BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS ラブレター

<<   作成日時 : 2009/09/27 23:14   >>

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 12

日本で一番短いラブレターは、
太宰治が恋人に宛てた
「こひしい」の4文字のラブレターだそうだ。

一枚の便箋に、たったそれだけ。

人に恋心を伝えるには、
長文のラブレターよりも、
5・7・5の俳句や5・7・5・7・7の短歌くらいがちょうど良いのかも知れない。
恋も文学も制限のあるほうが燃えるってことであろうかw?

手紙というのは、
特にラブレターであれば、
もらって困る場合もあれば、心を動かされるスナイパーのような手紙もある。

ちなみに、私は、「ラブレター」と呼べるのは、
心を動かされるスナイパーのような手紙に限定すべきで、
もらって困る手紙はラブレターでは無い。と思う。


商売柄か?本能なのか?
文豪達はなぜか手紙が好きである。
太宰も生涯で1000通程の手紙を書いたらしいが、
文豪ゲーテはひとりの女性に1000通程のラブレターを送ったらしい。

さて、今日は、
太宰治生誕100周年記念の記事を読んでましたら、
カフカの手紙話が載ってましたので紹介しましょう。

「変身」「審判」などの著者である文豪カフカなんですけど、
著作以外にも恋人に送った膨大な量の手紙が残されています。

フェリーツェバウアーへ、5年間に600通を越える手紙を送ったそうで、
何度も日に2通もラブレターを送っている。

これら恋人たちに送られた手紙はカフカの死後
「フェリーツェへの手紙」「ミレナへの手紙」として発行されているそうだ。

死後、ラブレターが発表されるのは恥ずかしいような気がしますが、
よく考えてみれば、恋人たちが、
当時まだ無名であったカフカからもらった何百通のラブレターを捨てずに大切に保管していたということがスゴイ。
それ程、カフカのラブレターは魅力があった訳であろう。

カフカの晩年に、興味深いエピソードがある。

カフカは療養でベルリンに訪れ、公園を散歩していたのですが、
そこでカフカは、人形を失くして泣いている少女に出会いました。

そこで、カフカは何をしたかというと、
少女を慰めるために、翌日から少女のために、
毎日、毎日、手紙を書いたそうなんです。
これは人形が旅先から送ってきた手紙であると嘘をいって渡していたらしい。
そうして、
人形からの手紙は、カフカがプラハに戻る日まで続けられたそうだ。

そして、ベルリンを去る日、
人形が、長い旅から帰ってきたと、
カフカは、一つの人形を少女に手渡したそうです。
もちろんそれは違う人形である。
しかし、少女が非常に喜んだのは言うまでもない。


この話で、
文豪カフカにとって、
書くという行為は、
お金を儲ける手段でもなく、
文才によって有名になる手段でもないということが判るのです。

そうでないのならば、
人形をなくした少女に毎日手紙は書けない。

僕はカフカにとって書くという行為は、
ラブレターを書くに等しいと思うのである。

カフカは、伝えたいという気持ちに純粋だった故に、
少女に手紙を書いたのです。
その手紙は、ラブレターに他ならない。

だからね。
すべてのカフカによって書かれた文章。
小説も手紙も、すべてラブレターなんですよ。

よって、恋人たちは、カフカからの手紙を捨てることがなかったのでしょう。

ここで僕は思ったんですけど、
BLOGとはラブレターなんじゃないでしょうか?
いや。
少なくとも僕の書くBLOGは、
あなたに届くラブレターであって欲しい。

なぜ私はBLOGをするのか?といった記事を読むことがあるのですけど、
どうなんでしょう。

誰かが誰かの言葉を待ってる訳ではないかも知れないけれども、
カフカのように、
ラブレターを書くように、
大好きな人に贈るような文章を書ければ、
それだけで、きっと意味が出てくるのではないか?

そして、きっと
ラブレターを書き続けた物書きだけが、
文豪になったと思うのである。

歌手もおなじだと思うのですよ。
歌が上手いのなんだか惹かれないとか、
あまり上手くないんだけど、聴き入ってしまうとか、
売れる歌手と売れない歌手の差は
才能や運だけじゃなくて、
実は、きっと大好きな人に贈るような歌を歌い続けるかどうかが、
大きな差に違いない。

もしも、
金儲けや有名になる為に歌を歌っていれば、
歌が上手でも、自分が自分の歌に惚れこんで歌ってなければ、
人気歌手には成れないと思うのである。

そう考えると、
文学や音楽だけでなく
すべての表現はラブレターでなくてはならない。
と思うのです。


ちょっと人恋しい秋故に、
センチメンタルなBLOGであるな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
このBlogすきです(^ω^)

2009/09/28 19:22
私もエイジさんのBlog好きです(^-^)/

カフカと少女のエピソードは素敵なお話ですね。

「もらって困る手紙はラブレターでは無い」
とても良くわかります…。
開いた瞬間に、あ、これはダメ…!!という拒否感が走って、びっくりしたことがあります。
届く(読む)度に返信に困ってしまって、もう本当にごめんなさい…という。
相手の手紙の文面に、自分の嫌なところを投影して見てしまうのかなあ…。(でも、開けた瞬間にダメっていうのが…)
相性の問題なのでしょうね。

なので、しっかり手紙が残ってるカフカは、相手にとってずっと素敵な想い出の人だったのだと思います。
カフカはハンサムさんだったのかなあ?

エイジさんのBlogには、とても助けていただいています。
いつもありがとうございます☆ミ
kate
2009/09/28 20:22
まさに短いラブレターですね。w
ありがとうございます。>あさん。

カフカは非常にモテたみたいですよ。
カフカにはフェリーツェ、ミレナ、ユーリエ、ドーラの4人の恋人の他にも様々な女性体験があったことが分かっています。ミレナ・イェンスカに宛てた手紙の中で、カフカが20歳のとき、向かいの洋服店の店員をしていた女性と関係を持ち2度ほど逢瀬を重ねたというし、大学最後の年には、名前の伝わっていない人妻の女性と恋をし、翌年の夏にも同じ場所で再会したそうです。
まだありますが、カフカは恋人ができると短期間に多数の手紙を相手に送りましたが、カフカ自身は恋人との関係が終わると受け取った手紙を処分しており、このため恋人からの手紙はほとんど残されていないそうです。>kateさん。
エイジ
2009/09/28 21:04
もう寝ようと思っていたのですが、エイジさんのブログを子守唄代わりに
しようと読んでしまいました。
ラブレターというと私は恋人と別れて泣き濡れた夜に、Diana Krallの
ラブレターと言う曲を聴いて心を落ち着けたつらーい思い出があります
★秋の夜長にお勧めの1曲。
NORI
2009/09/29 00:59
聴きましたよ。Love Letters 。
ちょっとやばいくらい人恋しくなりますね。

こひしい。>NORIさん。
エイジ
2009/10/01 18:18
エイジさん、おはようございます!

実はね、私がはるか昔に書いた卒論に内容が一部似ているので驚いてしまいました。カフカではありませんが、文学での卒論です。

きっとカフカは書くことで伝える、ということにおいて達人だったのではないか、と。しかも愛を伝えるのが上手である、、、というのは、作家であることは自然なことだったのですね。

不条理な世界で有名な作家が、人間として愛すべき人物であったというのは、楽しい発見でした!
カコ
2009/10/03 08:30
ブログはラブレター!
書き続けるって、すごいことですね。
中断中なものでなおさら思います。
私も書きたいから書くに戻ってみよう。
あやこまめ
2009/10/06 13:45
カコさん。こんばんわ。
人間って言葉で恋に落ちますからね。
でなきゃソクラテスがモテるわけがないですよ。
ブサイクでもソクラテスはかなりモテましたからね。
なんかほとんどソクラテスに狙われたら落ちるらしいですよ。
プラトンによれば、恋のエキスが目から目に入るそうで、
ソクラテスは特に目からすごいエキスを出してたと言ってます。>カコさん。

あらゆる表現はラブレターであることが大事だと思うのね。
歌でも、恋人に語るように歌うことが大事でしょ。
俺ってかっこいいでしょ!ってアピールが大事なんですよ。
愛を伝えること。自分を表現することが芸術であると思うわけ>あやこさん。
エイジ
2009/10/06 18:23
とっても素敵な文章です、じ〜んとしています。
書く事へのエイジさんの思いが伝わってきます。

私はエイジさんのブログを読み始めてから自分の見る夢に変化があらわれてきました。何かが動きはじめています。
Allex
2010/02/21 20:47
おもしろい話をしましょう。
allexさんの本名を紙に書いてじっと見てください。
きっと、そこに大いなる神の意志を感じ取ることができるでしょう。
エイジ
2010/02/24 23:02
よく読みました。私は太宰治に興味ある韓国人です。〔日本語下手でもよろしく^^〕これのおかげでカフカにも興味ができました。今まで私にとってカフカのイメージに暖かさはなかったんですけど、少女を慰めるために毎日手紙を書く姿から、カフカという人の心が感じられます。ありがとうございます。ときとき来ても大丈夫ですか。
アクリ
2010/03/30 13:58
アクリさん。こんばんわ。
最近、太宰は映画にもなって話題ですが、
実際に太宰の文章は時代の古さを感じないです。
ぞくっとするような色気のある文章がありますよ。
スゴイと思います。

ときときですか?
いつも来てて欲しいですけど、いつでもいらしゃって下さい。
嬉しいです。>アクリさん。
エイジ
2010/03/31 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラブレター BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる