BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 碩学鉅師

<<   作成日時 : 2011/08/02 20:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 1 / コメント 7

今回は、繁栄の基本、
問題解決の基本原理について考えてみましょう。

「傾いた我が社の売り上げをどうすべきか?」とか

「腐敗した相撲界を改善するには何をすべきか?」とか

「人生で成功するには何をすべきか!」の答えは数多くあるように思えます。

事実、テレビの評論家達は、
「傾いた政治をどうすべきか?」の解答は、人によって違い、
どれも正しいように思えます。

政治倫理の改革や税制の見直し、政策論や地政学・・・
人に因ってはいっぱい解答がある。

「傾いた我が社の売り上げをどうすべきか?」の場合でも、

マーケティングの研究や商圏の拡大、新製品の開発・・・・
戦略や戦術の話はいっぱいあると思います。


「腐敗した相撲界を改善するには何をすべきか?」でもね。
博打や麻薬の大本である山口組 弘道会を壊すとか八百長を監視するとか、
評論家の人がいっぱい対策を考えています。


では、
実際に、世間で話されている解決策のように、
富士山の登山道のように、頂上に向かう道は数多くあるように、
解決策という道も多くあるのでしょうか?


じつは、違うのです。
ほんとうの解決策というのは、ひとつしかないのです。

世間で語られている解決策とは、ほとんどが戦術や戦略論であり、
政治で言えば枝葉の政策論に過ぎません。
じつのところ根本的な解決策ではないのであります。
根本が正しくなければ、結果は成就しません。

もっとも大事なこと、
それは、
問題のある業界に、運の強い人物が存在するだけで、
問題は劇的に改善される。

ということであります。

戦術や戦略よりも、有徳なリーダーが居れば、
あらゆる問題は解決される

のである。

これは道徳論ではなくて
歴史的な事実なのです。


吉田松陰曰く、

「学政必ずしも改めず、唯(た)だ碩学鉅師(せきがくきょし)あらば文興(ぶんおこ)らざるを得ず、材士良兵(ざいしりょうへい)あらば武隆(ぶさかん)ならざるを得ず。」 
「獄舎問答」 安政2年(1855)7月

「教育に関わる行政を必ずしも改めることはない。
ただ、大学者や真摯に学問をしようとする先生がおれば、学問というものは盛んにならないことはない。
また、才能があり、心ある武士がいれば、武道が盛んにならないことはない。」

吉田松陰の話は忘れがちであるが、歴史な真理であり、
この真理を忘れてはならないのである。

じつのところ、
栄枯盛衰の原因は、環境などの時代背景に有るように思えるが、
実際は、すべて関係する人の運によって左右される

ということなのであります。

嘘みたいな話であるが、
立派な人物(碩学鉅師)が一人いれば、災害にも遭わず、
例え災難に遭遇してもすべては改善されるのは事実なのである。

日本が過去に、教育改革や政治改革がうまくいかなかった理由というのは、
まさに制度を変えれば、改革が出来ると思っていたからである。

政策が上手であったから、政治が上手くいくのではない。
教育界に立派なリーダーが居れば、教育改革は成功するし、
政界に立派なリーダーが居れば、政治も良くなるのである。
相撲界に立派な人物が居れば、相撲も良くなるのである。
立派な人物を育てることが最も大事なのである。


ある高名な経営コンサルタントの先生が、多くの会社を観察した結果、
「社運は社長の運によって99%決まる。」
という事実が歴然と存在すると書いていましたが、

学校でも、校長が変わるだけで「イジメが無くなった」り、
監督が変わっただけで、「チームが強くなる」という例を、
私もたくさん見てきたので、この話は本当である。

社長が替わって一気に社運が傾いたり、或いは問題が頻発したり、
逆に、環境が変わって社運が徐々に上昇する例を、実際に皆さんも知っていると思う。
社員や商圏が変わらないにも係わらず、
社長が替わっただけで売り上げが左右するのだ。

教育も同じでね。
「学校で発生する問題の99%は校長の運によって決まる。」のです。

日本は不思議な国で、必要な時に必要な人物が生まれる国であります。

日本が明治維新を成功したのは、有徳な政治家を数多く輩出したからであるし、
戦後、日本の経済が発達したのは、有徳な経営者を数多く輩出したからである。

そして、
どの世界でも、最強の者は、
繁栄するには、物や力ではなく、人がすべての基になるという哲学を持っている。

戦国最強の武田信玄は生涯、強固な城に固執しなかった。
なぜなら、信玄は石の城よりも人の城のほうが重要であると知っていたからである。

信玄曰く、
「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり 」

世界最大の企業であるウォルマートは商業的な優位に向けて邁進し続け、
そのビジネスモデルは、世界の小売業の標準になっていますが、
ウォルマートの理念とは、
「従業員を“一緒に会社を育てるパートナー”として捉え、
優しく声をかけ、ジェット機を使って全店舗を見て回る。」
ことである。

人間中心の事業経営を生涯実践した出光佐三の理念も同じである。
「社員を立派な人間として育てるのが出光の使命である。」


組織の栄枯盛衰は、
社長が損得重視ではなく、「碩学鉅師を育てることが一大事である。」と知る人物であるか?
そして社長自身も碩学鉅師を目指す人物であるか? ということによって決まるのです。

もちろん国家についても同じであり、
個人の幸福についても同じである。
繁栄は、政略や才能、財力や知力によって達成されるのではありません。
繁栄は、唯、リーダーの器と運によって99%決まるのです。




twitterはこちら。
エイジの部屋


mixiもやってます。
よろしかったらマイミク登録しましょう。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし
衆議院選挙は歴史的な自民党の勝利になったけれども、 事実は、民主党の歴史的な負けということである。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2012/12/23 23:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
エイジさん、こんばんは〜。

う〜む、日本の現状はどうなっていくのか。
それは、強運な人物の登場を待つべきなのですね。。。

この人なら、と思える人がトップに立てば、
それだけで変わりますからね。
待ち遠しいものです。
カコ
2011/08/02 21:28
いつも更新楽しみに読ませてもらってます。

「社長の運で会社が左右される」

やっぱりそうなんでしょうか?


確かエイジさんも同業種だったと思いますが、

私が以前いた会社(製薬)、MRのレベルは低いし、会社の経営戦略も酷い。

だが、年々売上は上がってる。

理由、売ってる商品(薬)の対抗品が販売中止や回収で品薄になり、何もせず勝手に売れる。


他にも色々あるけど、本当に運だけは半端ない会社。


気になって社長の姓名判断してみたら、とんでもない強運の持ち主。


他に、親友なんですが高校中退、バツ2、数年前に独立。

金払い滞るわ、女遊び酷いわ、一時従業員がいなくなるが、今は正社員をかかえ、取引先も増え順調に儲かってる。

何故?

気になって姓名判断してみたら、これまた素晴らしい強運の持ち主(°□°;)


因みに、私も独立してまだ数年ですが、姓名判断は“乗るか反るか”って・・・ホ

長文失礼しました、次回も楽しみにしています!
シュウ
2011/08/05 13:18
国家の運は政治家の運が。
会社の運は社長の運が。
それぞれ握っているのですね。

では家庭の運は、その家の世帯主の運でしょうか?
または主婦?

お母さんは太陽ですからね。
家族を照らし、
家運をあげる存在でいたいものです。
ナエマ
2011/08/05 17:14
昔むかし。
最も強運であることを求められたリーダーとして
例をあげると大航海時代のキャプテンもそうですよね。

船長の長年の経験と直感が、クルーの命を左右するほど。

クルーが肚を括って命を預けられるほど
責任感と使命感のある立派な人物だったはず。
若い人達の間でワンピースが流行ってますけど、

オトコが惚れる男の中の男、
やっぱり強運でなくっちゃね。

ららあ
2011/08/07 21:03
もともと、どこの学校でも、名門なら選手のカードは揃っている。
だけど、すごいと評判な先生が来たとたん、就任2年でキッチリ全国一位になったりする。(男子千葉中学校バスケットやけども)
全国一はそうそう取れない。
じゃあ、その名将を得たいが為に、モンスターピアレントになって、大丈夫かなーって思いました。
子供達の頑張りを1、2年じゃなくずっと見てきた自分はいくらでもモンピアになれるけど、それって合ってるのかなーって。
で、思ったんだけど、最高に努力した時に、サイテーの人間(監督)に付いたのは、幸運かも。サイテーの上司ってイッパイいるし。
これ以上は無いダメダメ指導者に10代のうちに就けたのは幸せだよって。
まー、たかが、中学のバスケット指導者なんて皆さんは思うかも知れませんが。
努力は、はんぱないんだよ。
でも、監督のおかげで、拮抗してるチームにも4点差で勝てない。
『努力』も『カード(選手力)』も関係ない。
エイジさんが言っていることは正しい。
中学女子には悲しい。
でも、私は思ったね。やっぱり親も諦めるべきじゃ無かったって。
すべてを投げ打ってでも(自分の子供一人が不利になっても)、やるべきだったね。
大強運を持った上司や幸運を持った上司がいる場合でなくて、
そうじゃない場合の組織の対応方法をマニュアル化するのが、大切や。
そんな上司がいたって、努力する中学女子を何年も見ていたらあきらめきれない。















未都
2011/08/07 23:21
なでしこのような〜。
未都
2011/08/07 23:35
カコさん。こんばんわ。
まさしく日本こそ真のリーダーが必要な時代なのですが、
じつは、真のリーダーは天皇しかいないのです>カコさん。

私が思うに、筆跡とか先祖供養で後天的にも運が良くなると思います。
そして、運が無いといくら才能があってもダメですね。>シュウさん。

家族の運は父親で、
子供の運は母親だと言われております。>ナエマさん。

あと運の強さには顔が大事です。
東郷平八郎は男前でしたし、マッカーサーも男前です。
毛沢東も若い時は男前です。
逆に顔が悪い(暗い)独裁者は失墜します。>ららあさん。

良い指導者に当たるか否かは運ですね。
でも、それは親と一緒で選べない。
でも努力を続けると良い指導者に巡り会えるという事例は数多くあります。
肝心なのは、やはり与えられた環境で精一杯の事をすることだと思います。>未都さん。
エイジ
2011/08/09 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
碩学鉅師 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる