BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の抱負:私の金毘羅考

<<   作成日時 : 2009/01/05 19:49   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8







金毘羅本教教憲五条


●自己の生命は遠い祖先の神々に連り、なお子々孫々に繋がる永遠且つ絶対であることを忘れないこと。

●自分も神の分身であるから日々祓の修行を怠らないで心身共に清浄潔白を保つように勉めること。

●不平を言ってはならない。神恩の感謝と歓びを以て一切を処理すること。

●神人合一の境地に達する為には浄明、正直を旨としなければならない。

●人は何れ高かれ低かれ神となるものであるから、高い神となるよう日々の修行を怠ってはならない。



金毘羅さんってご存じですよね。
四国は讃岐のこんぴらさんの名で親しまれている金刀比羅宮は、琴平山(象頭山)の中腹に鎮まります。
この金毘羅さんっていう神様は、一般的には大物主神とともに、崇徳天皇が祀られていると思われていますが、実は、後年に、明治元年(1868)に神仏混淆が廃止されて後から付け足された神様なんです。

実際、日本に非常に縁の深い金毘羅なんですけど、
じつは明治の廃仏毀釈の時にもっとも破壊された神様でもあるのです。
現在、金毘羅という呼び名では呼ばれておらず、
金刀比羅と呼ばれている理由をご存じですか?
じつは金毘羅は封印されたままなのです。

金刀比羅という呼び名に廃仏呪詛があります。
金比羅という本名の首を切るように
金と比の間に刀を入れて金刀比羅とされたのです。
それほど、日本の神は金毘羅を恐れていた。

現在祀られている崇徳天皇も大物主も、
じつは首を変えられた神様で、実際の金毘羅は龍神なんです。
いま、四国の金刀比羅宮に祀られているのは替え玉の本尊で
本来の本尊である金毘羅は、じつは岡山の西大寺に有ります。

金毘羅宮は非常に謎の多い神社であります。
今回はその謎解きをやりたいと思う。


私の調べた所、もともとの祀られておる神様は何かというと、薬師如来の十二神将。北を守護する神の宮毘羅(クビラ)が本尊であります。
宮比羅という神は非常に不思議な神でね。
世界中で日本で唯一、篤く信仰されている神といっても過言ではありません。


なぜ不思議かといいますと、
この宮毘羅という神様は、ヒンズー教の神でね。
夜叉(又は薬師)族の長であり、地中の財宝を守る神であり、
北の方角を守護する神であり、金龍神でもあります。
地元ではガンジス川を守護する鰐(マカラ)だといわれています。
ちなみに、金のシャチホコはマカラが原型で、金毘羅なのです。

こんなに日本では有名なのに、ヒンズー教の中でもシヴァとかインドラみたいに、メジャーな神様ではないんです。
でも、なぜか日本のみで単独でインド以上にお祀りされているのです。

ヒンズー教の神がインド以上にしかも遠く離れた仏教国で、
単独で信仰されるという、思えば不可思議な話なんですよ。
私はこの神に非常にミステリーを感じる。

この金毘羅さんが発祥した四国に伝わる地元の縁起によれば、
インドからやってきて日本の四国の象頭山の頂に降臨し、
弘法大師に「祀って欲しい。」と姿を見せたといわれる。
その姿は体に鱗のある龍体であったといわれる。
鰐の神だから龍みたいなんでしょうね。

「なぜ日本に鰐の神が??」
鰐なんて有史以来、日本の近海に存在しないですから、変な感じがします。
しかし、実は古事記に鰐は出てくるのです。
因幡の白兎の話です。

日本に鰐はいないから、これはサメであるという説がありますが
これはサメではありません。正真正銘の鰐であります。
否、鰐のようなものです。
じつはこの鰐こそ金毘羅族なんです。
そして因幡の白兎を助けた大国主は医療の神なんですね。

さて、
このミステリーについて私は、不思議な因縁を感じるのである。
それは日本は薬師如来が治める国と考える説があってですね。
薬師如来というのは医療の如来でもあるのですが、もっと広い意味でね。
人々の苦を除く、現世利益の如来であります。
日本を治める大国主と薬師如来がここで交差するのです。

薬師如来が国を治めるという、その一例として、かの徳川家康は別の名前を「東照大権現」といいますが、これは薬師如来が人間になって現れたという意味で天海和尚が徳川家康を神格化し、
家康を薬師如来と同体と神格化することで徳川の未来永劫の繁栄を実現させる為の「密法」なのであります。

この日光の東照宮を建設し、徳川曼陀羅と呼ばれる風水的設計によって江戸を守護し徳川太平の時代を目論んだ天海和尚こそ、日本と薬師如来の関係を信じて疑わなかった僧なのである。
そして果たせるかな、天海のもくろみどおり、徳川家はいまだに繁栄している。

ところで天海の思想と良く似ている両部神道や山王神道において、
本来は徳川家康が薬師如来ではなくて、大国主の子孫であり日本国の王である天皇を薬師如来が人間になって現れた神人と位置づけております。

ちなみに阿弥陀如来は西の如来であり、薬師如来は東の如来であるといわれる。
須弥山であるカイラス山から東に位置する日本国が薬師如来が治める国であるとされるのは、あまり一般的な説ではなくてね。
これは異説なんですけども、私も天海のようにこの話が正しいと思うのです。

その証明として、薬師如来を守護する神の代表であり始めを意味する金毘羅さんが日本で祀られるのではなかろうか?
金毘羅さんが唯一世界中で日本にのみ存在するという事実と
現在まで滅びること無く祀られるという事実に意味を感じるのです。

つまり、間違いなく皇国である日本に「金毘羅さんは生きている。」と私は思うのね。

以上の説を唱える話を聞いたり、読んだことがないと思います。
おそらく特殊な「金毘羅考」だと思いますが、この説はかなり自信があってですね。
当たらずとも遠からずと思っておる次第です。


という訳で、
その金毘羅さんの教えを今年の心の指針としたい。
この教えこそ、まさに神人合一の指針です。

今年はみんなで家康のように神に成り末代まで栄ましょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
エイジさんの「今年の抱負」は、1枚の色紙では書ききれない大きなものなんですね。恐れ入りました。m(._.)m
人生は修行と申しますが、
修行が足りない私は、レンタルDVD『それでも僕はやってない』を観ただけで胃痛がし、このブログを拝見している間にも足がしびれて立てません。
どうかご無事で1年をお過ごしくださいませ。

あっ
新年明けましておめでとうございます。
今年も更なるご活躍を期待いたしております。
よろしくお願いいたします。
カラス
2009/01/05 23:03
おはようございます。
金比羅さん 知っておりますが
ヒンズー教との関係は知りませんでした。
ここにくると 本当に賢くなれます。
でも 一歩出てしまうと・・・^-^;
みるきぃ
2009/01/06 08:23
かなさん。明けましておめでとうございます。
足が痺れるということは、正座してネットをやっておられるのですね。
さすが旧家の奥様であります。
ちなみに私は椅子の上であぐらをかいてネットをやってます。>かなさん。

こんばんわ。みるきぃさん。
一宮にも金比羅さんがありますよ。
滝高校の近くです。
一度、お参りされるのも宜しいでしょう。
つーか
今ならまだ正月限定の金色のお守りがありますよ。>みるきぃさん
エイジ
2009/01/06 23:44
明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い申し上げます。

自己の生命は遠い祖先の神々に連り、なお子々孫々に繋がる永遠且つ絶対であることを忘れないこと・・清廉潔白であること・・正直で・・・不平を言わず・・
  日々感謝を忘れず出来る事を心を込めて頑張ります*^^*

そうそう・・・因幡の白兎のお話にはワニが出てくるんですよね〜。
♪大きな袋を肩にかけ 大黒様が来かかると 
  そこに因幡の白兎 皮をむかれて赤裸
 大黒様は哀れがり 綺麗な水に身を洗い
  蒲の穂綿に包まれと よくよく教えてくれました♪ 思い出しました^^
みどり
2009/01/07 14:33
エイジさん、こんにちは〜。

新年から壮大な教え、身がひきしまる思いです。
ええと、実はワニが読めなかった私は検索してしまいました。
前回といい、情けない話です。
ウィディペキアに面白い話が載っていました。
金毘羅というのがサンスクリット語のワニからきているらしい、と。
日本では昔鮫を鰐と言った、、という話もありましたが、
たぶん本当に鰐だったのでしょう。というか、
金毘羅族だったということなのでしょう。

昔昔の点と点を推理で結んでいく作業は
楽しいものでしょうね。勉強になります!!
しれにしても、なんともすごいマニアックな知識。。。
いったいエイジさんは、いつ、どこで
そんな知識を得ているのやら。。。。。

もしかして、金毘羅族の末裔?
カコ
2009/01/07 18:56
みどりさん。明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

さて、その大黒様なんですけどね。
大黒天というインドの神様で、ネズミと関係があってですね。
北の守護神でして、金比羅と非常に似てるのです。
金比羅さんもネズミと関係があって北の守護神ですね。
ですから、大黒天は金比羅と同じ系列の神様です。>みどりさん

カコさん。こんばんわ。
私がなんでこんなにマニアックな知識があるのか?
というと自分でも判らないんですけど、
「人は何れ高かれ低かれ神となるものである」と教えがあるでしょ?
誰でも自分と同じ族の神様がいるのですよ。
ええ。それは事実なのね。
僕は10日産まれで、金比羅さんも10日縁日。
あといろんな共通点があるので、金比羅さんや薬師如来とは同じ族であると思ってます。
ええ。まじでね。>カコさん
エイジ
2009/01/07 19:32
今年も高度な話題からはじまり
ついていけなさそうです。
(始まりは色紙でしたね)
ついていけなくてもよろしくお願い致します。

金毘羅さんってあの恐ろしい階段地獄の
金毘羅さんですよね。昔、息切れしながら
お参りした思い出しかありません(><)
今は上れるか疑問です
カモちゃん
2009/01/09 22:47
そうそう。
あの快男児国のって、そうじゃなくて階段のね。
僕も階段あがりますけど、カモちゃんも頑張ってついてきて下さい。
本年もよろしくお願いします。>カモちゃん
エイジ
2009/01/10 01:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年の抱負:私の金毘羅考 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる