BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 癌の人はアルツハイマー病になりにくいという話は易学である。

<<   作成日時 : 2010/03/31 19:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 10

癌になったことのある人はアルツハイマー病になりにくく、
逆にアルツハイマー病の人は癌になるリスクが低いらしいです。

医学誌「Neurology」オンライン版に12月23日掲載された今回の研究は、
米ワシントン大学医学部のCatherine M. Roe氏らによるもので、

65歳以上の被験者3,020人を対象に、
認知症(アルツハイマー病)については平均5年間、癌については8年間追跡した。

その結果、白人の被験者では、アルツハイマー病であった人は癌により入院するリスクが69%低く、
癌の人はアルツハイマー病になるリスクが43%低かった。

米アルバート・アインシュタイン医科大学のRichard Lipton博士は、
「アルツハイマー病によって、癌リスクが劇的に減少することが示された。この関連は極めて顕著なもので、予想外である」と述べている。

だそうだよ。

こういう研究は、絶対!ではなく、
こういう傾向があるようです。
というものでありますが、
非常に面白いと思われる。

というのは、
結核になった人は癌になりにくいという傾向があるのですけど、
それじゃ、軽い結核になれば癌予防になるのでは?
と考え、丸山千里先生は、「丸山ワクチン」を開発した。

丸山博士は、皮膚結核やハンセン病の治療に打ち込むなかで、
あるとき、この二つの病気にはガン患者が少ないという共通点に興味を持ち、
ガンに対するワクチンの作用を調べる研究が始まった訳です。

実際に、丸山ワクチンは治療率100%の薬ではないが
「ガンの縮小がみられる」などの報告が多くあり
ワクチンを打った末期ガンの患者さんの中に、
ガンと共存して何年も元気に暮らす人が現れている。

つまり、丸山ワクチンとは、体からガンを排除する治療法ではなく、
ガンを体内に宿したまま生きる方法の手助けをするガン治療薬と言えるでしょう。

そういう観点からね。
アルツハイマーの人に癌はいないんですよ。とか
ライ病の人に癌はいないんですよ。とかね。
そういう話は、僕は非常に易学的と思うのです。

易というのは、すべては繋がっているという考えです。
つまり、時間も運命もツキも事故も植物もすべて繋がっている世界の中で発生してる。

「岐阜駅前の交差点で2:45分に事故が発生する。」という運命があるとしましょう。
その避けられぬ運命は、「場のエネルギー」としてすべての現象と繋がっているのです。
事故の予兆は眼には見えないけれども、
2:45分以前の時間にも、岐阜駅の近辺に咲く白い花にも、
空気にも、歩く人にも、来るべき事故という運命と連動する「相似現象」として存在してるのである。
従って、その「相似現象」を察知できれば、
そして相似現象をどのように解消できるかを知っていれば、事故は未然に防げるかも知れない。

易では、運命は決まってると考える。しかし運命は変えられると考える。
易だけでなく、あらゆる哲学、神秘学、宗教でも、
どのようにすれば、運命を変えられるか?という設問に対し、
自分を変えれば運が変わる。という考えと
環境を変えれば運が変わる。という二つの方法があると思われる。

長年かけていろんな人が研究したのですよ。
それで、ある人は、「親孝行すれば子孫繁栄する。」とか
「神に祈って護符を書けば想いが叶います。」とか
「西北の方角にいけば出世できます。」とか
いろんな説や方策が発生しました。

その中で、多くの人が長年調査し、結果を集積した結果、
どの説も正しいこともあるし、当たらない場合もある。
特定の場所では有効であったり、人によっては無効であったり、
時節によっては有効であったりしたのです。

そんな膨大な統計の結果、
道教では、後者の「環境を変えて運命を変えるという方法」のほうが、
「自分を変えれば運が変わる」よりも、もっとも確実で副作用が無いという結論に到達した。

私たちの住む宇宙というのは、非常に正確です。
たとえば、太陽の周りを地球が回ってますよね。
考えられない程、すごい正確に回ってます。
地球の自転も正確です。
ならば運命も同じでしょう。
世界はすべて繋がってますから、
地球の公転のように、運命も例外になることは無い。
運命は完全に決定してることに疑いはない。

しかし、これは、今のままでは決定してるということです。
なにもせず、なにも変えず、そのままにしてれば決定してるということです。
時間は変わっていき、止まることはない。
これも物理的な真理で、易の根本的な考えでもあります。
何かが変われば、運命も変わるはずである。

では、どうやって変えるのか?
念力で変わるでしょうか?
親孝行で変わるでしょうか?

古代の賢人は、念力も親孝行でも運命は変わるけれども、
やっても効果が無い人も、逆効果になる人もいるのはなぜかを考えた。
悲しいけれども、親の介護で不幸になる人だっていますよね。
なんで親孝行なのに!と僕も思います。

それで、道教では、誰でも同じ効果があって、
誰もが簡単に変わる方法があると結論を出した。
それが易学なのです。


ちなみに、道教とか儒教では、運命の立て替えに霊とか念力を頼むのは危険であるというような
教えが有りますけど、それは何故かというとね。

アレウスタークロウリーという魔術師が
「世界を変えるには、自分を変えるしかない。」という名言を残しました。
つまり、念力なんですけど、魔術という方法によって潜在意識を変容させて運命を変えるのです。
何かを変えれば、何かが変わるのは宇宙の法則ですから、
念による運命の変化は、その反作用も凄まじい。

念の力も宇宙の法則の中に存在してますので、因果の法則からは逃れられないのです。
実際にクロウリーは、魔術によって巨万の富を得ましたが、
多くの人を死なせ、狂わせ、最後は自分の人生も破壊しました。

ヨガの教えで、修行の最中にいろんな力が得られるが、それを用いてはならないといいますが
それは、きっと副作用を考えてのことでしょうね。

「自分を変えれば世界は変わる。」というのは、空海も言ってますから本当でしょう。
しかしながら、自分を変えるという世界は、
霊とか念の問題に介入し易く、凡人には扱いが難しい。
だから孔子なんかは
「凡人は運命の改善に霊や念力には近づかないほうが安全である。」と教えたのです。

その点、環境を変えると運命が変わるというのは、
非常に賢明な方法で、
いわゆる因果律を利用して運命を変える訳ですから、
効果が抜群で副作用も無いと考えられます。

仮に、地球の公転してる近くに磁石を置いたとしましょう。
公転の軌道も公転時間も確実に変化します。

これは、場の力を変えるということ。
風水でいうところの「環境を変えて運命を変える。」ということで、
物理的因果関係の中での変化ですから磁石を置いた人への副作用被害もありません。
道教では、この方法のほうが確実で強力であると考えるのです。

こんな話があります。
台湾の話なんですけどね。
お父さんが病気で意識不明になってね。
娘が風水師に相談しにいったら、易で占ってから、
なにやら古代の秘密の本をゴソゴソ読み始め、

「ここままではお父さんは半年以内に死にます。」

「しかし、家の北にウサギを8羽飼いなさい。死んだら死んだ数だけ補充しなさい。そうすれば助かります。」
と言ったそうである。

そこで、実際に、ウサギを飼ったら、数日で全部死んでしまったそうです。
そこで言われたとおり、ウサギを補充してると、また死んだ。
それでまた補充してたら、死ななくなった。
そしたらお父さんの意識が戻った。

ありがちな、ただの偶然とみたいな話ですけど
私はこういう話がスキなのだw

幕末から明治にかけて易聖と呼ばれ、
実業家でも有名な材木商で、易によって巨万の富を得、
神奈川の「高島町」という町までできちゃった高島嘉右衛門という人がいましたけどね。
この方の易のエピソードでも、おなじような話が多くあります。
高島嘉右衛門については、いつかまた紹介しましょう。

この話聞いてね。
なぜウサギなのか北なのか8羽なのかというのは、
易の世界の法則である五行相克とか陰陽の考えでそうなるらしいけども、
私的には、「ペットが身代わりになった。」ということだと感じたのです。

実際に道教や台湾じゃなくてもね。ペットが身代わりになるってことはありますよ。
誰がなんといおうと、ペットが身代わりになって死ぬということはあるのだ。

道教ではね。病になったのは、病になった因果があって
病が現象化するのは、邪気という気が病を発生させたと考える。

そこで易で占ったら、このお父さんの場合には、邪気が北の方角から侵入してると卦が出た。
それで邪気を封じる為に、ウサギが身代わりになったということです。
これが羊じゃだめらしい。お父さんの場合はウサギじゃないとダメなんですよね。
ウサギにとっては可哀想な話であるが、
易というのは、ピンポイントで方策を示してくれるのでそういう事になる。
仮に時間が変わったら、易の方策も変わる。
病の進行によって治療法が変わるようなものだ。

今の話を聞けば判ると思うが、
易とか風水は非常にすばらしい学問かもしれないけれども、
とにかく占う人が達人じゃないと当たらない。
同じ卦がでても、アドバイスが違う場合もある。
そんな理由でね。
易とか風水はインチキだの、迷信であるだの、
とかく悪くいう人がいるけど、実際のところは何も判っていないし、
易のスゴさに到達することもないであろう。

孔子でさえ易経や老子に親しむ時期を待ち、
実際に研究し始めたのは晩年になってからだと言われている。

老子や易というのは、論語とは明らかに違う学問でありますが、
考え方や理論が非常に奥が深く、宇宙の真理であり、
高度な運命改善方法だと僕は思っている。


えーと。
そうそう。
だからですね。

北にウサギを飼ったら病気が治りますというように、
アルツハイマーになったら癌に為りにくい。
という話は、実は同じ話なんですよ。

迷信みたいだけど、実は科学的な話なんです。

以前書いた易の記事:乾為天の龍:リーダーの易経


あっ
それと、Twitterを始めました。
といっても使い方判りませんけどね。
エイジの部屋




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お墓参りの効果
今回はなぜかお墓について書きたい。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2010/04/13 23:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おっ?
Twitter始めたんですね。使い勝手はいかがですか?
癌の人はアルツハイマーになりにくいですか。
前門の虎後門の狼みたいな感じよね。
ぽちゃこ
2010/04/03 01:09
まだ、使いかっては、判りません(汗)
ボケたら癌になりません。
僕も最近ボケ気味なんで癌にならないと思います。>ぽちゃぽちゃこさん。
エイジ
2010/04/03 09:13
こんにちわ
お久しぶりでございます♪
そういえばうちのおばあちゃんもボケてたから
死ぬまでピンピンしてボケまくってたわw
ツィッターどうやったらいいの?
ボケてる私にでもわかりやすく解説してください(つω`*)テヘ

キキ
2010/04/03 16:19
僕のツイッターにクリックすると、登録する箇所があるので
登録して(5回位パスワードを打ち込むみたいです。)
僕のツイッターをフォローして下さい。
ボケキキさんでも簡単だよっ!
たぶん>キキさん。
エイジ
2010/04/03 20:09
エイジさん、ツイッター使ったら、使い心地を教えてね。

さて、おばは、柔軟年か前に乳がんになり、手術しました。
何年か前にアルツハイマーに。。。。
乳がんは完治したんでしょうが、、、、
う〜ん、後者の病気はそれなりに本人もつらいようです。
周りも今後が心配。

高齢者は、病気になるかどうか、ではなく
どの病気になるかという問題になってしまいますね。
カコ
2010/04/04 17:26
カコさん。こんばんわ。
ツイッターはBLOGの補助という形で運用できたらいいな と
思ってます。
自動的に記事がアップされます。
カコさんもヤッテ下さい。
感動したのは、
コメントされないような方々が、案外大勢で私のBLOGを読んで頂いていたということです。

まさに病気を選ぶということが近い将来にできると思いますよ。>カコさん。
エイジ
2010/04/04 18:27
最近、ホ・オポノポノに関心を持ち始めているので、
今回の記事は興味深く拝見いたしました。
「自分を変えれば世界は変わる。」というのは
ホ・オポノポノでも言ってることですが、
そんなに難しくて危ないことなのかなあ。
かかわりかたのレベルとかにもよるのかも。
でも易学は確かに実行しやすく、
より目に見えやすい方法で安心できる気がしました。
どっちも否定はしません(^・^)

しゃーしゃん
2010/04/04 20:18
しゃーしゃん。こんにちわ。
ホ・オポノポノでも書いてありましたが、
想いっていうのは、執着になり易いわけで、
なかなか難しいこともありますよね。
僕は使い分けするとよいと思いますよ。
つまり、「自分が変わる」というのを「行動を変える」とかですね。>しゃーしゃんさん。
エイジ
2010/04/06 18:29
え〜、ツイッターですか?
だって、自分のブログ更新よりも、
こちらのブログへのコメントの方が
書き込みの頻度が高いわけでして、、、、、。
それに、こちらの方がおもしろいと思っちゃっているし。。。。
もう、こちらへの書き込み専門になっちゃおうかな〜〜〜。
カコ
2010/04/07 22:32
ぷぷぷ。
カコさんが来ないとどうしたのかな?なんて思いますよw
カコさん、最近クマが出来てるみたいなんで
レバー食べてください。
エイジ
2010/04/10 02:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
癌の人はアルツハイマー病になりにくいという話は易学である。 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる