BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 合格者のノートは必ず美しい。

<<   作成日時 : 2008/11/09 13:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 14

ちょっと覚えておくと良い話です。

「試験ができるかできないかはノートを見れば判ります。」
と霊感商法のような話を語るのは、
長年、ベネッセコーポレーションで通信添削の「進研ゼミ」の編集に関わってきた太田あや氏である。
彼女は多くの受験生のノートを見るにつれ
ノートが美しい子は合格し、汚い子は不合格になりやすい
という事実をなんとなく漠然と感じていたそうです。

そして、通信教材の会報誌の編集をしているとき、
現役東大生のノートをたまたま見て「立体的ですごみのある」中身に目を奪われ、
そこで東大生のノートに共通した「美しさ」に興味を持ち、
200冊以上の東大生のノートを集め、「東大ノート」の法則を探った。
その結果をまとめたのが「東大合格者のノートは必ず美しい」(文芸春秋社)である。

さて、
その東大合格者のノートには次の七つの法則のいずれかが見られるそうで

********************東大合格者ノートの7つの法則(太田あや説)*************************
1.文頭が揃っている。(文のはじめが規則正しい。)
2.コピーが貼ってある。
3.余白が多い。(後から付け足せるように)
4..インデックスが付いている。(見出しがある。)
5.区切り方がうまい。(内容をまとめて区切って書く)
6.オリジナルの形がある。(上に英文、下に訳、右に熟語・・というように自分のパターンがある。)
7.字が丁寧である。
**********************************************************************************

つまり、「東大生は非常に楽しんで勉強のノートを作ってる。」ってことですよね。
楽しんでなければ、綺麗なノートは作れないです。
しかも東大生は、ノートに書いてある文字の筆圧が一定で、非常に丁寧な字を書くそうである。
実際に、受験日の「お守り」代わりに自分のノートを持っていったという受験生のエピソードがあるそうで、ノートは自分の作品なんですね。


「東大に合格するような人間は優秀だからおのずとノートも綺麗になるんじゃないの?」
という考えがあるかも知れないが(私もそう思っていた。)、そうではないらしい。

つまり、「ノートを綺麗にする。」「字を丁寧に書く」「インデックスを付ける」などのアドバイスを、浪人生にアドバイスし、受け入れた学生は間違いなく偏差値が上がるそうである。

中には3ヶ月で国語の偏差値30台から80台になったそうな。
この理由をいろいろ推察することは出来ると考えるが不明であると言ったほうが良い。

しかしながら、私はこの胡散臭い話に非常に共感する。
太田さんに一票入れます。
「ああそうだったんだ!」と納得することが多い。

私の知ってる範囲でも、勉強のできる子でもね。
非常に汚いノートを付けてる子は浪人生に多かったですし、
頭の良い子でも、なぜか試験によって点数のばらつきが多い子は確かにノートが綺麗じゃなかった。

そして、これは確かに、
「浪人生のノートは汚い。」いや「浪人生のノートは美しくない。」です。
ごちゃごちゃで字も投げやりだよね。
これは「焦燥感」が原因だと思ってましたが、
そうではなくて、ノートが汚いから浪人する嵌めになったんですよ。
今となって思えば、バイトで家庭教師やってたときに、この話を知ってれば良かった(汗)

ちなみに、代々木ゼミナールという予備校で
化学担当の亀田和久という名物講師が、昔から同じことを言ってるそうで
合格する為に推奨しているノートの作り方があるらしく、
その合格ノートとは、

1.インデントがしっかりしている
2.カラー資料が貼られている
3.実際の試験問題が貼られている
4.余白が多い

だそうだ。
つまり、太田あや説の東大生のノートと同じですよね。



いまいち勉強に成果が出ないと悩む君。
ご子息を志望校に入学させたいと願う父兄。

いますぐ、ノートを綺麗に整理しましょう。

むかし、「金持ちは襟が汚れたワイシャツは着ない」 というblogを書きましたが、
勉強もノートの美しさが勝運の鍵かも知れません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
うーむ、最近、この話題をテレビなどで見ました。
実際、私も周囲も東大に完全無関係ですから、身近に感じられない問題ですが
確かに、真面目 緻密 計画性 探求心 洞察力 耐久力が総合的に優れていれば、その者の作成するノートは極めて美しいであろうと想像できます。

ここで大切なのは、単に字が上手で見た目キレイあるということではなく
やはり確かな理解力による『立体的な記述』がなされているということでしょう。
黒板や本の丸写しで精一杯、理解が伴わなければ、まさしく平面うすっぺらなものになるということですね。
私なんて、自分がメモしたものを清書しょうとしても、判読できないときがありますから、アタマわりーです。 ハハ、笑うしかないぜ。
カラス
2008/11/09 14:59
これなら私でも取り組めそう。
ノートをキレイに余白を多く、インデックスつけて整理すればOK
なんですよね。

でも確かに、頭いーなーという人のノートはちょっとした雑記帳でも
キレイだったりします。
まずはスケジュール帳からですね。
ayakomame
2008/11/09 23:33
これは確かに言えますね。
ノートだけでなくスケジュール帳などにも言えそうな感じがします。
今は受験生である身なので、身に浸みるお言葉。
頑張ろうと思います。
rikky
2008/11/10 12:48
エイジさん、こんばんは。

わかりますよ。
情報がきちんと整理されている、その上に、追加情報も加える余裕を持っている。。。。
これは、受験者の頭の中と同じ、ということなのだと思います。

ただし、、、と思うこともあるのです。
新たな発想は、かならずしも、それだけでは生まれてくるとは言えない。
想像力もまた別物と考えなければいけない。

とりあえず合格までは、そのあたりで判断できるということだと思ってしまうわけです。なんてさ、その論理性の裏付けのある理解力は、それはそれでもちろん、りっぱなことだとは思っていますよ。
カコ
2008/11/10 18:43
先日ファミレスの壁に
『行動が美しい人は容姿も美しい』と描いた額がありました
そういう事なのね〜
私も丁寧な文字を書いたり掃除を心がけます
だって〜
綺麗でお金持ちになりたいもん(^_-).。*・☆
yum
2008/11/10 21:40
お久しぶりにお邪魔します。

うちの息子、自分の字が読めず試験の時ミスをするということがよくありましたヌ。まあどう見たって東大はありえないんですがヌ。
レセママ
2008/11/10 22:08
こんにちは^^
あ〜
なんかわかるような気がする〜!
うちのアホ娘のノートは汚いのよ…
で、算数のひっ算の時、
線を定規でひくようにしなさいと
あと、ぎゅうぎゅうづめに書かないで
ノートを贅沢に使って問題と問題の間を一行あけなさいと注意して
やらしてみたら
見やすくなって、ちょっと成績上がったのよ〜^^v
まぁ、東大には行けないけどね^^;
ちょっとの工夫で全然違うもんですね^^

キキ
2008/11/11 14:34
なるほど・・
うちの子供たちに しっかりと言い聞かせます。
これで 東大間違いなしですね ^-^
みるきぃ
2008/11/11 15:12
かなさんのおっしゃるとおり、
つまり、『立体的な記述』という点が重要なのです。
この凄さは想像するだけで判りますよね。
インデックスが付いているとか、文字が丁寧というのは
枝葉なんですよねー。
ノートが作品であり、果実なんですよね。>かなさん

どうなんですか?
やはり、スケジュール帳も関係あるのですか?
そういえば、昔、コダックの極東マネージャーと
話したことがあるのですけど、
確かに彼の手帳は雑誌でしたよ。
声もデカいし顔もでかかったですけどね。>あやこさん

スケジュール帳もやはり追加したほうがいいですかね?
私が20代の暇だった頃、スケジュール帳がいっぱいの先輩に憧れたもんです。なんか出来る男は予定がいっぱいに違いないですもんね>rikkyさん
エイジ
2008/11/14 23:13
カコさん。こんばんわ。
私の知り合いの医学部の学生の場合ですけどね。
確かに、ノートは「美しい」か「汚い」の両極端でした(汗)。
つまり、天才型と秀才型に分かれるようにも思われるのですけどね。しかしながら、やはりですね、
綺麗な方が本物だと思いますよ。なぜなら、モーツアルトも川端康成も湯川秀樹もアインシュタインもノートは整然で美しいですよ。汚いノートの天才は居ませんよ>カコさん

私は、「正しい人生」よりも「美しい人生」を送りたい。
即ち、美しささを非常に重要なことと考えておりますのでね。
『行動が美しい人は容姿も美しい』のは当然の帰着であり
行動が醜い人が容姿が麗しい訳がないのです。
つまり、高級な日本料理には高級な器が似合うようにです>yumさん

おひさしぶりです。レセママさん。
自分の書いた字が読めないというのは
致命的です(笑)
という私も眠りながら書いた文字が読めないことがよくありますけどね。
会議のメモですけど。>レセママさん
エイジ
2008/11/14 23:26
なるほど。
この調子でキキさんの馬鹿娘が賢くなるといいですね。
ノートを綺麗に書いてどれだけ成績が上がるか?
キキさんの馬鹿娘さんで真偽を試して欲しいです。>キキさん

言い聞かせてやってください。
きっと良い結果がでると思います。
東大入ったらなんか下さいね>みるきぃさん
エイジ
2008/11/14 23:31
訂正。
すいません。
キキさんの娘さんは「馬鹿娘」ではなくて
「アホ娘」でした。
お詫びと共に訂正します。
m(_ _)m
エイジ
2008/11/14 23:33
そうです!
馬鹿娘とアホ娘では大きな違いが
あるのですよ!
そこんとこヨロシク♪
キキ
2008/11/17 15:16
いわゆる
親バカコメントであるな。
エイジ
2008/11/19 17:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
合格者のノートは必ず美しい。 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる