BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS インテリジェントデザイン

<<   作成日時 : 2010/01/31 08:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 4 / コメント 12

今回は、「インテリジェントデザイン論」という新しい進化論についてお話しましょう。

ちょっと難しいかもしれませんが、最後には納得されると思うので、
ちょっと僕の話に付き合ってください。



従来のダーウインの進化論とは、生物が偶然に突然変異で環境に適した機能を獲得して、進化したという論理である。
つまり、
鳥が羽を得るには、ある日突然、偶然によって、羽を持った鳥が突然変異で出現し、それが最適だったのでその種だけが生き残った。
という考え方である。
進化論のキーワードは、「偶然」ということである。


ところが、突然変異や自然淘汰による進化論で説明できないことは数多くあるわけです。
進化論の例外が実際に存在する故に、いまだに人類が進化論を全面的に信用せず、疑問視する原因であります。

例えば、目。
目は如何にして進化したのでしょうか?

目は角膜、瞳孔、水晶体、毛様体、視神経、網膜という部品から出来ている。
そして、これらのどれひとつが欠けても目の機能を為さない故に、
進化論的な偶然によって獲得していったものとは考えられない。
つまり、これらの部品は進化論で順番に獲得していったものではなく、
ましていきなり偶然で揃って「あれ!見える?」という器官ではない。
目というのは、最初から「見る」という「設計」があって作られた器官であると
考えるべきではないか?


他には、精子。
精子には前に進む尻尾みたいな鞭毛があるでしょ?
あれって、わずか30種類のタンパク質から出来ているのですが
モーターと同じ構造をしてるのです。
つまり、プロペラ、モーターを止める枠、磁石などなんですけどね。
どれひとつ欠けても鞭毛を動かすことは出来ない。
これも最初に「設計図」があって「作られた物」としか考えられない訳です。



判りにくいですか?

それでは、ネズミ取りを想像して下さい。
ネズミ取りが如何に進化して、そのような形になったのでしょう?

画像

引き金とハンマーをつなぐ金属棒、
ハンマーを押さえるバネ、
ネズミを挟むハンマー、
土台、触れると外れる引き金。

どれもひとつひとつは単純な部品ですが、
個々では意味がないですね。

個々では存在の意味がありません。
役に立たない部品に過ぎない。

これらの部品がひとつの集合体になって、初めてネズミ取りになる訳です。

ということは、
これらの部品が偶然に作成されて、ネズミ取りになっちゃったわけではなく、
こうやって繋ぐとネズミ取りになるっていう「設計図」がないと、
このネズミ取りは出来ないのです。



設計図が無いのに、無目的に役に立たない部品を偶然に作ったりしないということです。

つまり、精子も目も、ネズミ取りと同じような機能であるということであります。
偶然で獲得して成立した機能では絶対に無い。


これらの矛盾から、
分子生物学者のマイケルビーヒーは、
「ダーウインのブラックボックス」という著書の中で、
「インテリジェント・デザイン」という仮説を発表しました。
この仮説とは、
「進化は突然変異や自然淘汰によるものでは無く、予め設計図があってデザインされている。」

つまりですね。
キリンの首が長くなったのは、偶然ではなくて、
「首の長いキリンの図」が作成されたから、設計図どおりに首が長くなったということです。


さて、
この話は非常に刺激的で興味深いですよね。
しかしながら、
設計図があるということは、設計者が必要なわけで、

この設計者を、ビーヒーは、サムシンググレートと命名しました。


では、このサムシンググレートとは如何なる存在で、どこに居るのか、
という根本的な疑問が残ります。

よって、
インテリジェントデザイン論は、非常に面白い論ではありますが、
サムシンググレートという架空の設計者を仮定せざる得ない故に、
単なる仮説の域を出ない理論でありましょう。

仮に、
サムシンググレートがどこに存在するのかが判れば、
この仮説は証明されるとも考えられる。

私はこのインテリジェントデザイン論は、
今はまだ証明出来ないけれども、真理に限りなく近いと思うのである。
というのは、
実際に、サムシンググレートの存在を感じさせる事例が数多くあるからである。


判りやすい例を紹介しましょう。


19歳の時、不慮の事故に巻き込まれて植物状態になった青年の話です。
彼の名前は、テリーウォリス。
彼は19年間植物状態であった。

特に、人間の判断力、記憶力、認知能力など最高次機能をつかさどる前頭葉が激しく破壊されてしまったのです。

再起は絶望的で、『植物状態』に対する治療法もないと判断されました。

しかし、19年後の38歳に、突如、脳が元に戻った。
回復したのである。
19年目に突如、脳が回復し、テリーは体を動かし、喋ったのである。

人々は奇跡と呼ぶが、この話は、紛れもない事実である。

テリーの脳を調査すると、驚くべきことが判明した。

通常、破損した脳は機能回復しないけれども、テリーの場合、19年かかって、
損傷の激しい前頭葉の足りない所を、後頭部など他の脳が代償機能を果たすようになっていたのである。

この話は、テレビでも紹介され
脳科学者の茂木健一郎が彼を訪ね、彼に起きた奇跡の復活劇を自らの目で確かめた映像が紹介された。
この番組の中で、
なぜ回復に19年要したか?
なぜ19年目にいきなり回復したのか?
という疑問について、茂木健一郎は、

「脳が代償機能を獲得するのには、複数の機能が同時に働かなくてはならない。
19年間変化がなかった理由は、おそらく19年かかって、すべての機能が揃ったのではないか?」

と説明しました。

つまり、
脳は、代償機能の「脳の設計図」を持ち、19年の歳月をかけて部品を作り出し、
完成した瞬間に、いきなり動いたと考えられる。

脳に関しては、この話以外にも膨大な数の奇跡を引き起こしているが、
脳の話となると、誰もそれを嘘だと思わないでしょ?
脳というのは、そのような未知の部分が多い器官であると、
誰もが思っている。

しかし、よく考えてみて下さい。
まさしく、これは、脳が「サムシンググレート」とおなじ機能を有している証明ではないだろうか?
サムシンググレートは、架空の話ではなく、実際にあるのです。
それは脳であります。


例えば、骨。

成長期を過ぎると伸びないと誰もが思っている。
しかし、骨折したら骨が伸びるのを誰も不思議に思わない。
なぜ、成長期を過ぎても。骨折したら骨が伸びるのか?
その理由は、簡単だ。
脳が指令を出しているからだ。
つまり、成長期を過ぎても、脳が指令を出せば骨は伸びるのです。

最初に例に出した目も同じだ。
脳の指令によって、部品を造り、目を造り出したのである。
まさしく、テリーのように前頭葉を後頭部に作り出すように、
脳には設計図を描き、創造する力があるのだ。






仮に、
地球を身体とし、地球に脳があると考えてみよう。
地球に脳があると考えれば、進化論の矛盾はすべて解ける。
なぜなら、地球に脳があるのなら、
地球上の生きとし生けるものは、すべて地球という身体の細胞であるからだ。
地球の脳が自分の身体をコントロールしてるに過ぎない。

そう考えると、
生物の進化は突然変異という偶然によって為されたのではなく、
地球の脳によって突然変異を発生させ、進化したのだ。
と考えられる。


インテリジェントデザインのサムシンググレートは、
地球の脳である。

これが僕の仮説です。

もしも将来、地球は生命体で、脳があると判ったら、
この話を思い出して欲しい。





さて、
ここから、もっと話がぶっ飛ぶので、
ついてこれる方だけついてきて欲しい。


加持祈祷って知ってますか?
つまり、お祓いとかご祈祷です。
あれって、効くと思いますか?

結論をいうと、
本物の祈祷師ですと、実際に効くのですよ。
祈祷師でなくても、祈願する人の気持ちが集中してると、
呪いとか成功するのです。

それで、僕は疑問に思うのです。
どういう理論で効いたのか?ということです。

ブードゥーの呪いで実際に人が死んだりするので、
イギリス人の生物学者が
「なぜブードゥーで実際に人が死ぬのか?」を研究して発表してるのですが、
その研究の結果によると、
「脳が異常になって死ぬ。」
ということらしい。
 
私が思うに、この結果は半分正しいけれども
まだ半分が足りない。
つまり、自分の脳の異常は何によってもたらされたか?という部分が欠如してる。


呪いでは話が偏るので、
祈願として考えてみましょう。

例えば、不動明王に祈願するとすれば、
どこに不動明王がいて、どうやって願いを聞いてくれるのか?
五寸釘で藁人形を打ったり、
ブードゥーでコウモリの粉をふりかけて呪ったり、
どういうシステム理論で効いたのか?

弘法大師は、そのシステムについてこう説明している。

「人の意識の中に仏が存在し、そして宇宙にも仏は偏在している。
しかし凡夫に於いては、仏は埋もれて隠れたままだ。
密教の方法論によって、偏在する仏の意識と己の仏の意識が感応すると、
仏の力が生身の上に輝かしく顕れる。」

つまりこういう意味だ。
「人間の脳の中には、視覚とか聴覚を司る部位があるように、不動明王の部位もある。
そして宇宙空間にも不動明王の部位が存在する。宇宙空間も大きな脳である。
このままだと、個人の不動明王と宇宙の不動明王は関係せず、力を持たない。
しかし、密教の方法論によって、脳内の不動明王の部位が、宇宙の不動明王の部位と感応すると、不動明王の真の神通力が顕れる。」


地球脳論で説明すれば、
「自分の脳と地球の脳が繋がっていて、うまい具合に地球の脳に指令を出せれば願いが叶う。」
ということである。

これは凄い話である。

つまりですね。
人間の脳と地球の脳は繋がっているのです。
そして、お互いに共通の部分があるから感応するのです。
小さな脳と大きな脳は同じ脳でなければならないのです。
しかも、ミクロのサムシンググレートとマクロのサムシンググレートは繋がっている。

よって、人間の脳の力によって、地球の脳の力を動かせるということです。
それが空海の説明する加持祈祷の秘密ではないだろうか?

先のブードゥーの呪いをかけられた場合でも、死なない人は死なない。
死なない人は、呪いの脳と自分の脳が感応しないからである。


この仮説が真理であるのならば、
地球の脳を基準にして、道徳とか宗教、哲学を考えると
新たな基準が発見できると思うのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 54
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
祈りの力
思いついたことを今日もメモっておこう。 以下は私の断片的なメモである。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2010/02/06 16:26
PSP シャイニング・ハーツ
デザインコンテストが ...続きを見る
ゲーム攻略サイト
2010/12/18 17:02
断言法とインテリジェントデザイン
私は、「到達したいゴール」を絵に出来る人は必ずそのゴールに到達できると思う。 つまり、お金持ちになった自分の生活とか相思相愛の彼女を得た自分の生活を、 具体的に一枚の絵に出来る人は、間違いなくゴールに到達できる。 匂いや音までイメージできれば尚更良いでしょう。 実のところ、願望成就力に差があるのは、「ゴール」を知ってるかイメージできるか否かだけなのです。 そもそも神は、「ゴールをイメージ」することで世界を創造したのです。 進化論のように偶然生命体が進化したのでは無く、最初から設... ...続きを見る
BlueBloomBlog
2016/07/10 12:07
脳と宇宙はなぜ5%しか使われていないのか?
宇宙と脳は非常に相似しています。 これは何を意味してるかというと、宇宙と脳は繋がっているということであります。 否、私たちの住む宇宙は誰かの脳かも知れません。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2016/07/18 11:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
エイジサン、ぶっとんでますね。エキサイティングでした。
エイジサンの言う「地球の脳」という言い方を借りれば、
これが無いと説明出来ないことが、いっぱいあるというのは私も同感。
多分神とか仏とかって言い方も「この働き」を指すのかもしれないなぁと。
つまり地球の脳的働きなのかもですね。
面白い。そして可能性を感じれてわくわくしました。
あやこ豆
2010/02/01 20:52
エイジさん、こんばんは〜。
相変わらず、冴えていますね。壮大です。

サムシンググレートという考え方、私は結構受け入れます。
神はさいころを振らない。
神は細部にも存在する。

もちろん、偶然の産物にすぎないと真っ向から反論する
考え方もあるでしょうが、、、。
偶然と言う現象はあるでしょうが、生命の出現も
生命のデザインも、偶然の産物とは言えないほどの
完璧さ、、、ではないかと思う。
偶然の産物というにしても(反対意見による)
異なる偶然によっても、たぶん類似の世界はできたのでは?
などと考えてしまうわけです。

さてエイジさん、次は、
この世界に重なって存在する世界のお話を是非!
カコ
2010/02/02 00:00
エイジさんって神か悪魔か宇宙人のどれかだと思います。
いつもお話がワクワクしてすっきりするのは何故でしょう?
私もこの話の延長線にあるお話を是非知りたいです。
かのん
2010/02/02 01:53
エイジさん、はじめまして。

「引き寄せの法則」を検索していて、
エイジさんのBlogにたどり着きました。
いつも、とても楽しみに拝見しております!!

実は「引き寄せ…」系については、様々なサイトを見ていて
どうも胡散臭いなぁ〜と思い始めていたのですが、
エイジさんのお話しを読んでいて「やはり、あるかも…!!」と、
確信し始めています。
コロコロと、立ち位置が変わる自分に、呆れていますが…(笑)

それにしても「地球脳論」、ワクワクする説です!!
いったい地球脳は、どこにあるのだろうか…と想像しちゃいました。
きっと地中の奥深くにあって、パワースポットと呼ばれる場が、
地表との接点なのかしら…とか(擬人化しすぎかしらん)

サムシンググレートと繋がるには、
やはり潜在意識を活用すべきでしょうか?
潜在意識の活用には、瞑想と深い呼吸か…と思い
いつも寝る前に実践しているのですが、
ものの5分で熟睡状態です(汗)
これじゃ〜、思いも願いも繋がりません(トホホです)

今後も楽しみに、拝読させていただきます。
突然、寒くなりましたが、お身体ご自愛くださいませ。
カズ
2010/02/02 23:16
僕の仮説は、ガイア理論と似てると思いますが
僕の仮説と違うのは、人間の脳の働きが地球の不思議とシンクロしてるってことでしょうか。
どっちかというと、
ホストコンピューターと端末稀みたいなネット社会のほうに
近いかもしれませんね。>あやこさん

カコさん。こんばんわ。
筑波大学名誉教授、村上和雄先生は、
「人のDNAは、2本のらせん状のテープになっており、そのテープに4つの科学の文字の様々な組み合わせによって表される情報が書いている。
1個の細胞に含まれる遺伝子の基本的な情報は約30億の科学の文字で成立している。すなわち、千ページの本を3千冊積み上げたほどの情報量が、肉眼では見ることもできない小さな細胞に詰まっており、それが、60兆も集まって人の身体はできている。」と説明されています。
そのミクロの世界が、あまりにも精緻で美しく、
人知を越えた何か偉大なものを想像するのが当然だそうです。
言えるのは、命は奇跡的ってことでしょうね。>カコさん。

神と悪魔と宇宙人なら、
悪魔に成りたいですねw
っていうかですね。
真理を求めるものは、悪魔的でなくてはならない
と思ってますのでね。>かのんさん。
エイジ
2010/02/04 01:43
カズさん。こんばんわ。
まさに
カズさんの疑問に対する僕の考えを書こうと思ってるんですけど、
なかなか時間が無いのねw
つまり、
潜在意識をうまく活用する人と
あまり活用できない人では、三つのポイントがあるのです。
それは、地球脳を考慮することによって理解できるのです。
自分の脳に対し、自分の身体についてお願いするという点です。
潜在意識を脳とすれば、自分も他人も内臓であり。
お金は血であります。
内臓といっても心臓と肝臓の役割は違うってことですね。
なんかまとまらないな。w
まとまったら書きますね。>カズさん。
エイジ
2010/02/04 01:52
う〜ん、難しい。でも、おもしろい。でも、難しい。地球脳、とは、サムシンググレート、神、ってことかしらん。私たちの脳を作ったのもサムシンググレートであると思うので、この創造主と共鳴したら、思いが実現するってことなのかな。命をいただいた限りは、力強く生きていこうという意志を持ち続けることじゃないかしら。なんだか少しずつ明るい。ただ、潜在意識は、手つかずのまま。潜在意識をどう生かしていくか、記事を楽しみにしています。
CHA〜
2010/02/04 16:16
エイジさん、こんばんは。レスありがとうございます!!
うわっ、三つのポイント!! 楽しみです〜!!

機能的な役割…。機能は別として、さしずめ僕は「脂肪」かな(笑)
いくら脳にお願いしても、デブから解放されません。

実は、僕はどちらかと言えば、引き寄せているタイプだと思います。
家庭も、仕事も、余暇も、とても楽しんでいます。

でも、はたして、どーやって引き寄せているのか…
そのメカニズムが、わからないことがジレンマです。

もっとも、それがわかったら、
いとも簡単に「悪魔」になれそうですね(笑)
カズ
2010/02/04 23:38
私達にとって、もっとも重要なことは、
仏教でいうところの、「己の中の仏」を信じるということであり、
道教でいうところの、「先祖が私を守ってくれる」とうことであり、
イエスのいうところの「神が守ってくれる」ということで、
みんな同じなんですよ。
つまり、偉大なサムシンググレートと繋がっているから安心しろと、
良きことも悪しきこともすべて肯定しなさい。ということでしょうね。>CHA〜さん。

よく哲学や神智学で議論される「神は全知全能な筈なのになぜ社会は不完全か?」という議論があります。
確かにそれに悩んで釈迦は出家しましたし、イエスも人の世は苦である。と言っております。
もしも私達の一人一人が巨人の細胞のひとつひとつだったとしたら、
新陳代謝で生きたち死んだりしますよね。
しかしながら私たちは死すべき運命から逃れれないかもしれませんが
細胞として果たす役割があって生まれているのでないか?
必ずしも細胞だといって悲しむことはないのではないか?
それが「生きる喜びと意味」なのではないかと思うのです。>カズさん。
エイジ
2010/02/06 08:54
ダーウィンの進化論は面白いなあと思っていましたが、地球に脳がある、神が設計図を書いているかもしれないみたいなぶっ飛んだお話は私はとっても好物です。居酒屋で飲む時のねたにしようと思いました^V^
NORI
2010/02/06 12:35
ぷぷぷ。
居酒屋で反論されたら、ガリレイのように、
「それでも地球には、脳がある。」と言って下さい。w>NORIさん。
エイジ
2010/02/06 16:32
以前、この記事を読ませてもらった時は

エイジさんの考えることって
壮大で独創的。スゴいな〜。

くらいしか感じ取れなかったんですけどね。

今読んでみると、
恐ろしい程、本質を突いてる気がします。

このサムシンググレートに繋がること、って
アカシックレコードや阿頼耶識 というか
深層意識よりもっと深い場所にある
超意識と意思を通わせる
あるいは同調することなのかもね。

やっぱりスゴい人です 
エイジさん尊敬してますっ!! 


地球一つが、1であり。
且つ個々の生物も、1であり。
その構成する細胞も、1である。

この頃、私に繰り返される111のメッセージは
このことなのかもしれないな、なんて思いを巡らします。




ららあ
2012/03/09 18:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
インテリジェントデザイン BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる