BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS ツタンカーメンの話:王の宝石と隕石の関係

<<   作成日時 : 2008/08/13 11:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 22

みるきぃさんとかゆかさんのように、前回の「ツタンカーメンの話」の続きを楽しみにしていらっしゃる殊勝な方もお見えになりますので、「そろそろ続きを書こうかな。」と考えておりますと、マーフィーの法則でしょうか、お昼のNHKのニュースで、次のようなすごいニュースが飛び込んで来た。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「ツタンカーメンの子供? 胎児ミイラをDNA鑑定へ」


エジプト考古最高評議会は6日、同国南部ルクソールの「王家の谷」のツタンカーメン王墓で発見されていた女の胎児のミイラ2体について、DNA鑑定を実施すると発表した。ミイラはツタンカーメンの死産した子供の可能性があるという。鑑定には数カ月かかる見通し。

 AP通信によると、ツタンカーメンは12歳で結婚したとされるが、現在まで子供が生まれていたとの記録は見つかっていない。

 ツタンカーメンは約3300年前の古代エジプト第18王朝の王。10歳前後で即位し、在位9年ほどで死亡したとされる。墓は1922年、英考古学者らの調査隊が発見し、王のミイラにかぶせられた黄金のマスクなどを発掘した。(共同)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


DNA鑑定には数ヶ月かかるそうだ。

このニュースがなぜスゴイのか?
たぶん世界中の考古学者は驚いたと思われるんだけどね。
つまりなぜ、お昼のNHKのニュースになる程スゴイのか?
といいますと、
重要なことは、なぜ、胎児のミイラがほぼ素性が明確でツタンカーメン関係であることは自明であるにも係わらず、現在に至るまで、CTスキャンやDNA鑑定をしたいという誘惑に科学者達が駆られるのであろうか?ということなのです。

その理由は、この胎児のミイラが非常に「ユニークなミイラ」だからである。
ユニークというか、想像力をかき立てるような不思議なミイラと言った方が良いかも知れない。
かなり有名なミイラなんですけどね。
もちろん私も以前から知っているミイラです。

この胎児のミイラは次のようなミイラである。

画像


生後7-8か月の死産の子供で確かに異様な外観をしていると思われる。

例えば、指の長さである。
生まれたての幼児のものとしては長すぎるのだ。成人の人間と比べても非常に長い。
さらに頭および大きい目の形が普通の人間の胎児と異なる。
単に奇形児であろうか?
私は奇形とは思わない。遺伝的な特徴であります。

DNA鑑定の結果を待ちましょう。
仮に人間以外のDNAが含まれていたらちゃんと発表するでしょうか?



さて、今回はツタンカーメン王のネックレスの中央に飾られた黄緑色の宝石の話をしようと思う。
1922年、ツタンカーメン王の墓が暴かれた時、発見された財宝のひとつの黄緑色の宝石が研究者達の頭を長年悩ませてきたのです。
というのは、この宝石は、宝石では無くてガラスであることが判ったからである。

実物のネックレス写真

画像


ところが、人類がガラスを作り出せるようになったのは、紀元前5世紀位だったとされているのです。よって、ツタンカーメン(BC1300年頃)の時代には、ガラスを製造する技術が存在していなかったと思われる訳です。
そこで、このガラスは人工のガラスではなくて、天然のガラスであろうと推測されたのです。
なぜなら人工的にガラスを作る技術が無いならば、天然でしかあり得ないでしょ。ということですね。

その天然ガラスなんですけどね。
実は、ガラスというと非常にポピュラーに思うけれども、天然のガラスという物質は、ほとんど地球上には存在していないのです。

天然ガラスというのは、火山の熱で生成される「黒曜石」と隕石が高熱で溶けて出来る「ネクタイト」の二種類しかないそうである。
ツタンカーメンのガラスが黒曜石ではないので、隕石ガラスしかあり得ないのですが、エジプト周辺で隕石が落下した記録も形跡もまったく無いのです。
だから研究者の頭を悩ませてきたのですね。

そこで大発見がありまして、ツタンカーメンのガラスと同じようなガラスが、サハラ砂漠で発見されたのです。

その事実を鑑み、研究者達は、ツタンカーメンのネックレスのガラスは、大昔に隕石が落下し、その隕石の落下によって高熱が発生して生成された「隕石ガラス」であると結論されたのです。

さて、問題はそこからなんだけどね。
そのサハラ砂漠には、ガラスを生成するような大きな隕石が落下した形跡が無いのです。つまりクレーターの痕跡がまったく無い。

そこで研究者達は実に恐ろしい仮説を立てたのです。
その仮説とは、隕石が地上に落ちる前に燃え尽きたという仮説です。
想像して見てください。
大きな隕石が宇宙から落下してきて、地上に落下する前に大爆発を起こしたのです。
大爆発の熱によって地上は広範囲に渡って1000℃近い高熱で溶かされたのです。
まるで原爆のようにね。

さて、
古代史には熱で焼かれて滅ぼされる文明の話が多くあります。
例えば、モヘンジョダロという遺跡はそのに住んでいた人種は不明、約600年栄え、あるとき、突然滅びたというなんとも神秘的な遺跡である。
このモヘンジョダロには「ガラスになった町」と呼ばれている部分があります。

「ガラスになった町」は、火山が爆発した事実は全くないのにも係わらず、レンガが1500度以上の非常に高い熱を短時間に浴び、その後温度が急激に下がり、溶けた状態のまま固体化した状態のものが地面に転がっていたり、そこで見つかった遺体46体が高熱で加熱された痕が残っているのです。
しかも突如、死がやってきたような状態で、普通に生活してた状態のままでプラスチック人形のようになってるのです。
原因は、謎です。


あと、旧約聖書の『創世記』に登場する、神の怒りにより天からの硫黄と火によって滅ぼされたとされる都市「ソドムとゴモラ」の話があります。
天からの硫黄と火によって生きた人間が立ったままで塩になったとか、建物が高熱によって溶かされるのです。
この記述からモヘンジョダロと同じ現象で滅ぼされたと考えられる。

古代史において熱によって滅ぼされた文明の話が多くあり、
そしてそれは実はつくり話でなく事実であると私は思うのです。
その惨劇は、まるで核戦争のようなので、古代に核戦争があったのだと大真面目に考えているオカルト研究者もいるし、モーセの海が真っ二つに割れた話しのような、神の技と信じている神学者もいます。
しかし、隕石の空中爆発が原因と考えたほうが妥当かも知れません。

ツタンカーメンのネックレスのガラスを調査した結果、地上を溶かすような隕石の爆発が過去に何回か存在したことが判った訳でありますが、それはまた恐ろしい可能性を示唆してるわけでね。
つまり、これから先にも隕石爆発が発生し地上が1000℃近い熱によって焼かれるという可能性があるということです。

そういえば、恐竜も隕石によって滅びたらしいですからね。
もしかしたら、人類も隕石によって恐竜のように滅亡することだって有り得る訳ですよ。
しかもリアルの不安要素ではないかと考える訳でね。

フランスの稀代の予言者ノストラダムスが「1999年にアンゴルモアの大王が降ってくる。」と予言したと言われてますが、1999年にアンゴルモアの大王は降ってこなかったんだけどね。

でも、この予言、隕石の予言だとしたら、もしかしたら本当に当たるかも知れんと私は思ったりするのです。
1999年が間違ってるという人もいると思いますが、こんな数字の解釈なぞいつだって別の解釈が可能だ。

災害は忘れた頃にやってくるし、
予言も忘れた頃に当たるもの。
当たって欲しくないけどね。


またいつか続きを書きます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
今回も、フムフムと思いながら一気に読んでしまいました。
このニュースは知りませんでしたわ〜。(昼寝チューかも)
確かのこのミイラ。。指が長いですね。
昔よく見た火星人みたい〜〜。
ガラスの件もモヘンジョダロまで話が拡大していくのが
すごいな。。
ますます続きが読みたくなりましたので、よろしくです。
みるきぃ
2008/08/13 12:29
深い。
深いなぁ。
ミイラにガラス。
歴史って、ロマン〜☆

で、で、次は?次は?
楽しみにお待ちしてますわ♪
ゆか
2008/08/13 20:46
エイジ様、これ、未来小説書けますよ!
出版されたら、絶対買います!
KISHIKO
2008/08/13 23:13
なに?
昔、火星人をよく見たんですか?
みるきぃさんと遭遇した火星人と似てますか?
そういえば、R156でUFOが目撃されていますからね。>みるきぃさん

次っすか(汗)
男というのは続けてするのはムリなんですけど、
頑張りますっ!>ゆかさん

わかりました。
出版社から依頼があったら出版しようと思います。
つーかこの手の話は、飛鳥昭雄とダブりませんかね。
やはりSFではなくて、哲学系でいきます。>KISHIKOさん
エイジ
2008/08/14 11:14
おはようございます。

このニュース見てました。
何故に今頃って感じもしましたけどね。

しかし、隕石が衝突前に大爆発って
核物質でできた隕石でも降ってきたんでしょうか?
見た人がいないから
やっぱり謎は謎なんでしょうね。

ウーン( 一一)、歴史はやはりロマンだ。
しまじろう
2008/08/15 08:06
ワクワクしますね〜。次男が好みそう(*^_^*)
大昔の事が最新の科学で明らかになっていくってホントに不思議な気がします。
わからないまま想像の中にいて欲しい事もありますけど(笑)
恐竜が本当はどんな色してたかなんて・・・真黄色とかだったら面白そう〜。
サンタママ
2008/08/15 16:13
がんばってん♪(笑)
ゆか
2008/08/15 19:54
ミュータントにオーパーツ…これほどSF小僧の妄想を
かきたてるネタはございますまい。

昔TVで、「宇宙から来たツタンカーメン」という
くそ映画をみたおかげで、翌日のテストの成績
めろめろだったわたしとしては、感慨深いお話。

恐竜ですが、ある種の恐竜には毛が生えていた
という話もございます。
どーまる
2008/08/17 10:56
人間以外のDNAってなになに?
類人猿?やっぱり宇宙人?
矢追さんが喜びそうなネタですね。
言われてみると指長い気がします。
ってことは手根骨とかの数も乳児の数と
違ってたりするんでしょうか?
興味ある〜

隕石はありえますよね。
うちの地域、隕石が先か?地震が先か?
恐ろしい〜《(*o*)》
隕石対策ってなにするの?
カモちゃん
2008/08/17 15:36
エイジさん、こんばんは。
がんばって読んでいます。コメント欄も楽しいので読んでいます。
なので、まだ半分ぐらいです。
最初は現在から過去に遡って読んでいましたが、途中から
2004年9月の最初から読むことにいたしました。
情報量と洞察力がアップしていらっしゃるのですね。。。
興味の幅広さに脱帽です。

ツタンカーメンの記事、わくわくしますね。
胎児のミイラは、確かに人間のものとはかなり異なる
要素が、、、。

以前NHKの特番で(BBCのもの)で
ペストのような病気も地球外からやってきた可能性があると
いう内容でした。

私のブログはエイジさんのに比べたらごみのようなものですが、
暇がすご〜くあるときにでもおいでくださいませ。
現在移動中ですので、今までの記事が全部揃っていませんが
お許しを。。。

http://blog.livedoor.jp/cocacocacoca/
カコ
2008/08/17 20:44
エイジさんはほんとうに博識ですね。しかもジャンルが広い。。
こういう歴史ミステリーは、全く詳しくない私なのですが、
(高校時代は地理選択なので、日本史も世界史も中学生レベル)
ピラミッド系のお話はロマンというか、軽い恐怖というか、楽しいです。
私ももっと書いてほしいに1票!

ayakomame
2008/08/18 12:38
そうなんです。
隕石に関しては非常に不思議なんですけどね。
実際に宝石なんかは隕石によってもたらされたのですから
隕石の爆発は多くあったとは思いますね。
でも実際にアンコールワットとかシュメール文明のように
突如消えた民族の話は多いのですがこちらは疑問です。>しまじろうさん

恐竜の色も実際の色はわからないそうですよね。
今現在において進化論は非常に怪しくなってきましてね。
たとえば、目なんかは進化論では説明できない器官のようですよ。
つまり偶然の産物で目ができたのではなくて、
あらかじめ目という器官を設計してできたと考えるのが妥当のようです。
これを、「インテリジェンス進化論」といいます>サンタママさん

抜かずに三発頑張ります。>ゆかさん
エイジ
2008/08/19 18:05
進化論でもっともロマンあふれるのは
人類と猿人の中間猿人が発見できないことと
四足から二本足で歩き出した中間猿人が発見できないこと。
いわゆるミッシングリンクの問題だと思うのですよ。
今後、解明されるといいですよね>どーまる様

長頭の問題は、じつは非常に研究されてましてね。
例えば、日本人は韓国人に比べて長頭なんですよ。
だから韓国と日本はやはり近いけれども元が違うのです。
あと、長頭族は非常に黒曜石の産出される場所に住んでいましてね。
これもなかなか興味深い問題なんですよね。

隕石対策は、逃げ場がありませんから(汗)>カモちゃん
エイジ
2008/08/19 18:13
えらいです。
カコさんには頑張ってるので100点を上げます。

私も今読み返すとですね。
もっとつっこんで書きたかったなってのもありますよ。

カコさんのblog少し読ませて頂きましたが
私の好きなタイプの「私はこう思う系」のBLOGですね。
僕もしっかり読ませてコメントさせて頂きますからね(笑)
ちゃんと質問に答えてくださいね>カコさん

私は非常に不思議に思うのですよ。
つまり、なぜにファラオがファラオになり
如何にしてピラミッドを作ったのだろうかということなんですけどね。
ツタンカーメンの長頭は絶対に変ですし、
エジプトの神々がキリスト教や仏教にも登場するのも奇妙な話でね。
私はある確信を持っている点は、
ツタンカーメンが宇宙人であるとかいう問題ではなくてね。
過去に非常に優れた人類が地球上に存在したということです。>あやこさん

エイジ
2008/08/19 18:25
エイジさん、エロすぎっす!
キキ
2008/08/19 23:03
エロというよりも絶倫と呼んで欲しいです。>キキさん
エイジ
2008/08/20 18:06
なんとコメントしていいものやら…(汗)
キキ
2008/08/21 23:13
やはり
エイジさんってス・ゴ・イ・・うふ
はどうですか?駄目ですか?
エイジ
2008/08/22 18:42
エイジさんってス・ゴ・イ…ウフフ♪

きっとモテモテなんでしょうねっ♪
キキ
2008/08/22 21:13
そんなにモテませんうよ。
60kgでしょうか?
エイジ
2008/08/24 13:27
とても不思議だよね。もっといろいろな事も知りたいな。
真美
2008/12/28 03:43
仮説で色々書きたいことがありますけど
あまり書くと読者が減る心配があります(笑)>真美さん
エイジ
2008/12/28 17:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツタンカーメンの話:王の宝石と隕石の関係 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる