BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS セレンディピティ

<<   作成日時 : 2011/04/24 18:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 83 / トラックバック 2 / コメント 8

スタンフォード大学のグランボルツ教授が、
成功した人々のキャリアを分析したところ、

成功者のうち8割は、
「今のキャリアは予期せぬ偶然で獲得したものだ」
と答えたらしい。

つまり、成功は、合理的な要素よりも、
予期せぬ偶然の連続によって得られる場合が圧倒的に多いってことである。

この研究によって、グランボルツ教授は、
「計画された偶然」という概念を提唱した。


グランボルツ教授の話を紹介しましょう。


米国の有名な靴メーカーで働いている女性がいた。
彼女はデザイナーで才能があったし、靴のデザインの仕事も彼女のセンスを生かせる仕事であった。

しかし、彼女は広告代理店のアートデザイナーになる希望があったので、
仕事を辞めた。
そして、その後も色々な仕事にありつけるチャンスがあったのに、
「広告代理店のアートデザイナー」以外の仕事に就く気になれず、
すべてを断ったのである。
そんなふうに過ごして来た彼女はどうなったか?

彼女は行き詰まってしまったのである。
そして、グランボルツ教授に相談に来た。

グランボルツ教授は彼女にこう答えた。

「夢を実現させるのに一生懸命になり過ぎると、
夢を実現させる為に計画された偶然を拒否してしまう結果になりやすいということです。
しかも、計画された偶然を拒否すると目的地には到達できません。

じつのところ、
科学や医学の歴史的な大発見というものは、
計画された実験から得られたものではなく、
偶然に思わぬ発見をしたものばかりなのであります。

例えば、レントゲンのエックス線の発見、フレミングのペニシリンの発見、
ダイナマイトの発見も、ジェンナーの天然痘だって、キュリー夫人だってそうだ。
すべて偶然によって発見されたものである。クローン牛も偶然の産物だ。

「セレンディピティ」という言葉がある。

この言葉は、イギリスの政治家にして小説家であるホレス・ウォルポール(ゴシック小説『オトラント城奇譚』の作者として知られる人物)が1754年に生み出した造語であり、彼が子供のときに読んだ『セレンディップの3人の王子(The Three Princes of Serendip)』という童話に因んだものである。

これは、
本来の目的とは違った脱線や発見によって、
価値のあることを獲得するという意味である。


ウォルポールが友人に宛てた書簡を紹介しましょう。


この私の発見はまさに私に言わせれば「セレンディピティ」です。
このセレンディピティという言葉はとても表現力に満ちた言葉ですよ。
この言葉を理解していただくには、へたに語の定義などするよりも、その物語を引用したほうがずっとよいでしょう。
かつて私は『セレンディップの3人の王子』という童話を読んだことがあるのですが、
そのお話において、王子たちは旅の途中、いつも意外な出来事と遭遇し、
彼らの聡明さによって、彼らがもともと探していなかった何かを発見するのです。
例えば、王子の一人は、
自分が進んでいる道を少し前に片目のロバが歩いていたことを発見します。
何故分かったかというと、道の左側の草だけが食べられていたためなのです。


さあ、これで「セレンディピティ」がどのようなものか理解していただけたでしょう?


単なる偶然といえど、
大事なのは、
漫然とした日々の中で得られる単なる偶然ではなく、
強い目的意識を持って生活すると
計画された偶然に遭遇する。

ということだ。




禅宗の道元は、正法眼蔵の中で、
人間は、まず志を立てるのが一番大事だと書いています。

それは、「菩薩になろう」とか「佛になろう」とか
「人のお役にたちたい」という高邁な志もあるし、
お金持ちに成りたいとか女性にモテたいという現世の志もあるでしょう。

道元によれば、
志を立てれば、万事が上手く運ぶわけではない。
むしろ逆である。
女に溺れたり、酒に溺れたり、人を裏切ったり裏切られたり、
おおよそ志とは違った自己否定自己嫌悪の経験をする因縁が出てくる。
しかしながら、紆余曲折があるけれども、
志を立てた後のすべての経験は菩提成就の因縁になると説いている。

道元の話は感動的だと思いませんか?

道元の話は、誇張ではなく、
決して宗教的な善悪の話でもなく、
真実の話であり、
まさに、この話こそ「セレンディピティ」であり、「計画された偶然」に他ならないと思う。

大事なこと、それは私達は、志を立てること。
願望を持つこと。
そして決して志を捨てないこと。

志を捨てなければ、
計画された偶然に遭遇する。
それは、必ず最初の願望とは違った姿で顕れる。
いろいろな不運とか災難、運命の悪戯のような姿で顕れるかも知れない。

しかし、それは、そのまま、
目標達成への必要な手段ということである。

ある目的を持って動き出した運命の輪は、
偶然としか思えないような現象を巻き起こし、
私達を目的の場所へ運んでくれるのです。

現象はすべて必然であり、偶然は無いのです。



twitterはこちら。
エイジの部屋

mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 83
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
志が低い国は国難に遭う
日蓮は「志が低い国は国難に遭う」というようなことを言い放ち、 元寇が来るのを予言したと言われていますが、 日本は今まさに国難の最中であります。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2011/12/09 23:59
ナンバーワンを目指さないと不幸になる
「ナンバーワンは無理だからナンバーツーでいいや」とか 「大成功をすると不幸になるから、そこそこの成功が良い」という人や 「大金持ちよりも中金持ちを目指す人」のような「ナンバーワンを目指さない人」と、 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2013/10/26 19:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
余りにも感動的な記事で、思わず初コメントしてしまいました。
素晴らしい話をありがとうございます。
豆しば
2011/04/26 00:04
もしエイジさんが教祖になったら
絶対に信者になってしまいそう。すごい説得力です。
パフューム
2011/04/26 22:05

こんにちは エイジさん。
必然ならば 受け入れていたほうがいいようですね。 いやな事も いいことも 勉強だからと思えば納得できます。あとは 受け入れる方法か… 嫌なものは嫌だぁ〜 困りますね(^^;)
おみつ
2011/04/27 15:18
心底願ったことは、
自分の中にある究極なる真実の答えですから、

自分にはまだ力がないから とか
遠い場所にあって行けないから とか
親の反対があるから  とか
出来るようになってからやろう とか

四の五の言わないで、
すぐさま やること!ですね

良い話、いつもありがとうございます^^



ららあ
2011/04/27 17:41
>現象はすべて必然であり、偶然はない。
まさに真理ですね。
深い内容をありがとう。
せいちゃん
2011/04/28 07:54
志を決して諦めなかったけれどアートデザイナーになれなかった彼女は、必然を拒絶していたと言う訳なのですね。
従って、人生強調すべきは、志を捨てないことでなくてーーーー。
まるやま
2011/04/30 22:36
エイジさん、こんにちは〜。

志があって努力をしていれば、たぶん気づくのでしょうね。
何かに気づくだけのものを持っていた人が望むものに到達できるのかな。

広告代理店のデザイナーになりたかった人の目的はなんだったんだろう?
と、ちょっと考えてしまいました。
やりがいのある仕事なんだろうか?やりたい仕事で人のために役に立つことなんだろうか?それとも、ほかの何かなんだろうか?

そして、自分のことも、考えてみたりするのです。
カコ
2011/04/30 23:36
ありがとうございます。励みになります>豆しばさん。

貴方はだんだん信者になりたくなって来ます。!w>パヒュームさん。

おみつさん。嫌なことの対処は、
我慢するんじゃなくて、なにかの厄払いになってると思ったほうが
良いですよ。>おみつさん。

心底願ったことは必ず叶うもんだと実感してますw>ららあさん。

現象絶対肯定ってヤツですね。>せいちゃん。

そうそう。
とりあえず小さな波に乗ってみること。
そのうち大きな波が来ます。>まるやまさん。

カコさん。こんにちわ。
いわゆる憧れということではないでしょうか?
見栄や体裁だったか知れませんね。確かに。>カコさん。
エイジ
2011/05/03 11:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
セレンディピティ BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる