BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS フェロモン:ニオイにまつわる話。

<<   作成日時 : 2010/03/09 18:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 7


1匹のゴキブリを見たら、近くに100匹居るといいますが、

これは本当なんですよ。

ゴキブリの糞の中に、集合フェロモンというフェロモンが存在し、
このフェロモンに誘われて仲間のゴキブリが一気に集まるそうである。

フェロモンといえば、「ニオイ」であるが、
フェロモンという言葉から連想されるのは、
メスがオスを引き寄せるニオイ物質という認識が多いと思われる。

しかし、じつは、フェロモンには、もっと多様な要素がある。

そのひとつが、フェロモンによって、敵の存在を仲間に伝えることである。

例えば、ミツバチが敵を発見したとき、
体からアセトペンタルアセテートという物質を分泌し、
仲間に一気に情報を与えることが判っているし、

カマスという魚は敵に体を傷つけられると
特殊なニオイを発し、仲間に知らせます。
一匹のカマスを針で傷つけて群れに戻すと、
群れが一気に分散してしまうそうである。

そもそも、
ニオイというのは、優れた情報媒体である。
なぜなら、視覚は見えないとわからないし、
背後の敵の存在も判らない。
聴力では、音が聞こえないと致命的だ。

その点、ニオイというのは、効果的かつ広範囲に情報を伝達することができると考えられる。

ちなみに、
鮭が3,4年かけて海を周回し、産卵の為に故郷の川に戻ってこれる理由は、
長い間、不明だった。
しかし、近年、カナダの生物学者が、
2つの川に帰ってくる鮭が本当に自分の産まれた川に戻ってくるのかを実験する為、
鮭に目印を付け、海に渡っている間に二つの川の水を完全に入れ替えるという実験をした。

すると数年後、鮭も綺麗に入れ替わって戻ってきたそうだ。
つまり、この結果から、
鮭は川の位置によってではなく、
川の水の成分を記憶して戻ってくるということが判った訳である。

この実験はさらに研究が重ねられ、現在では水の成分の中でも
とくにアミノ酸に反応して戻ってくることが判ってきたそうである。

つまり、魚は髭にある臭覚器を利用して、
広い海の中で、自分の故郷の水のニオイを求めて戻ってくるらしく、
これは、長く海を回遊し、故郷に戻るウミガメやウナギも同じだそうだ。



つまり、
これは、メスのフェロモンに誘われて、惹き寄せられるオスと同じであって、
私達人間も含め、生物の活動や習性には、ニオイが大いに関係してるのであります。


しかしながら、フェロモンの中でもっとも強烈な力を持っているのは
やはり、性フェロモンである。

性フェロモンの研究のもとになったのは、蚕であるが、
蚕のメスが発するボンビコールという性ホルモンは、
1億分の1gという非常に微量であるにも係わらず、
それだけで広範囲のオスを10億匹以上引き寄せることが判っている。

これは、鮭が故郷の川のニオイを求めて帰ってくるのと同じくらい驚愕すべきパワーではないか?



さて、ここで皆さんが興味のあること。
即ち、人間の性フェロモンについてはどうなのかという疑問を考えてみたい。

現在、残念ながら人の性フェロモンは発見されていません。
もし発見されたら大変なことになります。
ひとりの男性に無条件に10億人の女性が群がることになります。

しかしながら、人間に性フェロモンは発見されていないのは事実であるが、
無いとは考えにくい。
と言うのは、人間も動物だからだ。
よって、
人フェロモンに近い物質は、予想できると私は思うのであります。
それは、人間に近い動物、特にほ乳類の性フェロモンを調べれば
おそらく人間のフェロモンにも近いと私は思う。

実際に、過去から媚薬としてもちいられてきた物質で
「ムスク」というフェロモンがありますが、
これは、同じほ乳類の麝香鹿のオスの性腺から分泌される「ムスコン」という物質である。
つまり麝香鹿の雄の性器のニオイである。
このムスコンを嗅ぐと、メスの麝香鹿は腰が抜けてしまうくらいメロメロになります。
私は仕事で、本物の麝香のムスコンを何度も嗅いだことがあるが、
非常に臭いです。信じられない位生臭い。
麝香鹿は発情してメロメロになるかも知れないけれども、
私は臭くて頭がメロメロになった。

もちろん、
人間が麝香鹿のムスコンを嗅いで発情することは無いといわれているが、
同じほ乳類のフェロモンである故に、
おそらく人間が感じる性的なニオイとムスコンは非常に近いのではなかろうか?
よって古来から媚薬として高額で取引されたと思われる。

ほ乳類のフェロモンは、通常、毛の生えた場所から発する。
それは、フェロモンを体毛によってより広く分散させる為であろうと
考えられているが、そう考えると、
人間のフェロモンというのも毛の生えた部分。
即ち、腋とか肛門周辺とか性器の回りのニオイこそ、
まさに人間のフェロモンであると私は推測する。
つまり、
ワキガこそヒトフェロモンに限りなく近いことは間違いない。


さて、最期に興味深い事実を書いておこう。

人の精子はどうやって卵子に辿りつくと思いますか?

じつは、まだこの現象は解明されてないのですが、
人の精子には「ニオイの受容体」が存在することが判っていて、
ドイツのルール大学の研究グループがサイエンスに興味深い実験を発表しました。

容器の中にヒトの精子を入れて、
どんなニオイに誘われるかを100種類程の匂いで実験したのです。
すると、花の匂いに精子はもっとも反応し、
花の匂いのする方に泳ぎ出すということが判ったそうである。

つまり、精子は花の匂いが好きということです。
たぶん、近い将来、卵子の匂いは、花の匂いに近く、
精子は、鮭が川の匂いに誘われるように、
卵子の匂いに誘われて泳ぐということが証明されるでしょう。

ですから、
フローラルな匂いが男を惹き付けると拡大解釈し、
男性にモテたい女性は花の香りの香水をつけるべきであります。
間違いありません。

だってそうでしょ。
やっぱり女は花で、男は蝶で、
実際に、黒アゲハも柑橘系の匂いが好きなんですからね。



関連記事:
匂いに関する断章
香水
病気にはニオイがある




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
毎回面白いけれど、今回も最高に面白くて実に豊富な知識!
日本人は臭いはない方がいいって思っていませんか?臭い消しなるものの商品が多いですよね。
ですから日本人は何というか人間くささまで消そうとしているようで、特に性的な臭いは出さないように気をつけていませんか?
性的なオーラ自体も実に控え目です(笑)
私はヨーロッパに住んでいるんですが外人は臭いです(笑)それも性的な面をものすごく若い時から鍛えています。
それで多分男性は鼻が効くでしょう、それもものすごく。
発情している女性の臭い(信号)なんかはすぐ分かる感じさえします。外人の鼻が前に突き出ているのは臭いを求めて進化したからではないだろうか?って思えるくらいです。
人種差別ではないですが(笑)毎日地下鉄や電車でどぎつい臭いの中にいるので
日本人のさわやかさというか臭いのうすさが洗練された人間という感じにさえ思えます(笑)
でもこの次からはフローラルにしてみます!
Allex
2010/03/11 04:58
エイジさん

人間は情報を得る器官が多種発達していますよね。
だから、匂いだけでは決定的な魅力にならないのではないかな?
実際嗅覚は犬や猫ほど発達していない、というか退化したというか。。。

その点が本能のみに支配されている種と、
慎重というか打算が働くというか、情報量を多く必要とする人間という
種の違いなのでは?と思います。

フェロモンだけではない、が故に決定的なものが見つからないし、
案外、何種類かあるのかな、とも思えます。

それにしても、ネット上でフェロモンを拡散させている
エイジさんは、すごいですね〜〜〜。
カコ
2010/03/11 22:57
お話の内容から、かなりエロいところに住んでいらっしゃるw
イタリアかスペインでしょうか?フランスはそんなに臭くなかったような気がしますんでw
あと、確信しました。 Allexさんは女性である。
イタリアといえば、バチカンですけど、あそこはすごいですよね。
日本では僧が処刑された場所を聖地にはしませんけど、
やはり、ヨーロッパ人というのは、フランス革命の際に広場が血で暖まって、雪が積もらなかったというエピソードがありますけどね。
バサラ的であると思います。ベルニーニもね。すごいですけど、あんな芸術は日本人には作れません。>Allexさん。

カコさん。おはようございます。
確かに、フェロモンの面からいえば、人間や猿は視覚で発情します。
人間や猿は映像で女性をみても発情しますけど、ジャコウジカは映像のメスには発情しませんからね。
これを進化とか知性というのならば、人間とか猿にとっての性は、
子孫繁栄の手段だけではないのでしょうね。>カコさん。
エイジ
2010/03/13 07:57
やはり、このbluebloomblogはスゴイです。
メガスゴイっす。私の友人が惚れてましたが判ります。
ウイスキーに喩えるならば、ストレートですね。
エイジ兄は決して薄めないし、手抜きしませんね。
ヴァニラ
2010/03/14 10:07
そう言って頂けると非常に嬉しいです。
ちなみに、私生活でも酒は薄めることはしません。
つーか
薄めて飲む酒は好きでないです。
よってワインとかビールが好きですね。>ヴァニラさん。
エイジ
2010/03/16 18:15
私も香りには興味があって、調べてみたことがあります。
ハチとかアリのフェロモンの話は有名だけれど、香水に使われているフェロモンの話を聞くと少しぞっとしますよ。エイジさんも気が向いたら調べてみてください^V^もう知っていたりして。
花の香りのする人っていいですね。私もそういう女の人になりたいな。
NORI
2010/03/23 12:02
香水に使われているフェロモンの話ですか!
ぞっとするの?
教えて下さい。NORIさん。w

エイジ
2010/03/24 17:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
フェロモン:ニオイにまつわる話。 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる