』
ですよね?
『誰かの幸せを祈った分、他の誰かを呪わず(恨まず)にはいられない』
↑(コレは某魔法少女が主役のアニメのセリフです…)
このセリフにもあるように私達は神でも何でもないので、何の見返りを求めずにただただ誰かの幸せを願うことなんて出来るのでしょうか?
仮に願うことが出来たとしても、見返りなしに、そしてセリフみたいに誰かを呪わずにはいられないんじゃ…
見返りを求めない考えはいずれ破綻するんじゃないですか?
また、エイジさんはこのセリフについてどう思われますか?
よく見えるのに東名高速
2013/05/20 16:59
見返りを求めず幸せを祈ることは可能だと思います。
例えば、我が子が震災に遭遇した場合、我が子を助けることを慈善事業だと思うとか、善行をしたと思う親がいないように、
他と自分を区別する限りは見返りを求めないのは不可能と思います。
エイジ
2013/05/22 18:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
困難はなぜあるのか? BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる