BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 母親はなぜ子供に献身的なのか?

<<   作成日時 : 2009/04/16 18:57   >>

面白い ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 19

今日は、最近知って、びっくりした話をしたいと思う。

なんで女性は、自分の生んだ子供を可愛がるのか?と思いますか?

というか、人間以外の動物でも、
雌は必ず子供の世話を献身的にしますよね。
例外があるかも知れませんが、これは動物界の公理です。

なんでだと思います?

じつはですね。
これってホルモンの影響らしいです。

女性が妊娠して、分娩するじゃないですか?
そのときに、オキシトシンという子宮内ホルモンが大量に分泌されるのですが、
このオキシトシンは、実は子宮内ホルモンともよばれ、分娩の時にも大量に分泌されることで知られています。
このホルモンは別名「愛情ホルモン」と呼ばれ、
それを分泌させてくれた人に対し『一緒にいたい』『離れたくない』という感情を芽生えさせるということらしい。

しかも、
オキシトシンは永続性のあるホルモンで、
一度これを分泌させてくれた相手に対しては、一生涯愛情を注ぐらしいです。
すり減らない愛情なんですよ。

すり減らない愛情って、なんて素敵な響きでありましょう。

そういうことで、
母親はお腹を痛めた子供に対し、本能で執着するんですね。

ちなみに、無痛分娩や帝王切開の場合はこのホルモンの分泌が極端に減るので、
子供に愛情を感じにくくなるといわれておるそうなんですよ。

ここまでは、
「ふーん」でしょ?



さて、ここからが驚愕の話なんですけどね。


そのオキシトシンなんですけど、
いわゆる性的絶頂感、つまりオーガズムに到達しても大量に出るそうです。

つまり、これは何を意味するかというと、

女は自分をオーガズムに到達させてくれる男に強く惹かれるということで
オーガズムに到達させてくれた男に対し、自分の子供に感じるような、
『ずーと一緒にいたい』『離れたくない』という感情が芽生えるのです。

一度これを分泌させてくれた相手に対しては、一生涯愛情を注ぐのです。
それが、どんな相手でもね。



女の性って素敵ですね。

がんばれ、若造。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわぁ
あれ?
一番乗りだ…^^;

なるほど〜!
疲れやすいのはホルモンの影響か!?
って、エイジさん…
早く疲れやすいやつ書いてよ〜^^;
エイジさんはじらすのがお得意なんだなッ!(爆)
その得意技でエイジさんには
『離れたくない』『ずっと一緒にいたい』と
思わせた女子がたくさんいるのでしょうね〜(笑)
キキ
2009/04/17 12:52
童貞には、そのオーガズムとやらを与える環境さえないですよwww
頑張ります、若造はw

とりあえず不安な女性を見つけて、泣いて抱きしめて、その後、オーガズムを感じさせれば、男は一生、幸せになれるという見解ですが、どうですか?
エイジさんは実証されてるのでしょうね(*´∀`*)
クルス
2009/04/18 10:30
話題が話題だけに
コメントが少ないのか?

疲れやすいBLOGはまだ書きかけなんですけど。

つーか
その得意技で「アナタと離れたくない」って
ベットの上での話じゃないですか?
どうしてもベットでの会話にしたいのね。>キキさん
キキさんも試してみますか?

いや。
不安な女性を見つけて、泣いて抱きしめてるのは出来ますが、その後、早漏なんですよね〜。(シクシク)>クルスさん
エイジ
2009/04/18 23:17
なるほどねぇ。
ゆか
2009/04/19 01:09
あ、書き込めた。
私のコメントの一部がスパムにひっかかったみたい(苦笑)
そんなエロすぎるコメント書いた記憶はないのだが〜。おほほ〜。
ゆか
2009/04/19 01:11
なるほど。
生涯愛情を注ぐ相手!・・・アタシ、夫や出産以上の、、
ソノ、ホルモンを^^;
にゃんこ
2009/04/19 21:29
エイジさんが最初にエッ チな話題を振ってるんでしょ〜!!!(笑)
試すって、相手がいないなぁ〜(爆)

質問ですが、
男性は性的絶頂感に到達した時
「こいつと離れたくない」とか「ずっと一緒にいたい」という
ホルモンは分泌されないの??
そう思わせるホルモンは女性にしか出ないのか?
男性にどんなにご奉仕しても
男性にはこの手のホルモンは出ないの?
なんか女性の方が分が悪いような気がする〜!!


キキ
2009/04/19 22:18
エイジさん、こんばんは〜。

実はね、男親は情が少ないっていうことをね、例えばある病気なんかでも男性が逃げちゃうことによってもそういわれるということを聞いていたので、どうしてなのかと思っていたのですよ。

出産による母親と子供の繋がり、、、。やはり神秘的な感じがします。
赤ちゃんは一人では生きていけないから、神様がそのようにしたのかな?

男性も実は一人で生きていけないからかな〜?
カコ
2009/04/19 23:44
過酸化水素水ってやつか?
へぇ、そんなん出るんや。
( ..)φメモメモ
say
2009/04/21 00:16
え?
もしかして、「正●位」がひっかっかったんでしょうか?
それとも「ハメ●り」ですか?>ゆかさん。

ほー。にゃんこさんの場合は、
視覚だけで「エクスタシー」を感じてしまったのか?
ジャニはあなどれませんな>にゃんこさん。

男性の場合は、
性的絶頂感に到達した時
「こいつと離れたくない」とか「ずっと一緒にいたい」という
ホルモンは分泌されないかもしれませんが、
それは女性のほうが性において男よりも選択権があるからでしょうね。

ちなみに「こいつとまたやりたい」とは思うかもしれませんね。>キキさん。
エイジ
2009/04/21 18:32
カコさん。こんばんわ。
なるほどね。
男の場合、子供と同じように女がいなければ生きてゆけないから
女に捨てられないように神の恩恵があるのかも知れませんね。
なるほど。
きっとそうでしょう>カコさん。

そうそう。オキシドール。
チン●から泡が出てめちゃめちゃ痛いんだよねー
ってなわけねーだろっ(爆)>sayさん。
エイジ
2009/04/21 18:36
女にも、それはないです。つまり、エッチが良くてもそれが一緒にいたいということとは比例しません。男の生き方そのものを判定するんですよ、女は。
その結果、価値のある男とそうでもない男に無意識で分ける。
で、結局のとこ、男は犬と一緒かも。ああ、超過劇発言。わかってますが、やめられない。可愛くて、無邪気で、離れたくないと思わせる母性本能をくすぐる才能って言うのも必要なんでは?エッチだけじゃないよ、本当に。
NORI
2009/04/22 21:07
「愛情ホルモン」の存在は知っていましたが、“分泌させてくれた人に尽くしたくなる”事は知りませんでした!
そうなんですね〜子育て真っ最中なんで、めちゃ実感できます!
母乳あげてる時も分泌されますよね。
一人目 会陰切開 ミルク
二人目、三人目 自然分娩、完全母乳
(転勤族の為三人とも病院が違う&行き当たりばったりで病院を選んでしまった)

二人目4歳なったけど、頭おかしくなるくらい可愛いんです。三人目は当たり前に可愛いすぎる。一人目は……そこまでの感情は…(ここだけの話です。本音ですみません!)

真っ最中のホルモンの影響実話です。
しかし私達は人間なので、立派に育てる為一人目もいっぱい愛情かけて育てていますのでご安心ください。
神秘的なお話をありがとうございます。



2009/04/22 21:44
そーなんですかー!(汗)
としかいいようがないじゃないですか(笑)
NORIさん。
男は犬というよりもですね。
遺伝子によって操られ、要らなくなったら遺伝子によって捨てられる消耗品なんです。可愛がってください。>NORIさん。

一さん。こんばんわ。
じつに説得力のあるコメント有り難うございます。
考えるに、
男の性欲は女には理解出来ないし、
女の子供に対する愛情の深さは男には想像すら出来ません。
男と女の間には、決して埋められない溝があるのですが
その溝は簡単に埋められるような錯覚をして
愛し合うのかも知れません。
そう考えると性行為って痛々しい行為であるが
切ない行為でもありますね。>一さん。
エイジ
2009/04/22 23:00
ちなみに、女は男にとって車のような存在かも。というより、うちの会社の
奥さんまたは彼女が、それぞれの社員の選んだ車と特徴がそっくりなのです!
NORI
2009/04/23 13:38
これは面白い説ですね。
確かに、男の女に対する趣味は車に関係がありまして、
赤いスポーツカーに乗る男は、間違いなくロリータですね。
セダンが好きな男はフォーマルな女が好きですね。

あとね。
そうそう。
時計が好きな女は、お金に弱いそうですよ。
女性の男性に対する趣味は何にでるのでしょうか?>NORIさん
エイジ
2009/04/23 18:03
不思議と好みの動物に似ていると思いますよ。
気になる女性がいたら、好きな動物を聞いてみるのはいいと思います。
どのポイントで愛着を感じているのか、ヒントになりますよ、きっと。
NORI
2009/04/24 12:46
おおお。「時計が好きな女は金に弱い」んですか!!
そーーーだったんですか。初めて知りました。そーなのか。いや、そうなのかもしれない。自分は時計にはチョーゼツ弱いです。

でも亭主はカネで選びませんでした。それだけは言える。じゃ、ナニで選んだのか?

……前世の因縁かな?(大汗)
シーーーーラカンス
2009/04/26 20:43
ほー。
動物ですか。なるほどね。
女性にとって男性つーのは、自分でコントロールできて
自分がいなけりゃ生きていけないという点が面白いですね。
車の場合はステイタスの意味もありますしね。
この微妙な違いは面白い。>NORIさん

えーとですね。どこぞのナンパ師が言ってましたが
女性に
「親父に時計をプレゼントしたいんだけど、どんなのがいいと思う?」
とメールして、
具体的な銘柄で答えてくれる女性はプレゼントとかで落ちやすいそうです。>シーラさん。
エイジ
2009/04/28 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
母親はなぜ子供に献身的なのか? BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる