BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪い予感がたいてい当たるのはなぜか?:頂上で戦う。

<<   作成日時 : 2009/08/28 22:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 62 / トラックバック 0 / コメント 18

私達は生活の中でね。
いろんな状況において、
なぜ悪い予感がしたり、恐怖を感じるのか?

数多くのスポーツ選手のメンタルトレーニングを指導してる、
岡本正善先生によれば、嫌な気分っていうか、嫌な予感っていうのは、
偶然ではなくて、
「今のままのリズムで打ったら最悪な結果になる。」
というお知らせだそうだ。

高くジャンプしようとするとき、
人はいったんしゃがみますよね。
しゃがむとは、
上に向かう目標とは逆のマイナスになることである。
高く飛ぶ為には、体を低くして、しゃがまなくてはならないわけです。

困難な状況というのは、高くジャンプするのと等しいのです。
従って、大量のエネルギーを必要とします。
その結果、体をしゃがみこむように、
心もマイナスの感情を感じさせるというのです。

つまり、
困難な状況において、不安を感じるというのは、
高くジャンプするために体を低くするのと同じだと、
先生はおっしゃる訳です。

だから、
困難な状況、
例えば、
ゴルフで、難しいパターや、
池越えの狭いフェアウェーでティーショットに不安を感じるのは、
メンタルがより力を発揮するためのエネルギーを作り出す為の
潜在意識が稼動しているわけで、
マイナス思考になるのはあたりまえであるということです。

しかしながら、
マイナスのイメージのままで、
GOすれば必ず失敗します。

そこでどうすべきか?
マイナスイメージを吹っ切るように、
無理矢理、プラスイメージを描く! 
なんていうのは自殺行為に等しいそうです。

なぜ自殺行為かというとね。
無理やり、ボールがカップに入る軌跡をイメージしたら、
潜在意識がその矛盾を解消しようと働くらしく、
入らないことを証明しようとするからであります。

それでは、具体的にどうするか?というと、

ボールの転がり方だけをイメージすると良いそうです。

なぜ、ボールの転がり方をイメージするのが重要かといいますとね。

ボールの転がり方をイメージすると、
不思議なことに、
ボールが転がってどうなるかがイメージできるようになるのですよ。

さっきは出来なかった良いイメージ。
ボールの転がり方をイメージすることが糸口になって、
ボールが転がってカップインするイメージができるようになるのです。

悪い予感というのは、
じつは良いイメージが出来ないゆえに生ずるということで、
逆に、良いイメージができれば、悪い予感は消えるのであります。
良いイメージが出来るというのは、
今のままで行けばOKであるということに為ります。

信号が赤から青に変わったみたいなものです。



さて、
実際の生活の中でも、
どんな困難な状況であっても、
たとえばゴルフのように、
「ボールの転がり方をイメージすること。」
によってカップインのラインが見えてくるような方法があるでしょうか?

その方法論について、岡本先生は、
結果がどうであれ、
勝ち負けを目的とせず、
常に、
「私はいったい何がしたいのか?」
ということを基準にすること。
が大事だそうであります。


例えば、野球の地区予選で負けたとしましょう。
或いは、
レギュラーから外された。としましょう。

かなり悔しい。
悲しい。
腹立たしい。
審判が悪い。
監督が悪い。
これは事実かも知れないので、否定せず、
そのまま、ガッチリと受け取ります。

そして、次のように考える。

「勝ったのは嬉しい。負けたのは残念だ。
レギュラーから外されたのは残念だ。

でも、お前の本当にやりたいことは何?
勝ち負けで一喜一憂することなのか?
違うだろ。
一喜一憂なんかしたくないよね。
嫉妬だってしたくない。
お前のやりたいことは、
野球を楽しみたいことだろ?」

そして、
悲しみや怒りの感情を休ませ、
自分が最高の状態で野球をして、
仲間が喜んでいる場面をイメージするのです。

もしも、価値観を、
勝ち負けに置くとすれば、
負ければ、メンタルは汚され、
やる気が低下し、負け癖がつきます。

勝ち負けではなく、
「自分のやりたい事。」に意識を向けることが重要なのです。
だから、
勝っても負けても、やりたいことが出来るのならば
それで成功だと考えるのです。
だから、たとえ、地区予選で敗退しても、
レギュラーから外されても、
明日からまた練習しようとする欲求が沸いてくる。

勝ち負け、怒り、悩みに囚われず、
常に「自分が本当にやりたいこと。」を基準にすること。
これがメンタル強化の絶対法則であり、
強い精神力を養う鉄則だそうです。

うーむ。
いわば、結局、不動心を得る方法論ですよね。



タイガーウッズの話をしましょう。
グリーンでライバルがパットするとき、
ウッズは、「入れ!入れ!」と応援するそうだ。

凡人ならば、「入るな。外せ!」と思うのが当然なんですけど、
ウッズはそう思わないように注意してるそうである。
なぜなら、
相手のパットが外れろ!と祈った時点で、
「強者の戦い」という世界を放棄することになるからだそうだ。

つまり自分が強者である為に、ライバルを祝福するということなんですよ。

ゴルフは優勝争いをする場合、
必ず、同じグループで、しかも最終組でラウンドします。
こんな状況ならば、どうでしょう?
ライバルの足を引っ張る心理が働きやすくなるものでしょう?
これこそ、
まさに、ゴルフが「メンタルスポーツ」と呼ばれる難しさと秘密でありましょう。
否、
すべてのプロスポーツの難しさであろう。

ウッズによれば、
「勝つためにはグリーンを味方にしなくては為らない。」
「メンタルの高さが低下したらゴルフは絶対に勝てない。」
「勝つには勝つ世界観を維持すること。」
と理解するには、霊感が必要な言葉を言っています。

つまり、
相手の足を引っ張る気持ちが生じた時点で、その人は戦いから脱落するのです。
なぜなら、
本当の敵は相手ではなく、
自分自身であり、相手の足を引っ張ることは、自分の足を引っ張っていることになるからであります。

潜在能力以上の力を発揮したいのであれば、
決してマイナスの戦いの罠に嵌ってはならないのです。
マイナスの戦いの罠に嵌ったら、著しくメンタルは疲弊し、
実力が発揮できないだけでなく、ツキにも見放されるからです。
「常に頂上で戦う」それが勝負強さの秘訣です。

ですから、ライバルは自分の能力や足りない部分を
鍛えるために天が与えてくれた恩恵と考える必要があります。
だから
「失敗しろ!怪我をしろ!」と思ったら、
たぶん自分が怪我をするでしょう。
勝負の神はそのレベルの戦いを望んでないからであり、
それを知らしめる為に、怪我という形となる。
勝利の女神は「常に頂上で戦う者」に微笑むのであります。


とりあえず、
これは修練が必要なんでね。

悪いイメージがいっぱいの時は、
深く深呼吸を繰り返す。

すると、怖れが無くなる時がくるのです。
「どんとこい」みたいな。
その状態が「頂上」です。
その時が行動を起こす時である。
信号が青に変わった瞬間。

恐れや失敗の予感を抱えたままで
行動すれば、最悪な結果を得るものであり、
勇気が湧き出た時こそ、行動するときであります。

ということで
僕達はいつもてっぺんで戦いましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 62
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
エイジさんは、私が明日ゴルフに行くのを知ってますね?
何度も読み直してしまいました。いや、たとえとして書かれていても、直接に頭に入ってきます。

それにしてもタイガーはさすがにトップを維持するだけありますね。
PGAオープンでは、まさかの負けになってしまいましたが。
タイガーの競争相手にむかってパットが入るように願う、というのは衝撃でした。私も明日はこういう気持ちでいどんでみたいと、気持ちだけ、たぶん、グリーンでは忘れるだろうが、タイガーをまねてみたいと思います。

また、悪い予感を無理やりポジディブに変えようとするのは、赤信号でつっこんでいくようなものなのですね。これもすぐにイメージできます。

おそれがなくなる、「頂上」って、ゾーンにはいったときと似てませんか?



笑福
2009/08/29 00:00
エイジさん、おはようございます!

いつも素晴らしい記事をありがとう。
「何を望んでいるのか」をよく考えることは重要ですね。
そうすると、他のことはあまり気になりません。
そうありたいと思いつつ、ノイズというのはなかなか厄介です。。。

よきライバルは必要です。全体的な底上げ、ということなんでしょう。
タイガーウッズは、素晴らしい人なんですね。
石川遼君も、あそこまで精神力が強いとなると、同じようなものを持っているのかな?

カコ
2009/08/29 10:59
実生活でも、外出前の嫌な予感って、ありますからね〜。
勘は、野生の名残りなのでしょうか。

ただ、悪い予感が湧き起こっても、防ぐすべが無く、
そのまま、予感的中になってしまっていたのです(-_-;)
良い話を聞きました(^_^)v
おのの
2009/08/29 20:39
ずっと前に管理人様がおっしゃってた
「災難に遭う時が来たら遭うがよろし、死ぬる時節がくれば死ぬがよろし」
にも近い、覚悟のススメでもありますね。

ありがたいお言葉、ありがとう。

どーまる
2009/08/30 20:29
昔、タイガーウッズで「あれ?」と思ったことがあるんですが、
それは、数人対ウッズという企画なんですけど、
ウッズが圧倒的に不利なんですね。
ところがウッズが勝ちそうになったら、ウッズは
解説してた青木功にね。
「you!」って指名したんですよね。
つまり、ウッズはいつもギリギリの戦いをしてないと嫌な人なんですよ。
すごいな〜と思いました。
頂上はゾーンに入った状態ですよ。まさに。>笑福さん

カコさん。こんばんわ。
勝ち負けを基準にすれば
圧倒的に負ける人が多いわけですから、
メンタルが弱くなります。
やりたいことができるかできないか?を基準にすれば
勝敗は関係ないですから、いろんな面で良い現象が現れると思います。
そしてなにより、打たれ強くなるでしょう。>カコさん

そーなんですよ。
嫌な予感がするときは、嫌な事件と遭遇するもんです。
腹が立つと、腹が立つ事件と遭遇するし、
怖がると、たかられます。w>おののさん。

最近、思うことは、
どうも
「腹を立て物を苦にするが穢れの第一
腹を立て物を苦にする事・・・・恐るべし 恐るべし
ご分心をいためな。善人の罪を作るな。
取越しの苦労をすな。持越しの苦労をすな。
臆病を去れ。臆病と疑いが去らねばおかげは現れぬぞ。
腹立てな 物を苦にすな 悪もすな 天のめぐみで福徳を増す」
に要約されている気がしてます。>どーまる様
エイジ
2009/09/01 18:31
エイジさん、こんばんは。
黒住正忠の「善人の罪」の教えは、六根清浄の大祓いのことを言っているのかしら。
マトリックスとか士郎正宗の世界感も、お経とか祝詞の世界だな〜と。
kate
2009/09/04 19:17
まさに
そのとおりなんです。
しかし、極めつけは
「自分で自分を拝むという境地」だと思います。
これは天皇が行う祈りなんですけどね。
まさに、宗教の秘鍵であると思う次第です。>kateさん
エイジ
2009/09/05 00:36
エイジさん、いつもご教授ありがとうございます。
今日は陽の極が重なる重陽でしたね。(本来は旧暦なのかしら…)

自分を崇め奉る…、そんなお祈りが!
自らに神性が宿るということからきてるのでしょうね。
まさに秘鍵ですね。

さて、今年の夏はとても調子良く過ごすことができました。(ここ数年、夏を越すのが本当に大変だったのです)
エイジ先生のアドバイス、そしてブログ記事のお蔭です。
これは!と思った事は毎日の生活に取り入れて、無事過ごさせて頂きました。
これからも油断せず、今まで以上に元気になっていきたいと思います。
本当にありがとうございます!
kate
2009/09/09 22:14
kateさんは肝気が弱いので、
今のままの処方。特に
肝臓水解物を継続して行かれれば、もっと元気になると思いますよ。
あとは〜
そうですね。
やっぱり人生を楽しもうという意欲を出して欲しいですね。
これからも大丈夫ですよ。>kateさん
エイジ
2009/09/10 00:29
エイジさん、こんにちは。
先日、昇殿参拝の機会がありまして、エイジさんのおっしゃっる「宗教の秘鍵」、御神体を前に直感的にわかりました。

中村天風氏の行(?)の中にも少し似たのがありましたね。やはり古神道の流れからきているのかしら…。あと呼吸法なども。
kate
2009/10/06 16:58
つまり、真理なんだと思います。
己の中に神が宿っていると
確信するまでが修行で、
確信したらあとは菩薩行を行うのがすべてなんですよ。
上求菩提 下化衆生というのはそういうことです。
ですから、まず自分の中に神がいる。自分が神である。という確信が大事で
これこそまさに秘鍵なんです。>kateさん
エイジ
2009/10/06 18:28
エイジさん、行き着くところは菩薩行、四弘誓願なんですね…。
♪しゅ〜じょ〜 む〜へん〜 せ〜が〜んど〜
昔、仏教聖歌で歌いましたよ…。(ああ、まじめな話を書こうとしたのにぃ)
知らずとはいえ言上げしちゃってた以上、実践できる体力をつける為に肝臓マッサージ続けます。

エイジさん、いつもいろいろありがとうございます。
kate
2009/10/07 22:10
何度もすみません。
今日みたいな低気圧前には体がつらくて寝込んでいたのですが、エイジさん効果か、無事すごさせていただいております。
この分なら社会復帰も実現出来そうです! ありがとうございます。
良きイメージをして時を待ちます。

すべからく誓願は他利のためであり、他利に奉仕する上でおまけとして御利益(自利)がついてくる…ということでしょうか。
入力(智慧)と出力(慈悲)は車の両輪なのですね。

偉人の伝記を読んだりしていて、例えば天皇陛下、マザー・テレサやダライ・ラマ、マハトマ・ガンジーはなぜあんなに無私で他利に奉仕できるのかずっとずっと不思議でした。
でも、きっと自らの神性のままに(宗派は違えど)菩薩行をなされていたのでしょうね…。
V・E・フランクル氏の「人生の意味は外部にある」というのもそういう意味かしら。

今回、人間は言葉を使ってでしか思考できないけれど、それをポーンと超えたところに気付きというか、ハッとするものがありました。有難し。
kate
2009/10/08 10:10
働くという行為。
意味が判らなくなることがあると思います。
つまり。
「こんなことしてていいのか?働かなくちゃ!」って意味です。
働くという意味は
「端が楽になること。」つまり回りの人を楽にしてあげることこそ
働くことだと。私の尊敬する三重大学の医学部の教授の談です。
先生は麻薬の地域に梅の植林をされ貧困を救いました。
ノーベル賞級だと思ってます。>kateさん。
エイジ
2009/10/11 01:59
!! 梅林正直先生ではないですか !!
まさに天命がお名前に現れていらっしゃるような…。
あのゴールデントライアングル地帯によく…。
本当にノーベル賞級ですね。
梅はいいですね。無駄なし、お役立ち。
桜も好きですが、梅はもっと好きです。梅を詠んだ和歌も好きです。
辛いときに梅の香を聞いて、春遠からじ…と自分を励ましました。
kate
2009/10/11 20:18
そうです。梅林正直先生をご存じですか?
97年に三重大を定年退官されると、たった一人でタイに乗り込まれ、植樹活動を開始されました。
活動資金は講演料やホームページ嘱託収入などで自分で工面されました。
マザーテレサ級の先生です。
エイジ
2009/10/12 14:15
ホームランを打とうと打席に入ると
ホームランは打てないものです。

王貞治氏の言葉ですが、

勝とうとか、良いスコアだそうとか
そんな小さなことに関わってるときっとダメなんでしょうね。

晴れ渡った空のような虚心坦懐でいましょう

ららあ
2011/10/23 17:11
虚心坦懐とは、
力を抜いて生命力を充満させることでしょうね。
エイジ
2011/10/24 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪い予感がたいてい当たるのはなぜか?:頂上で戦う。 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる