BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間は150kmの球は打てない。

<<   作成日時 : 2009/08/19 20:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 12

夏の甲子園が盛況である。

皆さん、野球は好きでしょうか?
現在では、野球解説者の説明を聞いてると、
剛速球投手というと、時速150kmの球が投げられる投手をいうようである。

脳の働きから考えると、
時速150kmの剛速球を打ち返すことは、
限りなく不可能に近い運動だそうです。

つまり、
脳が打て!の指令を出して、実際に筋肉が動いて、
バットをスイングする時間が、ボールが絶妙のタイミングで、
ヒッティングゾーンに入って来る時間よりも、ほんの少し長いらしい。
つまり、絶対に振り遅れて当たらないそうです。

しかしながら、
大リーガの選手やプロ野球の選手は、
時速150kmの剛速球を打ち返すことが出来ます。
時速150kmの剛速球は、理論的には絶対に打ち返せない筈なのに、
なぜ、プロは打ち返すことが出来るのか?

この理由の中に、
じつは、野球に限らず、あらゆるスポーツにおいて、上達するかしないかの
鍵があるそうなので、今回はこの話をしましょう。


王さんが現役時代、
「投手の手から球が放れた瞬間にホームランだと判る。」と
言ってたそうである。

おそらく、一流に為れない選手とは
「バットに当たった感触でホームランだと判る。」
訳で、
一流の選手は、
「投手の手からボールが放れた瞬間にホームランだと判る。」
のでしょう。
そうでなくては、何本もホームランなんて打てる筈が無い。

では、なぜ打つ前からホームランだと判るのでしょう。

その理由は何かと言いますとね。
150kmの剛速球を打てる理由とおなじなんですよ。

バッティングは、通常は球を見て打つ訳なんだけど、
150kmの球を打ち返せる人は、球を見てない脳も使って打ってる。
つまり、
球を見てない脳を使えるかが、一流になれるかなれないかの差になるのです。
現役時代の王は、球を見てない脳で打ってたのです。
だから、
打つ前からホームランって判るという現象が生じるのです。

それで、球を見てない脳って何?かというと、
「過去に成功した時の感覚」だそうです。

つまり、
過去に打ち続けた記憶、特に上手く打てた時のイメージを膨大に蓄積して、
あらゆるボールに対して、成功した時の感触を、
ジグソーパズルのピースのように、
ぴったりと当てはめる。
この方法によって、理論的に、絶対打てない球が打てるそうだ。
これを、球を見てない脳を使うと言うことらしい。

そこでですね。
「成功した時のイメージ記憶」で打つ為には、
膨大な経験を記憶する必要があります。
経験が無いと、イメージのストックが出来ませんからね。
そして、一球一球に対する集中力も必要であろう。
集中力がない練習は、身に付かないからです。

イチローが天才である理由は、
イチローのバッテングフォームにあります。
そのイチローのバッテングフォームは、決して崩れません。
スランプというのは、フォームの崩れから始まります。

イチローが天才であり続ける理由は、
フォームが決して崩れないからであります。

つまり、
イチローが天才である理由は、
イチローがイチローのバッテングフォームを維持する練習にあるのです。
イチローといえども、練習を減らしたら
必ずフォームが崩れ、打てなくなるでしょう。


天才バッターとは、天賦の才能の持ち主ではなく、
膨大な練習を継続している者であります。
天才の度合いは、数多くの球を、最高の集中力で打ち返した数によって決定されるといっても良いであろう。


私の話で恐縮ですけど、
ゴルフで
「パットを打つ前にカップインする軌道が見える。」場合があります。
そんな時は、必ず入ります。
ボーリングで
「投げる前にピンが全部倒れるのが見える。」場合があります。
そんな時は、ストライクです。

もちろん、逆もある。
ゴルフで
50cmのパットを打つ前に、絶対にカップインしないような気持ちがするときがあります。
そんな時は入った試しが本当にありません。
やたらにフェアウエィが狭く、OBに為りそうな気持ちがするときは
必ず、失敗します。

私は、この理由を
「予知能力?」
「引き寄せの法則?」
どっち??
と思ってましたが、
これは、「予知能力」でも「引き寄せの法則」でもなくて、
自分のイメージの中に成功の記憶があり、
今、直面してる状態と合致したときに成功し、
自分のイメージの中に失敗の記憶があり、
今、直面してる状態と合致したときに失敗するのではないかと考えるようになったのです。
そう考えると、嫌な予感がした時は、
今のままでいけば失敗するぞ!というサインであります。

そこで、
悪い予感を良い予感に変質させるには、
実際に多くの「成功体験」や「達成体験」を積むことであります。

成功体験が多いほど、困難な状況でも逆転できるイメージが出来るようになるわけで、
成功体験が少ないと、未知の困難な状況に直面したりする場合、
簡単にパニックになって潰れるわけです。

NBAのシカゴ・ブルズ、ワシントン・ウィザーズでプレーし、
その実績からバスケットボールの神様とも評されるマイケルジョーダンが、

「俺はシュートする前、つまりドリブルしてる時から、次にシュートする球がゴールインするのが判る。」と王さんみたいな話をしたそうですが、

これは、ジョーダンに予知能力があるのじゃなくて、
数多くのシュートした記憶のストックが、全身の筋肉に蘇り、
あたかもジクソーパズルのピースが自然にはまるように、
身体が自然に動いてゴールインするに違いない。

ジョーダンが他の選手より優れているのは、
他の選手が、シュートの直前に入るのを確信するのに対し、
ジョーダンはそれより遥か以前、
ドリブルしてる最中に確信できる点でありましょう。
つまり、それ位、
ジョーダンの成功記憶のデーターが豊富であるということでしょうね。

サッカーのカカも、C・ロナウドも同じであろう。
ドリブルしながら、過去にゴールした記憶をシュミレーションしながら、
状況に応じて、ブラックジャックをしてるみたいに、
手持ちの「成功体験」という名のカードを出して勝負してるに違いない。

「成功体験」をいろんな状況や環境で経験することは
一流になるにはもっとも重要なことであり、
それを実現するには、数多くの経験と練習から逃げず、
いろんな困難を克服しようとする努力が大事なのでしょう。

つまり、
天才は99%の努力と、1%のインスピレーションであるというのは、
真理ということである。

結局、
脳科学から鑑みると、
スポーツにおいて、雑誌に特集されてるような、
「簡単に上達する方法」というのは、実は無くてね。
成功体験するまで、訓練しなくちゃダメ。
というありきたりの結論に、間違いはないようである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
エイジさん、こんにちは!

一番だわ〜。
成功体験なんですね。そうか〜。
成功体験もまたパターン認知なのかな?しかも、恐ろしく精度の高いパターン認知。認識力も高く、成功体験も多くないといけない。。。。

努力は必須ですね。努力しなくちゃ。。。。
自分が力を発揮できるところで、努力しよう!!!と誓います。
カコ
2009/08/20 18:17
おはようございます。

前向きになれる素晴らしいお話をありがとうございますm(__)m。

私事で恐縮ですが、
この体験に似たことがありました。
資格受験生時代に
試験問題を見た瞬間に受かったと
思ったことがありますし、
その逆もまた経験しました。
単にヤマが外れたという
漠然としたものではなく
ちょっと不思議な感覚だったのを
今でも覚えております。
しかし、この感覚を得るには
究極の努力が必要であることは
間違いないです。

まだまだ自己研鑽を
積んでいかなければいけないですね^_^;。
最善を尽くしていきます!(^^)!。
say
2009/08/21 07:02
カコさん。こんばんわ。
そうなんですよ。
成功体験もまたパターン認知なのですが、
想像できることは実現できるということなんです。
ミミズは空を飛ぶ想像が出来ないから
空を飛べないんですよね。>カコさん。

聖さん。こんばんわ。
悪い予感も良い予感も
すべてお知らせだと考えたほうが
真理に近いと思います。
だから、マイナスイメージの時は動かない方が良い。
というか、何かを変える必要があるわけで、
良いイメージが出来たときにGOすべきなんですよね。
予感は信号みたいなもんです。>聖じろうさん。
エイジ
2009/08/21 21:39
成功したイメージを頭に思い描くことがいいのだと思います。
最近はコアリズムで魔性の女を目指すNORIでした。
その結果の私の成功イメージは杉本彩さんです。
考えないでホームランを打ちたいです。
NORI
2009/08/21 23:14
杉本彩の成功イメージがあるってことはですね。

必ず成れます。

なるほどね。
今でもNORIさんは杉本彩に近いのでしょう。>NORIさん。
エイジ
2009/08/22 19:48
エイジさん、こんにちは。
>予感は信号みたいなもん
たとえば、お見合い相手の方が、文句なしに性格も育ちもよくて、仕事も熱心、家族を大事にしそうな方でも、なにかひっかかる…という場合は、やはり赤信号ついてるのでしょうかね(-"-;)

考えないでストライク投げたいです。
kate
2009/08/23 10:14
第一印象と言うのでしょうか。
グラッドウェルという人がね。
最初の感じをどういうときに、信じると良いのか、信じないほうが良いのか
第一感をどうやって鍛えると良いのか、といったことについて説明してますが

「第一印象は経験と環境から生まれる。」
ということで、ほとんど正しい場合が多いそうです。
つまり、
第一印象こそ、経験の蓄積で発生する信号です。>kateさん。
エイジ
2009/08/23 15:51
こんばんは。一日に二回も書き込んですみません。

やはり第一印象で感じたものを大切にしようと思います。
まだ時が満ちていないということかもしれませんし…。
それまで、いろんな人をみて経験を蓄積した方が良さそうですね。
億万長者の人相学をよーく見ておいたら目が肥えるかも?
過去ログの『言い寄ってくる男を待つのではなく、好きな男を探す方がよい』にも同意です。
そっちの方が幸せですね、きっと。
『ボロボロ松ボックリみたいに落ちて』きてもらいたいものです…。

アドバイスありがとうございました!
kate
2009/08/23 21:28
kateさん。こんばんわ。
1日になんど書き込んでもらっても良いですよw
「言い寄ってくる男を待つのではなく、好きな男を探す方がよい」というのは
つまり、この男の子供を産みたい。産んでも良い。
お金や顔や仕事ではなくて、「この男の子供だったら産んでも良い」
が絶対基準だと思うわけです。
という基準で結婚相手を選ぶべきである。ということです。
こういう基準で選べば必ず長続きします。って意味です。>kateさん。
エイジ
2009/08/24 18:54
エイジさん、ありがとうございました。
紹介者の方にお返事しました。
しっくりこないのは自分がわがままだからかな…? と思いましたが、やはりダメなものはダメでした。
オビ・ワンの「フォースだ、フォースを使え!」ですね。
頭でなく心で判断すればシンプルなのに…。
やはりスピルバーグ監督は偉大だと思います。
そして、エイジさんのアドバイスも偉大だと思います。
ありがとうございました!
kate
2009/08/26 19:33
結婚相手を選ぶポイントは、
女の場合は「子供を産んでも良い」であり
男の場合は「床の間に飾っておいても良い」です。>kateさん。
エイジ
2009/08/27 18:01
エイジさん、こんばんは〜。

最近、エイジさんのブログを読み直しています。何度読んでもいいものはいい。
そしてコメントまで読んでいます。コメントにも手抜きが無いエイジさんはすごい。やっぱりね、エイジさんって、ただものではない。何者なんだ?
「結婚相手を選ぶポイント」。。。そういう人、いました。一人。
でも、逃してしまいました。私が迷ってしまったのです。結婚できる状況ではなかったから。ああ、当時私は弱かった。今はたくましくなりましたよ♪
カコ
2013/05/22 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間は150kmの球は打てない。 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる