BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 老化しないクスリ

<<   作成日時 : 2009/10/17 22:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 6

悪魔メフィストは、どんな人間でも堕落せしめ破滅へ導くことができると、
大天使ガブリエルに賭けをする。

この賭けのターゲットは、老学者ファウスト。
ファウスト教授はあらゆる学問を極めつくしたが、
結局「われわれは何も知ることができない」とわかり、失望する。
メフィストフェレスが彼に近づき、ファウストとメフィストは賭けをする。
すなわち、若さと莫大な富を与え、「広い世界」のすべての快楽と栄華を体験させよう。
そして、もしも、ファウストが人生に満足し、
「瞬間」に向かって「とどまれ、おまえは美しい!」と言ったら、
その時ファウストは死に、メフィストに魂をやらなければならない。
そして、ファウスト博士は、言葉巧みに迫るメフィストの誘惑に抗し切れず、
自らの魂と引き換えに若さと富を手に入れる。
こうして若返ったファウストはグレートヒェンという純真な娘と恋に落ちる。

これは、ゲーテの傑作ファウストでの話だ。

富と若さは人間の永遠の渇望であろう。
富と若さの為なら、ファウストのように悪魔に魂を売る人間は多いであろう。


しかし、もしかしたら、悪魔と契約しなくても、
永遠の若さを保つ「秘薬」が近い将来開発される可能性が出てきたのです。
英国の科学者が、ネズミやサルの寿命を延ばす実験に成功したからだ。

永遠の若さの秘密は、カロリー摂取を抑制する遺伝子操作にあるようで、
英ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(University College London、UCL)の研究チームは、ネズミを用いた実験で、タンパク質S6キナーゼ1(S6K1)の生産を抑制する遺伝子操作を行ったところ、寿命が最大で20%延びたほか、高齢化に伴う疾病の発症率も減少したことを発見した。

S6K1は、食物摂取に対する身体反応を調節するタンパク質である。

以前より、
1930年代以降、ラットやネズミ、サルを用いた実験で、
カロリー摂取を30%抑えると、寿命が40%延びるほか、健康維持にも効果があることが証明されていたが、それを遺伝子操作で実現したのである。

つまり、
ストイックなカロリー制限をしなくても、
食物摂取に対する身体反応を調節するクスリを飲むことによって、
食事制限をしたのと同様の効果を得られ、
その結果、若さが保てるようになる訳だ。
少なく見積もっても10歳以上は老化が遅れるのは確実であろう。
老化だけでなく、身体の健康も維持できるということなので、
すばらしい研究成果であると思われる。

逆に考えれば、
クスリを飲まなくても、弛まずに食事制限を続ければ
若さを保てるということであるけどね。

以前に書いた記事で
人の運は食に在り というのがありましたけど、
どうやら、粗食というのはどこから切っても良い結果しか出てこない金太郎飴のようだ。


さて、
若さを得てグレートヒェンと恋したファウストはどうなったでしょう?

グレートヒェンは身も心もファウストに捧げますが、
ファウストと逢う為に母に飲ませる睡眠薬の分量を誤り、母を殺してしまう。
そして、グレートヒェンの兄はファウストと決闘して殺される。
ファウストの子を産んだグレートヒェンは気が狂ってその子を殺し、死刑囚として牢獄につながれます。
それを知ったファウストはメフィストの力によって彼女を脱獄させようと説得するが、ファウストの背後に悪魔の姿を見た彼女は正気に戻り、
ファウストの助けを拒否し、自ら牢獄にとどまり死ぬことを選択するのです。

悲劇的な恋愛の結果、
絶望したファウストですが、今度は行為の人として「大きな世界」で生きることを誓います。
メフィストの力によって、世俗の成功と美女を獲得しますが、それでもファウストは満足できませんでした。
結局、この世界でもファウストは挫折をし盲目になります。

そのとき、すでに100歳を越えていたファウストの死期を察し、
彼の墓を悪魔達が掘り始めました。
しかし、彼の墓を掘る音を、
人々が仲間のために土地を改良して働く音と勘違いをし、
ついに、ファウストは人が人の為に生きるという行為に最高の幸福を感じながら、
「時よとどまれ、おまえは美しい」と、言うのです。

たちまちメフィストとの賭けに破れ、彼は死んでしまう。

しかし、
メフィストはファウストの魂を奪うことは出来ませんでした。
悪魔がファウストに近づこうとすると、
天使が天から降臨し、ファウストの魂を連れて行ってしまったのです。

なぜなら、かつてグレートヒェンと呼ばれた少女の霊の愛によって、
ファウストは悪魔の手から守られ、天高く上っていったのです。

つまり、
ファウストは若さでも富でも幸せになれず、
悪魔に魂を売って敗北して死ぬのです。
しかし、そんなファウストでも最期に救われた理由は、
神に敬虔であったのでもなく、
誘惑に打ち勝った訳でもない。
能力があったのでもなく、生き方が素晴らしかったわけでもない。
まして、若さや莫大な富があった為でもありません。

ただ、グレートヒェンの純粋な愛によって救われたのであります。

「時よとどまれ、おまえは美しい」という永遠の若さは夢ではありますが、
幸せになれるかどうかは神のみぞ知るということであろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
アシュリーちゃんが言ったんですよ。“どのぐらい生きたかじゃない、どんな風に生きたかで幸せが決まるって”。彼女の気持ちを考えると、胸が締め付けられます。
若さとか、お金とか必要な分だけあれば私はあとは精神世界を生きたいな。
何が本当に大切か見失いたくない。
NORI
2009/10/18 12:30
アシュリーは、早死にだったけど、
長く生きた人よりも、遙かに長い間、人々の記憶に残るでしょう。
もしかしたら神様は、 彼女がプロジェリアだけど、
この病気をとおして、人を助けなさいということかもしれません。
エイジ
2009/10/18 14:04
エイジさん、これはまた、大作ですね。素晴らしいです。

アシェリーちゃんは、世界に多くを与える人生を送りましたよね。
最後の審判で判定をされるときにわかることがある。
自分の現在にのみ一喜一憂せずに、大局的に見て考えて、
そして楽しんで人生をおくりたいものです。

ゲーテ版のファウスト、、、、あらすじだけ知っているような気になっていましたが、名作は真剣に読まないとね。今読むほうが、わかることも多いかもしれないし、、、というか、そうなっていないとまずいぞ。

あ、若さの秘訣はカロリーの制限ですね。。。。。
酵素を使いすぎないように、ということなのだろうか。。。。
カコ
2009/10/19 17:24
カコさん。こんばんわ。
粗食は非常にすばらしいですね。
私が思うに、
食だけでなく、精神や生活においても
仕事においても、人間はストイックのほうが幸が多いというか
そのように生きるのが適しているということではないでしょうか?
つまり、肥えた豚は食われるのです。>カコさん。
エイジ
2009/10/21 18:21
「若くても、美しくなく、
美しくても若くなければ、どうにもならない」
ってな、言葉を残したひとがいるようですが・・。
やはり、ジジババになれば、幸せは減るのだろうか(・ω・?
おのの
2009/10/22 12:41
「若くても、美しくなく、美しくても若くなければ、どうにもならない」
に続いて、
「けれども、金を持ってりゃどうにかなる。」にしたほうがいいかもw
ジジババでも大丈夫ってことです。>おののさん
エイジ
2009/10/24 07:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
老化しないクスリ BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる